前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(51) A級戦犯徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』③「米英ソ中のリーダーと東條、近衛の指導者との圧倒的な差」

      2017/08/16

日本敗戦史(51)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜ日本は敗れたのか』③

 

「第2次大戦中の米英ソ中のリーダーと東條、近衛の指導者との能力差」

「一国は一人をもって興り、一人を以て亡ぶ。」<蘇老泉「管仲論」>

一人のリーダーの出現により、国や企業も発展すれば、

逆に滅亡もするのが歴史の興亡。「終戦70年」老衰国に転落中の日本で

の緊急の課題は次世代のリーダーを作ること。

 

『なぜ日本は敗れたのか』③「彼割首脳者器量の懸隔」

 

我国のリーダーたちは、日露戦争の先輩に対して、見劣りがするばかりでなく、米英ソなどの敵国のいずれの

人物に対しても、見劣りがするようである。例えば、米国のルーズベルト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88

は、何やら桂太郎の性格と、一脈相通ずる所あるようで、桂とならば、少なくとも五分五分の勝負は期待できたろうが、東條英機や近衛文磨では、とても歯が立たぬ代物である。

ルーズベルトには、政治家に最も必要なるオリジナリティー、即ち独自創造の天才は、求められなかったが、衆智を集め、これを選択する才能は余る程あったようだ。ところが、東條には、衆智を集めるという事が出来ず、近衛はせつかく衆智を集めようとしても、それを選択して、わが物とする事が出来ず、一方、ルーズベルトは、情勢変化の波に乗る機敏さには天才的な才能を発揮した。

我国の当局者達には、それが出来なかった。それに自己の信念を、徹底的に押し通さんとする気魄も、認められなかった。ルーズベルトは、巧妙なる仲買人(世論を喚起する)ともいうべき者であったが、東條、近衛の輩は、問屋(国策推進のリーダー)でもなければ、仲買人(それを国民に喚起する)でもなく、全く一個の小売商人(小政治家)に過ぎなかった。

チャーチル(英国の第2次大戦中の首相、指導者)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB

は、恐らくは現代における、文化的怪物というべき者であって、父が英国の貴族であり、母が米国の大金持とは行かぬが、相当の金持の娘であり、その合作で出来た者であって、珍らしき漢(男、大人物)である。しかも彼は海千山千、時としてはネズミとなり、時としては虎となり、船頭(船長)ともなれば、水手(船員)ともなり、世の中の、20年代から70年代まで、あらゆる動的の生活をした漢(おとこ)で、智勇弁力(智慧も勇気も言語能力)も兼ね備えたトップリーダーである。

彼は万能に近く、何をしても出来ない事はない。素人芸の絵を描いても、またはレンガ積みの職工となっても、食って行くだけの事は出来る。ポロの競技は、彼がインド生活中で練習したもので、今日では老骨で、これを試みる事も、どうか知れぬが、あっぱれな選手であったと聞く。

まことに弁舌は勿論、文章に至っても、現代の英国に、彼ほどの大文筆家があるかどうか、彼の収入の主要なものは恐らくは著作から得たものであろうと、推察せらるる。

前回の戦争における大作『世界の危機』は、自己を回顧した点も、あるが、それにしても、古典に近い。今回の戦争(第2次世界大戦)についても、すでに十七万何千文字の草稿が、出来上がったという話である。しかもこの男は、渾身戦闘的精神で、闘志満々、恐らくは死に至るまで、老衰とか、老朽とかという事はあるまい。かつてはヒットラーを相手に、総ての人が、ヒットラーに向って、1言をも発せられなかった時に、こちらから喧嘩を挑んだほどの男で、今や再びスターリンに向かって、しきりりに闘かいを挑んでいる。雀百まで踊り忘れず、彼が少壮時代、自党の首領の一人であった、大チェンバレン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3

にさえも、闘かいを挑み、バルフォアさえも、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2

父の友であったに関わらず、つっかかるほどの漢であるから、東條、近衛らが、容易に手の出るはずはなかった。

スターリンの老獪さは、チャーチルや、ルーズベルトさえも、一目を置く程であったか、もとより、東條、近衛と比較になるべきはずはなかった。蒋介石さえも、大なる見通しと、堅忍不抜の精神と、清濁併せのむ雅量があり、場合によっては、自党粛正のためには、織田信長がやるような、手きびしい淘汰、懲罰、粛清を、行う事を辞さないのにくらべ、わが当局者の器局の、はなはだ小であった事が、遺憾ながら認められる。このような状態なので、まず人と人との勝負で、こちらは相手に負けたといって、さしつかえない。

(昭和22年1月8日午前、晩晴草堂にて)つづく

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳③』-『その後半生は軍事評論家、ジャーナリストとして「日米戦わば、日本は必ず敗れる」と日米非戦論を主張、軍縮を、軍部大臣開放論を唱えるた』★『太平洋戦争中は執筆禁止、疎開、1945年10月に71歳で死亡』★『世にこびず人におもねらず、我は、わが正しと思ふ道を歩まん』

日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳③  &nb …

no image
速報(336) 8月15日「無条件降伏の日」原発事故は陸軍軍閥の満州事変暴走が大陸政策を誤り、日本敗戦となる歴史に学べ ②

速報(336) 『日本のメルトダウン』   8月15日「無条 …

no image
速報(242) 近藤駿介委員長の最悪のシナリオ「福島第1原子力発電所の不測事態シナリオの素描」全文』公開

速報(242)『日本のメルトダウン』   ★『内閣府原子力委員会の近藤 …

no image
速報(172)『日本のメルトダウン』☆『柏市高線量汚染土、南相馬子供セシウム検出』『放射能汚染の時代を生きる異端”の研究者』

速報(172)『日本のメルトダウン』   ☆『柏市高線量汚染土、南相馬 …

By: Kentaro Ohno
日本リーダーパワー史(539)『ゾンビ日本』への警告➁「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)

 日本リーダーパワー史(539)   「FOREIGN AFFAIRS …

no image
日本リーダーパワー史(948)-『日中関係150年史』★『 アジアが世界の中心となる今こそ,100年前に <アジア諸民族の師父と尊敬された大アジア主義者・犬養毅(木堂)』★『アジアの共存共栄を目ざした犬養毅を パールバックはガンジーらとともに高く評価した』

日本リーダーパワー史(948) 人気記事再録<21世紀の新アジア・グローバル主義 …

ダウンロード
終戦70年・日本敗戦史(137)1932年(昭和7)のロㇲ五輪の馬術で優勝した国際人・西竹一は陸軍内では左遷に次ぐ左遷で『戦車隊長」で硫黄島に配属、玉砕した。

終戦70年・日本敗戦史(137) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『2014年ー世界経済ウオッチ⑥』『アジア開発銀行研究所・河合正弘所長』●「高橋進・日本総合研究所理事長」の動画会見

 『2014年ー世界・日本経済トレンド・ウオッチ⑥』   ○ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(69)』W杯決勝戦はドイツの優勢か?日本は47位のサッカー後進国を痛感した

     『F国際ビジネスマンのワールド …

no image
昭和外交史① 日本で最も長い日 1945年8月15日の攻防

1 昭和外交史① 日本で最も長い日 1945年8月15日の攻防 ―――<和平か、 …