前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(47)『日本のメルトダウンを止める』<◎敗戦を自覚し、将来の日本の30年後をにらみリーダーを子供の時から養成する>

   

速報(47)『日本のメルトダウンを止める』

◎敗戦を自覚し、将来の日本の20年、30年後をにらみリーダーを
子供の時から養成すること>
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)

●『原発:津波で炉心損傷想定…経産省所管独法、07年度から』
<毎日新聞 2011年5月15日 2時32分>
 
『日本の未来―ベテラン国際ビジネスマンのコメント』
 
<20年、30年後をにらみリーダーの子供の時からの養成を行うこと>。
 
幕張メッセ近くのアウトレットパークに、家族サービスで出掛けましたが、土曜日ですが、人出が少なく閑散とし、足許の個人消費の不調を裏付けています。液状化被害に未だ慄いているのでしょうか。

今回の原発問題から否応なく気がつかされている事は、次のことです。
やるべき人が、やるべき事をやらない、または実力不足でやれない」「上司が自らの本分を脇にやり、やるべきではない事を、勝手にやっている、或いは、自らの本分をスッカリ忘れている、または、本分を教わっていない

 
保身と自己弁護、利己的行動中心で、利他的に成れず、リーダー倫理喪失の状況にある
「特に、最悪事態の回避の為には己を犠牲にして、身を挺して、結果良ければ全て良しの精神で取り組む自己責任の局面にもかかわらず、他人の決断と行動を待っている場面が多い」
 
原発問題を追究して行くと、
1)対象、課題、問題の難易度に応じた、当事者能力のある人材選定が行われていない、つまり適切な人事ー採用と配置ーが行われていない
2)任命された当事者が、自らの使命、具体的な職掌、職務・責任範囲、職務怠慢時のリスク管理、職務不履行時の賞罰、関係組織間上下左右との連携プレイの確認等などをやっていない。と云う事に気が付かされます。
 
結局、元々危機対応の人事は視野からすっ飛んでいます。拝命後の一週間、沈思黙考と行動誓約も足りません。
 
この1)、2)は、結局、一国の総理、所轄大臣、電力会社の会長、社長というようなトップリーダーの仕事(指導責任)ですが、彼等の構想力、危機想像力、個々の人材力の掌握不足で現状は目も当てられない状況です。頭の構造が、骨の髄まで日本ローカリズムで富国強兵の延長です。行け行けどんどんのみ。
 
本題の、2007年に炉心損傷想定の報告があってもこの体たらくです。
 
国家、産業界、官界等々、の各セクターのリーダーは、常に世界的視野で考え、行動できる人、欧米流の思考回路で先ず検証できる事、その後日本流との比較で何方が良いかが選択出来る人でないと今後も悲劇?喜劇が繰り返されると思います。
 
リーダーと倫理に関する、幼少時からの再教育、待った無しです。』
 
●『Japanese Reactor Damage Is Worse Than Expected

(ニューヨーク・タイムズBy HIROKO TABUCHI and MATTHEW L. WALDPublished: May 12, 2011
コメント『これが常識なのでしょうが、重大ニュースはNYTLATでは即刻流していますね。1号機の格納容器までスカスカの状態、どうやって水漏れを止め、垂れ流しから除染・循環システムへと造り変えて行くのでしょうか?
 Katsumata
shimizuも、自分が作った電気を使うのは自国、日本人だけだから、外国、外国人は関係ない、利害関係はないと心から思っているのでは?
 
原子力の本質は国際問題ですね、この二人は未だ、日本原子力村の中を彷徨し、国際原子力村の一員として、今は世界から糾弾される張本人との意識は希薄?では思われます。
この人たちのCSR、顧客は日本、日本人のみです。経産省の云うことを聞く奴を重用する愚を改め、日本の電力会社の幹部も文字通り国際人を起用、しがらみをここでも断ち切れる人材が待ったなしです』

●『孫社長が菅首相を激励 自然エネルギー推進で意見交換』
<産経2011.5.15 00:54
 
「孫氏は、太陽光発電など自然エネルギー推進の重要性を指摘。浜岡原発停止の首相判断について「歴史的英断だ」とたたえ、「嵐のど真ん中で船長を代えられても困る。ぶれずにがんばってください」と激励した。首相は「大変元気をいただいた。再生可能エネルギーについて懸命に取り組みたい」と語った。」
 

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米大統領選挙とサイバー戦争』★『強いものが生き残るのではなく、状況に適応したものが生き残る。『適者生存の原則』(ダーウイーンの法則)を見るまでもなく、米国のオープンソース・オープンシステムには復元力、状況適応力、自由多様性の組み込みソフトが内蔵されているが、3千年の歴史を自尊する中国の旧弊な秘密主義システム(中華思想)にはそれがない』(6月15日)

      米大統領選挙と「サイバー戦争」  前坂 俊之(ジャーナリスト)    …

no image
日本敗戦史(43)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』②

  日本敗戦史(43) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑲ 『日本軍、日本人は祖国存続のために戦う』『ノース・チャイナ・ヘラルド』(開戦25日目)

   世界史の中の『日露戦争』⑲  英国『タイムズ』米国「ニューヨーク …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(156)』『シャープ、新たに偶発債務 の浮上、契約延期、呆れて絶句です』焦点:シャープ偶発債務、鴻海再建案に不透明感 精査結果カギに』●『アベノミクスは最後の正念場を迎えているーGPIFの運用実績が政権にとって懸念材料に』●『コラム:共和党指名争い、トランプ氏「勝率9割」の理由』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(156)』   『シャー …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(275)★『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』 ロシア革命での情報活動①

    2015/02/23 &nbsp …

no image
「人口減少問題」を考える>ー慶応大学・片山善博教授と島根県中山間地域研究センター研究統括監の藤山浩氏の記者会見動画

       <「人口減少問題 …

no image
 池田龍夫のマスコミ時評(12)大詰めの「沖縄返還密約文書開示訴訟」91歳の吉野・元アメリカ局長の証言

 池田龍夫のマスコミ時評(12) 大詰めの「沖縄返還密約文書開示訴訟」 91歳の …

no image
日本メルトダウン脱出法(732)「ラグビー日本代表はなぜ“強豪”になったのか、W杯勝利へのマネジメント術」●「このままだと3分の1が空き家に!?–実家を見捨てる都会人の複雑な想い」

    日本メルトダウン脱出法(732) ハリポタ作者「こんな話書けない」、日本 …

no image
  日中北朝鮮150年戦争史(42)『日中歴史復習問題』★「日清戦争の内幕ー中国人民軍(清国軍)もらった「売命銭」分しか戦わない、汚職腐敗軍隊。 中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治であり、「習近平政権」(1党共産党独裁)にも延々と続いている。②

  日中北朝鮮150年戦争史(42) 『日中歴史復習問題』★「日清戦争の内幕ー中 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(132)』「今回の諸問題は、VWの役員会議室の中でスタートしている」(ニューヨーク・タイムズ」(9/25)

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(132)』 『独 フォル …