前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週間前の『英タイムズ』の報道ー『昨日、天皇の枢密院は,開戦の際にしか公布されない勅令の草案をいくつか採択した』●『疑問の余地のない平和愛好者である ロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのか』

      2017/01/21

 日本戦争外交史の研究』/

『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週間前

1904(明治37)121

   『英タイムズ』ー「疑問の余地のない平和愛好者である

ロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのか」

極東発の今朝のニュースは,交渉によって円満な解決が遠せられない場合に備えた準備に関するものばかりだ。昨日、天皇の枢密院は,緊急の際にしか公布されない勅令の草案をいくつか採択した。

これは,日本の海上防衛,鉄道による兵員輸送,野戦郵便業務の組織化に関するものだ。内債を募集する措置が講じられているが,自発的な寄付金がすでに国庫に流入するほど愛国心が高まっているので,内債も迅速にさばけるに違いない。

ヨーロッパ大陸から絶えず流される融和的な報道を日本人がほとんど真に受けていないことが,これで十分に示される。朝鮮と中国では,それほど心強い見通しは立っていない。

朝鮮政府が「再建された」という情報があるが,ともかくどの方向で再建が達成されたのかが分かるまでは,この情報から得られるものはたいしてない。朝鮮政府は「ミコーパーのように」楽天的だと言われている。

だが,朝鮮の兵士がもめごとを起こしているというロシアの抗議に対して勇気を奮い起こして与えた回答から見て,朝鮮政府は,「何かを起こす」のはロシアの側ではないと予想しているようだ。

ロシアには朝鮮の辺境問題に干渉する権利はないと,朝鮮政府はパブロフ氏に率直に通告した。このような自己主張がなされたので.この熱烈な朝鮮独立の旗手はびっくりしたはずだ。

これが再建の結果ならば,これは日本の政策に不利なものではなかったと見ることができよう。地方がますます動揺しているため日本人は不安になっているが.朝鮮の新しい支配者の能力または無力さが早くもこれで試練にかけられるだろう。

中国も日本と同様に,情勢が平和な結末に至るとは信じていないようだ。そして,緊急事態への準備を独自に進めている。袁世凱は直隷と満州との境を防備する措置を講じる決意をしたという。

また,南京と武呂の総督たちは精鋭部隊を袁の指揮下に組み入れているという。袁世凱の兵士はヨーロッパ人に訓練を受けており,公使館の解放の際に連合軍をあれほど悩ませた馬将軍の兵士よりも優秀だという評判だ。

彼が26000のこの部隊を境界地帯に配したと言われているので,万一の場合にロシア軍はこの部隊を監視するためにかなりの兵力を割かざるを得ないかもしれない。

ロシア皇帝の側近の中の「大物」たちの見解と言われているものが,親露的なアメリカ紙の通信員から伝わってくるが,その報道をどのくらい信用したらよいのか判断しがたい。

しかし,実際にこの報道がペテルプルグの有力者たちの意見を示しているのなら,われわれは外交的な解決に絶望せざるを得ない。

戦争か平和かの鍵を握るその人々が,「ロシアは満州を自国の領土として必要とし.要求する」ことに決めて,「朝鮮の中のロシアの利益圏(とでも言うべきもの)における日本の支配や優位をロシアは認めることができない」という結論に達しているのなら.話合いの余地はあまり残されていない。

さらに,満州の「門戸開放」に関する日本とアメリカの各条約が批准された後でも,ロシアはまだ最終的な見解を表明していないことを,この報道が示しているのなら,われわれはニューヨーク・トリビューン紙の警句的な意見に同意する。

この件では「不愉快な紛争」が持ち上がりそうだというのが,他のどの新聞よりもルーズヴェルト政府の考えをよく反映していると見られているこの新聞の意見だ。

伝えられるところでは,アレクセーエフ提督は,この対米条約によって「自分の立つ瀬はなくなる」と述べている。実際そうであるにせよ,ないにせよ,われわれが合衆国を誤解していない限り,合衆国は,ロシアが他の列強と同様に合衆国にも与えた約束に従ってこの条約が厳格に履行されるものと考えている。

 本紙は今日,消息に通じた通信員が送ってきた.ロシア皇帝が専制権力を行使する方法に関する興味深く有意義な記事を掲載する。本紙通信員は,モーリー氏が称賛を込めて引用した生き生きした逸話を,想像力に富む無知の所産に過ぎないと一蹴する。

この最近の逸話は,皇帝陛下は平和のために自らの意思を頑固な官僚に押しつけようとむだな試みをしているというものだ。

また,ニコライ2世は重要問題について十分な報告を受けていないことがよくあるという,それほど疑わしくはない説も否定した。同通信員によれば,皇帝は非公式な数々の情報源を担っているので,大臣が計画的に欺こうとしても必ずばれるはずだと言う。

これは,ロシア皇帝が他国の君主同様じきじきに細心の注意を払っている外務当局について特にあてはまるという。ロシア皇帝は,その広大な領土で唯一の立法者であると同時に行政機関の首長でもある。十分に強い性格と仕事の能力があれば,帝国の立法と行政の両方を効果的に管理することができる。

皇帝の同意なしに着手できる立法処置は1つとしてないが,立法は彼の職務の中でいちばんやさしいもののようだ。だが行政はずっと難しい仕事に違いない。

なぜなら,「通常の行政運営の中で,現在の法律や規則に例外を設けるのが望ましいと見なされると」,その件は必ず皇帝の指示を仰がなければならないが,「通常の行政運営の中で」ロシアの官僚が法律や規則に例外を設けたいと思うことは周知のようにきわめて多いからだ。

皇帝はどんな問題についても,閣僚の助言や自分で選んだ者の助言を求めることができる。あるいは「独断で」行動することもできる。しかし,決定権は彼にあり,彼にしかない。この決りは対外問題でも同様だ。ロシアにかかわるすべての問題は,覚書の形で皇帝へ報告される。

覚書の中で外務省は,ロシアの利益がどのような影響を受けるかを念入りに説明して,採用すべき方針を提案する。皇帝は大臣に助言を求めることもあれば,覚書の傍注の形で大臣に命令を与えることもある。だがいずれにせよ,「拝聴するのは従うこと」なのだ。それが決りだ。

現在の危機が始まって以来,例外が設けられたが,この例外が有効かどうかは見たところ疑わしい。「極東総督」は,外務省を飛び越えて皇帝と直接連絡する権限を得ている。また,中国,朝鮮,日本駐在のロシアの外交代表を配下に置いている。

 過去数か月の間.しばしば問われてきたのは,疑問の余地のない平和愛好者であるロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのかということだ。本紙通信員は少なくとも部分的にこの謎を解明している。

1に,専制者は.他のそれほど地位の高くない人物と同様,自分の行動の

結果を常に見通しているとは限らない。

2に,ある点で専制者は,皮相な考えの持主が往々にして思うほど民衆感情から超然としてはいない。本紙通信員が的確に述べているように,彼がもし平和を愛する心や他の個人的な感情のために大きな国益-または大きな国益と見なされているものと言うべきか-を犠牲にするのなら,彼はきわめて大胆なロシア皇帝と言えるだろう。

専制政治の強さは.国民感情と国民の願いをどのくらい忠実に体現するかにかかっている。

この感情や願いに逆らうと,力は必ず殺がれてしまう。アレクサンドル2世はベルリン会議の決定を受け入れるときにそれらに逆らうだけの知恵と勇気があったが,人気と威信をいくらか失うという報いを受けた。

この感情や願いは国民の間で当時はど強まっていないとはいえ.ニコライ2世が祖父はどの気力を発揮して譲歩するかどうかはまだ分からない。いくらかの犠牲を払う用意があれば,彼は平和を守れるだろうが,

本紙通信員が指摘するように,それに不可欠な外交的退却を極東の総督がたやすく実行することはあり得ない。ロシア皇帝が,もし真剣ならば,外務省のもっと機敏で熟達した者の手に直ちに交渉をゆだねるだろう。

新たな担当者は不愉快な宿命を避けることはできないが,この作業のつらい性質をこの上なく精妙に覆い隠すこととあてにしてもよいだろう。アレクセーエフ総督に代わってラムズドルフ伯爵が登用されれば,それは皇帝陛下が「本気」であるはっきりした証左になるだろう。

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界/日本リーダーパワー史(909)-米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」×「延期になるのか」★『北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告、一方的な核放棄要求に反発』×『 米副大統領、北朝鮮に警告「トランプ氏をなめるな」』

米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」「延期になるのか」   …

no image
日本リーダーパワー史(921)-『メディアと権力の戦い』★『『ジャーナリストはいいたいことではなく、言わねばならむことをいうことだ(桐生悠々)』★『豊かな時代の権力・リーダーの愚行は笑い話ですむが、国難の際の愚行は国を滅ぼす』(スミス『国富論』)★『汝、君主たるすべを知らざれば君主になるべからず』(バルザック)』

2010年1月29日の記事再録/ 日本リーダーパワー史(35) ➀リーダーへの苦 …

no image
人気記事再録『「新聞と戦争」の日本史』<満州事変(1931年)から太平洋戦争敗戦(1945)までの戦時期の新聞>

2009/02/10  「戦争と新聞」を検証する  講演録 1995年2月15日 …

20111130214256592
日本敗戦史(46)ガラパゴス日本『死に至る病』―国家統治/無責任欠陥体制『大本営』『大本営・政府連絡会議』『最高戦争指導会議』 『御前会議』の内幕

 日本敗戦史(46) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕 <ガラ …

no image
速報(52)『日本のメルトダウン』ー中山千夏氏の「私のための原発メモ」-これを読めば一番、原発事故がわかる。

速報(52)『日本のメルトダウン』 ●中山千夏さんの「私のための原発メモ」- こ …

no image
渡辺武達(同志社大学社会学部教授)の震災レポート②『風評「加害」の社会構造』

渡辺武達(同志社大学社会学部教授)の震災レポート②   『風評「加害」 …

no image
『2018年「日本の死」を避ける道・日本興亡150年史』⑤『アベノミクスで政権百日は大成功、このナロウパスを突破せよ』(上)

★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150年史』⑤― < …

no image
月刊誌『公評』7月号 『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃

     月刊誌『公評』7月号―特集『実感』❹ & …

no image
日本リーダーパワー史(359)1週間でGHQが作った憲法草案『憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は誰なのか⑥』

日本リーダーパワー史(359)             <『わずか1週 …

no image
●「 熊本地震から2ヵ月」(下) 『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込みながら熊本地震まで38年間の『 巨大地震』の予知にことごとく失敗した。(下)<なぜ地震学者は予知できないのか。ゲラー氏は 『地震予知は科学ではない』という>

  「 熊本地震を考える」 『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込み …