前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(50)マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』②リーダー不足と力量不足

      2017/08/16

 

日本敗戦史(50)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜに日本は敗れたのか』②

    「リーダーの不足と力量不足」

<昭和戦前の指導者と明治『日露戦争』時の

リーダーシップの差は何と百分の1>

そして、今の日本のリーダーはその何分の1なのか?

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%AF%8C%E8%98%87%E5%B3%B0

徳富 蘇峰はいうまでもなく日本近代、最大のジャーナリストであり、知識人でもある。日清戦争に従軍し、日露戦争では開戦を支持、山県有朋、桂太郎ら明治のトップリーダーの伝記編纂、著者となり、太平洋戦争中は「大日本言論報国会会長」として、日本の新聞、出版のトップに君臨して、戦争の旗振り役に徹した。昭和16年12月8日の開戦では東条英機の依頼で、詔書を添削した。昭和19年)2月には『必勝国民読本』を刊行した。終戦後の昭和20年9月、敗戦責任を取り、自らの戒名を「百敗院泡沫頑蘇居士」とする。GHQによって戦争責任を追及されてA級戦犯に指定されたが、後に不起訴処分となった。徳富の死後半世紀たった2006年、蘇峰が終戦直後から綴った日記「終戦後日記」が初めて公開された。

この中で『何故に日本はやぶれたるか』を追及し20回連載している。A級戦犯に指定されて人物で、ここまではっきり書いた者はいない。

原因として昭和天皇をはじめ軍人、政治家、首相、リーダーたちが明治のトップリーダーと比べると質が大幅に低下し、さらに欠乏したこと、大東亜共栄圏の指導者たる資格にかけていたこと、日本人の欠点について、満州事変、日中戦争の大失敗、大戦略の欠如、教育の失敗、軍事、外交の失敗などの全面的な批判を展開している。

私がブログで展開している「天皇ガラパゴス国家の<死に至る日本病>」であり、今もこれが再発して、重症化し「第3の敗戦」が切迫しているのである。

 

「なぜ日本は敗れたのか②

<昭和戦前の指導者は明治『日露戦争』時の

リーダーシップの100分の1の大差>

結論から先に言えば、惨敗の原因は、数えてみれば10指、あまるが、根本的には、人物欠乏という事がある。人在りて物在りで、物在りて人在りではない。世間では、物資の欠乏を、主なる原因と見ているようだが、われらはむしろ人間の貧弱、即ち人物の欠乏が、それであると思う。

この問題を解決するには、もしも日露戦争(明治37,38年=1904 ,5年)の人物を、そのままそっくり、今回のいわゆるる大東亜戦争に、持ち込んだらばどうか。今度の戦争に、日露戦争での政治、軍事、経済のトップリーダーを勢揃いして当たれば、この問題を解決する、手近かな方法であろうと思う。

即ち、昭和天皇の代りに、明治天皇が大元帥として、軍国の機務を総撹し、東条英機の代りに、桂太郎、寺内正毅、嶋田繁太郎(海相)の代りに山本権兵衛。山本五十六、古賀峯一、豊田副武らの代りに、東郷平八郎。而して東郷茂徳とか、重光葵とかの代りに、小村寿太郎。また寺内寿一とか、山下奉文とか、板垣征四郎とか、岡村寧次とかの代り野津道貫とか、黒木為楨とか、乃木希典とか。

またその上に大山巌、児玉源太郎の如き、総参謀長を以てしたならばどうであったか。このほかにも、清浦奎吾とか、近衛文麿とか、平沼麒一郎とか、岡田啓介とか、若槻礼次郎とか、広田弘毅とかの代りに、伊藤博文、山県有朋、井上馨、松方正義を以てしたらばどうか。公平に考えて見れば、舞台はむしろ戦争にかけて、十倍も大きくなっていたが、トップリーダーたちはそれに反して、前の指導者の十分の一と言いたいが、実は百分の一にも足らない。

 

日露戦争の主な指導者については、私は親しく接近して、一通りその長短得失を知っている。陸軍の大山、海軍の山本、外交の小村、財政の松方、井上、内治外交一般的の総括的指南役としての伊藤、山県などは、親しくこれを知っている。児玉なども、親密という程ではなかったが、一通りは接触して、知っている。寺内の如きは、むしろ親密と言ってよい関係であった。

桂太郎に至っては、政友として、互に相当の程度までは、信じ合っていたから、改めて言うには及ばない。私の理想的人物としては、伊藤、山県を初めとして、相当に注文がある。明治天

皇においても、その盛徳に感激していたが、古今列国の帝王中、ある点においては、明治天皇以上の資格を具えた人物が、なかったとは言えない。ことわって置くが、ある点であって、すべての点ではない。しかしこの時代の上下のリーダーを一括して、これを一方のハカリにかけ、今回の戦争の指導者を一方の秤にかけて、その軽重を計ればれ、まさに「提灯と釣鐘」の差がある。

これは昔の人が偉くて、今の人がエラくないという訳ではない。しかし如何に大きく割引をしても、日露戦争時代における日本の戦局は、明治時代の華であったと言っても、過言ではあるまい。私は今回の戦争中に、しばしば嘆声をもらした。せめて一人の桂太郎でもいたならば、これ程のへまは、しなかったであろうと。現在でも、私はこう信じているのだ。

私は当時の首脳人物である東條英機、小磯国昭、鈴木貫太郎などの首相について、一通りの智識を持っている。彼等は負け相撲であったから、あらゆる悪評を受けているが、悪人でもなければ、バカでもない。

立派な一人前の男である。ただその荷が、仕事に勝ち過ぎたのである。諺に「やせ馬に重荷」というが、彼らはやせ馬ではなかったが、その荷物は、尋常一様の荷物ではなかった。相当の名馬でも、とてもその任にはたえぬ程の、重荷であった。いわんや当り前の馬であるにおいてをやだ。

もし東條が、日露戦争の時に、一軍の総帥となったならば、相当の御用に立ったであろう。乃木大将位の戦争は、したかも知れぬ。しかし、今度という今度は、東條の頭脳には、咀嚼が出来ない(理解できない)程、大物をあてがわれ、遂に東條は、仕事から追いまくられて、馬に乗らずして、馬に乗せられ、ただ馬の行くままに、鞍にしがみついて、落馬しない事だけを努めていたという姿に終わったのは、国家にとってはもちろん、当人に取ても、笑止千万の事であった。

(昭和22年1月7日午前、晩晴草堂にて)

つづく

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウンの脱出法(544)『人口激減/自衛隊員も警察官も女性が半分の時代』前田康博国際ジャーナリストが語る』

  日本メルトダウンの脱出法(544)   人口激 …

no image
速報(130)『日本のメルトダウン』『3/11敗戦内閣・敗戦民主党・敗戦政治のA級戦犯たちを徹底追及せよー亡国代表選を嗤う』

  速報(130)『日本のメルトダウン』     …

no image
世界/日本同時メルトダウンへ(909)『若い女性は風俗嬢、老人は姨捨て山…一億総貧困時代が来た』●『英国民投票日は金融関係者は徹夜覚悟、「ポンド危機」は確実』●『「幕藩体制」に追放された舛添知事 東京の本当の問題は「無駄遣い」ではない(池田信夫)』

世界/日本同時メルトダウンへ(909) 若い女性は風俗嬢、老人は姨捨て山…一億総 …

no image
◎「安倍・多動性外交の「オウンゴール!」かー『世界にとって「右翼のルーピー」となった安倍首相:ダボス会議 の衝撃』

  日本リーダーパワー史(469)   安倍・多動 …

no image
日本リーダーパワー史(338)◎「此の一戦」の海軍大佐・水野広徳の『日本海海戦』の勝因論①」

日本リーダーパワー史(338)   ● 政治家、企業家、リー …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(51)●『原発事故収束」へ5条件の緊急提言』★『原発再稼動「新安全基準」の危うさ』

 池田龍夫のマスコミ時評(51)   ●『原発事故収束」へ5条件の緊急 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉓』●『南アのマンデラ元大統領が危篤に』●『ブラジルで大規模デモが』

      『F国際ビジネスマ …

no image
日本リーダーパワー史(279)『日本沈没は不可避か』-鈴木大拙の一喝②感情的な行動(センチメンタリズム)を排せよ

  日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(96)』「引退した日本の零戦パイロットは、昔経験した戦争の危険が今差し迫っていと感じる)」(ニューヨークタイムズ」(4/3)

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(96)』 「引退した日本の零 …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑿」ー『日本には元々「情報戦略」という場合の「情報」(インテリジェンス)と『戦略(ストラジティ)』の概念はなかった』★『<明治の奇跡>が<昭和の亡国>に転落していく<戦略思想不在>の歴史を克服できなければ、明日の日本はない』

「戦略思想からみた日清・日露戦争」 「日本人と戦略思考、インテリジェンス」につい …