前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(558)アジア開銀(AIIB)参加で安倍外交は「近衛外交の大失敗」の轍を踏んだ。「今からでも遅くない,日本は6月までに参加すべき」である。

   

 日本リーダーパワー史(558)

アジア開銀(AIIB)参加問題は中国外交の大勝利となり、

安倍外交は「支那事変後の近衛外交失敗」の轍を踏んだ。

「今からでも遅くない,日本は6月までに参加すべき」である。

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

①「満州事変後に国際連盟から脱退し、世界から孤立して五族共和政策を唱えて満州帝国を建設した失敗(1932年)、「日中戦争後の近衛外交<中国は相手にせず>の失敗例」の苦い教訓

②第2次世界大戦で破竹のドイツ軍の進撃、勝利に目がくらみ『バスに乗り遅れるな』と日独伊三国同盟に邁進した歴史と今回の、ヨーロッパ、世界各国が「競って乗ったバス」を1人、米国の顔色を見ながら乗り過ごした日本の情勢判断は失敗に終わった。

③英国の最初の参加表明を日本側は「裏切り」などと批判しているが、各国とも自国の国益を最大限追求しギリギリの外交駆け引きを展開するのであって、インテリジェンスもないのに他国に一方的に従う従属外交が成功するわけはない。日英防衛情報保護協定を結んだからと言って、安心して、ウイリアム王子の日中訪問、習近平・キャメロン会談などのサインも全く見落とす相変わらずのノー天気ぶりである。

④財務省の判断ミスはAIIB発足で既得権のADBの存在感が希薄になることへの危惧からである。ADB歴代総裁は現在まで9人が全て財務省出身者などで天下りポストある。1ヵ月前に中国側は「副総裁級ポストを用意して参加を要請してきたが、日本側は(成算ありとみて)これを断っていた」というから情報の読み違えである。

④麻生財務相は「参加しないと日本側の損にならないか」という記者の質問に「ADBの金で開発をやる場合でも、日本企業が受注する比率は0・5%ぐらい」と指摘。「ADBが資金協力した工事などの契約を日本企業が受注した割合は、2013年で0・21%。一方、中国企業が受注した割合は20・9%で、日本企業が主に価格競争で敗れている。AIIB関連の入札で日本企業が受注するのは難しい」と答えたという。

この発言には失望した。日本のゼネコン、建設企業がいかに国際競争力がないか、国内公共事業大きくに依存して、筋肉質に脱皮できておらず、今後のアジアインフラ競争には勝てないこと、財務省、経産省はこんな企業を育ててきたことの証明ではないか。「世界で勝てる企業を育てること」「世界でもうける力を持つ企業に金を出す」必要がある。

⑤また、日米同盟1点張りの外務省は米国の顔色を見るばかりで、今回も「多国間外交」に失敗、そのインテリジェンスの無能を証明した。私は安倍首相の登場以来「近衛外交の失敗」の轍をくりかえしてはならないと、再三書いてきた。

⑥近衛文麿の日中外交の失敗に学ばなければならない、近衛日中外交には3段階ある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E5%A3%B0%E6%98%8E

第1次近衛声明は日中戦争半年後の1938年(昭和13)1月にトラウトマン工作を断って「中国はすぐ倒せる」との軍部の甘い判断に引きずられ「国民政府を対手とせず」と一方的な声明を発表し、自ら外交交渉を打ち切って、泥沼の長期戦争に突っ込んだ。「オウンゴール外交」の典型である。

⑦第2次近衛声明――日本軍は武漢など次々に占領しても中国は広大な国で、あくまで点と線の占領に過ぎず、勝利は見えず泥沼に陥った。失敗に気が付いて昭和38年11月に前言をひるがえし「国民政府といえども東亜新秩序の建設に来たり参ずるにおいては、あえてこれを拒否するものに非ず」と歩み寄った。

⑧第3次近衛声明――しかし、国民政府はこれを拒否、昭和13年12月22日、近衛は第3次声明(対中国和平における3つの方針<善隣友好、共同防共、経済提携>)を示して態度を変えたが、国民政府側はこれもを拒否、日中和平は不可能となった。第三次近衛声明の2週間後、内閣総辞職したのである。

⑨安倍外交は「日米同盟安保外交」「メンツ外交」「価値観外交」から「多国間・国益(経済)重視外交」に徹して「負けるが勝ち」「君子は豹変す」「一歩前進、2歩後退、3歩前進」の柔軟な2枚腰、3枚腰ねばり外交を展開しなければならない。

 

◎「AIIBは世界史を書き換える出来事、もっと議論を!―日本は国家の隆盛に興味を失い内籠りを始めたのか

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43422

 

[AIIBは「中国外交の完全勝利」。間違った安倍首相は、官邸で財務省、外務省幹部を怒鳴った!http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42761

 

◎「日本メルダウン脱出法(650)「メンツを立てに目の前の<アジア巨大インフラ市場>を西欧勢にさらわれる経済外交(損得勘定)は成功か、失敗かhttp://www.maesaka-toshiyuki.com/history/5927.html

 

「日本メルダウン脱出法(648)「中国のアジア開銀(AIIB)参加問題で、日本は米国に追随し、外交失敗をするか、近衛外交<中国は相手にせず>の二の舞を踏むのかhttp://www.maesaka-toshiyuki.com/history/5849.html

 

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
百歳生涯現役入門(176)『生涯現役/晩年の達人の渋沢栄一(91歳)①』晩年(70,80,90歳代)の人生を充実し、生涯現役で、元気で働いて『傍楽(はたらく』、臨終定年の『ピンコロ』人生こそ理想』★『日本資本主義の父・渋沢栄一(91)の「百歳生涯現役・晩年の達人」のノーハウ』

 百歳生涯現役入門(176)   平均寿命ではなく『健康寿命』とは「健康上の問題 …

no image
日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊶』★<記事再録>『日清戦争では世界中の大半が、中国の勝利を予想。イタリアに最初にわたった日本女性・ラクーザお玉 (最初の女流画家)はお百度参りして日本の勝利を祈願した。 ところが、いざ開戦すると連戦連勝に本人もイタリア人もびっくり仰天!』

 日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
速報(347)『日本のメルトダウン』自民両党首選動画の『この国のイカれた惨状!』②「尖閣問題』と「日本経済再生問題』

速報(347)『日本のメルトダウン』 ★民主、自民両党首選の『この国のイカれた惨 …

no image
速報(240)『チリは巨大津波警報を出さなかったトップを過失致死罪で起訴。日本政府、東電、保安院はなぜ起訴されないか。

速報(240)『日本のメルトダウン』   ★『南米チリは巨大地震の津波 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(82)記事再録/ ★明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」『官僚制度』を作った大久保利通の最期の遺言①』★『地方会議を開催して、旧体制、無能な役人、官僚をクビにして大号令を発する日に、会議に臨む途中で大久保内務卿(実質的な総理大臣)は暗殺された。今、<超高齢少子化人口減少社会>の危機を前に、その行財政改革失敗の遠因が大久保の作った官僚制度であることを考えると、大久保の決断とビジョンを振り返ることは大変有益であろう。』

2012-04-14 /日本リーダーパワー史(252)再録   大久保 …

no image
日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(62)『世界史の中の『日露戦争』<まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
日中韓外交の教科書―英国タイムズが報道の「日清戦争の真実」➁『日中間の対話は成立せず」ついに「日清戦争」のやむなきに至った

日中韓外交の教科書―英国タイムズが報道の「日清戦争の真実」➁  189 …

111
百歳学入門(109)医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰でも100歳まで生きられる

百歳学入門(109) 医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰で …

999999999999
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』「イスラエルに魅せられて再訪2016 /1」レポートその(6)『マサダ国立公園 Massada National Park』 ”ユダヤ民族結束の象徴”

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』  『イスラエルに魅 …

59830793154a5ed694ab292.82578910435182873
★『時代を超えたスーパー・ジャパニーズ』◎『192,30年代に『花のパリ』でラブロマンス/芸術/パトロンの賛沢三昧に遊楽して約600億円を使い果たした空前絶後のコスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の華麗な生涯』★『1905年、日露戦争の完全勝利に驚嘆したフラン人は、日本人を見るとキス攻めにしたほどの日本ブームが起きた』

コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上) http://w