前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界、日本メルトダウン(1011)-「地球規模の破壊力示したトランプ─1人の人間が終末時計を進めたのは初めて」★『トランプ外交、親イスラエルが火種 エルサレムに大使館移転検討 中東諸国の反発必至』

      2017/01/30

 世界、日本メルトダウン(1011)-

「地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が

終末時計を進めたのは初めて」

★『トランプ外交、親イスラエルが火種 エルサレムに

大使館移転検討 中東諸国の反発必至』 

トランプ新大統領は120日に大統領に就任するや否や、予想通り「大統領令」を連発、怒鳴りまくっている。「トランプ大ハリケーンの襲来」で、地球滅亡の危機に一歩近づいた、といえる。米科学誌は『地球最後の日までの残り時間を概念的に示す「世界終末時計」を30秒進め、残り2分半とした』。

「世界終末時計」残り2分半、トランプ発言で30秒進む

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN26H32_X20C17A1000000/

「地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて」http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6828.php

 

大統領令は『メキシコ国境での壁の建設』『TPPの即時離脱』「パリ会議からの離脱』『オバマケアの見直し』『移民流入の停止』など矢つぎばやにだされたが、イスラエルの米大使館をテリアビブからエレサレムに移転する問題が、最大の火薬庫で、もしトランプ政権がこれを強行すれば、それこそイランとの間の核戦争勃発、第3次世界大戦をも誘発しかねない。

ブッシュ元大統領がエレサレムを訪れたのが、911テロの1つの引き金になったことを忘れてはならない。

 

『トランプ政権、イスラエル大使館移転が導く動乱』

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/011600223/?rt=nocnt

 

トランプ外交、親イスラエルが火種
エルサレムに大使館移転検討 中東諸国の反発必至

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12038160U7A120C1EA1000/

 

イスラエル首相がトランプ氏絶賛 壁建設を「素晴らしいアイデアだ」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/28/israel-trump_n_14465026.html

『前NY市長でトランプの熱烈支持者であるジュリアーニが、中東問題の重要キーマンの

一人が娘婿、クシュナーであると強調しています』

http://m.jpost.com/#article=6017RUNCNkM4RDg3RDZCQzEyMjRBMjEzN0JBQzhFMjk3M0U=
同紙によると、積年のイスラエルとパレスチナ和平問題は、オバマとEUそして国連の場での今迄の調整のやり方では絶対に解決しない。

 

仮にパレスチナを独立国として承認しても、本質的に仇敵への国ぐるみのテロ活動国家としての体質が全く変わらなければ、意味がないと。戦闘状態は続いたママだ。 パレスチナが、テロ万能国家から普通の健全な国家に名実ともに変貌できるにはどうすべきか?が肝だ、と。オバマにはこの視点がなく国連に丸投げだったという。正統ユダヤ教徒で、多額の献金をし、入植支持者のクシュナーは、仲介者には成れない、裏方でネゴに関するトランプの強力なアドバイザーになるのではないか、と指摘している。

『英ファイナンシャル・タイムズ』(126日付)は社説で,警告している。

「トランプ氏はテルアビブの米大使館をエルサレムに移すことを考えている。これは中東地域を刺激し、イスラエルと近隣アラブ諸国との関係改善を不可能にしてしまうだろう。」「トランプ氏の不介入の姿勢と、ネタニヤフ氏の領土拡大主義という組み合わせは、中東諸国が歩む危険な結末への道を加速させるおそれがある。」

 

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(152)記事再録/日本リーダーパワー史(266)-『松下幸之助(94歳)★『人を育て、人を生かすー病弱だったことが成功の最大の要因』

  2012/05/29 /日本リーダーパワー史(266) …

no image
速報(447)●『キャンベル前米国務次官補、マイケル・グリーン・元米国家安保会議アジア部長の会見「日本の戦略ビジョン」(.7.16)」

  速報(447)『日本のメルトダウン』   ●『カート・キ …

no image
速報(240)『チリは巨大津波警報を出さなかったトップを過失致死罪で起訴。日本政府、東電、保安院はなぜ起訴されないか。

速報(240)『日本のメルトダウン』   ★『南米チリは巨大地震の津波 …

no image
「軍靴」の足音が…「12・8」と「12・9」

1 平成16 年2 月1 日       新聞通信調査会報            …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(302)★『生死一如/往生術から学ぶ①『元気とは性欲、食欲、名誉欲、物欲、金銭欲がふつふつと煮えたぎっている状態、つまり煩悩である。その元気が死を覆い隠しているのです」とね。

    2010/01/21 &nbsp …

no image
   日中北朝鮮150年戦争史(37)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実』② 陸軍でも秀吉の朝鮮出兵以来の大陸へ進出する『日清戦争」が開始された。開戦の詔勅に「国際法を遵守すべし」

   日中北朝鮮150年戦争史(37)<歴史復習問題> 『120年前の日清 …

no image
★10最重要記事再録/日本リーダーパワー史(812)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉗『日本最大の国難・日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→ 参謀次長)に降下して、 全軍指揮したスーパートップ リーダー児玉源太郎がいなければ、日露戦争勝利は なかった ーいまの政治家にその胆識はあるのか?』★『トランプ米大統領の出現で、世界は『混乱の時代』『戦国時代に逆戻りか」 に入ったが、日本の国民にその見識 と胆力があるのかー問われている」

                                         …

no image
百歳学入門(244)-『人助けのスーパーマン/尾畠春夫さん(78歳)の行動力とその人生哲学に心を打たれた。これぞ<本物人間>と比べて、わが偽善の人生を反省する』

  玄関前に「山口に行ってきます」と書き置き…2歳児発見“スーパーボラ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(26)-記事再録/トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかの連載⑶』ー(まとめ記事再録)日中韓異文化理解の歴史学(3)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載70回中、37-50回まで)

日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載 …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑿」ー『日本には元々「情報戦略」という場合の「情報」(インテリジェンス)と『戦略(ストラジティ)』の概念はなかった』★『<明治の奇跡>が<昭和の亡国>に転落していく<戦略思想不在>の歴史を克服できなければ、明日の日本はない』

「戦略思想からみた日清・日露戦争」 「日本人と戦略思考、インテリジェンス」につい …