前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 世界、日本メルトダウン(1012)-「地球規模の破壊力示したトランプ」★「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、ならず者国家へ転落中」!?『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』★「トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い!」

   

 世界、日本メルトダウン(1012)-

「地球規模の破壊力示したトランプ」★

「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて

再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、

ならず者国家へ転落!?」

『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』

トランプ大統領は就任1週間で、大統領令を連発して公約を実行したことを自画自賛している。

「オハマケアの見直し」「新たな規制導入の凍結」「TPPからの永久離脱」「メキシコ国境に壁を建設」「中絶支援団体への助成金停止」「石油パイプラインの建設を推進」「シリア難民の受け入れ停止」などの「大統領令」を発し、記者会見やツイッターで怒鳴りまくっている。

こんごは「NAFTAの再交渉」「国際機関への拠出金削減」「米英FTA交渉を協議」「安倍晋三首栂と首脳会談」などを実行していくという。

 

特に、世界からごうごうたる非難を浴びたのが、難民の入国拒否問題。

入国拒否となったのは中東やアフリカの7カ国でテロ支援国家に指定していたり、内戦状態や政情不安が続いたりするイラクシリアイランスーダンリビアソマリアイエメンである。

 

「トランプ大統領は難民入国禁止令の正当性主張、NYタイムズを「誰かが買収・廃刊にせよ」と罵倒」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/30/trump-vs-nytimes_n_14488152.html

 

「トランプ大統領、難民・イスラム教7カ国の入国禁じる 大統領令サインは国際ホロコースト記念日」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/28/trump-refugee_n_14463892.html

 

この大統領令には世界中から非難と抗議が殺到した。

米の難民受け入れ停止を批判=仏英首脳ら相次ぎ

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012900066&g=use

 まるで「ヒトラー」「暴君」「独裁者」「怒鳴るぞ、トランプ」である。「ここまで反知性主義の大バカ者であったのか」大統領に就任すれば少しは言動がかわるのではないか、との世界の楽観的な見方に冷水を浴びせた。

しかし、民主国にふさわしいスターバックスのような企業家もいるのが、

やはりアメリカの復元力だ。

理不尽な大統領令を連発しても、裸の王様の言うことを心あるものは聞くはずがない。

スターバックス、大統領令に対抗「難民1万人を雇用します」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/30/star-bucks_n_14489112.html

 

ソロスはトランプ政権は必ず失敗する、トランプ氏を「ペテン師」と呼んだ。

メイ首相の閣僚や支持基盤は分裂しており、英国民はEU離脱による経済への

影響を直視しようとしないと述べた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-20/OK1XBA6K50XT01

 

『英ファイナンシャル・タイムズ』(125日付、日経129日に掲載

の社説『米国第一主義は間違い、開かれた市場を拒絶、世界経済の崩壊を招く』

で米国の没落を予言してこう警告している。

『トランプ氏の「米国第一主義」は経済戦争の宣戦布告のようだ。米国の力は極めて強大だ。一それでも自国の思い通りに物事を運べるわけではない。単に、自国がならず者国家に成り下がると他国に宣言することになりかねない。」

「覇権国がひとたび自ら構築した体制を攻撃すれば、結末は2つしかない。現体

制の崩壊か、新たな覇権国を軸とした新体制の構築のどちらかだ。より可能性が高いシナリオは、体制が崩壊し、何でもありの通商政策が入り乱れる事態だ」

スティグリッツ氏も同じく警告している。

スティグリッツ氏警告「トランプは危険人物」「米国経済がトラブルに陥るリスクは高い」

http://toyokeizai.net/articles/-/145890

トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い、

アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人たちの百歳学(111)-明治の大学者/物集高見、高量(106歳)の大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の長寿物語➂→「(人間に必要なのは)健康とおかねと学問・修養の三つでしょうね。若い時は学問が一番、次がおかね。健康のことなんかあまり考えないの。中年になると一番はなんといってもおかね。二番が健康、学問なんかどうでもいいとなる。そして年取ると・・・」

物集は膨大な日記を書いている。 それは「百歳は折り返し点」の自伝の「年表の総まく …

no image
  日本メルトダウン( 976)『トランプショックの行方!?』●『[FT]トランプ氏が「レーガン流」から学ぶべき教訓(社説) 財政赤字の規模や中身が問題』◎『トランプ政権で「米軍の日本撤退論」は強まるー米国民にとっては「リアルな選択肢」だ!』●『マイケル・ムーア「トランプは任期4年を全うできない」』●『トランプ氏、習主席との電話会談「なし」、中国「あった」』★『  移民、貿易で強硬姿勢=トランプ次期政権の「100日計画」―オバマケア廃止再考も』★『トランプ氏勝利でも株式相場の見通しなお明るい=バフェット氏』

  日本メルトダウン( 976) —トランプショックの行方!? &n …

no image
日本リーダーパワー史(809)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉔『対ロ外交が望みないと判定されれば、一日でも早く開戦に踏み切る方が有利であり、シべリヤ鉄道完成以前に勝負を決することが唯一の対ロ陸軍作戦勝利の道である」

 日本リーダーパワー史(809)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
百歳学入門(232)ー曻地 三郎(教育家、107歳)「100歳生涯現役を楽しむ20ヵ条」★『<生涯現役>と厳(いか)めしい顔をするのではなく、 生涯現役を楽しめばよい』★『風が吹けば風になびき、苦しいことがあれば苦しさに耐え、「あの時こうすればよかった」などという後悔は何一つない』

「100歳生涯現役」を楽しむ 曻地 三郎(しょうち さぶろう) https:// …

no image
日本リーダーパワー史(730)<国難突破力ナンバーワン・出光佐三を見習う③ 『石油メジャーに逆転勝利した最強のリーダーシップ』、「首切りなし」「定年なし」「出勤簿なし」という破天荒な「人間尊重」「大家族主義」「独立自治」「黄金の奴隷たるなかれ」

日本リーダーパワー史(730)  <記事再録、2011年8,01> 日本リーダー …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(146)』「水木しげるのラバウル戦記」読後感ー「生へ健全な執着」の表現と 『「人間を虫けらの様に扱う」軍隊組織を嘲笑する』距離感は天才的です。

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(146)』 「水木しげる …

no image
知的巨人の百歳学(126)『天才老人/禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』➂★『平常心是道』『無事於心、無心於事』(心に無事で、事に無心なり)』★『すべきことに三昧になってその外は考えない。結果は死か、 生か、苦かわからんがすべき仕事をする。 これが人間の心構えの基本でなければならなぬ。』

 記事再録/百歳学入門(41) 『禅の達人の鈴木大拙(95歳)の語録』 …

no image
<百歳学入門(86)>宮武外骨の『人生70、古来稀ならず』 ―日本史の<百歳健康長寿者調査表>

 <百歳学入門(86)>   宮武外骨の『人生70、古来稀な …

no image
日本メルトダウン脱出法(832)「日本は「構造改革」から逃げてはいけない」●「欧州諸国の関心は、日本より中国へ」●「起業家がデンマーク人の働き方に学ぶ4つのこと」●「コラム:マイナス金利でも円安進行は期待薄=山田修輔氏

 日本メルトダウン脱出法(832)   日本は「構造改革」から逃げては …

2
百歳学入門(232)-東京で歩いて百歳めざす<健康長寿階段>ナンバーワンはここじゃよ?ー(答)地下鉄永田町駅です

百歳生涯現役実践入門ー東京の長寿「健康階段」ベストワンはここだよ。 http:/ …