前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 世界、日本メルトダウン(1012)-「地球規模の破壊力示したトランプ」★「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、ならず者国家へ転落中」!?『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』★「トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い!」

   

 世界、日本メルトダウン(1012)-

「地球規模の破壊力示したトランプ」★

「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて

再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、

ならず者国家へ転落!?」

『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』

トランプ大統領は就任1週間で、大統領令を連発して公約を実行したことを自画自賛している。

「オハマケアの見直し」「新たな規制導入の凍結」「TPPからの永久離脱」「メキシコ国境に壁を建設」「中絶支援団体への助成金停止」「石油パイプラインの建設を推進」「シリア難民の受け入れ停止」などの「大統領令」を発し、記者会見やツイッターで怒鳴りまくっている。

こんごは「NAFTAの再交渉」「国際機関への拠出金削減」「米英FTA交渉を協議」「安倍晋三首栂と首脳会談」などを実行していくという。

 

特に、世界からごうごうたる非難を浴びたのが、難民の入国拒否問題。

入国拒否となったのは中東やアフリカの7カ国でテロ支援国家に指定していたり、内戦状態や政情不安が続いたりするイラクシリアイランスーダンリビアソマリアイエメンである。

 

「トランプ大統領は難民入国禁止令の正当性主張、NYタイムズを「誰かが買収・廃刊にせよ」と罵倒」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/30/trump-vs-nytimes_n_14488152.html

 

「トランプ大統領、難民・イスラム教7カ国の入国禁じる 大統領令サインは国際ホロコースト記念日」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/28/trump-refugee_n_14463892.html

 

この大統領令には世界中から非難と抗議が殺到した。

米の難民受け入れ停止を批判=仏英首脳ら相次ぎ

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012900066&g=use

 まるで「ヒトラー」「暴君」「独裁者」「怒鳴るぞ、トランプ」である。「ここまで反知性主義の大バカ者であったのか」大統領に就任すれば少しは言動がかわるのではないか、との世界の楽観的な見方に冷水を浴びせた。

しかし、民主国にふさわしいスターバックスのような企業家もいるのが、

やはりアメリカの復元力だ。

理不尽な大統領令を連発しても、裸の王様の言うことを心あるものは聞くはずがない。

スターバックス、大統領令に対抗「難民1万人を雇用します」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/30/star-bucks_n_14489112.html

 

ソロスはトランプ政権は必ず失敗する、トランプ氏を「ペテン師」と呼んだ。

メイ首相の閣僚や支持基盤は分裂しており、英国民はEU離脱による経済への

影響を直視しようとしないと述べた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-20/OK1XBA6K50XT01

 

『英ファイナンシャル・タイムズ』(125日付、日経129日に掲載

の社説『米国第一主義は間違い、開かれた市場を拒絶、世界経済の崩壊を招く』

で米国の没落を予言してこう警告している。

『トランプ氏の「米国第一主義」は経済戦争の宣戦布告のようだ。米国の力は極めて強大だ。一それでも自国の思い通りに物事を運べるわけではない。単に、自国がならず者国家に成り下がると他国に宣言することになりかねない。」

「覇権国がひとたび自ら構築した体制を攻撃すれば、結末は2つしかない。現体

制の崩壊か、新たな覇権国を軸とした新体制の構築のどちらかだ。より可能性が高いシナリオは、体制が崩壊し、何でもありの通商政策が入り乱れる事態だ」

スティグリッツ氏も同じく警告している。

スティグリッツ氏警告「トランプは危険人物」「米国経済がトラブルに陥るリスクは高い」

http://toyokeizai.net/articles/-/145890

トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い、

アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(721)『強中国夢』(中華思想単独覇権主義)をめざす習近平共産党政権は「近代中国の父・孫文」の『覇道より王道をめざせ」という日本への遺言を読み直さねばならない。<孫文「大アジア主義」の演説全文を再録>②

   日本リーダーパワー史(721) (再録)日本リーダーパワー史(204)『辛 …

222
百歳学入門(239)<ネット・SNS・youtubeで健康長寿、ライフワークを完成する法>★『湘南海山ぶらぶら自由勝手にビデオ散歩して、youtubeにアップ、楽しく長生き創造生活する』

百歳学入門(239)   2012/02/16  …

no image
知的巨人たちの百歳学(138)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

 知的巨人たちの百歳学(138) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …

no image
『百歳学入門』(211)-『日本の人口の高齢化率(65歳以上)は27.3%』★『2065年には約2.6人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上』★『2015年では高齢者1人に現役世代2.3人が支え、2065年には1.3人となるが、社会機能はマヒする』

『百歳学入門』(211)- 『2018年高齢社会白書』によると、 ➀日本の総人口 …

1111
⭐︎『湘南海山ぶらぶら日記・「地球環境異変はますます深刻化」⭐︎『豊穣の鎌倉海も海生物が激減』●『米離脱後のパリ会議の行方ははどうなる』

湘南海山ぶらぶら日記  「地球環境異変はますます深刻化」  ―米離脱後のパリ会議 …

no image
日本リーダーパワー史(572)エピソード憲法史『ペニシリンから生まれた憲法』★『白洲次郎の『ジープ・ウェー・レター』など5本⑥

日本リーダーパワー史(572) 一連の「安全保障法制案」の本格的な 国会論戦が始 …

no image
百歳学入門(46)原安三郎(98歳)「いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静に対応し、判断せよ」長寿10ヵ条とは

百歳学入門(46)    原 安三郎(98歳)1884・3・10-19 …

no image
『百歳学入門』(230)『わが鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録-海には毎回、大自然のドラマがあり、サプライズがあるよ!

 2013/06/21の記事の再録 『鎌倉30年カヤック釣りバカ日記』懺悔録- …

ダウンロード
世界が尊敬した日本人ー『日本海軍の父』山本権兵衛―日露海戦に完勝したその『リーダーパワー』に学べ

世界が尊敬した日本人 (再録)『日本海軍の父」山本権兵衛―日露海戦に 完勝したそ …

no image
★『世界日本史/歴史メモ➀』-『西郷隆盛(南洲)のおもしろエピソード』★『お妾さんを囲うのではなく、猟犬2頭を飼っていた西郷どん』★『元勲となっても長屋に住む』

  藤田東湖と橋本左内を高くい評価した西郷隆盛   西郷隆盛 …