前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 世界、日本メルトダウン(1012)-「地球規模の破壊力示したトランプ」★「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、ならず者国家へ転落中」!?『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』★「トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い!」

   

 世界、日本メルトダウン(1012)-

「地球規模の破壊力示したトランプ」★

「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて

再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、

ならず者国家へ転落!?」

『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』

トランプ大統領は就任1週間で、大統領令を連発して公約を実行したことを自画自賛している。

「オハマケアの見直し」「新たな規制導入の凍結」「TPPからの永久離脱」「メキシコ国境に壁を建設」「中絶支援団体への助成金停止」「石油パイプラインの建設を推進」「シリア難民の受け入れ停止」などの「大統領令」を発し、記者会見やツイッターで怒鳴りまくっている。

こんごは「NAFTAの再交渉」「国際機関への拠出金削減」「米英FTA交渉を協議」「安倍晋三首栂と首脳会談」などを実行していくという。

 

特に、世界からごうごうたる非難を浴びたのが、難民の入国拒否問題。

入国拒否となったのは中東やアフリカの7カ国でテロ支援国家に指定していたり、内戦状態や政情不安が続いたりするイラクシリアイランスーダンリビアソマリアイエメンである。

 

「トランプ大統領は難民入国禁止令の正当性主張、NYタイムズを「誰かが買収・廃刊にせよ」と罵倒」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/30/trump-vs-nytimes_n_14488152.html

 

「トランプ大統領、難民・イスラム教7カ国の入国禁じる 大統領令サインは国際ホロコースト記念日」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/28/trump-refugee_n_14463892.html

 

この大統領令には世界中から非難と抗議が殺到した。

米の難民受け入れ停止を批判=仏英首脳ら相次ぎ

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012900066&g=use

 まるで「ヒトラー」「暴君」「独裁者」「怒鳴るぞ、トランプ」である。「ここまで反知性主義の大バカ者であったのか」大統領に就任すれば少しは言動がかわるのではないか、との世界の楽観的な見方に冷水を浴びせた。

しかし、民主国にふさわしいスターバックスのような企業家もいるのが、

やはりアメリカの復元力だ。

理不尽な大統領令を連発しても、裸の王様の言うことを心あるものは聞くはずがない。

スターバックス、大統領令に対抗「難民1万人を雇用します」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/30/star-bucks_n_14489112.html

 

ソロスはトランプ政権は必ず失敗する、トランプ氏を「ペテン師」と呼んだ。

メイ首相の閣僚や支持基盤は分裂しており、英国民はEU離脱による経済への

影響を直視しようとしないと述べた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-20/OK1XBA6K50XT01

 

『英ファイナンシャル・タイムズ』(125日付、日経129日に掲載

の社説『米国第一主義は間違い、開かれた市場を拒絶、世界経済の崩壊を招く』

で米国の没落を予言してこう警告している。

『トランプ氏の「米国第一主義」は経済戦争の宣戦布告のようだ。米国の力は極めて強大だ。一それでも自国の思い通りに物事を運べるわけではない。単に、自国がならず者国家に成り下がると他国に宣言することになりかねない。」

「覇権国がひとたび自ら構築した体制を攻撃すれば、結末は2つしかない。現体

制の崩壊か、新たな覇権国を軸とした新体制の構築のどちらかだ。より可能性が高いシナリオは、体制が崩壊し、何でもありの通商政策が入り乱れる事態だ」

スティグリッツ氏も同じく警告している。

スティグリッツ氏警告「トランプは危険人物」「米国経済がトラブルに陥るリスクは高い」

http://toyokeizai.net/articles/-/145890

トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い、

アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

999999999
『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(185)』★『6月中旬梅雨盛り、鎌倉の古刹「長谷寺」の名物の紫陽花づくしのパラダイス』

『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(185)』 <湘南海山ぶらぶ …

no image
知的巨人の百歳学(152 )人気記事再録/<東京で歩いて百歳めざす健康長寿階段ナンバーワンはここじゃよ?ー百歳生涯現役実践入門ー地下鉄永田町駅です』★『鎌倉天然自遊人の朝食はー粗食が長寿元気の秘訣、ゼイタクは健康の敵』』

  ★「東京で歩いて百歳めざす健康長寿階段ナンバーワンはここじゃよ?ー …

no image
百歳学入門(57)スルガ銀行創業者・岡野喜太郎(101歳) 『欲を離れるのが長寿の妙薬』

  百歳学入門(57)   スルガ銀行創業者・岡野喜太郎(101歳)健康長寿法 …

no image
 ジョーク日本史(3) 宮武外骨こそ日本最高のジョークの天才、パロディトだよ、 『 宮武外骨・予は時代の罪人なり(中)』は超オモロイで

 ジョーク日本史(3) 宮武外骨こそ日本最高のジョークの天才、パロディトだよ、 …

no image
百歳学入門(83)大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治健康法とは①<長寿の秘訣は人を食うこと>

 百歳学入門(83)   大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々 …

images
日本リーダーパワー史(666)昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治・長寿健康法は『マッカーサーと昭和天皇の会談が13回、 吉田は合計75回も面会』●『「長生きの秘けつ」は「そりゃカスミを食うこと、いや人を食うことだな」

  日本リーダーパワー史(666) 昭和の大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
★10・世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「神秘に包まれた『マチュピチュ』の全記録、一挙公開!」水野国男(カメラマン)③

 2015/11/09< 世界一人気の世界文化遺産『マチュピ …

1234
知的巨人たちの百歳学(174)記事再録/日本最長寿の徳川家三代指南役・南光坊天海(108歳)の養生訓ー上野公園内の「墓碑」で長寿健康を祈る―『 養生法・長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし。』★『養生訓「気は長く 勤めは固く 色うすく 食細うして 心ひろかれ」

2015/02/05/百歳学入門(102)・   日本最長寿の徳川家三 …

no image
★『オンライン/天才老人になる方法➅』★『世界天才老人NO1・エジソン(84)<天才長寿脳>の作り方』ー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功の11ヵ条」(下)『私たちは失敗から多くを学ぶ。特にその失敗が私たちの 全知全能力を傾けた努力の結果であるならば」』

 2018/11/23  百歳学入門(96)再録 …

mq2 (1)
『オンライン/2020 年最高の稲村ケ崎サーフィン動画』★『史上最大級の台風10号接近中の稲村ケ崎サーフィン(2020/09/06/am730)ービッグウエーブに総勢50人のサーファーがチャレンジ!』

2020/09/06 『史上最大級の台風10号接近の稲村ケ崎サーフィン(2020 …