前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(331) 『日本のメルトダウン』原発事故・東電のテレビ会議の情報公開拒否に見る『民主主義落第国家』日本の惨状―

   

速報(331) 『日本のメルトダウン』

福島原発事故・東電のテレビ会議の情報公開
拒否に見る『民主主義落第国家』日本の惨状―
 
         前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
『日本沈没の張本人7つの大罪』
 
① 一人を殺せば犯罪者だが、百万人を殺せば英雄だ」とは(『チャップリンの殺人狂時代』にあるセリフである。かのヒトラーがヨーロッパを席巻するのに対してのプロテストの映画であり、この後の『独裁者』こそ世界映画史上ベストワンの大傑作である。チャップリンが「3・11核自爆アフターの日本の惨状」を見ればどのような映画を作るのだろうか。
② 3・11では福島県内での帰宅困難者は十七万人以上にものぼり、拡散した放射性物質による低線量被ばくを心配している国民は東日本を中心に数千万人にもぼる
野田首相は「事故収束」なる希望をいち早く宣言したものの、実際に完全廃炉までのプロセスは50年以上かかり、その間放射性物質の拡散、たれ流しは続くので、特に子供、若い世代の不安は非常に強い。
③ 「日本にはあらゆるものがある。ないのは希望だけだ」とは村上龍の小説の1節らしいが、3・11を通してみえてきた「このうそ国家の正体は「民主主義国家にとって最も大切な法の正義と公正と被害者の人権擁護と情報公開がないこと」だ。
④ 三権分立の日本で「人災(国会事故調は人災と断定)の責任を追及するのは司法当局、警察、検察の役割である。日本の歴史上でも未曾有の大事件に対して、セクハラ、1000円の盗みでもすぐ逮捕、起訴、有罪と弱い者には厳罰でのぞむのに、史上最悪の企業国家人類犯罪の「巨悪」には一歩も動かない。なぜ、刑事責任を直ちに追及しないのか。3,11以降、一年半も立っても未だに真相を追及し、正義をたださない『不正国家』が世界にあるか。「日本の司法はない」と言われてもしかたあるまい。
⑤ 政府も国会も、それぞれ4つの事故調査報告書がおそまきながら7月末までまとまったのに、司法当局も微動だにしないし、国会議員もさぼり続けている。国政調査権を発動して、自ら東電、保安院、政府を追及しないのか。ロッキード事件を勉強する必要がある。
 
⑥ 「第一の敗戦」徳川幕府の崩壊、「第2の敗戦」太平洋戦争の敗戦、それと「第3の敗戦」今回の事故と繰り返される「日本の沈没の原因」(日本病)はその「無責任国家官僚体制」にある。昭和戦前の軍部ファシズムを制御できなかった日本システムの欠陥(原因とその責任者を徹底して追及しないため、制度、人事を大転換できない)のである。
 
「失敗学」の畑村洋太郎・東大名誉教授が政府事故調の最終報告書を7月23日にまとめたが、最初から「学ぶための調査で責任追及はしない」方針なので、どこまで真相にせまれるか疑問を感じていた。責任追及なくして真相か解明されるはずはないではないか。これだけの損害と被害者の人権を考えれば、責任追及のない調査など意味不明である。記者発表でも責任問題には、それは最初に私が受けた段階で触れないことを条件に自由にはなしてもらうことにしたのです」とこたえたが、これまでの『日本病』の再発である。

8   
菅前首相に問いたい。東電のテレビ会議の菅首相の叱咤激励の部分の音声は消されていることに対して、名誉棄損、誣告罪で東電を告訴して、全面公開を裁判所に判断させるべきであろう。事故当時、日本の最高責任者であり、日本の正義と真実の代表者である。それが、うそつき呼ばわり、事故を引き起こしたとまで名誉を棄損されていることに対して、断固、真相を明らかにすべきであろう。
 
枝野経産相も『全面公開』を命令すべきである。なぜなら、東電には7月31日に公的資金1兆円を資本注入し、実質国有化の手続きを完了したからだ。東電は民間企業ではなく、 公的管理下に置かれておいり、経産大臣の発言、命令権を行使すべきであろう。
 
10ーマスコミの大罪―民主主義社会は独裁、社会主義国家違って市民、国民が正確な判断を下せる情報公開を徹底する<官尊民卑ではなく、民主官従>と同時に、ジャーナリズムが真実追及の一点突破に全力をあげることで、その国の民主成熟度が増していく。事故の初期には『真実を報道すれば、国民の不安感を増幅する』と自己検閲したケースが目だった。
 
11- 東電の情報不開示にたいしては、徹底して追及すべきである。メディアはフリージャーナリストともスクラムを組んで真実に肉薄して、1に『真実』2も3も5も『真実』を、真実こそジャーナリズムの魂である。
    いまだに、日本のメディアはサラリーマン会社人間、愛国記者が多すぎる。愛<真実>記者、国民の知る権利に応える事実の
    猟犬こそ求められる。
 
 
◎『東電:原発事故発生直後のテレビ会議 ビデオを公開』
毎日新聞 2012年08月06日 19時33分(最終更新 08月07日 00時36分)
◎「動画:東電が編集・発表した、原発事故発生後のテレビ会議映像」
2012年08月06日
 
◎「イラ菅、とにかく怒る」=東電幹部が不満、民主批判も
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012080601087

◎「大変です。爆発が起こりました」原発事故直後の東電会議映像』http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/13098/?mod=Center_jrt
 
◎『東電会議録画の全面公開を申し入れ 日本新聞協会』
 

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●東学党の乱に対して『速(すみやか)に出兵すべし』★『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』★『念に念を入れて緩急の時に狼狽せざるよう、 意を用いるは当然のことだが、あまり念入りに過ぎては,かえって時機を失い、 折角の用意も実用をなさずして徒労に帰して、失敗を招く』(教訓)『兵は拙速を貴ぶ』

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7) 「北朝 …

no image
百歳学入門(191)『京都清水寺の貫主・大西良慶(107歳)』★『人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。年寄りとは意見が合わんというてる間に、自分自身がその年寄りになるのじゃ』

 百歳学入門(191) 人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。 …

1616
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(169』『オーストリア・ウイーンぶらり散歩③』国立歌劇場見学ツアーに参加した』

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ (169)』 『 ウイ …

no image
 日本リーダーパワー史(786)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス③』★『日本史の決定的瞬間』★『京都「無隣庵」での伊藤、山県、桂、小村の4巨頭に児玉、杉山の6者秘密会談で『日露戦争も辞せず』と決定した』●『小村外相のロシアの巨熊を生け捕る方法とは・・』

 日本リーダーパワー史(786) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

no image
日本メルトダウン(903)『 チャイナリスク・お笑い「中国劇場」の一席!』 だから、中国は嫌われる「前近代・共産党独裁 人権低国・習近平皇帝・封建国家」のお粗末!

   日本メルトダウン(903) チャイナリスク・お笑い「中国劇場」の …

no image
日本メルトダウン脱出は不可能か(695)ガラパゴス日本株式会社の終焉、「東芝は明らかに粉飾」と専門家 過去の粉飾事件に匹敵する巨額さ」

    日本メルトダウン脱出は不可能か(695)   上場廃止回避も… …

no image
<国難日本史ケーススタディー④>『日英同盟論を提言するー欧州戦争外交史を教訓に林董の外交論』②

<国難日本史ケーススタディー④> 林董(ただす)の外交論を読む② 『日英同盟論を …

no image
陸 羯南の日清戦争論①韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)①

          …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(199)ー『先日101歳で逝去され中曽根康弘元首相の戦略とリーダーシップ』★『「戦後総決算」を唱え、国内的には明治以来の歴代内閣でいづれも実現できなかった行財政改革「JR,NTT,JTの民営化」を敢然と実行』★『「ロン・ヤス」の親密な日米関係だけでなく、韓国を電撃訪問し、日韓関係を一挙に改革し、胡耀邦氏と肝胆合い照らす仲となり、日中関係も最高の良好な関係を築いた、口だけではない即実行型の戦後最高の首相だった』』

中曽根康弘元首相の戦略とリーダーシップ    前坂 俊之(ジャーナリスト) 中曽 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(258)/ 「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論』★『償いなき略奪。日本が条約に違反し製品を無開税で輸入している証拠を握る

 2018/01/12「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイム …