前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『外紙」からみた『日中韓150年戦争史』(54)日清戦争の原因 『日本側の言い分』英紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」

      2015/01/01


『中国紙『申報』や『外紙」からみた『日中韓150年戦争史』

         日中韓のパーセプションギャップの研究』54

 

1894(明治27)年10日 英紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」

 

日清戦争の原因―

「ジャパン・メール」に掲載された『日本側の言い分』

 

 

6日の朝本紙は.休戦をもたらすべくイギリスおよびロシアがいまだに続けている努力がうまく功を奏してくれればよいが.と切なる願いを表明した。しかし.中国が両国の説得に快く耳を貸すことはほぼ疑いないものの,日本に自分で決めた針路をあきらめさせるには.日本が太刀打ちできないと思うような武力以外にはないだろうと思う。

 

日本がめざしているのは北京だが.東京から得た情報によると,彼らは遅くともこの11月の30日までには北京へ10万の兵を送り込もう,いや送り込めると確信しているという。それが日本の狙いなのだ。

 

そのために彼らは予備兵を召集している。日本は準備に関してはおさおさ怠りはなく,もし外国が口出しでもしようものなら,中国はもとよりその国とも戦いを交えることだろう。聞くところによれば.日本人は例外なく国内の不和など忘れ去って愛国心に沸き立っており.戦地の軍隊の用に供するために金や食料,あらゆる種類のぜいたく品などを続々と政府に送り届けているという-それもかなりの量が,なるほど,今はそういうものが必要とされてはいる。

 

 

日本の計画によれば,まずは中国艦隊を打ち破り.その後,大部隊を天津の南と山海関付近に上陸させ,そして,すでに述べたように,遅くとも11月の30日までには北京へ乗り込むことになっている。ジャパン・メール紙は先月30日付の紙面で例のごとく政府のために弁じて(と考えるべきだろう),このような

国に加えねばならないわけを明らかにしている。

 

平均的日本人は朝鮮の解放や改革などにはいかなる関心も持ってはおらず,彼らの大目的はあくまでも中国を陵辱することにあるということを忘れてはならない。

 

 ジャパン・メール紙は目下の戦争の原因について述べるにあたり1873年までさかのぼる。その年.釜山で日本の役人が朝鮮の当局から無礼な仕打ちを受けた。

 

そこで日本は,朝鮮もしくは中国に補償を求めてもよいかと中国に問い合わせた。中国は朝鮮の行為に対するあらゆる責任を否諾したので.日本は朝鮮と条約を結び.1876年には他の国々も日本の例に倣った。

 

1884年,金玉均事件が起こり,日中両軍はソウルで衝突したが,1885年に次のような合意が成立した。「朝鮮で騒乱が発生した結果.日中いずれかが,朝鮮に居住する自国民を保護するために軍隊を派遣しようと望むときは,まずその旨の通告を他方に対して行わねばならない。

 

また,騒乱が収まったときは直ちに軍隊を撤退させなければならない。本合意は.朝鮮を日中共同の保護の下に置くというに等しいと考えて差し支えない」。

 

しかし,この合意がそうしたたぐいのものでなかったことは明らかだ。事実,中国が同時撤兵を提案したにもかかわらず,日本はそれを拒否してこの合意を放棄してしまったのだ。メール紙は続けて次のように説明する。

 

 

朝鮮の悪政は甚だしいものであり,この悪政が暴動を招いたのだが,これを鎮圧するために朝鮮政府は中国に軍隊の派遣を要請した。「中国は要請に応じたが-注目すべきことは,軍隊を送り出した後に【原文ではこの部分イタリック]-そのことを日本に通告してきたのだ」。

 

本紙が強調して呈示した箇所はジャパン・メール紙一流のやり方をよく示して

いる。ほんの数日前同紙は,中国が誠意をもって行った同国の意図に関する通告に対し日本は苦情を申し立てたことはないしそのつもりもない,と言っているのだ。

 

ところがどうしたわけか今度は,中国は事前に通告を行わなかった,と言い出したのだ。この主張については,われわれは全く根拠がないものと確信している。しかしながら,これは単なる枝葉の問題に過ぎない。

 

戦争の原因は,ジャパン・メール紙によれば次のようなものだという。

 

朝鮮はその政治システムが徹底的に改革されない限り決して真の独立国とはなり得ない,と日本は見ている。そこで,日本は中国にそうした必要不可欠の改革を協力して推し進めようと提案したが,その提案には,もし中国が協力しようとしないなら日本は独力で改革を実行するだろうということが付け加えられていた。

 

 

中国は属国に内政干渉を行うことは自国の慣行にそぐわないという理由から日

本の提案を拒否し,メール紙自身の主張では.朝鮮から兵を引かざるを得ない事情が自国にあったため日本に対してもそうするよう要求した。

 

「この要求に日本政府は応じなかった。それどころか,朝鮮における日本の兵力を増強した。日本政府が朝鮮にどの程度の兵員を送ったのか正確なところ

は不明だが.1万を超えていることは間違いない」

 

 

 戦争の原因についてメール紙は記事の最後の部分で次のように述べている。

 

「中国は日本と協力することを拒否し,日本が朝鮮の政治に必要な改革に着手するのを阻止するために開派の政治家と通じるようになったので(日本はそう信じて疑わない),日本政府は朝鮮における中国軍のこれ以上の増強を阻止することを決めた。というのも.それらの兵は開氏一派を支援するために,また.旧来の悪弊を維持するために動員されるに違いないと考えたからだ。そこで日本の軍艦数隻が,おそらくは南陽湾に上陸しようとしていたと思われる兵員を乗せた中国の輸送船の進路を遮断した。その結果,事実上戦争の火ぶたが切られたのだ」

 

 これは戦争の発端の説明としては不完全きわまりない。済遠,広乙,操江に対する攻撃についてひと言も触れられていないからだ。しかし,そのことはさておいても.ここには戦争の真の理由が全く述べられていない。

 

対中戦争は日本政府の最後のよりどころとして何か月も前に計画されたものだった。今年の初頭には.薪炭に至るまで遠征の準備はすっかりできあがっていたのだ。

 

もし政府がこのほどの議会で優勢に立っていれば,戦争はひとまずお預けということになっていたに違いない。しかしながら,政府はまたもや少数派へと追いやられ,総辞職して政党内閣の発足を認めるか,あるいは中国との戦争に乗り出すか,さもなくば革命に直面するかの岐路に立たされた。

 

 

結局のところ政府は対中戦争への道を選び.総力をあげてその準備に取り組んだのだ。彼らのつけた火はいったいどこまで燃え広がるのか,まだわれわれには予想できない。

 

 

 

 

 - 現代史研究 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(119)『九州電力・川内原発 火山列島に囲まれた原発の脅威(10/10)』

      池田龍夫のマスコミ …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(28)「抑止力」一辺倒の危うさ-  新防衛大綱の「動的防衛力」

池田龍夫のマスコミ時評(28)   「抑止力」一辺倒の危うさ&#821 …

no image
<野口恒のインターネット江戸学講義⑥>第2章 全国に無数に作られた庶民ネツトワ-クの「講」と「連」(下)

  日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑥>   …

no image
日本史の復習問題/『日本で最高のリーダ―シップを発揮した英雄は・・西郷隆盛です』―『山県有朋から廃藩置県の相談を受けた西郷隆盛は「結構」と一言の基に了承、断固実行した➀』

    記事再録2012/03/23 /日本リーダーパワー史 …

no image
新刊紹介ー福島の未来に多くの示唆を与える『ふるさとはポイズンの島―ビキニ被曝とロンゲラップの人びと』(旬報社)

新刊紹介 <福島原発事故から2年―福島の未来に多くの示唆を与える> 写真エッセイ …

no image
『なぜ日中韓150年の戦争・対立は起きたのか』/『原因」の再勉強ー<ロシアの侵略防止のために、山県有朋首相は『国家独立の道は、一つは主権線(日本領土)を守ること、もう一つは利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説した。これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

記事再録/日本リーダーパワー史(701) 日中韓150年史の真実(7) 「福沢諭 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑩ 『英タイムズ』報道ー『日露開戦半年前ー(日本の不安)もし満州が強力で侵略的な西洋の1大国.特にウラジオストクを制している国(ロシア)の手に渡るなら,朝鮮は遼東-ウラジオストク間の連絡路上に位置しているため,結局はその大国の支配下に加えられるに違いないと.日本の多くの政治家には映る。』

       『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦 …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(76)★原発と国家【封印された核の真実】⑫(1981~84)風の谷のナウシカーイスラエルが建設中のイラク原子炉を攻撃(上)

片野勧の衝撃レポート(76) ★原発と国家―【封印された核の真実】⑫ (1981 …

no image
巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン創業者)の名言/至言/確言百選②●『知と行は同じ。学と労とも同じ。人は何を成すによって偉いのではない。いかに成したかによって価値あるものなのだ』●『新しき考えに対し、実行不能を唱えるのは卑怯者の慣用手段である』

  巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン)の名言、至言、確言百 …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年―逆転日中関係歴史情報③―『孫文革命を日本の新聞はどう報道したか』③

辛亥革命(1911年10月10日)から百周年   ―逆転した …