前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(508)日中韓150年戦争史②「日清の戦争は文野の戦争なり(文明の衝突なり」(福沢諭吉)

      2019/03/18

 

  日本リーダーパワー史(508 

 

◎<日中韓150年対立・戦争史を踏まえて「脱亜論」でアジア

侵略主義者のレッテルを張られた福沢諭吉の「日清戦争

開戦論」の社説を読み説く>②ー

<海洋進出と領有権を主張して日本・フィリピン・ベトナムとの対立をエスカレート

させている中国の膨張政策≪核心的利益政策)は120年前の日清戦争当時と

全く変わっていない。韓国が中国にすり寄って歴史認識問題で日本との

溝深めているが、その行動パターンも清国の属国だった<小中華・韓国>

と同じものである。

もともと「親中国・韓国派」であった福沢は西欧列強によるアジア併呑に

危機感を募らせて、韓国の独立のため教え子の井上角五郎を送りこみ、

金玉均らの「朝鮮独立党」を全面支援したが、ことごとく妨害にあい、

ついに堪忍袋の緒をきっての「日清戦争開戦論」であった。

昨今の対中・韓・北朝鮮外交のすれ違い、ネジレ、対立のエスカレートの経験と

対比させながら、福沢の主張を読むと、その正当性がよくわかる。

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 


「日清戦争は文野の戦争、と福沢諭吉」〔1894(明治27729日 時事新報〕

●「日清の戦争は文野の戦争なり(文明の衝突なり」

朝鮮海・豊島の附近に於いて日清両国の間に海戦を開き、我が軍、大勝利を得たるは、昨日の号外を以って読者に報道したる所なり。そもそも今回の葛藤に付き、日本政府が注意の上にも注意を加え、ひたすら平和の終結を望みたるは隠れもなき事実なるに、世の中に自から身の分限を知らず、物の道理を解せざるほど怖しさものはあるべからず、かの支那人は自から力の強弱を量(はか)らず、無法にも非理を推し通さんとして、ちつとも悛(あらた)むる所なきより、やむを得ず今日の場合に立ち至りて、開戦第一に我が軍をして勝利の名誉を得せしめたり。

我輩はこの一報に接して、漫(まん)に驚喜して狂するものにあらず、開戦第一に我が軍の勝利はもとより日本国の大名誉として祝すべしといえども、我が軍人の勇武に加うるに、文明精鋭の兵器を以ってかの腐敗国の腐敗軍に対す、勝敗の数は明々白々、あたかも日本刀を以って草を掃うに異ならず、触るる所として倒れざるものなきは尋常一様の事にして、ちっとも驚くに足らず、ただ予め期する所に違わずして、日本の軍人果して勇武にして、文明の利器果して利なるを喜ぶのみ。もとより僥倖の事にあらずとして、さて日清闇の戦争は世界の表面に開かれたり、文明世界の公衆は果していかに見るべきや。

戦争の事実は日清両国の間に起りたりといえども、その根源を尋ぬれば、文明開化の進歩を謀るものと、その進歩を妨げんとするものとの戦いにして、決して両国間の争いたあらず。本来日本国人は支那人に対して、私怨あるにあらず、敵意あるにあらず、これを世界の一国民として、人間社会に普通の交際を欲するものなれども、いかんせん彼等は頑迷不霊にして、普通の道理を解せず、文明開化の進歩を見てこれを悦ばざるのみか、反対にその進歩を妨げんとして、療法にも我に反抗の意を表したるが故に、やむを得ずして事のここに及びたるのみ。

 

すなわち日本人の眼中には、支那人なく支那国なし、ただ世界文明の進歩を目的として、その目的に反対してこれを妨ぐるものを打ち倒したるまでのことなれば、人と人、国と国との事にあらずして、一種の宗教争いと見るも可なり。いやしくも文明世界の人々は、事の理非曲直を云わずして、一も二もなく我が目的の所在に同意を表現せんこと、我輩の決して疑わざる所なり。

 

かくて海上の戦争には我が軍勝ちを得て、一隻の軍艦を捕獲し、千五百の清兵を倒したりと云う。思うに、陸上の牙山にても既に開戦して、かの屯在兵を鏖(みなごろし)にしたることならん。かの政府の挙動は兎も角も、幾千の清兵はいずれも無辜の人民にして、これを鏖(みなごろし)にするは憐れむべきがごとくなれども、世界の文明進歩のためにその妨害物を排除せんとするに、多少の殺風景を演ずるは到底免れざるの数なれば、彼等も不幸にして清国のごとき腐敗政府の下に生れたるその運命の拙なきを、自から諦むるの外なかるべし。

もしも支那人が今度の失敗に懲り、文明の勢力の大いに畏るべきを悟りて、自からその非を悛め、四百余州の腐雲敗霧を一掃して、文明日新の余光を仰ぐにも至らば、多少の損失のごときは物の数にもあらずして、むしろ文明の誘導者たる日本国人に向かい、三拝九拝してその恩を謝することなるべし。我輩は支那人が早く自らから悟りて、その非を悛めんこと希望に堪えざるなり。

 - 戦争報道 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

 『リーダーシップの日本近現代史』(70)記事再録/日本リーダーパワー史(241)空前絶後の名将・川上操六(29)★『戦いで最も重要なのは「インテリジェンス」 それ以上に重要なのは「ロジスティックス」』

 2015/02/17日本リーダーパワー史(241) 空前絶後の名将・ …

『Z世代のための最強の日本リーダーシップ研究講座(44)』★『ルーズベルト大統領だけでなく、ヘイ外務大臣、海軍大臣とも旧知の仲』★『外交の基本―真に頼るところのものはその国の親友』★『 内乱寸前のロシア、挙国一致の日本が勝つ』★『 ●金子はニューヨークを拠点に活動』

2011年12月18日 日本リーダーパワー史(831)記事再録 ★『ルーズベルト …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯『開戦4ゕ月前の「仏ル・タン」の報道』- 『極東の紛争』『露仏同盟のフランスはシベリア鉄道によると特権をもつロシアの満州占領を擁護』『アレクセイ提督の極東総督府を創設した段階で,それを放棄する意向があると見なすのは的外れというものだろう』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯   1903( …

no image
世界リーダーパワー史(937)ー『トランプ大統領の弾劾訴追の可能性は?』★『弾劾訴追と上院、下院の関係の手続きはこうなる』

 世界リーダーパワー史(937) ★弾劾訴追と上院、下院の関係の手続き …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(5)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』―末広鉄腸の『インテリジェンス』① < 各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識の競争であります>

  2015/11/23  日本リーダー …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(113)/記事再録☆『軍縮・行政改革・公務員給与減俸』など10大改革の途中で暗殺されたライオン宰相・浜口雄幸の『男子の本懐』★『歴代宰相の中で、最も責任感の強い首相で、国難打開に決死の覚悟で臨み、右翼に暗殺された悲劇の宰相』★『死後、3週間後に満州事変を関東軍が起こした。』

2013/02/15  日本リーダーパワー史(362)記事再 …

no image
『オンライン/最後の海軍大将・井上成美が語る山本五十六のリーダーシップ論』★『2021年は真珠湾攻撃から80年目、米中日本の対立は火を噴くのか!』

    2019/08/04 &nbsp …

no image
『2018年、米朝戦争はあるのか➈』-『トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」★『銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙(ひんしゅく)。この男に心はあるのか?』★『米副大統領、平昌五輪で北朝鮮と会談予定だった 北朝鮮がドタキャン』

トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」 前坂 俊之(ジャーナリスト) CNNは1月 …

「今、日本が最も必要とする人物史研究/日英同盟を提言した林董(はやしただす)元外相』★『国難日本史ケーススタディー④>『日英同盟論を提言ー欧州戦争外交史を教訓に』 <「三国干渉」に対して林董が匿名で『時事新報』に日英同盟の必要性を発表した論説>』

  2012-03-10 /『リーダーシップの日本近現代史』(56)記 …

no image
『オンライン鈴木大拙講話』★「東西思想の「架け橋」となった鈴木大拙(95歳)―『★『禅は「不立文字」(文字では伝えることができない)心的現象』★『「切腹、自刃、自殺、特攻精神は、単なる感傷性の行動に過ぎない。もつと合理的に物事を考へなければならぬ」

★『死を恐れるのは仕事を持たないからだ。ライフワークに没頭し続ければ死など考える …