前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟の影響」⑭ 1902(明治35)年11月8日『米ニューヨーク・タイムズ』 ●日露戦争開戦2ゕ月前『満州を条約をうまく利用して占領、開発したロシア』★『嫉妬深い日本ですら,ロシアの領土支配に武力で立ち向かおうとはしないだろう。ロシアの支配権はそれほど確立しているのだ。』

      2016/12/01

    

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-

「日英同盟の影響」⑭

1902(明治35)年11月8日『米ニューヨーク・タイムズ

                『満州を条約をうまく利用して占領、開発したロシア』

 ➀ロシアは,条約上の義務がある以上,満州から撤退したとはいえ,この国を確実に支配できるように事前に配慮していた。

② 支配するに値する満州の全域の完全で有効な軍事支配権をロシアは持った。

③ こうして得た支配権をロシアに維持させない方法はなさそうだ。ロシアは口先では約束の履行を唱えながら,それを望み通り破ることに専念していると非難することも当然できる。

 ④ 嫉妬深い日本ですら,ロシアの領土支配に武力で立ち向かおうとはしないだろう。ロシアの支配権はそれほど確立しているのだ。

 

満州におけるロシア満州でのロシアの動きを伝える驚くべき報告がロンドン・タイムズ紙北京通信員によって同紙へ送られ,われわれは数週間前これに論評を加えたが,この報告はヨーロッパ大陸の新聞に注意を喚起した。これが注目を引き,それに報いるものであることは予期されていた。

 この通信員が暴露した要点を言えば,ロシアは,条約上の義務がある以上,満州から撤退したとはいえ,この国を確実に支配できるように事前に配慮していた。これを実行する根拠となったのは,ロシアはその鉄道線路を防衛する権限を与えられるという,これもまた条約に定められた条項だ。

支配するに値する満州の全域の完全で有効な軍事支配権をロシアが持てるように,ロシアはこの条項を解釈し,その通り実行した。満州鉄道は大半の鉄道よりずっと「一直線」に近く,新しい国々を開発するために建設される大半の新しい鉄道と比較してもそうなのだ。

しかしそれでも,ロシアの占領の結果出現した新しいすべての町だけでなく,ロシアの支配の主な障害となっている中国の古くからのすべての都市もまた,ロシア軍の駐屯地のいずれかの攻撃距離こあり,支配できる距離にある。

 こうして得た支配権をロシアに維持させない方法はなさそうだ。ロシアは口先では約束の履行を唱えながら,それを望み通り破ることに専念していると非難することも当然できる。

だが,嫉妬深い日本ですら,ロシアの領土支配に武力で立ち向かおうとはしないだろう。ロシアの支配権はそれほど確立しているのだ。

 

 

 また実際,ロシアの支配が非難される理由がないのも理の当然だ。ロシアによる中央アジアの汗たちの領民の支配の方が,ロシア人が来る前の支配よりも彼らにとって,そして全人類にとって悪いことだとあえて主張する者はいない。

われわれは,この方が満州人による支配よりも満州にとってましだろうと認めなくてはならないようだ。

 

ロシアがロシア自身の有する以上の高い文明を征服地に授けられないこと,とりわけロシアの支配は「開放された門戸」の閉鎖を意味することは明らかに不幸だ。

しかし遺憾なことに,後者の欠点はアメリカ人がまともに言い立てることのできない欠点だ。

われわれは公平で平等な条件で牛荘の「わが」港への入港が許されているか,あるいはじきに許され,改革されていないロシア人の「搾取」と強奪に反対して争うのは改革された中国人だけとなるだろう。

見たところ,これだけしかわれわれには要求する権利がなさそうだ。ロシアの税関がなくなれば,われわれが満州の「後背地」へ入り込めるかどうかは,わが商人の企業心と.それから確かに内外のわが当局者の支援の程度によって決まるだろう。

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード.jpgkikuchikann
『リーダーシップの日本近現代史』(207)記事転載/ーお笑い日本文学史『文芸春秋編」①ー直木三十五『芸術は短く、貧乏は長し』 と詠んで『直木賞』に名を残す』●『菊池寛・文壇の大御所を生んだのは盗まれたマントだった。

 2016/02/13 /10お笑い日本文学史『文芸春秋編」 …

no image
『リーダーシップの日本世界近現代史』(297)『歴史は繰り返されるのかー1940年「東京オリンピック」は日中戦争により返上したが、その二の舞になるのか!』★『新型コロナウイルス感染症の「パンデミック化」(世界的大流行)によって、東京オリンピック開催も中止の議論が起こってきた①』★『世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、パンデミックになるつつあることを初めて認めた』

 歴史は繰り返されるのかー1940年「東京オリンピック」は日中戦争によ …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(771)―『トランプ暴風で世界は大混乱、日本の外交力が試される時代を迎えた。日清戦争の旗をふった福沢諭吉の日清講和条約(下関条約)から3週間後の『外交の虚実』(『時事新報』明治28年5月8日付』を紹介する。この後の三国干渉(ロシア、ドイツ、フランス)の恫喝外交、強盗外交に弱国日本は屈した。

    記事再録2017/02/22 日本リーダー …

no image
世界/日本リーダーパワー史(962)ー『2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか,米中貿易協議(3/1)の行方はどうなる!?』➀

世界/日本リーダーパワー史(962) 前坂俊之(ジャーナリスト) 2018年12 …

no image
日本リーダーパワー史(849)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか、いずれにしても「備えあれば憂いなし」③ 』★『戦後の日本人は「最悪に備える」態度を全く失ってしまった。』★『「ガラパゴスジャパン」(鎖国的、伝統的、非科学的、非合理的な日本思考)から脱さなければ、未来(希望)の扉は開けない』★『明治維新、倒幕の原因の1つとなった宝暦治水事件』

日本リーダーパワー史(849)  安倍首相の「国難突破解散」の判断は吉と出るか、 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(29)★現代史復習、記事再録『外国の新聞が報道した120年前の日清戦争の「三国干渉」の内幕と【腐敗した清国軍の実態】ー南シナ海紛争と同じ中国人民軍の実態!

  日中北朝鮮150年戦争史(29) ◎『外国の新聞、ロシア紙「ノーヴォエ・ヴレ …

no image
日中近代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(423)ー『現在進行中の米中貿易協議、米朝首脳会談』の先駆的ケーススタディ―」★『日中異文化摩擦―中国皇帝の謁見に「三跪九叩頭の礼」を求めて各国と対立』★『困難な日中外交を最初に切り開いた副島種臣外務卿(外相)の外交力』★『英「タイムズ」は「日中の異文化対応」を比較し、中国の排他性に対して維新後の日本の革新性とその発展を高く評価した』

日本リーダーパワー史(423)2015/01/01『各国新聞からみた東アジア日中 …

no image
世界一の授業をみにいこう(3)初代総理大臣・伊藤博文による『明治維新論の講義』ー攘夷論から開国論へ転換した理由

世界一の授業をみにいこう(3)   初代総理大臣・伊藤博文による『明治 …

no image
日本メルトダウン脱出法(713)「円とユーロに中国の双子の脅威-人民元切り下げで「ゆでガエル」状態に陥る恐れ」「東京オリンピック・エンブレムはもう無理筋」

                                        …

no image
日本メルトダウン( 987)-『トランプ次期米大統領の波紋 』◎『トランプが招く「ドルの取り付け」のリスク 円安・金利上昇で「財政インフレ」は来るか(池田信夫)』●『ドナルド・トランプの世界:新たなナショナリズム (英エコノミスト誌)』●『『怒れる有権者は工場で作られた』-英米もどこも似た構図、 それでも答えは壁の建設ではない (英FT紙 )』●『「米国に深刻な結果呼ぶ」、TPP脱退で共和党重鎮』★『トランプを大統領にし、そして引きずり下ろす男―頑固で曲がったことの大嫌いなコミーFBI長官の素顔』★『ロシアでKGBが復活する公算大 2018年大統領選に向け、着々と布石打つプーチン』

   日本メルトダウン( 987)—トランプ次期米大統領の波紋  ト …