前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(504)勝海舟の外交突破力を見習え⑥彼(英国)をもって彼(ロシア)を制した対馬事件

      2015/01/01

  日本リーダーパワー史(504

 

 

いま米国の一国支配構造は崩れ、中国の躍進で国際秩序は大きく変化

している。そんな中で、憲法改正、集団的自衛権の論議、TPP加入問題、

尖閣問題などによる日中韓との対立の長期化懸念―など外交的懸案

が山積しているが、<外交力のある政治家>がいないのである。

明治維新の国難で幕府側の外務大臣(実質首相兼任)の、

勝海舟の外交突破力を見習え。⑥

<ロシアが無法にも対馬を占拠した際、勝はイギリス

に頼み込んで、談判してもらい、退去させた。 

彼をもって彼を制す>

 

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

「海舟先生氷川清話」(吉本襄 撰著 大文館書店 1933)にみる勝海舟「外交談」

 

 彼をもって彼を制す

 

 

 ここにまた、外交家の秘訣に、彼をもって彼を制するといふことがある。これも文久の昔の話だが、ある時,露西亜(ロシア)の軍艦が対馬にやって来て、軍艦の修繕がしたいといふ口実で、その実、途方もないことをするではないか。

 

海岸を測量したり、地図をつくったり山道を切り開いたり、畑地を作ったり、粗末ながらとにかく兵舎の様なものを建てたり、それは実に傍若無人の挙動をしたのだ。

 

それが初めは、対馬の尾崎浦といふところへ投錨したのであつたから、土地の役人は、開港場でないところへ軍艦を寄せることを詰問しようと思って、小舟に乗って軍艦の1,2町、手前まで漕いで行くと、軍艦からは、三隻の端艇へ水兵を乗せて、この小舟を取り囲んで、水兵はやにわにこっちの舟に乗り移って、鐙1領と槍九条()、そのほか鉄砲、脇差などを強奪して、本艦へ持って行ってしまった。

 

この時、土地の役人は、いよいよ彼らの無法を憤って、軍艦に漕ぎつけて、いろいろ談判に及んだが、彼らは少し取り合はなかった。

 

そこで仕方がないから、その日はまづ無事に引き上げて、翌日またまた談判に行くと、今度は艦内で大層、御馳走してからに、紙だの砂糖だの、日本の貨幣などを土産に贈ったが、しかし肝腎の談判の方は、少し要領を得なかった。このごとく幾度掛け合に行つても、いつも確かとした返事をせずに、ぐづぐづ日を送って居るそのうちに、南の方の要所々々は、悉皆(ことごとくみな)端艇で測量してしまって、悠々と錨を上げて北の方へ去ってしまった。

 

 

とほおもない乱暴な軍艦でほないか。

それからといふものは、魯西亜(ロシア)の軍艦は、幾回もやって来たが一番後に来たのなどは、軍艦を修繕するといって、今言った通り粗末ながらも兵舎めいたものを建て容易に引き上げる模様が無かったから、それでいよいよやかましい掛合になった。

 

ところが今度は、向ふでも一層図太い覚悟をして来たものと見えて

 

「私共は、上海に居呈する総督リハチヨフの指図によって、かくのごとき事を致すものであるから、これについてもし御異存あれば、万事上海の方へ御掛け合なさるのがよい、私共の知るところでは御座らぬ」と澄まし込んで居て、何ともはや手の着けやうがなかつた。

 

その上、彼らが言ふには、「仏蘭西(フランス)は、今から一ヶ年も経てば、地中海の方を掘り抜いて、支那(中国)への海路もそれからは自由になるから、対島最寄(近く)は、しばしば航海することとなって、結局この地を占領するやうになるのは、必然の次第で御座る。

 

しかしながら我がロシアにおいては、他国の領域を奪び取るなどの事は、誓って致さないのみならず、貴国の御為に、大砲五十挺を対馬へ備え付けて、それを献納致したいから、この儀は他国へはいっさい秘密に願ひたい」などと言って居た。

 

 

 さあここだ。対馬は、この時、事実上すでにロシアのために占領せられたも同様であったのだ。つまりかういふ場合こそ、外交家の手腕を要するといふものだ。

 

ところでおれは、この場合に処するー策を案じた。

 

それは当時、長崎に居った英国公使といふのは、至極おれが懇意にして居った男だから、内密にこの話をして頼み込み、また長崎奉行からも頼み込ました。

 

さうすると公使は、直に北京駐在英国公使に掛合ひ、その公使は、また露国公使に掛合って、堂々と露国の不条理を詰責して、わけもなく露西亜をしてとうとう対馬を引き払はせてしまったことがあった。こ

 

これがいはゆる「彼に由りて彼を制する」といふものだ。それをもしも当時の勢で、日本が正面から単独でロシアへ談判したものなら、ロシアはなかなかうんとは承知しなかつたであらうよ。

 

仮りにその時、談判が調はずに、対馬が今日ロシアの占領地になって居ると思って御覧、極東の海上権は、とても今のやうに日本の手で握ることは出来ないであらう。

 つまり外交上の事は、公法学も何もいったものではない。ただただ一片の至誠と、断乎たる決心とをもって、上御一人を奉戴して、四千余万の同胞が一致協力してやれば、なあに国際問題などは屁(へ)でもないのさ。

 

(ロシャ軍艦の対馬占領は、文久元年。イギリス公使オールコックは、老中
安藤信行と協議の上、七月、イギリス軍艦を対馬にさしむけてロシャ軍艦を
退去させた)

                                         つづく

 

 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(785)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス②『最強の外交力で日英米の協力でロシアとの外交決戦を制する

   日本リーダーパワー史(785) 「日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『長崎』清国水兵事件に続いてノルマントン事件が連発

 『忘れ去られた近現代史の復習問題』―   国辱的な条約改正 ノルマントン号事件 …

no image
知的巨人の百歳学(127)ー禅の達人・鈴木大拙(95歳)④『1945年8月『日本敗戦』の混乱をみて <言葉を言い換えて事実の本質忘れて、無責任となる感情的な行動(センチメンタリズム)を脱せよ。感傷的でなく、もっと合理的、論理的に考なければならぬーと警告した。。

日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不可避なのか』- …

118486930354a5eb67b11921.61888010859296389
『リーダーシップの日本近現代史』(339)<大経営者の『座右の銘』―人を動かすトップリーダーの言葉>『明治以来の日本経済を昭和戦後期に<世界1、2位の経済大国>にのし上げた代表的な起業家たち80人のビジネス名言・金言・至言を一挙公開』

 2011-04-29 記事採録  新刊発行<『座右の銘』― …

no image
日本リーダーパワー史(256)川上操六(35)◎日本が民主国家になれない原因ー秘密結社としての山県有朋の陸軍】

  日本リーダーパワー史(256)  『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、戦 …

no image
日本リーダーパワー史(583)「世界が尊敬した日本人」(37)「財界のナポレオン」-『鈴木商店」の金子直吉<カーネギー、ロックフェラーと並ぶ偉大な事業家>と海外メディアは評価

日本リーダーパワー史(583)  世界が尊敬した日本人(37) 「財界のナポレオ …

no image
日本リーダーパワー史(941)~「ノーベル賞とジャーナリズム」★『社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーション』★『最も必要な教育とは科学教育であり、論理的な思考力である』

日本リーダーパワー史(941) ノーベル賞とジャーナリズム 今年のノーベル生理学 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(102)記事再録/『明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる対立、紛争、戦争のルーツは『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」とのパーセプション、コミュニケーションギャップの衝突である』★『 明治9年の森有礼と李鴻章の『朝鮮属国論』の外交交渉の見事なすれ違いにルーツがある』

 2017/03/16日本リーダーパワー史(780)記事転載 前坂俊之 …

no image
『リーダーシップの日本史』(290)★『日本長寿学の先駆者・本邦医学中興の祖・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓を実践せよ

 2013年6月20日/百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬 …

no image
[ オンライン/新型コロナパンデミック研究』★『新型コロナと世界の沈没①―コロナ共存社会は数十年続く』★『コロナ感染者、世界で2000万人突破(8月15日)』★『日本の死亡率は欧米よりなぜ大幅に低いのはなぜか』★『ワクチン開発の国際的な大競争と囲い込み』

  『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く』  前坂 俊 …