前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(31) 『護法の神』といわれた大審院院長・児島惟謙の晩年は・・

   

日本リーダーパワー史(31)

『護法の神』といわれた児島惟謙の晩年は・・
 
                                    前坂 俊之
                                   (静岡県立大学名誉教授)
 
 
大審院長(現在の最高裁判所長官)・児島惟謙は1891(明治24)年5月11日、滋賀県大津で津田三蔵巡査がロシア皇太子ニコラス2世に日本刀で切りつけた、いわゆる大津事件で「皇室に対する罪(不敬罪)」で死刑を適用しようとした政府の圧力をはねのけて「司法権の独立」(三権分立)を守り通した「護法の神」と伝えられている。

児玉は五十五歳で大審院院長になったが、その1週間の後に明治を震撼させた大津事件が起こった。
 
「大国ロシアの復讐」を恐れた松方正義内閣は、津田巡査を極刑にして恭順の意をあらわすべく「日本の皇室に対する罪を拡大解釈して死刑に処する」ことに決定した。

これに対し、「外国の皇族なので、一般の殺人罪しか適用できない」と法の精神を守る児玉や司法部と正面から対立、松方は「国家が存在して初めて法律も存在する。その逆ではない」と政治優先を主張して、戒厳令を敷いても極刑にすると、各大臣ともども執拗な圧力をかけ続けた。

 
児島は「司法への介入は,法治国家の原則を崩す」とあらゆる圧迫を拒否した。5月27日、大審院は殺人未遂罪により無期懲役の判決を下し「「司法権の独立」を守ったが、児玉の「護法の神」説にはいくつかの疑問が出ている。
 
① 児島院長は同事件担当外なのに、担当判事を個別に呼んで自説に賛成するように執拗に説得したが、これは裁判官の独立を侵す裁判干渉そのものではないか。
 
② 児島院長は検事総長との連名で、「皇室罪」の適用は無理なので、緊急勅令を発することを司法大臣に進言し、司法を無視した行動をとっているーなどで、“児島伝説”の虚像、矛盾が明らかになっている。
 
大津事件から約1年後、児島院長は一大スキャンダルに巻き込まれて失脚する。児島ら7人の大審院判事が花札賭博をしていたという「司法官弄花事件」が発覚した。大津事件での政府、司法部内反児島派からの報復、しっぺ返しであった。児島は単なる遊びとして花合わせをしたもので、金銭のやりとりのある賭博ではないと弁明したが、司法大臣らから再三辞任を要求され、懲戒裁判にかけられた。
 
1892年(明治25)7月、大審院懲戒裁判所は「金銭の証拠はない」と免訴(無罪)を言い渡し、児島の主張がみとめられたが、児島は翌月末に辞任した。天下にその名をとどろかせた児島だが、大審院長の在任期間はわずか1年3ヵ月間に終わった。当時、大審院院長には定年はなく何歳まででもやろうと思えばできたが、大津事件の仇を討たれたのである。

以後、児島は貴族院議員、衆議院議員に転進する。明治27年5月には貴族院議員になり、1898年(明治31)、62歳で衆議院議員に当選、明治35年(1902)まで務めて、38年12月 再び貴族院議員になった。

この間、通算11年以上にわたって帝国議会議員を務めた計算だ。児島の晩年にあたる議員時代が長期にわたったものにもかわらず、よく知られてないのは、議員活動が活発でなかったためである。
 

本会議、委員会でも合計で10回ほどしか質問、発言をしていないが、それも重要な内容ではない。
 
明治31年7月、司法改革にからんで児島によって書かれたという「忠言書」が出され、あの「護法の神」からの司法への爆弾として騒ぎとなった。しかし、この文書が本人の手によるものかどうかは疑問視されている。20銀行の頭取にも就任。1908年(明治41)7月、71歳でなくなった。

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑥』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より②」★『著しく現世的で物質的/拝金主義の支那(中国)人民にとっては、来世的、禁欲的なキリスト教精神は全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)が発生し、疑惑が増幅し戦争になった』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑥』  西教(キリスト教)に対 …

no image
知的巨人たちの百歳学(126)『野上弥生子』(99歳)「私から見るとまだ子供みたいな人が、その能力が発揮できる年なのに老いを楽しむ方に回っていてね」

   知的巨人たちの百歳学(126) 『野上弥生子』(99歳 …

no image
世界、日本メルトダウン(1030)ートランプ大統領、習近平主席の注目の米中会談は・『晩餐会の最中に、トランプはシリア攻撃を発表して「北朝鮮を中国が制御できなければ、アメリカが単独で行動するぞ」と恫喝外交ジャブをくりだした』★『金正恩氏殺害も選択肢? 米、ソウル南方に核再配備も検討 特殊部隊を北朝鮮に潜入も 米NBC報道』●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし(水野広徳)』

世界、日本メルトダウン(1030)ートランプ大統領、習近平主席の注目の米中会談は …

no image
人気リクエスト記事再録/百歳学入門(32)『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』★『『創造人間は長寿になる』→『生きることは日々新たなり、また新たなり』

百歳学入門(32) 『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』 &nb …

no image
日本リーダーパワー史(504)勝海舟の外交突破力を見習え⑥彼(英国)をもって彼(ロシア)を制した対馬事件

  日本リーダーパワー史(504)   &nbsp …

d0170835_17195139
★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④『大歌人・斎藤茂吉』 ♡『ウナギ』狂でスタミナ倍増『老らくのラブラブ』 (。・ω・。)ノ♡に恋心を燃やし続けた大歌人・斎藤茂吉(71)』

★『大爆笑、そしてラブラブの日本文学史』④ 「大歌人・斎藤茂吉」 ♡『ウナギ』狂 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(242)/★『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(28) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス①「英国の文明評論家H・G・ウェルズは「明治日本は世界史の奇跡であり、「日本国民はおどろくべき精力と叡智をもって、その文明と制度をヨーロッパ諸国の水準に高めようとした。人類の歴史において、明治の日本がなしとげたほどの超速の進歩をした国民はどこにもいない」と評価』。

 2016/01/07日本リーダーパワー史(635)記事再録 &nbs …

no image
「日中韓150年戦争史」(72)「朝鮮王朝が行政改革を行えば日本は東学党反乱を鎮圧にあたる』『ニューヨーク・タイムズ』

    『「申報」や外紙からみた「日中韓150年戦争史」 日 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(968)―『今年6月はG20が大阪で開かれるなど安倍地球儀外交の総決算の年となる』★『安倍首相にとって恫喝、強圧外交のこわもてのトランプ氏、プーチン氏、習近平国家主席、金正恩委員長との外交決戦を迎える』

世界/日本リーダーパワー史(968) 今年は安倍外交の総決算の年となる 1853 …

no image
日本リーダーパワー史(459)「敬天愛人ー民主的革命家としての「西郷隆盛」論ー中野正剛(「戦時宰相論」の講演録①

 日本リーダーパワー史(459) 「敬天愛人ー民主的革命家としての「西 …