前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(49)マスコミ人のA級戦犯指定・徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』①

      2017/08/16

日本敗戦史(49)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜに日本は敗れたのか』①

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%AF%8C%E8%98%87%E5%B3%B0

徳富 蘇峰はいうまでもなく日本近代、最大のジャーナリストであり、知識人でもある。日清戦争に従軍し、日露戦争では開戦を支持、山県有朋、桂太郎ら明治のトップリーダーの伝記編纂、著者となり、太平洋戦争中は「大日本言論報国会会長」として、日本の新聞、出版のトップに君臨して、戦争の旗振り役に徹した。昭和16年12月8日の開戦では東条英機の依頼で、詔書を添削した。昭和19年)2月には『必勝国民読本』を刊行した。終戦後の昭和20年9月、敗戦責任を取り、自らの戒名を「百敗院泡沫頑蘇居士」とする。GHQによって戦争責任を追及されてA級戦犯に指定されたが、後に不起訴処分となった。徳富の死後半世紀たった2006年、蘇峰が終戦直後から綴った日記「終戦後日記」が初めて公開された。

この中で『何故に日本はやぶれたるか』を追及し20回連載している。A級戦犯に指定されて人物で、ここまではっきり書いた者はいない。

原因として昭和天皇をはじめ軍人、政治家、首相、リーダーたちが明治のトップリーダーと比べると質が大幅に低下し、さらに欠乏したこと、大東亜共栄圏の指導者たる資格にかけていたこと、日本人の欠点について、満州事変、日中戦争の大失敗、大戦略の欠如、教育の失敗、軍事、外交の失敗などの全面的な批判を展開している。

私がブログで展開している「天皇ガラパゴス国家の<死に至る日本病>」であり、今もこれが再発して、重症化し「第3の敗戦」が切迫しているのである。

 

徳富蘇峰が語る『なぜに日本は敗れたのか』①

 

いまさら敗戦の原因などを、詮議したとて、いわゆる死児の齢を数える類で、愚痴の極みであるが、しかし、少なくともわが日本人は、なぜに今日のような、浅ましき惨めなる状態に陥ったかという事を、研究し置く必要がある。それは

  • 日本国運の興亡の正当なる智識を、得るためである。
  • 将来、再びかかる間違いをひき起し、過ちを繰り返さないためである。
  • 万一日本が、再興する場合があるとすれば、この苦がい経験を、先人が遺した大きな教訓として、受用すべき為めである。たとえ国は亡びても、歴史は滅びるものではない。歴史の上に、間違った事を書き残して置く事は、自国を誤まるばかりでなく、世界の総ての人類をも、誤まる事となる。

そこでわたしは、終戦以来、なぜに日本は敗れたかという事について、常に研究を凝らしていた。しかし過去の一年間(昭和20年8月から昭和21年)は、むしろ何故に日本は、戦かわねばならなかったかという事を、多く考え、多く語り、何故に負けたかという事は、全く語らぬではなかったが、むしろ第2に置いていた。本年はこの方面について、少しく語って見ようと思う。

 

相手側の米英その他はもちろんの事、わが国の論者も、戦ってはいけない戦争を、戦ったために、敗北したのである。軍閥、財閥などが、不義の戦争を起こしたために、天罰を受けたのである、という意味の1点張りで、この間題を一掃した者が、多いというより、ほとんど総てである。

これは言いかえれば、日本人は悪人であって、悪事をなして、必然なる悪い結果を受け、米欧人は善人であって、善事をなし、善い結果を受けるという意味に外ならない。このように初めから世界の人類を、善玉悪玉に区別し、その必然なる運命をたどろうとする事は、非科学的の骨頂であるが、今日はむしろ科学の仮面をかぶった人々が、その議論の過程では、相当合理的な文句も吐くが、裸かにして見れば、私が前に述べたる通りに他ならない。これではとても問題にならな

い。

今回の戦争と限らず、開国以来日本の、外に向っての行動は、

何れの国を対象としたものに関わらず、また如何なる手段を使用したるにかかわらず、自存のため、自衛のため、自尊のために、行ったという事を、前提とし、これはむしろ国民的本能であって、民族として存在する限りは、善悪の論はしばらくおき、世界的に公認されるべきものであるという前提の下に、これを語ろうと思う。

さて、これを語るには、別に順序立てて語らず、思い出し、引き出し、感興の湧くままに、大小軽重取り交ぜて、断片的に語る積りであるが、しかしこれを語って了えば、それらの材料で、立派に、何故に負けたかという事が、明白にわかるであろうと思う。

(昭和22年1月6日午前、晩晴草堂にて)

 

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 米国、日本、東アジアメルトダウン(1063)>★「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するのか③ 』★『トランプは「もし何かすれば、見たことないこと起きる」と警告、北朝鮮は「日本列島を焦土化、太平洋に沈没させる」 小野寺防衛相を名指しで非難のエスカレート!』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルトダ …

no image
片野勧の衝撃レポート(46)太平洋戦争とフクシマ⑲ 『なぜ悲劇は繰り返されるのかー原発と闘った男たち(下)

   片野勧の衝撃レポート(46) 太平洋戦争とフクシマ⑲『 …

no image
日本リーダーパワー史(229)<リーダー不在の日本の悲劇②>●『グローバルリーダー論・昭和前期のだめリーダーたち』

 日本リーダーパワー史(229)    <リーダー不在の人材倒産 …

no image
速報(281)『インターネットに怯えるフェイスブック』『ツイッターのビジネス収益性への懸念は』『車にも免許にも興味なし?米若者文化』

速報(281)『日本のメルトダウン』     ◎『インターネ …

無題
★10『人気記事リクエスト再録』ー『ストーカー、不倫、恋愛砂漠、純愛の消えた国日本におくる史上最高のラブストーリー』★『結婚とは死にまでいたる恋愛の完成である』「女性学」を切り開いた高群逸枝夫妻の『純愛物語』

リクエスト多数により再録 『史上最高のラブストーリー』 ★★『結婚とは死にまでい …

no image
日本リーダーパワー史(494)「STAP細胞疑惑』『日本政治没落』の原因である「死に至る日本病」を140年前報道した『フランス新聞』

     日本リーダーパワー史(494) …

no image
日本リーダーパワー史 (25) 中国建国60周年のルーツ・中国革命の生みの親・宮崎滔天に学べ②

日本リーダーパワー史 (25)   中国建国60年・中国革命の生みの親・宮崎滔天 …

no image
日本メルトダウン脱出法(577)●『香港民主派デモ:天安門以来の難局に直面する中国』(英FT紙)●「香港民主化デモ特集」

 日本メルトダウン脱出法(577) <チャイナリスク再び!> &nbs …

no image
日本メルトダウン脱出法(704)「中国経済成長率、実際は公式統計の半分以下か 英調査会社が試算」「減少続く中国の外貨準備、資本流出を巡る論争に火』(英FT紙)

  日本メルトダウン脱出法(704) 中国経済成長率、実際は公式統計の半分以下か …

no image
日本経営巨人伝①・リサイクルの巨人先人・浅野総一郎の猛烈経営『運は飛び込んでつかめ』

日本経営巨人伝①・リサイクルの先駆者・浅野総一郎の猛烈経営 『運は水の上を流れて …