前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人の百歳学(155)/記事再録/百歳学入門(46)原安三郎(98歳)「いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静に対応し、判断せよ」長寿10ヵ条とは

   

   百歳学入門(46)

原安三郎(98歳)「いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静に対応し、判断せよ」長寿10ヵ条とは

   

百歳学入門(46) 
 
原 安三郎(98歳)188431019821021
日本化薬会長、東洋火災海1保険会社初代会長、日本化学工業協会会長、政府
税制調査会会長など歴任。会社再建に手腕を発揮。
 
 
 
原の「長寿十ヵ条」は次のとおり
 
① 時間は短くてもよく眠れ
② 食事は少なくせよー朝はパンとオートミールと野菜と牛乳。昼はヌキ。夕食は米を一碗。
③酒、タバコは呑まない。
④物事をすべてその場で処理せよ。
⑤心配はしても心痛はするな。
⑥決して物にとらわれるな、物に支配されるな。
⑦六十歳過ぎると義理や見栄、メンツで頭や身体を便わぬこと。少しでも気にそわぬこと、いやだと思うことをあえてするな。
⑧会合や人の依頼も気特ちにそわぬことはドシドシ断れ。
⑨物事を正直に、いつも良心に照らして遺憾のないように。
⑩思いついたことは遠慮しないでドシドシしゃべれ。
 
前坂俊之(センテナリアン研究家)
 
名言①『若いときは百万円の益を得るより千万円の損をするほ
うが貴重な経験になる』
 
 
 原安三郎は明治の末期から大正、昭和三代の間、事業経営に携って来た稀有の経営者である。九〇歳の昭和五〇年代まで現役社長を勤める息の長さもさることながら、倒産会社の整理あるいは再建屋として数多くの他人の跡始末を手がけた事業歴も傑出している。
 
 原の企業遍歴は三歳のとき流行性関節炎で左足と右腕の自由を失った病気にに端を発する。明治四三年、早大商科を首席で卒業した原は総長高田早苗から山本条太郎・三井物産常務(その後、満鉄総裁、政友会幹事長)を紹介されて、三井物産の入社試験を受けるが、面接した庶務課次長が原の身体の障害に難くせをつけたのに憤慨し、自分から入社を辞退した。
ところが、その根性を認めた山本が採用して、秘書にして目をかけた。ここで、山本から仕事術、人使い術を徹底して仕込まれた。
 
以後もっぱら山本が関係していた不振会社の跡始末を託され得難い体験をすることになる。栃木県薬丸金山を手初めに金港堂、日本硫黄、才賀商会など、関連会社を含めると、数十もの会社を整理あるいは再建し、最後に鈴木商店の整理を手伝ってその傘下会社の東工業擬革、帝国染料をみずから買い取ったのが、今日の日本化薬の母体である。 原は、ボロ会社立て直しの名人といわれ、財界長老として活躍した。
 
 「若いときは百万円儲けるより千万円損したほうが貴重な経験になる」という名言は倒産会社の凄絶な修羅場から学んだものである。「百万円儲けたという経験は、その人が十億円儲ける、という経験にはならないが、一千万円損した経験は、むしろ十億円を儲ける経験につながる」と述べている。
 百万円を儲けたといっても、一億、十億円という金とは次元が異なり、儲けるには新しいノウハウを必要とする。
 ところが、失敗の経験は原因を十二分に反省して、二度と繰り返すまいとすれば、その失敗の十倍、百倍に相当する体験をつかむことが出来る。
 それが、逆に成功へのヒントとなり、儲けることのチャンスへとつながるという逆説的な表現である。
 
原は「会社は仕事の性質さえよければ、煙突が立ち機械がすわるれば、よほどの見込違いがない限り必ず再建できる。信念を持って、失敗を踏台に建設に向かうべきだ」との経営訓を残している。
 
日本化学工業協会全長などを歴任し、数多くの経営不振の会社を再建し、「会社再建の名医」と称された。一九六〇(昭和三十)年代に〝財界の重鎮〟として幅広く活躍した。「ビジネスマンはいつも頭を空にしておけ」が口癖だった。
 
 
今では忘れられていますが、昭和30年代に“財界の重鎮”として活躍した原安三郎(1884 – 1982)98歳は日本化薬社長、日本化学工業協会会長などを歴任し、数多くの経営不振の会社を再建し、「会社再建の名医」と称された。
原は六十歳すぎてからは義理、見栄、メンツなどで頭や身体を使わぬこと。少しでも気にそわぬこと、いやだと思うことはあえて行なわないこと。いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静にこれを迎え、判断し、処理すること」などを心構えに、次のようなビジネス長寿10ヵ条を実践しており大いに参考になりますね。
 
    時間は短かくても、よく眠れ。
    食事は少なくせよ。朝はパンとオーミルと野菜と牛乳。昼はヌキ。夕食は米食を二椀。
    酒、タバコは飲まない。
    物事をすべてその場で処理せよ。
    心配はしても心痛するな。
    決して物にとらわれるな、物に支配されるな。
    六十歳すぎると義理や見栄、メンツで頭や身体を使わぬこと。少しでも気にそわぬこと、いやだと思うことをあえてするな。
    会合や人の依頼も気特にそわぬことはドシドシ断われ。
    物事を正直に、いつも良心にてらして遺憾のないように。
    思いついたことは遠慮しないでドシドシしゃべれ。
 
いつでも平常心を持って急迫の事態にも冷静に対応し、判断することが大切といっていますね。リーダーには参考になる言葉ですね』

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(79)記事再録/ ★『日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機』★『近衛文麿首相は「戦争は私には自信がない。自信のある人にやってもらいたい」と発言。東條は「(中国からの)撤兵は絶対にしない」と答え、「人間、たまには清水の舞台から目をつむって飛び降りることも必要だ」と優柔不断な近衛首相を皮肉った。

  2004年5月 /「別冊歴史読本89号』に掲載 近衛文麿首相は「戦 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(28) 「情報公開=知る権利」目指してー「沖縄密約・文書開示」控訴審の攻防

池田龍夫のマスコミ時評(28)   「情報公開=知る権利」目指してー「 …

no image
速報(229)『50年後の人口は4000万人が減少―誰もいなくなる日本』『それなのに、座して死を待つのか自滅国家日本』

速報(229)『日本のメルトダウン』   ●『50年後の日本人口は40 …

no image
日本リーダーパワー史(314) クイズ<日本最強のリーダーパワー・山本五十六は名将か愚将か,山本権兵衛に及ばない凡将

  日本リーダーパワー史(314)   <今、最も必要な国難 …

no image
速報(165)『日本のメルトダウン』<小出裕章情報>☆『どうにもならない現実を説明する責任が国、東京電力、マスコミにもある』

速報(165)『日本のメルトダウン』 ★<小出裕章情報>   ●『小出 …

no image
『昭和史キーワード』浜口雄幸内閣のロンドン海軍軍縮条約批准【1930年)に対して、海軍艦隊派が猛反対し統帥権干犯問題を起こし、軍部の政治介入を招き、 政党政治に終止符をうち、軍部専制を許す引き金となった。

『昭和史キーワード』 浜口雄幸内閣のロンドン海軍軍縮条約の批准 に対して、海軍艦 …

no image
日本リーダーパワー史(232)『大正政変の立役者・尾崎行雄の突破力(政治哲学)ー格調あるスピーチ(演説)で国を変えよ』

日本リーダーパワー史(232)   <憲政の神様・ギネス政治家の …

no image
「東京モーターショー2013」(11/23→12/1)が 開催,テーマは「世界にまだない未来を競え」③YAMAHA、ベンツ、三菱FUSO、BOSCH

   ★「東京モーターショー2013」(11/23&rarr …

no image
  日本メルトダウン(1024) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』ー『(動画対談)トモダチ作戦を忘れるな 原発容認から脱原発へ 小泉純一郎元総理が「脱原発」へと考えを変えた理由とは?』★『なぜわれわれは福島の教訓を活かせないのか 田辺文也氏(社会技術システム安全研究所所長)』●『  東日本大震災6年後もなお山積する課題ー室崎益輝氏(神戸大学名誉教授)』●『小泉純一郎元首相「どうかしている。発想がわからない」 安倍晋三政権の原発輸出政策を批判』★『毎日新聞「ダム底 高濃度セシウム」報道に誤り多数』

   日本メルトダウン(1024) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年 …

no image
日本リーダーパワー史(489)<まとめ>明治維新から150年、明治の政治を動かした山県有朋論の原典を読む(鳥谷部春汀)

    日本リーダーパワー史(489) …