前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(80)』 「 デーブ・スペクターの人気者としての実力は日本では無敵である”」(NTY)

      2015/01/01

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(80)』 

 

 

◎<      NYT    BY     MARTIN  FACKLER

 

Americans Star Power Unrivaled in Japan (8/22)

 

このアメリカ人(デーブ・スペクターの人気者としての実力は、

日本では無敵である

  

F氏のコメント 以前から、TVで存在感のあるオモロイ外人として、得意のギャグ

   を楽しんでいましたが、この記事で、彼の長期にわたる活躍の理由が分かりました。

 米国国務省が、日米関係の発展に貢献したアメリカ人として勲章か

   感謝状を贈るべき人材ではないでしょうか。

 

 

  http://www.nytimes.com/2014/08/23/world/asia/un
known-in-america-david-spector-carves-out-niche-in-japan.html?_r=1

 

 

 

      2014/8/22  NYT    BY     MARTIN  FACKLER

 

              “ American’s Star Power Unrivaled in Japan ”

 

このアメリカ人の人気者としての実力は、日本では無敵である

 

 

  http://www.nytimes.com/2014/08/23/world/asia/unknown
-in-america-david-spector-carves-out-niche-in-japan.html?_r=1

 

東京 ー デイビッド・スペクターは彼の故郷、シカゴでは余り知られていないが、こちらの日本では日常的に使われる名前である。白茶けた金髪で、完璧な日本語を使って短いジョークを伝える才能を持つ、スペクター氏はこの30年間、この国の屢々耳障りなトークショーの世界では常連メンバーであり続けている。このトークショーは恐らく彼を日本に住む最も顔の知られたアメリカ人にしている。

 

彼の名声は、その殺人的なスケジュールに現れている。彼はワイドショーと称するレギュラー番組に登場する、この番組は、取り止めも無いが、えらく活気のある昼間の番組で、有名人のゴッシップや最新の事件を並べて、皆で議論し合うものだ。

彼は、アメリカのスニーカーやチョコレートバーの様な、様々な品物の宣伝では、主役を演じている。そして彼は、ハリウッドの有名人達を訪問、インタビューしてTVで放送し、一方では暇を見つけては沢山の新鮮なジョークを毎日捻り出してTwitterに投稿し、最近フォロワーが50万人に増えたと言う。

 

今では、彼は日本のTVに出演する様になって30年が経過している、スペクター氏はある時はニュースのコメンテーターを、又ある時は愛想の良いコメディアンを演ずる、評価の確立した有名人である、50才を過ぎているとは思えない若さの源である彼の少年の様な熱気が、皆にパワーを与えている。彼は正確な年齢の公表を拒んでいるが。他の有名人や一般大衆の間ではデーブさんで知られているが、彼は、世界の有名人を追いかけた最新のニュースを矢継ぎ早に解説して文化的なニッチを切り取り、その間にも沢山駄洒落を撒き散らして、日本の聴衆をクスクス笑わせたり、頻繁に唸らせたりしている。

日本のTVショー”から切り取った映像を本国に送らせる様に勧めたからである。

 

スペクター氏は1984年に初めて日本の、このクレージーなショーの一つに登場した、と彼は言う。彼は本国に帰ったら友人達に何か自慢出来るものが欲しかった、と言う。しかし彼は直に、出演依頼が殺到することに気付いた。彼が他の外国人タレントに比べて、TVの世界で軽快にジョークを飛ばし、リラックスした雰囲気を醸し出すからである。他の外国人タレントは元々英語教師かモルモン教の伝道師として来日していた。結局、彼は日本に滞在する事に決めた、ロサンゼルスに戻った時の稼ぎより、日本に居た方が報酬が多いという事も理由の一つではあったが。

 

 

彼が言うには、彼が日本を批判するその時々で、日本や日本人への親愛の情を付け加えて、自分の主張をソフトにしている、と。彼は今年の年初のワイドショーで、論争の的となっている東京の靖国神社を国家主義者の首相が訪問した事を批判する唯一のコメンテーターであったが、そこでこのバランスの取れた行動を見せた。

”私は拳銃を光らせて現れる事は出来ないが、着物を着て歩き回る事もしたくない”、と彼は言う。”私は微妙にバランスを取って歩く、その歩き方を知っている、だから日本人は最も過敏になる国内問題でさえ、何でも私に自由に話をさせてくれる”。

それこそが、私の本当の成果と考えている。

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本風狂人伝(42) 泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・・

日本風狂人伝(42) 泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・・   …

no image
日本リーダーパワー史(561)イチローは現代の「宮本武蔵」なり「鍛錬を怠るな<鍛とは千日、錬とは一万日(30年)の稽古なり>

  日本リーダーパワー史(561) イチロー(41歳)は現代の「宮本武 …

no image
『世界が尊敬したスーパー日本人』ー『世界議会史上最長のギネス政治家(議員生活六十三年)の尾崎行雄(咢堂)

『世界が尊敬したスーパー日本人』 世界議会史上最長のギネス政治家〔議員生活六十三 …

no image
日本リーダーパワー史(187)『世界史上空前の宰相としての桂太郎―「日英同盟』破棄と「日独・日中同盟」を孫文と密約!?―

日本リーダーパワー史(187) 『世界史上空前の宰相としての桂太郎 ―「日英同盟 …

11
日本リーダーパワー史(544)山県有朋―は九つもの別荘庭園を作った日本一のガーデニアン(大造園家)』

日本リーダーパワー史(544) 『日本陸軍の父』山県有朋―は九つもの別荘庭園を作 …

ダウンロード (1)
昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→谷崎潤一郎の傑作「細雪」まで出版を差し止められた『出版暗黒時代』です①

昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→ 答えは「NO!」ーー19 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(7)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑦明治政府が直面した「日本の安全保障問題」対外的軍備を充実、ロシアの東方政策に対する防衛策、朝鮮、 中国問題が緊急課題になる>

   2015/11/25/日本リーダーパワー史( …

no image
日本リーダーパワー史(363)明石元二郎ー「日本版国家安全保障会議(NSC)」の創設に明石の<インテリジェンス>を学べ。

      &nbs …

ダウンロード (3)
(再録)世界が尊敬した日本人【3】日本・トルコ友好の父・山田寅次郎ートルコを世界で最も親日国にした男

(再録)世界が尊敬した日本人【3】 2006年8月 日本・トルコ友好の父・山田寅 …

no image
現代史の復習問題/日中韓150年史の真実(10)ー日清戦争の原因の1つとなった朝鮮の防穀令事件とは一体なにか』★『この朝鮮流の詐術外交(数字のごまかし、引き延ばし、ころころ変わる外交交渉)に手こずってきた歴代内閣は強硬手段をちらつかせた。』

  2016/04/24  記事再録日本リーダーパ …