前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(71)明治のトップリーダーの素顔は・中江・山県・川上・・・<頭山満が語る明治リーダー真の姿>

      2015/03/20

日本リーダーパワー史(71)
明治のトップリーダーの素顔・中江・山県・川上
 
<頭山満が語る明治リーダー真の姿>
                 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 

① 中江兆民の素顔

 中江は狂態を装おうていたが、実に天真爛漫なものじゃ。初めて知ったのは自分の三十前後の時じゃ。大阪で有志大会があった時、その席上、「私は中江といいます」と名乗って来た。それから三日続けて自分の宿にやって来て、ビールを下さい、私は他の奴のところには行きませんが、貴方のところじゃから来ますといって、ビールを半ダースずつ飲んで帰った。
その時、岡山県代議士で国民党の竹内というのが、自分のところに来て中江と一緒になった。
「中江さん、私は是非一皮貴方のところにお伺いしようと思って居ります」といつたら「俺は貴様に用はない、来ることはいらぬ」とぴしゃり。
これには竹内も閉口していた。中江はいつも貧乏していたが、実に天真を流露していて、心はなかなか冴えていた。
井上馨や何かは物の数にも入れず、伊藤博文より大隈重信を上に見ていた。
自分は中江が病気をしていると聞いたので、日下部正一と一緒に見舞に行った。「さわるようだったら面会せずに帰るが、差支へなかったら会いたい」といつたら奥さんが「障るどころじゃありません、会わせくれと毎日黒板にお名前を書いているような訳で」上って枕許に座ったら非常に喜んで、自分の手をシツカリ掴んだ。
黒板にチョークで「伊藤、山県駄目、あとのこと頼む」と書いた。自分がウム、ウムと二度肯いてみせたら非常に喜んだ。その日から一日か二日して死んだ。(昭和18年、5、10日速記)
 

② 山県有朋の素顔

 
 山県は徳川家康を細引きにしたやうな男じゃ。楷書の画の足らんような男でもある。一体はなかなかの者じゃろう。細心で用心深く、何事によらずよく考へる質の奴じゃろう。
考へる時は夜も寝ずに考へるといふ風じゃろう。
同じ長州でも伊藤博文や井上馨よりはしっかりしているようじゃ。思慮にも富み、胆気も多少あろう。
今時の連中のように口先だけで天下を取ろうなどというのとは、少し違っているやうじゃ。然しいつも何だか楷書の画の足らぬような感じがするわい。あれに乃木のよい所を加へたなら、それこそなかなかのものであらう。
如何にも惜しいものじゃ
 
 
 

③ 川上操六の素顔

 
 人間という奴は妙なもので、民間にいる間は一かどの役に立つべき豪傑肌の男でも一度、官吏の仲間入りするが最後、三文の価値もない骨抜きの幽霊になってしまう。つまりお役目ゆえに骨抜きになるのじゃなあ。
 
軍人とか何々官とか、エラそうにいいながら、先輩や上官の前に出ると、ネコににらまれたネズミのごとくふるえへ上って、たゞもうどうして御機嫌を取ったらよいかといふことばかりに気を取られて、男一匹自己の意見を述べることが出来ないとは、何たることか。情ない人間が多くなったものじゃ。
 そこへ行くと川上操六は実に偉かったと思う。彼は随分面倒の多い時代の陸軍を背負っていたが、いやしくも自己の計画がこれだと信ずる以上、あくまでも無遠慮に押通しておった。たとえ元老だらうが先輩だらうが、眼中に置かなかった。
水清ければ魚棲まずで、川上が陸軍部内にある間は、日本の陸軍は大丈夫じゃったが、それだけ川上は元老連から嫌われていた。川上は頭脳の緻密な男で、国防問題を担任、研究する参謀総長として、まことに適任であったと思う。
歴代の総長は誰も彼も元老の圧迫を受けて、思う存分の仕事が出来なかったが、川上だけは格段じゃった。いやしくも一国の干城として軍務に携わるほどのものが、左顧右鞭、他の御機嫌を伺うやうなことで何が出来るか、川上は近代の軍人中の偉い男じゃ。
川上の身後を飾るべき美徳は一意専心君国のために働いたことである。これまでの役人や軍人が、表面にはヤレ国家のためとか、大君のためとか、体裁のよいことを言うてはいるが、その実、彼等は職務を利用して私腹を肥やしているのだ。立派な面を被って天下を欺き、自己を偽る偽善家の群である。
こういう腸の腐った人間が国政を左右するから、種々忌まわしい問題が起るのだ。その点になると川上は気持のよい程、潔白じゃった。武人がゼニに執着するようになれば、それでおしまいじゃ。荒尾精が日清貿易研究所を作って金に窮した時、川上が番町の自宅を抵当にして四千円の金を都合してやったことなどは、今時の軍人には薬にしたくも見ることは出来ない。軍人精神の著しく堕落してゆくにつけ、自分は川上を憶ひ出す。
 
 

   頭山・自らの心境を語る


 自分は、自分の絶対の自覚信念を喜び楽しんでいるばかりじゃ。迷いもなく、恐れもなく、ただそれを楽しんでいるだけじゃ。褒めようと、謗(そ)しろうと人の勝手じゃ。凡人など百人おらうと何人おらうと、己一人きりが頼みじゃ。
その百人のうちに万世生き通し、不老不死の奴がたまにはおる。

 笑う奴は笑わせて置けばよい。佐久間象山は「嗤(わらう)ふ者汝の嗤ふに委す、謗(そし)る者汝の謗(そし)るに委す。天光我を知る。他人の知るを求めず」というておる。強いて知己を人間に求めようと思っていない。天地を相手としておればそれでよい。
自分一人を多数と思うておる。独りで居て淋しくない人間でなくてはならん。自分は絶対の魂は人後に落ちんが、学者でもなければ能者でもない。


 独りで居て淋しくない人間になれ。子供の時からこの考へでいたが、今でもさうじゃ。

世間には、自分が浪人者だから、不遇じゃの、気の毒じゃのという者があるようじゃが、自分は何とも思わん。不満も不平もない。日本という結構な国に生れたことが何よりも有難い。たゞ開闢以来、祖先から受けた大恩を如何にして報ゆるか、それを只管考えるだけだ。その為には励積あるのみじゃ。
 
                       < 参考文献「頭山満翁正伝(未定稿)1943年版」(昭和56年、葦書房)>
 

 - 人物研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
<再録>世界が尊敬した日本人(38) 柔道を世界的なスポーツにした嘉納治五郎

<再録>世界が尊敬した日本人(38)  柔道を世界的なスポーツにした嘉納治 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(140 )再録/日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②・・ダンスは野蛮・国会は魚市場のセリと同じ日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②・・ダンスは野蛮・国会は魚市場のセリと同じ

    2010/06/10 &nbsp …

no image
<まとめ>『国難の日本史』『日本の決定的な瞬間にリーダーはどう決断、行動したのか』(ピンチはチャンスなり)

  <まとめ>『国難の日本史』    『 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(46)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるのか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(下)『  陸戦でも秀吉の朝鮮出兵から約300年後に、対外戦争が開始された』●『 海上の天王山・黄海で北洋艦隊の主力を全滅にした』●『日清海戦の7つの勝因』

日中北朝鮮150年戦争史(46)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙い …

no image
日本近代史の虚実「山県有朋の外交音痴と明石元二郎伝説➀」ー「安倍/プーチン/ロシア外交と100年前の山県外交との比較インテリジェンス」★『戦争に備える平和国家スウェーデンのインテリジェンス』

  「日本の政治を牛耳った山県有朋の外交音痴と明石元二郎伝説」     …

no image
日本風狂人伝⑦ アル中、愚痴の小説家・葛西善蔵

日本風狂人伝⑦              2009,6,23   アル …

no image
日本リーダーパワー史(113) 初代総理伊藤博文⑨暗殺を聞いた瞬間の山県有朋の談話『龍顔を拝して涙下る』

日本リーダーパワー史(113)   初代総理伊藤博文⑨暗殺を聞いた瞬間 …

By: www.Michie.ru
日本リーダーパワー史(537)三宅雪嶺の「日英の英雄比較論」―「東郷平八郎とネルソンと山本五十六」

       日本リーダーパワー史(537) 三宅雪嶺の「日英の英雄比較論」― …

no image
 日中,朝鮮,ロシア150年戦争史(52)『副島種臣・初代外相の目からウロコの外交論④』●『日本で公法(国際法)をはじめて読んだのは自分』★『世界は『争奪の世界』、兵力なければ独立は維持できぬ』★『書生の空理空論(平和)を排す』★『政治家の任務は国益を追求。空論とは全く別なり』★『水掛論となりて始めて戦となる、戦となりて始めて日本の国基立つ  』

   日中朝鮮,ロシア150年戦争史(52) 副島種臣外務卿 …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1055)>『習近平のメディア・ネットコントロールの恐怖』●『言論規制下の中国で、「ネット経済圏」が繁栄するフシギ』★『習近平、3大国営メディアに「党の代弁」要請 全権掌握へ、「江沢民の牙城」に乗り込む』●『「マスコミの使命は党の宣伝」習主席がメディアの「世論工作」に期待する重要講話』★『中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感』●『習近平が危ない!「言論統制」がもたらすワナーメディアへの締め付けはいつか反動で爆発も』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(105 …