前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ウオッチ(221)-『日本の上場会社の大半は、相変わらず既存事業を前提の内部留保の蓄積に傾斜、日本経済の構造大改革に貢献できる画期的なハード、ソフトの開発は期待できない』★『話題の東芝株主総会に出席、東芝の幹部人材は当分払底し、外部から持って来ないと自力再生は難しい』

      2017/12/06

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・

ウオッチ(212)

深圳のこの30年の大変貌、驚愕しています。イスラエルほどの大胆な技術発想はまだ見られませんが。

同時に感じましたのは、李克強が唱導している「 大衆創業、万衆創新、創新経済 」の檄 こそ、安倍首相が日本国民に向かって発しなければなりません。

内情は本当のところは不明ですが、外目では、習近平ー李克強の施策は予想以上に非常に上手く行っているのでは?

日本の上場会社の大半は、相変わらず既存事業を前提とした内部留保の蓄積に傾斜しており、彼等からは日本経済の構造大改革に貢献できる画期的なハード、ソフトの開発は殆ど期待できない、と思われます。起業家精神の喪失。

20世紀後半の成長事業体験者が未だに企業経営者として殆ど残っているからです。新たにwhatを創り出すリーダーシップは、欧米の模倣に終始した彼等からは期待出来ません。howが巧みということで生き残って来た顔触れです。

日本のこれからの経済成長をギアチェンジし異次元に向かう成長ドライバーがどうしても不可欠です。

安倍も既存の上場企業優遇から大転換して、大規模エコシステム(起業家支援のための、インキュベーション〜ファンド〜EMS企業群〜EXIT支援〜上場支援など、スタートアップ育成の為の生態系作り)の整備に全力投球すべきです。  

CAのシリコンバレー、深圳  、そしてテルアビブ いずれも、起業家志望の若者が触手を延ばし、志を立て易い環境、エコシステムが準備されています。

これを成功させて行かないと2%成長など次の成長軌道へのステップアップは至難です。一言で言えば日本経済、今は深刻な「玉不足」です。

繰り返しますが、現在の大企業、中企業の経営層の殆どは20世紀型人材、既存事業をdo more better, do more fastに巧みに実行する事でのし上がって来た人達で、21世紀型人材、斬新なコンセプトの新事業をゼロから創造できる、技術的な知見に富み、これまでの延長線にない発想が出来る人達、ではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、話題の東芝、株主総会に参りました。

綱川社長の愚直、実直、誠実を
絵に描いたような議長振りに出席者も救われていましたが、苦しい業績説明に見られる満身創痍の実態は如何ともし難く、現体制の苦しい胸の内、同情を禁じ得ませんでした。

東芝の再生には残された若手実戦部隊のヤル気 、戦闘意欲が必須です。離散の加速、残存部隊の動向が?

東芝メモリーの18/3月迄の売却が首尾良い結果に終わったとしても、残る重電事業中心の収益では見る影もありません。

2・5時間の議事を追いながら、W/Hの致命的な失敗以外に、新事業、新製品の開発に成果もなく、実戦部隊の優れた人材組織を経営側が無駄使いして来た、実態を見たような気がしました。

人材を100%コストと見なし、価値創造の資産、資本である事を忘れ、企業を官僚組織に作り変えた悪例の典型です。


余談ですが、東芝の幹部人材は当分払底するのでは?   外部から持って来ないと自力再生はやはり難しい?と感じました。

ーーーーーーーーーーーー

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ウオッチ(211)『スマホ、タブレットが高すぎるappleから低廉高品質のHuaweiに切り替わるのはもう時間の問題です』http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/27167.html

 

共産党政権の真っ赤なウソ 「平等に富を分配する」の実は特権と搾取

http://www.epochtimes.jp/2017/10/28881.html

 

【公告】大紀元が『九評』(共産党についての九つの論評)と題する一連の社説を発表http://www.epochtimes.jp/editorial/9ping.html

 

数字のトリック? 訪日外国人は「失われた20年」とは到底かけ離れた日本の光景に驚くだろう=中国 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%95%b0%e5%ad%97%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%9f-%e8%a8%aa%e6%97%a5%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%af%e3%80%8c%e5%a4%b1%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f%ef%bc%92%ef%bc%90%e5%b9%b4%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%af%e5%88%b0%e5%ba%95%e3%81%8b%e3%81%91%e9%9b%a2%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%85%89%e6%99%af%e3%81%ab%e9%a9%9a%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%82%8d%e3%81%86%ef%bc%9d%e4%b8%ad%e5%9b%bd/ar-AAu0z4P?ocid=spartandhp

 

 - 人物研究, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳』★『人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね』★『まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ』★『いいなと思ったときは物みな仏』

百歳学入門(190)   105歳 日本画家・小倉遊亀 (1895年3 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(73)『支那事変も含め「大東亜戦争」と呼称』朝日〕「国民大会で東條首相、長期戦の決意強調」(毎日)

 終戦70年・日本敗戦史(73)  大東亜戦争開戦の「朝日,毎日などの新聞紙面か …

no image
『 地球の未来/2018年、世界の明日はどうなる』ー「2018年はAIが最重要になる」(MITメディアラボの伊藤穣所長)★『人工知能やロボットには奪われない「8つの職業」』★『AIが人類を超える意味—カーツワイルの予言』★『 レイ・カーツワイル 「加速するテクノロジーの力」(動画)』★『 レイ・カーツワイル:今後現れるシンギュラリティ(動画)』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 2018年の世界経済、社会はどうなるか …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』VW不正事件―4兆円どころか、もっと天文学的数字になるのではない でしょうか?何にしても、一人のリーダーの狂気が悲劇的な結末を招いたのです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』 VW不正事件―4兆 …

no image
<クイズ『坂の上の雲』>日本史上の最高の軍人は一体誰でしょうかー「秋山真之ではない。参謀総長だった川上操六じゃよ、ホント」①

<クイズ『坂の上の雲』>日本史上の最高の軍人は一体誰でしょうかー「秋山真之ではな …

no image
速報(286)『世界初の内部被曝研究会が発足、総会を開催ー肥田舜太郎氏『内部被曝の真実』『『澤田昭二氏の講演』①

速報(286)『日本のメルトダウン』 ●『世界で初めての内部被曝研究会が発足、総 …

no image
片野勧レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災②『なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』ー仙台空襲と津波<下>

片野勧レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災② 『なぜ、日本人は同じ過ち …

no image
世界/日本同時メルトダウンへ(908)『コラム:英国離脱で何が起こるか、5つの疑問=吉田健一郎氏』●『「英国EU離脱」はどちらの結果でも株価上昇離脱は最悪シナリオだが不透明感は払拭へ』●『コラム:アベノミクスに国内「収縮論」の壁、打破困難なら長期停滞も』

 世界/日本同時メルトダウンへ(908) コラム:英国離脱で何が起こるか、5つの …

no image
<近藤 健の米国深層レポート②>●『アメリカは金権政治plutocracyかー米国の選挙は“50億ドルビジネス”』―

<近藤 健の米国深層レポート②>   ●『アメリカは金権政治pl …

no image
日本リーダーパワー史(432)政治家はすべて私心を捨てよ,高橋是清は「小さな 政治の知恵はないが、絶対にものを恐れない人」

 日本リーダーパワー史(432)               …