前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(857)ー『今回の「北朝鮮有事危機」は真に国難に該当するものなのか』★『「北朝鮮危機」こそが自民党圧勝の最大要因だ 英メディアは日本の総選挙をどう分析したか』★『トランプの強気が招く偶発的核戦争』★『衆院選で明白、政治家のレベルの低さこそ本当の「国難」』

      2017/11/11

日本リーダーパワー史(857)

日本史における「国難」4戦争と

『朝鮮有事』『朝鮮半島大変動」とを

比較検証する。

10月23日、総選挙の結果が出た。自民党が過半数を超える圧勝で、安倍首相の続投が決まった。11月にはベトナムでAPECが開催され、同5日にはトランプ大統領が来日し、北朝鮮問題危機は新たなステージに入る。

同時に国内問題も難問山済みで米中覇権争いの狭間で翻弄される「か弱い」日本では改めて安倍首相の強力なリーダーシップが問われる。

今回、安倍首相は「国難突破選挙」と名付けたが、現在は真に「国難」に値す危機を迎えているのか、を考えてみたい。

国難とは一体なにか。

日本の辞書では「国の危難」、中国語の辞書には「多くの外国勢力の侵略による国難」と定義。英語では「カントリーリスク」である。

つまり、国難とは外国との戦争を意味しており、つまり迫りくる「米朝開戦」危機に備えてのリスク管理というわけだが、これには与野党から大きなブーイングを浴びた。

そこで、日本史の中でこの「国難」(対外戦争)に値するものを調べてみた。

 ①まずは「元寇の役」(モンゴル襲来、1274年ー1281年)がある。

「元寇の役」はユーラシア大陸を席巻しモンゴル帝国の圧倒的な軍事力により日本は敗北寸前となったが、2回とも台風によってモンゴル軍船はすべて沈没、からくも侵略を防ぐことができたといわれている。

この時、世界の覇権を握るモンゴル帝国は6度にわたりに日本に使者を派遣、朝貢(属国化)を迫ってきたが、時の鎌倉幕府6代執権・北条時宗は使者を斬り殺して拒否し、戦争となった。

  • ②はペリーが率いる米国海軍東インド艦隊4隻の黒船来航(1853)である。米側はその圧倒的な海軍力、軍事力を誇示して、開国、貿易を強く迫り、徳川幕府は家康の祖法(憲法)の鎖国政策を破り、開国し日米和親条約を結んだ。これに薩長などから『尊王攘夷』「倒幕運動』が起こり、15年後に明治維新となった。
  • ③は日露戦争(1904年、明治37)は、満州を制圧し朝鮮半島に手を伸ばしてきたロシアとの、国の興廃をかけた一戦だった。

日本は事前に用意周到に戦略情報網を張り巡らし、日英同盟を結んで、米国の支援も受けて開戦に踏み切った。天王山となった日本海海戦では英海軍ネルソン提督の「トラファルガーの海戦」(英スペイン戦争)を上回る世界の海戦史上に残るパーフェクトな勝利をおさめた。

この後、即座に日本びいきのルーズベルト米大統領に斡旋、調停を依頼して、ポーツマス講和会議を開催し和睦した。小国日本が大国ロシアに背負い投げの1本勝ができたのは明治のトップリーダーたちの強い危機意識、インテリジェンス、情報力、外交力、スピーディーな決断・実行力、団結力のたまものであった。

(4)次はわずか80年前のアジア太平洋戦争(1937-1945)である。これは中国との「大義のない戦争」から追い詰められた末に米国との「出たとこ勝負」の戦争であった。英米撃滅を唱えて「英語の使用、研究などは一切「敵性語」として禁止する。戦争末期の本土決戦では米兵に対して女性、子供まで竹やり戦術を強制するアナクロニズム(時代錯誤)のお粗末ぶり。

「敵を知り己(おのれ)を知らば百戦百勝」とは孫子の兵法の第一条である。この逆に第4条には「敵を知らず、己を知らざれば百戦百敗」とある。

日露戦争は孫子の兵法とクラウゼヴィッツの戦争論をマスターした勝利といえるが、アジア太平洋戦争はこの正反対のドロ縄の「百戦百敗」の悲惨な戦争であった。

結局、この日本の国難興亡史の結果は2勝2敗で、その勝敗を分けたのは事前の徹底調査分析の『戦略情報の有無』である。

クラウゼヴィッツは「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」と定義した。戦争と平和は二元的な対立概念ではない。政治選択の1つが武力を使わない外交ゲームであり、別の選択が武力の戦争となる。

「平和を守るためにも戦争を準備しなさい」とのラテン語の警句もある。

日露戦争では日本はロシアを第一仮想敵国として徹底的に研究し、国家戦略を練り直し「はじめに熟慮。おわりは断行」(モルトケ流)でスピーディに取組み、戦争終結(出口戦略)も早かった。アジア太平洋戦争とは雲泥の差である。

では、今回の「北朝鮮有事」は真に国難に該当するものなのか。

北朝鮮は水爆実験に成功し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、核搭載ICBMも完成したと豪語、核保有国を宣言している。米側は核搭載ICBMの小型化にはまだ成功していないが、来年中には完成するとみている。

トランプ対金正恩の「恫喝」の戦争はヒートアップし、異次元の危機に突入している。『来年には衝突もあり得る』と想定して、安倍首相は今回の解散に踏み切ったとの見方が強い。

もし、米朝核開戦となれば、韓国、日本などへの被害は天文学的な数字になることは、マスコミで報道されている。

そうならなくても、急転直下、対話が再開し『米朝会談、国交回復』へと動き出した場合にも、「朝鮮半島情勢』は大変動して、一層リスクは高まる。4ケース以上の国難到来である。最悪のケースを想定して準備することは国家生存の最重要事項であろう。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「北朝鮮危機」こそが自民党圧勝の最大要因だ

英メディアは日本の総選挙をどう分析したか

http://toyokeizai.net/articles/-/194371

北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8727.php

トランプの強気が招く偶発的核戦争

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8695.php

衆院選で明白、政治家のレベルの低さこそ本当の「国難」だhttp://diamond.jp/articles/-/146745?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日中朝鮮150年戦争史(49)-副島種臣外務卿(外相)の「明治初年外交実歴談」➀李鴻章との会談、台湾出兵、中国皇帝の謁見に成功、『談判をあまりに長く引き延ばすので、 脅してやろうとおもった』

 日中朝鮮150年戦争史(49) 副島種臣外務卿(外相)➀ 李鴻章との …

no image
片野勧/衝撃レポート(40)太平洋戦争とフクシマ⑬悲劇はなぜ繰り返されるのか ★「ビキニ水爆と原発被災<上>」(13)

 片野勧の衝撃レポート(40)   太平洋戦争とフクシマ⑬ …

no image
高杉晋吾レポート⑪「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ーー元、淀川水系流域委員長 宮本博司氏へのインタビュー(上)

高杉晋吾レポート⑪   ダム推進バリバリの元国交省エリート、宮本博司が …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『トランプ大統領は「チャイナコロナ」と明言し本気で中国を抑え込む新冷戦「中国包囲網」づくりに突入した』★『ファーウェイ禁止、「台湾外交支援法」(3/27),「ウイグル人権法案」(5/17)を成立させ人権外交で全面対決中』(5月22日)

米中の新冷戦― 「対中包囲網」の再編成 前坂 俊之(ジャーナリスト) 「チャイナ …

no image
日本リーダーパワー史(54)辛亥革命百年③『日本は覇道から王道をめざせ』と忠告した孫文②

日本リーダーパワー史(54) 辛亥革命百年―『日本は覇道から王道をめざせ』と忠告 …

no image
『日本を救え、最悪のシナリオから考える④』ー生き延びるための知恵をー福島原発を軍事学的視点から見る(池田知隆)

『日本を救え、最悪のシナリオから考える④』   生き延びるための知恵ー …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(207)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨーク めぐり(5月GW)⑤』 『2階建バスツアーでマンハッタンを一周』ブルックリンブリッジを通過、 イーストリバーを右手に、国連ビルを見上げ、 トランプタワーを見て、セントラルパークに向かう➀

 <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(207)> 『7年ぶりに、懐 …

no image
日本リーダーパワー史(718)★『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行』「鍛錬を続けよ<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書)『一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書) 。「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、僕の中にはある。 これからもそれをクリアしていきたい」。

  日本リーダーパワー史(718)  『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(60)記事再録/『高橋是清の国難突破力②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 (賀屋興宣の評)

  2013/11/11    …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …