前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★5 日本メルトダウン・カウントダウンへ(897)安倍首相は消費税率引き上げを「2年半延期したい」と言明「政治家は信なくば立たず」 ★『政治が国民から信頼を失えば、国家は滅亡する」

   

  日本メルトダウン・カウントダウンへ(897

安倍首相は消費税率引き上げを「2年半延期したい」と言明、

麻生氏は「再延期するなら衆院を解散すべきだ」と主張。

安倍末期症状!?ー 「政治家は信なくば立たず

『政治が国民から信頼を失えば国家も滅亡する」

前坂 俊之(ジャーナリスト)

安倍晋三首相は5/28日夜、首相公邸で麻生副総理兼財務相、自民党の谷垣幹事長、菅義偉官房長官と会談し、来年4月の消費税率10%への引き上げを「2年半延期したい」(平成31年10月まで)再延期したいとする方針を6月1日(国会会期末)にも発表したいと伝えた。

これに対し、麻生、谷垣両氏は財政規律維持の観点から予定通りの増税を求めて反対し、麻生氏は「再延期するなら衆院を解散して国民の信を問うべきだ」とも主張した,という。

安倍失政で国家倒産に向けていよいよ『カウントダウン』である。

その理由はー

①  民主主義社会での政治の原則は国民の信頼、信用の上に築かれる。政治家の最低限の行動ルールは『信なくば立たず』である。安倍首相はつい1週間ほど前に、舛添都知事の政治資金の公私混同問題を問われ「政治家は信なくば立たず。国民の信頼の上に政治活動があり、政策実行も国民の信頼が基礎だ」と述べたばかりなのに、口と行動とはまるで正反対である。

②  この「信なくば立たず」は孔子の『論語』の一説である。『人間関係で最も大切な徳目は信である』と語り、いろいろ弟子に説いている。

③  「国家と国民の間に信頼・信用・信義がなくなればその国は必ず滅びる」

④  『国家も国民から信頼を失えば国家は滅亡する。政治家も役人もそれを知っているか』

⑤  『口先だけのお調子者は誰からの信用されない』『約束したことは必ず実行して信頼に答えなければならない』『約束したことは死んでも守れ、ウソをつくな、裏切り行為をするな』と。

⑥  麻生副総理の諫言はまさに正論である。麻生、谷垣幹事長はここで信を立てなけれんばならない。増税先送りは2度もウソを繰り返すことであり、それも『リーマンショック級の危機が来る?』(サミットでは各国首脳ともこの認識を否定)という自らのミス予測を理由に、『構造改革』『岩盤規制の破壊』(20年前から政治スローガンに掲げられながら一向に実現できず、すべて見送り)の実行力も空振り三振、「赤字財政垂れ流しのカンフル注射ずけのゾンビ日本経済が元気回復するはずもなく、1000億円を超える国の長期債務は『カバの口』のように、大きく空きすぎて、国家財政破綻のカウントダウンがいよいよ最終局面に到達した。

⑦  もともの税率を10%に引き上げて子育て支援や介護の充実、年金制度の改善に2・8兆円を投じる予定だったのを、自らの失政で前言を2度もひっくり返し、国財源を確保できていないのに無責任きわまる態度で、自己と自民党の延命のために国を破綻させていいのか。

⑧  しかも『2年半』先送りにして、2%の物価上昇と、経済再建、経済成長の目標が達成できるのか。それは絶対不可能である。すでに『アベクロノミクス』は完全に失敗に終わった。さらに先の延ばしすることは米内光政元首相が日米戦争前に「ジリ貧からドカ貧になる】と反対した歴史故事にならえば、国家財政破綻(経済敗戦)に落ちること必至である。

終戦70年・日本敗戦史(142)開戦1ヵ月前に山本五十六連合艦隊司令長官が勝算はないと断言した太平洋戦争に海軍はなぜ態度を一変し突入したのかー「ガラパゴス総無責任国家日本の悲劇」
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/9644.html

 

『自滅国家日本の悲劇』迫り来る国家破産と太平洋戦争開戦のリーダーシップを検証する
http://ameblo.jp/toshiyukimaesaka/entry-10823709494.html

 

⑨  さらに、問題なのは「口先だけのお調子者」で『経済の見通しを誤り続けて』「自らの公約を2度も一方的に破った」―その責任は自らではなく、『幻のリーマンショックの危機』などの他国のせいにして、当然のごとくこの説明を国民に十分することもなく(主権者への国民への説明責任、義務)を放棄、糊塗しているその政治姿勢は、一国のトップリーダーのやるべきことではない。

 

消費増税「延ばすなら選挙で信を問わないと」麻生財務相

http://www.asahi.com/articles/ASJ5Y5RTJJ5YULFA00C.html

「延期2年半」 揺らぐ財政規律 経済失政批判も

http://mainichi.jp/articles/20160529/ddm/002/010/126000c

消費増税、もし再延期なら「先送りの連鎖」? 「東京五輪後の不況を恐れ…」のシナリオとは

http://www.j-cast.com/2016/05/29268120.html

消費増税延期「2年半」は2019年参院選を考慮―選挙後の引き上げになるように調整

http://toyokeizai.net/articles/-/120289

安倍首相の「言葉」に違和感覚える人々 消費増税「再延期」で豹変

http://www.j-cast.com/2016/05/27268067.html

消費増税延期で消費、金利、為替、株価はこう動く

http://diamond.jp/articles//92104?utm_source=weekend&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

サミットの成果は、首相が自らひねり出したー見えてきた2本立ての経済対策

http://toyokeizai.net/articles/-/120247

TPP法案、米議会での年内採決が絶望的なワケーカギ握るクリントン候補の態度が微妙

http://toyokeizai.net/articles/-/119624

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「経済成長戦略には何が必要か」「武田薬品工業の長谷川閑史社長」「東レの日覺昭廣社長」の記者会見動画(3・14,19)

   日本記者クラブ会見動画 「経済成長戦略には何が必要か  …

no image
日本メルトダウン(920)『南シナ海に迫る「キューバ危機」、試される安保法制 』●『出口が見えない中国との関係 、互いに非難し合うのは愚かな言動 柯 隆』●『仲裁裁判がまく南シナ海の火種』●『中国は戦前の日本と同じ過ちを犯し自滅に向かっている』●『南シナ海の洋上で中国製の原発計画が進行中 19年までに運転開始へ』

  日本メルトダウン(920) 12日に南シナ海問題で国際裁定へ 南シナ海に迫る …

no image
日本作家奇人列伝(38)作家は変人ばかり。三島由紀夫、志賀直哉、壇一雄、野村胡堂、久生十蘭、土井晩翠、草野心平・・

日本作家奇人列伝(38) 作家はなくて7クセ、変人ばかり。三島由紀夫、 志賀直哉 …

no image
まとめ>犬養毅ー大アジア主義者として孫文を助け、フィリピン、ベトナム、インドなどの独立運動家を支援した『アジアの父』

<まとめ>犬養毅について ―『犬養毅首相を「話せばわかる」といって暗殺された 5 …

no image
日本リーダーパワー史(133)空前絶後の名将・川上操六(22)その急死とインテリジェンス網の崩壊

 日本リーダーパワー史(133) 空前絶後の名将・川上操六(22)その急死とイン …

no image
『日本占領・戦後70年』「1946年(昭和21)元旦の天皇の『人間宣言』はなぜ出されたのか、『地方巡幸』はその結果始まった。

 『日本占領・戦後70年』 「1946年(昭和21)元旦の天皇の『人間 …

no image
日本メルトダウン脱出は不可能か(695)ガラパゴス日本株式会社の終焉、「東芝は明らかに粉飾」と専門家 過去の粉飾事件に匹敵する巨額さ」

    日本メルトダウン脱出は不可能か(695)   上場廃止回避も… …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(5)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載70回中、52-62回まで)『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』(59)『(日清戦争開戦3週間後)- 日本の謀略がすでに久しいことを論ず』★『もし朝鮮から中国勢力が排除されたならば,すぐさま ロシア艦隊が出現し,その国土にもロシア兵が到来するだろう。 ロシアは日本が朝鮮半島でわがもの顔に振る舞うことを許さない(ニューヨークタイムズ)』●『日清戦争開戦4週間後、日本の朝鮮侵略(英タイムズ))』

『英タイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(52)「浪速(東郷平八郎艦長)の …

無題
★5日本リーダーパワー史(778)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南からの魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

★5日本リーダーパワー史(778)ー 『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のイ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(179)』 『 マツダのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の燃焼室構造が「恩賜発明賞」を受賞 』●『次の「世界経済危機」の震源地は日本か?- 消費税の増税延期は財政破綻のリスクを高める(池田信夫)

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(179)』   …