前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★⑩鎌倉第1の名所『檑亭(らいてい)そばと会席料理の店』 国文化財(建造物)と名園を堪能する

      2016/06/01

鎌倉第1の名所『檑亭(らいてい)―そばと会席料理の店』

国文化財(建造物)と名園を堪能する

 前坂俊之(ジャーナリスト)

 

Wiki田中絹代

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%B5%B9%E4%BB%A3

1936年、神奈川県鎌倉市の鎌倉山に「絹代御殿」と呼ばれる自宅を建築している。当時の鎌倉山は高級住宅地で、自宅の西隣りに近衛文麿の別邸、東隣り藤原義江邸があった。1949年に岩田宙造の別宅『山椒洞』を購入して移り住むが、]山椒洞は田中の没後に小林正樹が人手に渡したくないとして購入]、料亭の檑亭別館として建物を保存していたが、店舗閉店後に檑亭の経営的理由で建物は解体され、みのもんたが自宅新築のため敷地を購入した。

同店のHPによると、

歴史ある建物の醸し出す息吹と、鎌倉山の美しい自然の中で、この庭の石仏の散歩道を巡礼することで心安らぐひとときを過ごすことが出来るー鎌倉第一の名所と

檑亭の前身は、昭和3年(1928)鎌倉山の中心地に、日本で最初に開発された分譲別荘地。以来、個人の別荘として歴史を重ねてきた建物を生かし、所有者が昭和44年(1969年)に、そばと会席料理の店として開店した。本館と山門は平成25年(2013年)、国の登録有形文化財(建造物)に指定されている。

 

本館は江戸時代の建造で、横浜市戸塚の豪農、猪熊家の旧宅を昭和4年(1929年)に移転改築されたもの。2階室内の窓には、日本で最初に焼かれたステンドグラスがはめられ、明治初期の外国製のシャンデリアがしつらえられ、当時の面影をそのままに現在も使用されている。

 

また、檑亭の入口となる門は、鎌倉西御門にあった古刹・寿延山高松寺の山門(1642年建立)で、昭和6年(1931年)に同寺が宮城県に移転する際、山門のみ移築したもの。

約5万平方メートルにおよぶ庭は、廻遊式庭園様式。十六羅漢群をはじめとする各地から蒐集した石仏や石塔、五重塔や法隆寺の夢殿を模した八角堂などが配されていて、梅林・竹林・季節の草花を楽しみながら散策をすることができます。

また、庭先から望む富士箱根連山は息を呑む美しさ。まるで一幅の絵を見るようでもそのまま庭を下ると、甘味処『露庵』がある。四季折々、一期一会の表情を見せる席亭で心癒されるひとときをお過ごしください。

[檑亭]の玄関は、鎌倉手広にある「鎖大師」として有名な青蓮寺の庫裏をゆずり受け、補修移築して使用。1階には椅子席を75席ご用意。テーブルと椅子は同寺庭内の松の木を生かし、丸太にして使用。2階には3つの日本間があり、ごゆっくりと会席料理やおそばなどを堪能できる。

私が、気に入った日本庭園には、門を入って[檑亭]の玄関は行く道を反対の左に進むと[石仏崖]がある。この[石仏崖]は山門建立の際、崖地を埋め、石垣、石壁を築き、各所より無縁仏を迎え安置した、という。この数およそ百体になったところから、百仏崖と名付け、現在でも春秋のお彼岸の際は、円覚寺僧堂の修行僧の方々に供養をお願いし。読経の声がこだまし、荘厳な空気に満たされるという。

また、[石造十王像](闘魔大王を中心とした10人の地獄の王様で、亡者の裁きを司ります。国東半島から移動安置しております)、

[鎌倉山天満宮](鎌倉山には戦前まで天満宮が示陥れていましたが、参詣者も絶え、社殿も荒廃しておりました。それを悲しんだ人々の尽力で昭和52年(1977年)に再建され、改めて筑紫大宰府天満宮から神霊を勘請したもの)などが、道沿いのうっそうとした自然林、竹林に点在し、鎌倉の幾多の古刹よりも、もごたえのなる日本庭園と感じ入った。四季折々何度でも散歩したくなる心安らぐ鎌倉巡礼のスポットと思う。



 - 人物研究, 湘南海山ぶらぶら日記, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

222ダウンロード (1)
『リーダーシップの世界日本近現代史』(291)/『陸奥外交について『強引、恫喝』『帝国主義的外交、植民地外交』として一部の歴史家からの批判があるが、現在の一国平和主義、『話し合い・仲よし外交』感覚で百二十年前の砲艦外交全盛時代を判断すると歴史認識を誤る。

    2016/07/07 日中北朝鮮 …

no image
速報(468)『日本のメルトダウン』●『米軍史上、最も不人気な戦争が始まる」『世界で最も危険な韓国人、潘基文』

  速報(468)『日本のメルトダウン』   ●『 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(51)●『原発事故収束」へ5条件の緊急提言』★『原発再稼動「新安全基準」の危うさ』

 池田龍夫のマスコミ時評(51)   ●『原発事故収束」へ5条件の緊急 …

no image
日本リーダーパワー史(612)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑦明治政府が直面した「日本の安全保障問題」対外的軍備を充実、ロシアの東方政策に対する防衛策、朝鮮、 中国問題が緊急課題になる>

 日本リーダーパワー史(612) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑦ 『明治新 …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑨』ー 『最悪のシナリオから考えるー福島原発暴走阻止行動プロジェクト結成へ』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑨』   『最悪のシナリオから考えるー福島 …

no image
<鎌倉ウグイス探検(鳥)隊長日記>早朝は鎌倉海で魚と遊び、昼は鎌倉森でウグイスを楽しむ、無上の快楽なり

<鎌倉ウグイス探検(鳥)隊長日記>   『早朝は鎌倉海でカヤックで魚と …

no image
日本メルトダウンの脱出法(547)「YOU は何しに日本へ」はイノベーションの宝庫」「世襲指導者の意固地さが東アジアの緊張を高める」

   日本メルトダウンの脱出法(547)   &n …

By: Dick Thomas Johnson
日本リーダーパワー史(550)「国難日本、世界大乱を前に、「永田町の子供政治家」の「木をみて森をみず」「世界のスピード変化に目をつぶる」論議に、「これで日本タイムアウトか」?

  日本リーダーパワー史(550) 「日本沈没」国難日本、世界大乱を前 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(190)記事再録/『忘れられたユーモアある哲人政治家・田淵豊吉―太平洋戦争中に東條英機首相を批判した反骨でならし『世間では仙人と呼んでいるが、わしはカスミの代りに飯を食い酒も飲む、だから半仙人とでもしておこうか、と大笑い』

  2010年9月7日日本リーダーパワー史(92)記事再録 &nbsp …

no image
戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

  日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった …