前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(602)『安倍・歴史外交への教訓(8)「世界史の中での日韓関係のパーセプションギャップ③」―秀吉以降の平和外交の朝鮮通信使を最も歓迎したのは長州藩、長州と韓国の深い関係⓶

   

  日本リーダーパワー史(602)

『安倍・歴史外交への教訓(8)

「世界史の中での日韓関係パーセプ

ションギャップ③」―秀吉以降の平和外交の朝鮮通信使を

最も歓迎したのは長州藩、長州と韓国の深い関係⓶

韓国との慰安婦問題の背景には日韓のパーセプションギャップ、戦争、外交失敗の歴史がある。

私は明治以来の日中韓150年戦争史という連載をこのブログで、5年ほど前から書いている。そのために、日中韓の外交史、戦争史、コミュニケーション史などの歴史文献をいろいろ読んで勉強しているが、なかなか平易に書かれた良くわかる本がない。徳富蘇峰の「近世日本国民史」などはその最適本だが、文語体なので読みづらい。福沢諭吉の中国、朝鮮論なども、尾崎行雄の中国論も同じく文語体なので読み読みづらい。

そんな中で大宅壮一の「炎が流れる」(第3巻、文芸春秋社、1964年)を読んで、これが一番良くわかると感心した、『昭和のマスコミの帝王』と言われた大宅壮一だけに『日韓併合の舞台裏』「朝鮮統治の2つの世論」「根強く残る対日敵意」など150Pにわたって、分かりやすくデータ豊富に日韓500年対立史「反日のルーツ」をまとめている。そのポイントを紹介する。

以下は「島国からの脱皮」(大宅壮一「炎が流れる」

、第3巻、文芸春秋社、1964年)より

毛利藩の場合はどうか。同じ記録に、「接待の節、他処に倍す。しかして錦褥の備待するもの、上中下官にいたるにおよぷ」と出ているが、下官までニシキのフトンに寝かせたというのだ。

下関では、阿弥陀寺を迎賓館にあてた。この寺は安徳天皇の冥福を祈るためにつくられたもので、明治八年官幣中社「赤間官」となった。http://bakutora.japanserve.com/spt-shimo-akama.html

下関ばかりでなく、中の関の田島、上の関の竃戸でも、大いに接待したらしい。上の関では、三斗の米でつくった大餅を出して、一行を驚かせている。

どこでも、土地の学者、文人が動員されて、酒食を共にしながら、筆談をしたり、詩を吟じたりして、日韓の文化交歓をつづけたのである。 萩出身の学者で医者でもあった滝鶴台(たきかくだい)は、http://kineko.matrix.jp/hagi/meirinjusha.html

http://kineko.matrix.jp/hagi/kakudainohaka.html

「わが藩有司に命ず、およそ使賓を待つ、家にかえるがどとくならしめよ」と書いてある。当時、鶴台は江戸にいて、太宰春台から〝海西無双″といわれたほどの人気者であったが、朝鮮の使節がくるというので、わざわざ長州によびかえされ、接待役を仰せつかったのである。

これを見ても、毛利藩が使節の接待にいかに気をつかったかがわかる。

かように、朝鮮と長州のつながりは、古く、深く、強い。日清戦争後、日本の全権公使とし韓国に駐在して、閔妃殺害事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%94%E5%A6%8

にも関係した三浦梧楼

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%A2%A7%E6%A5%BC

は高杉の〝奇兵隊〟出身である。また日韓合併″の立役者伊藤博文のあとをうけて韓国統監となった曾禰荒助

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%BE%E7%A6%B0%E8%8D%92%E5%8A%A9

、合併後の初代朝鮮総督寺内正毅

https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E5%AF%BA%E5%86%85%E6%AD%A3%E6%AF%85

その下で政務総監から朝鮮中枢院議長となった山県伊三郎(有朋のオイでその養子)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%B8%A3%E4%BC%8A%E4%B8%89%E9%83%8E

など、日本の朝鮮関係者に、旧毛利藩士が多いということは、決して偶然ではない。

また〝日韓合併″のさい、日本にもっとも協力したという趙重応は、正徳元年(1771)、六代家宣時代)に韓国の正使として日本にきた趙泰億の子孫である。

 昔も二つの朝鮮

毛利氏の前に、本州西部から九州北部を領していた大内氏の先祖は、朝鮮からきたということになっている。

推古天皇の十九年(西暦611年)、百済国の琳聖(りんせい)太子が、周防国多々長浜について、多々姓を名のっていたが、これが大内氏の先祖である。足利時代、対朝鮮の外交、貿易は、主として大内氏を通じてなされていた。足利義満のときに、朝鮮から倭寇を取り締まってくれといってきたのにたいし、義満は大内義弘

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%86%85%E7%BE%A9%E9%9A%86

に命じて、その要求を果たすことを約束するとともに、そのかわりに『大蔵経』を求めている。

そのさい、使節としてきた申叔舟(しんしゆくしゆう)が書いた『海東諸国記』のなかで、大内氏について、

「系の百済より出でしをもって、もっともわれに親しむ」

と書いている。大内氏が百済の血をうけていることを自他ともに認めていたことが、これでよくわかる。これが家臣の陶晴賢(すえはるかた)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E6%99%B4%E8%B3%A2

に滅ぼされ、晴賢は毛利元就にほろぼされたのである。

ところで、秀吉の〝朝鮮征伐〟のさい、捕虜となって日本にきて、近世儒学の祖といわれる藤原 惺窩(ふじわら せいか)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E6%83%BA%E7%AA%A9

の師となった姜睡隠(きようすいいん)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%9C%E3%82%B3%E3%82%A6

というのが、朝鮮の宣祖王(1567-1607)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A3%E7%A5%96

におくった『賊中見聞録』のなかで、毛利氏についてつぎのように書いている。

「輝元(元就の孫)の祖、代ってその地(大内氏の領土)をおそい、安芸州の広島に都し、物力の雄、倭京に擬す。その風俗を倭中に見るに、やや厚し。性すこぶる寛緩、多くはわが国人の気性ありという」

毛利の居城広島の〝物力〟は、京都をまねたものであるが、その風俗は、日本のなかではましなほうで、性質もゆったりとして、朝鮮人に似ている点が多いとほめられている。

朝鮮語の通訳として長く対馬藩に仕え、享保八年(1723、八代将軍吉宗時代)毛利藩に転じた松原新右衛門というのは、何年も朝鮮にいたことがあって、当時の朝鮮通であるが、これが朝鮮事情について語った珍しい文献が発見された。そのなかに書かれていることで、おもしろそうな点をひろってみると、

①釜山の「日本館」の敷地は、500間に300間(15万坪)もあって、100間四方もある大饗応場ができている。

②そこに日本人がいつも500人くらい住んでいる。

③「日本館」から、日本の里程で一里半ばかり先に石碑がたっていて、日本人はそこから先に行ってはならぬことになっている。

④釜山の浜辺に、秀吉の〝朝鮮征伐″のときに築いた城がまだ残っていて、朝鮮政府で管理している。

⑤朝鮮ではシナの年号<当時は康凞(こうき)>を用いている。

⑥朝鮮には砂糖がない。

⑦釜山のあたりにも虎(トラ)が出る。トラの耳に切れ目が一つあれば、人間を一人、二つあれば二人食ったことになっているという。

⑧シナの庚凞帝には男の子がたくさんあって、そのうちの一人を朝鮮王にしようとしているが、そうなるといまの朝鮮国王は、〝浪人″するほかないというもっぱらの評判である。

⑨朝鮮ではいつも、臣下が二つの部族にわかれていて、一方を南方といい、一方を西方というが、いまは南方が政権をにぎっている。日本の源氏、平氏と同じだ。(南北の対立は歴史的なもので、第二次大戦後に始まったことではないのである)

⑩朝鮮で、こどもがいたずらをすると、〝倭奴来(日本人が来た)″という。日本人にたいする恐怖が、それほど深く頭にしみこんでいるというのだ。(日本でも、同じような場合に、″もうがきた″といったものだが、これは〝蒙古がきた″という意味だということだ。

つづく

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(80)戦後70年―決して忘れてはならないマッカーサー、蒋介石の寛大な処置③

  終戦70年・日本敗戦史(80) 戦後70年―決して忘れてはならない敵国の寛大 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(182)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 ★『政治家はすべて私心を捨てよ』(賀屋興宣の評)

    2019/09/25 &nbsp …

no image
『世界サッカー戦国史』②ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の比較』★『児玉源太郎参謀次長と西野新監督の戦略論は的確』★『W杯日露戦争で10対0で最強ロシアを破った児玉の戦略と東郷平八郎の決定力(1発必中の砲は100発一中の砲に勝つ)』

  W杯ロシア大会2018と日露戦争(1904)の戦略を比較すると、 …

no image
<まとめ>宮崎滔天ー100年前の中国革命(辛亥革命)の生みの親・宮崎滔天に『日中両国民』とも学ばなければならないー

<まとめ>宮崎滔天について   ―尖閣問題で軍事衝突が危惧されている今 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』VW不正事件―4兆円どころか、もっと天文学的数字になるのではない でしょうか?何にしても、一人のリーダーの狂気が悲劇的な結末を招いたのです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』 VW不正事件―4兆 …

images.jpg22
★『コロナパニックによる外出自粛令で、自宅で閉じこもっている人のためにお勧めする<チャップリンと並んでハリウッドを制したスーパーパーソン>の人物伝>超面白いよ」★『20世紀に世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうか!-「セッシュウ・ハヤカワ」

★20世紀に世界で最高にもてた日本人とは誰かー 『映画の都「ハリウッド」を制した …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(135)-勝海舟(76歳)の国難突破力―『政治家の秘訣は正心誠意、何事でもすべて知行合一』★『すべて金が土台じゃ、借金をするな、こしらえるな』(これこそ今の1千兆円を越える債務をふくらませた政治を一喝、直ぐ取り組めという厳命)

2012/12/04 /日本リーダーパワー史(350) ◎明治維新から150年- …

no image
最高に面白い人物史⑨人気記事再録『日本風狂人伝(28)』 大預言者(?)で巨人の大本教の開祖・出口王仁三郎のジョーク

日本風狂人伝(28) 大預言者(?)で巨人の大本教の開祖・出口王仁三郎のジョーク …

no image
日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』『中国紙『申報』 からみた「中国が行っている冊封の儀と 属国の国力強化について」(1884(明治17) 年2月9日付)

日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』130年前の『中国 …

no image
日本メルトダウン脱出法(780)『破綻した「NOTTV」の見せた電波行政の深い闇(池田信夫)」●「原油安は人類を危うい道へ導く、米国の石油輸入が減るにつれ、中東安定への関心が薄れる (英FT紙)」

日本メルトダウン脱出法(780) 「電波社会主義」が国民の電波を浪費する htt …