前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『国難の研究』日露戦争開戦の外交交渉の経過と政府の対応③『明治の国家参謀』怪傑・杉山茂丸の証言

   

国難の研究
日露戦争開戦の外交交渉の経過と
政府の対応
③-
―『明治の国家参謀』怪傑・杉山茂丸の証言―
 
 
           前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
① 日露戦争勝利の第一の要件は陸軍では山県有朋、川上操六参謀総長らの戦略、海軍では山本権兵衛の戦略と小村寿太郎ら外務省の外交戦略とが三位一体で調和し、緊密な連絡により『元老会議』などで、総合調整1本化して、参謀指揮命令系統をトップダウンでスピーディーに行ったこと。
 
② このためには強力で総合判断力をそなえた適材適所の人材の配置が必要だが、明治の諸葛孔明といわれる川上操六、田村恰興造、児玉源太郎が見事にバトンタッチされて、陸軍参謀総長(次長)となって、国難に最強の布陣を引くことができた。こうした人材を早くから海外留学によって、勉強させて養成してきた明治初期の人材育成の取組、システムに学ぶ必要がある。
 
③ 杉山茂丸については明治史の教科書には登場しない人物である。登場しないというか、無視されてきた人物である。とくに右翼、大陸浪人,玄洋社のメンバーとして、歴史学では抹殺されている人物だが、この中にトップシークレットの「無隣庵会議」に、山県、伊藤、児玉の影の参謀として、1浪人ながら登場しているように、明治史の主要な事件の陰には杉山の存在があると言われたほどの重要人物である。
 
④ 杉山の軌跡の解明なくしては明治権力史の構造はわからないといっても過言でない。
その杉山は明治政府のインテリジェンス(情報諜報機関)長官的な役割を果たした。
杉山は玄洋社の頭山満との盟友関係をバックに、その抜群の行動力、コミュニケーション力、交渉力をいかしてアメリカのCIA長官、大英帝国の諜報機関(SIS)、イスラエルのモサド、ソ連、ロシアのKGBなどに比肩する役割を果たしたが、彼は自らを「モグラ」としょうして政治世界の地下で暗躍したのである。

この大きいモグラを追跡しないことには、明治史の影の部分は検証できない。

 
以下は『明治軍事史』より。
 
◎〔陸軍大将尾野実信談(日露戦争中、その前後に大山厳元帥副官を務む)
 
 内務大臣兼台湾総督たりし児玉中将が大山元帥の同意を得て参謀本部次長の要職に就かれしことは、時局の重大性を暗示せるものにして、同元帥か充分に児玉中将の識量を認め、且つ其人物を好まれたるに依るものと信す。
 
日露戦役の全期間に亘り、大山元帥が総司令官として児玉総参謀長に満幅の信頼を置き、万事、総参謀長に任かせられたのは斯くの如き、人物関係が根本基礎の一つであったと思ふ。
 
又、児玉総参謀長の側に於ても、かくの如く信任を受けたからとて、いささかも専断の処置に出つることなく、重要の問題は必ず総司令官の決裁に待つを常とし、両者の関係は一層、円満適当に保持せられたり。
 
大山元帥夫人がかつて「主人は児玉さんとあなた 尾野)が一番好きな方」と自分に語られた一事は、この般の消息を充分に裏書きするに足るものと思う。
 
元帥の眼中には全然藩閥等の顧慮なく、公平無私重要の人事を処理せられたことは前に田村次長補職の場合に見るも明かなり。
 
当時、薩摩出身の有力者間には次長の後任として極力、薩系の伊地知幸介少将(第一部長)を推したるも、大山総長は断然之を斥け、「次長は自分が使ふのでその適任者は田村の外にない」との決意を以て、田村少将(総務部長)を起用せられたり。これ元帥か直接自分に語られたる直話なり。
 

(写真は杉山茂丸)

●〔杉山茂丸談〕

 
 ◎児玉次長補職の経緯 
 
田村参謀本部次長の訃電、在京都無隣庵の山県侯に達したるとき、自分は偶々山県の許に居合せたり。山県は右の電報を手にし大に落胆の状あり。
 
自分は「日本は第二の諸葛孔明を失へり。然れとも第三の孔明あり。以て用ゆへきにあらずや」と述べる。山県、其意を問う。乃ち答へていわく。
 
「第一の孔明は川上操六。第二の孔明は田村恰興造、今や二将軍逝く。第三の孔明は児玉源太郎なり。自分は日清戦争の時、後方に於ける児玉の働き振を充分に熟知す(当時、児玉は陸軍次官)。
 
田村の後任は児玉をおいて他に之を求むへからす」と。山県侯、これを諒とせるも、当時、児玉は内務大臣として桂内閣の重鎮たりしを以て、兎に角出京の上、議を進めらるることとなれり。自分も侯に随ふて上京せり。
 
児玉は大山元帥の下なれは、喜んて働くへき旨を申出て、内務大臣は桂総理、之を兼ね、児玉の次長補職、急転実現を見るに至れり。
 
★秘密結社
 
之より先、児玉は明治三十一年以来自分と共に秘かに露西亜との戦争を盟ひ、三十四年、桂内閣の成立に際し、児玉か其産婆役を勤むるや、桂もまた秘密結社に加はり三十六年四月、露国の満洲不撤兵は愈々対露問題解決の機運を促進せり
 
●無隣庵会議
 
同年四月二十一日の無隣庵会議は即ち其第一歩たり。

是日伊藤は伊勢大廟に参拝して、京都に来り。

桂と小村は大阪より来り合し山県等四名は同庵階上の一室に於て対露問題に関する長時間の密議を逐け、児玉と自分は呼ばれて同席階下の別室にその成行を待てり。

 

 
此会議の結果、日本は戦争を賭するも、完全に朝鮮を領有する事を最小限の基礎とし、露国と談判を開始するの方針を内定せしか、児玉と自分は大に其決議の安価なるに驚きたり。

 

 斯くの如き経緯の下に対露強硬主義の児玉か参謀本部枢要の職に就き、戦争指導の一中心となりたるは、蓋し偶然にあらさるなり

(写真は満州での児玉源太郎と杉山茂丸)

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方』★『米民主主義の危機、トランプ氏は負けても辞めない可能性に米国民は備えよ」(ニューズウイーク日本版、7/21日)という「米国政治社会の大混乱状況』

  『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方』      前坂 俊之(ジャーナリスト) …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑤ 「ノース・チャイナ・ヘラルド」<1906(明治39)年 6月29日付>の論評「朝鮮の情勢』など

 「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道 …

no image
日本メルトダウン脱出法(629)●『ギリシャが離脱すればユーロ圏は崩壊=バルファキス財務相』『日本の自動車産業、電機産業の轍を踏むか」他6本

日本メルトダウン脱出法(629) ●『ギリシャが離脱すればユーロ圏は崩壊=バルフ …

no image
日本リーダーパワー史(210)<無責任国家・日本の死に至る病>『3・11福島原発事故で、政治家はなぜ責任を取らないか』

  日本リーダーパワー史(210)   <無責任国家・日本の …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150回連載の1回~15回まで』★『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』●『「近衛内閣、東條内閣はどうして日米開戦に突入したか」』★『野田に決まった民主党総裁選の無惨、じり貧』★『(リーダーシップの欠如で2度あることは3度ある。 日本人の 精神的な構造欠陥!」』●『「 ロジスティックで敗れた太平洋戦争」『1千兆円の債務を抱いて10年後の展望は?」』●『大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③ ―東條首相は「毎日」の廃刊を命令』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150 …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(77)★原発と国家【封印された核の真実】(1981~84)⑬■官房副長官として7人の首相に仕えた 石原信雄氏の証言(下)

片野勧の衝撃レポート(77) ★原発と国家―【封印された核の真実】⑬ (1981 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯『開戦4ゕ月前の「仏ル・タン」の報道』- 『極東の紛争』『露仏同盟のフランスはシベリア鉄道によると特権をもつロシアの満州占領を擁護』『アレクセイ提督の極東総督府を創設した段階で,それを放棄する意向があると見なすのは的外れというものだろう』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯   1903( …

no image
中国への旅―新旧中国の歴史・現在・将来への3Dの旅

中国への旅―新旧中国の歴史・現在・将来への3Dの旅 前坂 俊之(ジャーナリスト) …

no image
日本メルトダウン脱出法(604)「ルーブル暴落でロシア中銀に批判の嵐」英F・T紙)◎「NYT、ワシントン・ポストも 上から目線で日本叩き

       日本メルトダウン …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(181)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)①』『2014年現在の直面する5大国難は?!』ー 「福島原発の処理問題」「迫りくる大地震」「1000兆円突破 の国家債務」「急速に進む超高齢化・人口激減・少子化・ 認知症800万人」など、国難は複雑性を増している。 リーダーと同時に国民全体のインテリジェンス が求められる。』★『 「国、大なりといえども、戦いを好む時は必ず亡ぶ。国、平和といえども戦いを忘れた時は必ず危うし](史記)』

 2014/09/18/日本リーダーパワー史(524)(高橋是清のケー …