前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

☆電子書籍で新刊を出版しました。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅』 (22世紀アート) Kindle版』

   

☆電子書籍の新刊出版。『新聞記者の冤罪: 死刑追求の旅」 (22世紀アート) Kindle版』

 
41G9W+aLBFL

 

<本の帯>

「生命を尊び、人権を尊重する文化の進展とともに、死刑はゆっくりではあっても必ず滅びていく。」(本文より)本書は、ある死刑判決者との出会いをきっかけに、その後約20年間にわたり全国の冤罪、再審事件の現場を訪ね歩いた新聞記者による、生と死をめぐる究極のドキュメンタリー。死刑廃止論者の立場から、日本の死刑の現状、歴史、問題点などを網羅的に解説する。
司法関係者、マスメディア関係者、刑事裁判に関心のある方に是非読んでいただきたい一冊。

<目次>

  • ついに解明した「世紀の冤罪」八海事件の全真相

「見取る家族もなかった49歳の孤独死」「仮出所した後、謝罪の旅へ」「警察をダマす頭はないよ」「各判決で人間像が別人のように映る」 「いつも何かにおびえていた」「ノートを頼りに偽証の連続」「幼稚な偽装工作に迷った捜査陣」 「多数による計画的犯行(?)と断定される」「吉岡ノートより、顔をみられて逆上!して殺害した」「焼酎を1,8リットル飲んでの犯行」「検事の調書にも」「クルクルと変わった吉岡の気持」「阿藤氏らは裁判官を無条件に信じていた」「オドオドで第一関門通過」「最高裁の針の穴は通るか」 「シーソーゲームの変転で!」「異常に発達した自己防衛本能」「検事が書く台本を覚えて法廷に」「八年間に三百通もの少女との文通で良心のうずき」「法廷なれで度胸が一層つく」「上申書に対して、刑務所側からの圧力」

第二章  忘れられている死刑囚

死刑再審事件 再審と死刑廃止、死刑囚との出会い

第三章 死刑執行まで

死への道程、死刑執行人員、死の掟、独房の日課、宗教教誨、お迎え、刑場 証言、執行、最後の三日間、絞首、屍体

第四章 誰が死刑囚になるのか

死刑囚とは、殺人と死刑、死刑と量刑、大量殺人者、刑務官

第五章 誤って殺される人たち

サッコ・バンゼッティ事件と財田川事件、無実の死刑執行はないか、「無実の死刑執行はない」、明治時代の誤判、大正時代の誤判、戦後の誤判と死刑

第六章 閉ざされる道

再審への道を閉ざすもの、疑惑の証拠物、国家賠償訴訟、紛失した公判不提出記録、消えたネガ

第七章 死刑廃止は是か非か

死刑廃止法案、生命の尊貴、死刑公聴会、威嚇力、教育刑か応報刑か、死刑と誤判

第八章 一人の生命は全地球より重し

野蛮な時代の遺物、死刑の変遷、立志社の「私擬憲法」、改悛した死刑囚、八〇年前の死刑廃止論、注目すべき死刑廃止論、残虐な刑罰の禁止、一人の生命は全地球より重し、論旨のスリカエ、世論と死刑

 

第九章 世界の死刑白書

アムネスティの報告書、死刑廃止州は三分の一(アメリカ)、一九六九年永久

廃止を決定(イギリス)、ギロチン刑(フランス)、新憲法で廃止(西ドイツ)、敗戦直後廃止へ(イタリア)、大勢は廃止の方向(カナダ、スウェーデソ、スイスなど)、社会主義国における死刑(中国、ソ連)、日本を上回る処刑数(東南アジア諸国)、イスラムの考え方と死刑(中近東諸国)、政情不安で大量処刑(ラテンアメリカ諸国)、人種差別が死刑執行にも(アフリカ諸国)

第十章 死刑の廃止へ、 世界と日本の死刑事情(一九九〇年代)

ギロチンの消えた日、永山判決の提起するもの、誤判を許す死刑存続、タブーへの挑戦、厳重な秘密性、奪われる死刑囚の人権、死刑廃止条約の成立、遅れた国日本、世界の現状と動向

参考文献   あとがき

 
【著者プロフィール】
前坂 俊之(まえさか・としゆき)

一九四三年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。一九六九年、毎日新聞記者、情報調査部副部長を経て、一九九三年、静岡県立大学国際関係学部教授、現在同名誉教授。日本記者クラブ会員。ジャーナリスト、ノンフィクション作家。
「司法の犯罪」八海事件を追及し「日本死刑白書」(一九八二)「冤罪と誤判」(同)「誤った死刑」(一九八四)の三部作を発表。その後、国家犯罪とメディアの関係に視点を絞り、「戦争と新聞・兵は凶器なり」(一九八六)「言論死して国ついに亡ぶ」(一九九三)「太平洋戦争と新聞」(二〇〇七)「メディアコントロール」(二〇〇五)、「ニッポン超人図鑑」(二〇一〇)などを刊行。さらにインテリジェンスに研究を拡大し「天才情報参謀・明石元二郎」(二〇一一)「明治の奇跡/インテリジェンスの父・川上操六」(二〇一七)など著書多数。二〇一一年の東日本大震災、福島原発事故以来、ビデオジャーナリストに幅を広げて多角的な視点から、ブログ、SNS、Youtubeで、記事、動画を配信している。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」➂ 1902(明治35)年2月14日『英タイムズ』-『日英同盟の意義』●『日英同盟がイギリス植民地、米国で受け入れられたことは,極東,太平洋と南洋全域,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を解消していく。』★『中国に味方する者の多くは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが、日英同盟にそうした警戒感は消えていくだろう』

               ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同 …

no image
日本リーダーパワー史(679)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(58) 『戦略情報の開祖」福島安正大佐ー 明石元二郎の「明石謀略」は裏で英国諜報局が指導、福島、宇都宮太郎(英国駐在武官)がバックアップして成功した。

  日本リーダーパワー史(679) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(58) …

no image
昭和外交史③大日本帝国の最期③(03,10)

1 昭和外交史③  日本で一番長い日  昭和20年8月15日の攻防 ③ ――<大 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(168)』『バルサ名勝負の舞台、日本企業が改修 採用の決め手は?』『オバマ大統領は広島で「謝罪ごっこ」の清算を 70年前の戦争に誰も責任を負ってはいない(池田信夫)』●『コラム:日本人が知らない英国離脱の現実味=山口曜一郎氏』●『中国の金融システム:迫り来る債務の山の崩落(英エコノミスト誌)』

  『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ (168)』 バルサ名勝 …

no image
日本リーダーパワー史(583)「世界が尊敬した日本人」(37)「財界のナポレオン」-『鈴木商店」の金子直吉<カーネギー、ロックフェラーと並ぶ偉大な事業家>と海外メディアは評価

日本リーダーパワー史(583)  世界が尊敬した日本人(37) 「財界のナポレオ …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< アメリカ・メルトダウン(1059 )>『トランプ政権半年目で公約実現はとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059 …

no image
世界一の授業をみにいこう(3)初代総理大臣・伊藤博文による『明治維新論の講義』ー攘夷論から開国論へ転換した理由

世界一の授業をみにいこう(3)   初代総理大臣・伊藤博文による『明治 …

no image
世界/日本同時メルトダウンへ(908)『コラム:英国離脱で何が起こるか、5つの疑問=吉田健一郎氏』●『「英国EU離脱」はどちらの結果でも株価上昇離脱は最悪シナリオだが不透明感は払拭へ』●『コラム:アベノミクスに国内「収縮論」の壁、打破困難なら長期停滞も』

 世界/日本同時メルトダウンへ(908) コラム:英国離脱で何が起こるか、5つの …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑨日中韓のパーセプションギャップの研究』「中国は海軍を建設すべし」

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャップ …

no image
日本リーダーパワー史(360)『エピソード憲法史』【ペニシリンから生まれた憲法】白洲次郎の『ジープ・ウェー・レター』など

日本リーダーパワー史(360)             <『わずか1週 …