前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(209)-『W杯ラクビ―の勝利と「モンスター」井上尚弥の世界一の共通性』★『「できない理由」を探すよりも「何ができるのか」を考える』★『日本社会と同じようなチームを作っても世界では負ける、他のチームの物まねをしてる限り、チームは強くならない』(下)

   

 

W杯ラクビ―の勝利(準決勝進出)と「モンスター」井上尚弥の共通性

            前坂俊之(ジャーナリスト)

日本初開催となったラグビーワールドカップが大成功をおさめたのはなんといっても日本が勝ってベスト8に進出したこと。コーチ陣や選手、スタッフが一丸となって「ワンチーム」をつくり、フアンの大声援があと押して「ジャパン・ウエー」を切り開いたことだ。

エディー・ジョーズ前HCは秩序、礼儀を守り、ガンバリズムで、結果よりもプロセス重視のこれまでの日本ラグビーを根本的に変える。そのためには「W杯で勝つことがすべて。勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」と」と明確な戦略目標をたてた。

その上で綿密に準備、チームの勝つ戦略、選手の使い方、攻撃、スクラムの技術戦術、対戦チームの研究、試合環境など総合的な調査研究を重ね2ヵ月ごとに進捗状況をチェック、超ハードな練習を長期間続けてきた。

エディーの勝つための名語録は示唆に富んでいる。

  • ①ラグビーで勝つために体格差は関係ない、自分の体力メリットこそ最大に活かせ。

  • ②「できない理由」を探すよりも、「何ができるのか」を考える。

  • ➂勝つことが目標ならば行動を変える。行動を変えるには極端な事をしなくてはならない。

  • ④日本社会と同じようなチームを作っても世界では負ける、他のチームの物まねをしてる限り、チームは強くならない。

  • ⑤日本一の練習をするチームだけが日本一になれる。

  • ⑥コミュニケーションができない選手はダメ。互いに指示(コミュニケーション)を出し、声を出し続けなければいけない。

  • ⑦もっと貪欲に、もっと積極的に、もっとボールを欲しがれ!

  • ⑧負け癖がついていると「ミスをするかも」と不安がよぎり、体が硬直してミスにつながる。

  • ⑨成長したい意欲、強烈な飢餓感、ハングリーな人こそが成功する。

  • ⑩リーダーとは、チームにインスピレーションを与える存在であれ。

  • ⑪プロコーチは1年で勝てなければ次の契約はないと思え。

まだまだ殊玉の名言はたくさんあるが、エディーのコーチ学は勝つための戦略論、ビジネス経営学、リーダー論としても大いに参考になるものと思う。

2016年9月にこれを引き継いだジェイミー・ジョセフHCは大学で心理学を学んだ経験を活かして選手の気持ちをリラックスさせて選手とのコミュニケーション、チームワークを一層高めて、「ワンチーム」の俊敏性、フィットネス、スタミナを最大限生かした攻撃ラグビーを作り上げてベスト8進出につながった。

さて、世界一になる方法論として、私がW杯ラクビーとともにこの時注目していたのが 日本ボクシング界史上最強の選手とうたわれる井上尚弥選手(26歳)の11月7日の対ノニト・ドネアとの世界統一最強決定戦だった。

井上はこれまでのプロ通算成績は19戦19勝(16KO)無敗。16戦で3階級を制覇、世界統一最強戦(WBSS)の初戦は1R,1分10秒でKO,準決勝では2R1分19秒でこれまたKO勝ちをおさめ、「世界のモンスター」を名を不動のものにした。

11月7日開催の対ドネアとの決勝戦は2Rに井上は初めて右目上部を切り流血(右の眼窩底と鼻の2か所骨折)、顔半分が血に染まる壮絶な展開となり、井上は最後までドネアがかすんで二重に見えたという。両者の激しい打ち合いの1進1退が続き、11Rに井上はカウント9のダウンを奪ったが、ドネアも立ち上がって猛反撃、最終の12Rまでもつれ込んだ。結局3-0判定で井上が勝った。

私は半世紀に上るボクシングフアンだが、最後の最後までハードパンチャー同士の壮絶な撃ち合いが続いた史上最高のエキサイティング試合だったとラクビ―同様に熱狂、感激した。

いうまでもなく、最もハードな激しい格闘技といえば団体ではラクビーで、個人ではボクシングではなかろうか。その世界チャンピオンになる方法論、井上の勝利の秘密はイチローの名言、エディーの名言とも共通していると思う。

  • ①まず世界一になる目標を掲げる。弱い相手と戦うマッチメークはやらない。ガチンコ勝負に徹する。それを達成するための努力、ハードな練習を続ける。

  • ②ボクシング一家に育ち、父がコーチとして小学生の時から二人三脚特訓した。(イチローの場合と同じ)

  • ➂ボクシングの基礎スタイル(構え方、打ち方)スパーリング、ランニングなどの基礎を徹底して身につけた。その単調な練習を毎日毎日継続してきた真面目さ、努力と天性の素質、それに非常に謙虚な性格が勝利につながった」(大橋秀行ジム会長)

  • ④井上の身体能力の筋力や反射神経、動体視力の数値は一般人とあまり変わらないが、カウンターのタイミング、ステップ、ディフェンス、距離のとり方、ボディ打ちなどテクニックのすべて満点という。

  • ⑤「人は3分間も絶対に集中できない」ので相手の動きをすべて読んで、目の動きとか、呼吸の乱れ、体の動きからその集中力が途切れた一瞬(0、01、2秒)のスキをとらえて必殺パンチを繰り出すテクニックがスゴイ。

  • ⑥オーソドックスから臨機応変にサウスポーにスイッチできる万能ボクサーであると同時にKO率(90%)のメガトンパンチの威力と鉄壁のディフェンスの両方を備えた選手は例がない。

    井上選手はどこまで伸びるか、今後がますます楽しみだ。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(176)『「テルル131m」「セシウム汚染スギ林の花粉」の影響』『海外機関の発表・セシウム137海洋流出30倍・・

速報(176)『日本のメルトダウン』 『「テルル131m」「セシウム汚染スギ林の …

no image
 日本リーダーパワー史(179)<国難突破力ナンバー1の出光佐三の最強のリーダーシップ>『逆境にいて楽観せよ』①

 日本リーダーパワー史(179)   『国難突破力ナンバー1の男 <出 …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1054)>『ロシアゲート事件の議会調査で解任されたコミーFBI前長官が証言』★『落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」』●『  目の前に迫ったトランプ退任、ペンス大統領就任 予算教書で明らかになった”まさか”の無知無能ぶり』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1054)> …

no image
速報(10)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める16日目=福島原発東芝元設計者の外国特派員協会の証言と大前研一

速報(10)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!16日目 福島原発東 …

55555555555
★5『東京・目黒区ぶらり散歩②』-『林試の森公園にいき、ちょっと休憩 池もあり!結構広い!公園すっごく空気きれい♪ という事で、目黒は緑と公園がいっぱいだよ』

 ★5『東京・目黒区ぶらり散歩②』- 『林試の森公園にいき、ちょっと休憩 池もあ …

no image
百歳学入門(32)『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』ー『創造人間は長寿になる』

百歳学入門(32) 『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』 &nb …

222
日本リーダーパワー史(547)<日本スーパーマン>明治の奇跡「坂の上の雲」忘れられた主人公・川上操六伝(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)①

日本リーダーパワー史(547) ◎<日本のスーパーマン> 『明治維新から1 …

no image
知的巨人たちの百歳学(169)記事再録/小説家・小島政二郎(100歳)の人生訓ー 『いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と借金』

   2012/11/23  百歳学入門 …

no image
日本リーダーパワー史(214)『英タイムズ』が報道した「坂の上の雲」の真実①『ネルソン提督を超えた東郷の偉大な勝利』

日本リーダーパワー史(214) <『英タイムズ』が報道した「坂の上の雲」①> & …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(31)★現代史復習『日清戦争は日本が完勝したが、実質は清国軍が戦闘能力なしの「鵜合の集団」『張り子のトラ」だったこと。現在の『中國人民軍』は果たして近代化し、最強装備になっているか、北朝鮮の軍事力は核弾頭搭載ミサイルの脅威のレベルは如何!

   日中北朝鮮150年戦争史(31)★現代史復習、 日清戦争の陸海戦 …