前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(208)ー『2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」「ジャパンウエー」』★『その勝利の秘密はエディー・ジョーンズ前HCのコ―チ学にあり、これはリーダーシップの免許皆伝の書といえる』(上)

   

  2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」とその秘密

     前坂 俊之(ジャーナリスト)                        

 

日本初開催となったラグビーワールドカップ(9/20日から11/2)は、日本は念願のベスト8を達成、南アフリカの優勝で幕を閉じた。私もテレビにかじりついてその圧倒的な迫力の団体肉体格闘技に手に汗握った。まるで夢のような44日間だった。

記録づくめの大会となり、期間中の観客動員数は延べ128万人を超え、2015年イングランド大会は248万人にはかなわなかったが、1試合の平均観客数は、34,596人。TV視聴率はスコットランド戦の平均視聴率は「39.2%」、瞬間最高は「53.7%」。準々決勝の南ア戦は平均が「41.6%前坂」、瞬間最高「49.1%」を記録した。日本戦をリアルタイムで見た国内の視聴者数は約8,731万人。

大会公式SNSが閲覧された回数は17億回を超え、これは2015年大会の4倍以上にのぼった。大会の期間は1ゕ月以上なので、外国人フアンの滞在期間も長く、消費金額も大きいため経済波及効果は4370億円に上った。 2015年大会の3,220億円を大きく上回り、日本でラクビ―ビジネスが開花する大会となった。

世界ラグビーの統括団体である国際ラグビーボード(IRB)は今後、大きな成長が見込まれるアジアスポーツ市場に進出するための東京開催は成功だったといえよう。FIFA(国際サッカー連盟)は巨大なサッカービジネスを展開しているが、ラクビ―はアマチュア精神を依然とし根強く残っており、今大会の優勝した南アフリカへの賞金額はゼロに対して、W杯カップサッカーの優勝賞金額はなんと41億円というのだから驚く。

このため、日本ラグビー協会は「2021年秋から、新しいプロリーグを創設し、南半球のスーパーラグビーとも連携して、フランス、イングランドのリーグと世界を二分するようなリーグを作りたい」とぶち上げて「新プロリーグ設立準備委員会」を設置し準備を急ピッチで進めている。確かに、あれだけ激しいぶつかりあいは他のボールゲームでは絶対見られないので、日本のフアンが激増することには間違いない。

 さらに20年夏の東京五輪、21年には関西でワールドマスターズゲームズの大きな世界大会が続いており、この3大会の事務総長が戦略的な連携協定を結び各大会の運営、知見、経済効果、結果を戦略的に活用する、という。新たなスポーツビジネスの創出、それと一体となった地域振興、観光ビジネスの発展に大いに期待できそうだ。

 

さて今回のラクビ―を観戦して久しぶりに私の若き血が騒いだ。古希をとっくに過ぎた老生は昭和20年代の少年期は「ガキ大将」「ワンパク坊主」として野山をかけめぐり、サラリーマン時代は今や全面的に否定されたマッチョな「モーレツ社員」「働き中毒」で過ごし、いつの間にか林住期、遊行期に入った。そして、口には出さねど、昨今のナヨナヨしたやさ男ばかリがモテはやさる風潮を苦々しい思いで見てきた。

それだけに今回のマッチョな巨漢のキン肉マンぞろいが縦横無尽に大暴れする世界団体格闘技のド迫力と面白さ、サッカー以上のダンプカー的なスピード突進、激突にハラハラドキドキで体中から汗が噴き出すような興奮を味わった。

例れば、肥満体の大相撲の関取りを100キロ以上のキン肉モリモリマンに減量して、押し相撲と短距離スタートダッシュの脚力を鍛えた選手たちの肉弾戦といってよく、これに国際法(ルール)作りに長けた英国人が試合を面白くする難しい反則ルール(公平ルール)をいくつも設けて、スリル満点の体力、知的、コミュニケーション3点セットのエンターテイメンに仕立て上げたという感じであるる。

ラクビ―は80分間は見ていても息つくヒマもない。野球やサッカー(時間90分)の場合は、試合中に多くの間があるが、ラクビ―(40分)はボールをもって積極果敢に前に体当たりして進むしかない力ゲームなので見る側も興奮して熱くなり力が入って、一瞬たりとも目が離せない、まさに臨場感あふれる没入体感ゲームで、これからの4Kテレビ、5G,時代Yutube動画向きのリッチ、スタミナコンテンツであろう。

また、奇跡(?)をおこしたといわれた日本チームのメンバーは31人のうち、15人が外国出身の「多国,多民族混成、グローバルチーム」で個々の実力ぞろいの選手が一致結束して「ワンチーム」となって、逆転劇を演じたもので日本スポーツ史上に例がない快進撃であった。

大活躍した松島幸太朗選手の場合、国籍は日本だが南アフリカで6歳まで育ち、高校卒業後は同国やオーストラリアでプロに所属して活躍してきた。父親はアフリカジンバブエ人、母親は日本人。他の選手の出身国をみるとリーチマイケル主将(ニュージーランド)、マフィー(トンガ)、ラブスカフニ(南アフリカ)、具智元(韓国)、トンプソンルーク(ニュージーランド)オーストラリア出身者ら足し多士済々。

今、日本では声高に国際化が叫ばれ、グローバルに活躍する人材、日本企業をグローバル企業に変えていける外国人人材の登用について論議されているが、このスローガン「ワンチーム」づくりはジョセフヘッドコーチの指揮でチームの守り神として甲冑のカツモト(映画『ラストサムライ』で渡辺謙が演じた勝元盛次のカブト)をチーム内に据えた。

リーチ主将は出陣前に「自分たちの鍛え上げた刀を信じて戦おう」「「自分たちはハードな練習によって、何度も何度も火入れし、叩いて強くした刀は、世界でも負けない強度を誇る」と選手にハッパをかけた。

つづく)

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<待望久しい日本最大の珍奇書一挙3冊復刻出版>ー福富織部著「屁」(おなら)「褌」(ふんどし)、「臍」(へそ)の珍三部作

地震・津波・原発放射能の『四重苦』の大襲来で世の中・不安・恐怖・意気消沈中だが、 …

no image
産業経理協会月例講演会>2018年「日本の死」を避ける道は あるのか-日本興亡150年史を振り返る➃

 <産業経理協会月例講演会> 2013年6月12日  201 …

222
百歳学入門(239)<ネット・SNS・youtubeで健康長寿、ライフワークを完成する法>★『湘南海山ぶらぶら自由勝手にビデオ散歩して、youtubeにアップ、楽しく長生き創造生活する』

百歳学入門(239)   2012/02/16  …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
月刊誌『公評』7月号掲載 『異文化コミュニケーションの難しさ―『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目➂

    月刊誌『公評』7月号―特集『実感』❸ 『異文化コミュ …

no image
速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、10日目ーガンバレ・日本!④

速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、10日目ーガンバレ・日本! …

no image
日本メルトダウン(936)『アベノミクス:過剰宣伝と過少評価 (英エコノミスト誌)』●『卒業式スピーチが示す米大学の強さと進取の気性 2016年夏、各界の著名人が卒業生に贈った言葉』●『長期政権にあぐらかく安倍首相、中国の思う壺に 宥和的対応を見抜いて東シナ海で軍事行動活発化』●『震源地は中国とサウジ?秋に災厄が世界経済を見舞う』

  日本メルトダウン(936)   アベノミクス:過剰宣伝と過少評価 …

no image
日本メルトダウン(928)『東京にはもっと集中と成長が必要だ 「保守・革新」というアジェンダ設定は終わった(池田信夫)』●『 “IoTの勝者 ARM”買収でソフトバンクが狙うもの (1/2) 』●『中国が「島ではなく岩」と抗議の沖ノ鳥島に、日本が100億円を注ぐ理由』●『「中国依存度が高い国」ランキング、5位に日本』●『温暖化で仁義なき海に…北極海と日本の戦略』●『高齢者の「貧困率が高い国」1位韓国、日本4位』

 日本メルトダウン(928)   東京にはもっと集中と成長が必要だ 「 …

no image
日本リーダーパワー史(805)/記事追加再録版 「国難日本史の歴史復習問題」-「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑥」 ◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部』★「早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループが『湖月会』を結成」●『田村参謀次長は「湖月会の寄合など、茶飲み話の書生論に過ぎぬ」と一喝』

日本リーダーパワー史(805) 記事追加再録版  「国難日本史の歴史復習問題」ー …

no image
日本メルトダウン(1005)ー『  プーチン訪日を批判報道する中国――対中包囲網警戒も(遠藤誉)』●『中国、日露首脳会談「成果なし」に安心?』★『中国の大気汚染、北部23都市で最高レベルの「赤色警報」発令へ』◎『中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ 香港当局が発がん性物質を検出、浄化作戦のモデルの湖が・』●『中国人頼みのカジノは必ず失敗する(李小牧)』●『爆買い客が中国に持ち帰った最も貴重なお土産とは? 日本流ビジネスを自分たちのモノにしていく中国人』●『韓国、中国人観光客の大暴れ多発が社会問題化…飲食店に酒持ち込み無銭飲食、殺傷&暴行多発』

日本メルトダウン(1005)   プーチン訪日を批判報道する中国――対 …