前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<新刊>山川MOOK<第2弾> 『坂の上の雲』と日露戦争で「IT技術革新で勝った日本海海戦」を執筆

   

<新刊>
山川MOOK<第2弾>
『坂の上の雲』と日露戦争
                 
                                    発行:山川出版社・11月刊
 
 司馬遼太郎の『坂の上の雲』は、明治の日本、明治の若者たちが、日清・日露戦争という激動の時代をいかに生きたかを、秋山好古・真之兄弟と正岡子規の生き方を通して描いたものである。本書は司馬遼太郎が描いた「坂の上の雲」の時代を、写真と文で再現した。
 
この中で前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)は
 
『第7章 樺太占領とポーツマス講和会議』『〔論証〕技術革新―lTと情報に救われた日本』
を執筆、担当した。
 
 
  ―『内容』―

 

 
第1章 上京した伊予の若者たち、秋山好古は学校教師から陸軍士官学校へ。高橋是清に英語を学んだ子規と真之は大学予備門へ。
漱石との出会い。
   小説家をめざす正岡子規。海軍兵学校に入学した秋山真之。エリートコースを捨ててフランス留学の秋山好古。
                         
2章 新興日本の挑戦・日清戦争―なぜ日清戦争は起きたのが?、念願かなった従軍記者・正岡子規、「弱小ニッポン」を思い知らされた3国干渉、義和団事件と秋山好古大佐
 
3章  国運を賭けた日露戦争-制海権を確保せよ!連合艦隊の旅順口攻撃、失敗した旅順口閉塞作戦、軍神広瀬中佐が生まれた背景、黒木第1軍と鴨縁江渡河作戦
 
4章   旅順要塞総攻撃-乃木第3軍の編制と旅順攻囲戦開始、旅順要塞総攻撃開始される、旅順総攻撃を「坂の上の雲」はいがに描いているか、28センチ瑠弾砲の前線到着、旅順艦隊撃滅のチャンスを逃した黄海海戦、恨みのウラジオ艦隊を撃破した第2艦隊の蔚山沖海戦、ロシア軍降伏!開城された旅順要塞
 
5章  史上最大の会戦遼陽・奉天会戦の激闘―日露の主力が初対決した遼陽会戦、開戦以来の日露の陸戦を概括する、クロバトキンの退却は戦術だったのか、奉天会戦の前哨戦沙河と黒溝台の戦い、日露両軍の総力戦奉天の戦い
 満州軍総司令部と対立する乃木大将、作戦ミスを繰り返す敵将・クロバトキン大将、 ロシア軍を撹乱した秋山支隊
 
6章 日本海海戦―バルチック艦隊の大東航、バルチック艦隊参謀の手記、「わが艦隊、かく敗れたり」
 
7章 樺太占領とポーツマス講和会議―樺太攻略戦、決裂寸前だったポーツマス講和会議
 
8章「坂の上の雲」を歩くーロシア軍捕虜で賑わった松山、捕虜収容所になった市内の寺院。ロシア人墓地など。
 
 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン(953)★『政官財の不正腐敗天国・庶民地獄の日本』を『何も追及しない検察・警察、マスコミのお粗末』4重苦、こうして日本はつぶれていく。●『二重国籍問題の蓮舫氏』★『三菱自動車排ガス不正事件』★『東京都庁、東京都議会の不正腐敗天国』●『「独身の交際相手なし」過去最高、男性7割 女性も6割』

   日本メルトダウン(953)   『政官財の不正腐敗天国 …

no image
 日本メルトダウン(1000)ー『1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実/日本の生産性は、先進国でいちばん低い』●『日本人は「人口急減の恐怖」を知らなすぎる 今後はフリーフォールのように急減していく』●『原発廃炉費用の転嫁で電気料金はどれだけ増えるのか 賠償費用も転嫁されると家庭の負担はさらに増加』●『  カジノを合法化してパチンコに課税せよ『 日本は世界最大の「脱法ギャンブル大国」(池田信夫)』★『「日本を殺せ」が米国で大ヒット、東京だった次の原爆 オライリーが描く「逆説の日米戦争」』

   日本メルトダウン(1000) 「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実 …

no image
日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週間前の『英タイムズ』の報道ー『昨日、天皇の枢密院は,開戦の際にしか公布されない勅令の草案をいくつか採択した』●『疑問の余地のない平和愛好者である ロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのか』

 日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える③」再録増補版『太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証③』★『記者は国家登録制に、国体観念を養うために練成実施』★『戦う新聞人、新聞は弾丸であり、新聞社は兵器工場へ』★『朝日社報の村山社長の訓示『新聞を武器に米英撃滅まで戦い抜け』(1943/1/10 )』

「新聞の戦争責任を考える③」再録増補版『太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検 …

no image
速報(90)『日本のメルトダウン』●(小出裕章情報3本)『7月7日 「ヤラセメールは慣習で、ありふれた出来事だった』ほか

速報(90)『日本のメルトダウン』   ●(小出裕章情報3本)『7月7 …

no image
日本メルトダウン脱出法(789)「統合され、調和の取れたASEANという虚構、驚くほど多様な国から成るブロック、経済共同体への期待と不安(FT紙)」●「中国の検閲:表現の不自由という新常態 この記事はパニックと混乱を広げる罪を犯している (英エコノミスト誌 )」●「日本一元気な都道府県は「沖縄県」 – 市町村1位は「神奈川県藤沢市」

  日本メルトダウン脱出法(789) 統合され、調和の取れたASEANという虚構 …

no image
日本興亡学入門⑥ 「インテリジェンスゼロは≪ガラパゴス日本≫の伝統病」

日本興亡学入門⑥                             200 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(155)』『とうとうホンハイの傘下入り。世界市場の有為転変に眼を瞑り、過去の成功体験に浸り続けると地獄が待っているという典型です』●『英紙が報じた「アベノミクスの末期症状」ステルス増税が日本にとどめを刺す』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(155)』  焦点:シャ …

no image
知的巨人の百歳学(139)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習え!』★『渋沢栄一(91歳)こそ真の民主主義者、平和主義者』★『「社会事業は私の使命である」が最後までモットー。日米関係を打開するため米国へ老体を鞭打ってわたり、「次回ここに来るときは棺を一緒に乗せてくるかもしれない、それでも私は必要とあらば参ります」と断固たる決意を述べた。』

 2017年8月9日記事再録/『晩年長寿の達人/渋沢栄一(91歳)④』 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(140)-「アメリカ長寿オールスターズ(100歳人) の長寿健康10ヵ条―<朝食は王さまのように、昼食は王子さまのように、そして夕食はこじきのように>

  2013年10月3日/百歳学入門(82) ▼「アメリカ長 …