前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(467)国際大会(外交)での「リーダーシップ」 ―安倍外交と本田選手の活躍を比較する②

   

  日本リーダーパワー史(467



世界劇場型の政治家・スポーツマンのパフォーマンス

国際大会(外交)での日本人の「リーダーシップ」

安倍外交と本田選手の活躍を比較する②

20日午前5時前、第2戦ベローナ戦(ホーム)先発へ

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

  本田は先発戦(16日)でキッカーを強引にもぎ取り、何度も絶妙なパスをだし、初得点をあげる活躍を示し、すぐ結果を残して、ACミランの背番号⒑にふさわしい選手であることを自ら証明した。

  フアンは今後、ホンダの出場を毎週、テレビでみることにより、本田の「有言実行」のリーダーシップとそのプレーのチエックできることは、なんともうれしい。

  急激なグローバル化の時代を迎え、政治家も企業人も観光立国で日本を訪れる外国人の迎える国民、大学生まで、外国で活躍する方法、外国人とうまく付き合う方法、国際舞台で勝つノウハウを学ぶためにも本田の活躍はよいケーススタディーになる。

  特に、ドメスティックな行動パターンから抜け出せない政治家・企業経営者にとって,本田の試合を見て、今後10番の職責をどのように果たして、チームを引っ張っていくのか

  また、ACミラン関係者、監督、チームメイト、イタリアメディア、イタリア人の本田への見方を知ることは、結果を残せないと即、首になる厳しい世界をみることであり、自らが海外進出したときにどのようにみられ、評価されるのかを知る手がかりになる。

 

これが自己客観視すること、複眼的にみることにもつながり、異文化認識ギャップ、異文化コミュニケーション、グローバルコミュニケーションギャップを克服して成功する道を知ることができる。

 

F国際ビジネスマンのコメント>

 

サッカーというスポーツを通して
  日本人の欧州熱が高まり、長い間米国一辺倒の
  関心の流れが、漸く変わりつつあるのではと感
  じます。

  MLB、日本選手の多数、大活躍で日米双方の大
  衆の、相手国への関心が大いに高まり、

  本田、香川等を通しての日欧双方の大衆レベルの
  関心の高まり、昔の中田、中村の単騎出陣ではな
  く、大挙しての参加は、日欧の距離を一気に縮め
  ています。ザッケローニが又、ACミランの広報
  誌に本田のべた褒め記事を出しているそうです。

 

◎「本田、20日リーグ戦初先発!セードルフ新監督の初陣でゴールだ」
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140118/
ser14011805040002-n1.html

 

◎「新生ミラン“本田システム”採用!セードルフ監督が布陣変更明言

http://www.sanspo.com/soccer/news/20140119/ser14011905030002-n1.html

 

 

○「今のミランにはもったいない」「ベンチにいればよかったのに」。
デビュー戦の本田に現地記者・相手監督が絶賛

http://www.footballchannel.jp/2014/01/13/post20946/

 

 

◎「いいボールを出す」「クオリティー高い」。カカとエマヌエルソンが語った
本田への期待

http://www.footballchannel.jp/2014/01/07/post20084/

 

●「同僚デ・ヨングも本田の左足に驚き「最高の選手」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20140118/s
er14011811040004-n1.html

 

 

 

  日本リーダーパワー史(462世界劇場型の政治家・スポーツマンの
パフォーマンス
国際大会(外交)での日本人の「リーダーシップ」
安倍外交と本田選手の活躍を比較する。

http://maesaka-toshiyuki.com/person/detail/2384

 

 

◎<ミラン暫定監督「本田は美しいゴールを決めた」

http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%
A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/01/16/
4546805/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%9A%
AB%E5%AE%9A%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E6%9C%AC%E7%9
4%B0%E3%81%AF%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%
82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E6%B1%BA%E
3%82%81%E3%81%9F

 

 

ACミラン、本田効果はメッシ級!バルバラ副会長わ
ざわざ会談

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world
/news/20140111-OHT1T00014.htm

 

◎日本リーダーパワー史(466)「安倍首相はソチ五輪開会式出席とい
う国際孤立外交(人権無視外交)をやってはならない」

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2390

 

 - 人物研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉑『第一回日露交渉(小村、ローゼン交渉)は両国の満州への「パーセプション(認識)ギャップ」が大きく物別れに終わる、日露開戦4ゕ月前)  

   日本リーダーパワー史(806)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(54)』建築家・坂茂氏の講演に感激「名利名声、蓄財を超越した使命に 奉仕する」こと

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(54 …

no image
福沢諭吉の「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたのか⑦ー「井上角五郎伝」による甲申事変の真相、脱亜論への転換これで起きた

  「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国 …

no image
 日本リーダーパワー史(168)名将・川上操六(26)ー『ドイツ・ビスマルクのスパイ長官』・シュティーベルから学んだのか。

 日本リーダーパワー史(168)   空前絶後の名将・川上操六(26) …

no image
日本リーダーパワー史(46)水野広徳による『秋山真之』への追悼文(下)

噫(ああ)、秋山海軍中将(下)    水野広徳著『中公公論』大正7年3月号掲載 …

no image
★10最重要記事再録/日本リーダーパワー史(812)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉗『日本最大の国難・日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→ 参謀次長)に降下して、 全軍指揮したスーパートップ リーダー児玉源太郎がいなければ、日露戦争勝利は なかった ーいまの政治家にその胆識はあるのか?』★『トランプ米大統領の出現で、世界は『混乱の時代』『戦国時代に逆戻りか」 に入ったが、日本の国民にその見識 と胆力があるのかー問われている」

                                         …

no image
日本リーダーパワー史(160)『3・11<第3の敗戦>からの復活は可能か?ー明治維新の志士は20歳の若者』

日本リーダーパワー史(160) 『3・11<第3の敗戦>からの復活は可能か?ー …

144699118376826386177_12187916_897592163649865_7767816102445601598_n_20151108225944
世界/日本リーダーパワー史(959)ー『明治大発展の基礎を作った史上最高の戦略家、影の黒幕は『法螺(ほら)丸』、『モグラ』を自称し、宰相・元老、将軍たちを人形遣いのように自由自在に操り「日露戦争」を勝利に導いた。この稀代の戦略家は一体誰でしょうか?。答えは・・・忘れられた杉山茂丸だよ、彼はスーパーマンだよ!』★『孫の杉山満丸氏の語る「杉山家三代の系譜』(講演動画30分付)

    記事再録・2009/09/27 &nbsp …

no image
『全米を熱狂させたファースト・サムライのトミー(立石斧次郎)』――

1 <日本経済新聞文化面2004年8月2日朝刊掲載> 前坂 俊之<静岡県立大学国 …

images
お笑い日本文学史『文芸春秋編」②「ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ」

お笑い日本文学史『文芸春秋編」② ●「ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ」 …