前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」➂ 1902(明治35)年2月14日『英タイムズ』-『日英同盟の意義』●『日英同盟がイギリス植民地、米国で受け入れられたことは,極東,太平洋と南洋全域,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を解消していく。』★『中国に味方する者の多くは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが、日英同盟にそうした警戒感は消えていくだろう』

      2016/12/01

               ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-

「日英同盟はなぜ結ばれたのか」➂

 1902(明治35)214日『英タイムズ』日英同盟の意義』

➀日英同盟がイギリス植民地と合衆国で受け入れられたことは,極東において,太平洋と南洋全域において,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を徐々に解消していくだろう。

②中国に味方する者の多くは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが、日英同盟にそうした警戒感は消えていくだろう。

中国におけるイギリスの通商の利益はすべての他国をはるかに超える。日本はどの西洋国家よりも,中国人の性格と生活状態をよく理解している。

 

極東における英日両国の共通の利益の安全を保障するための両政府の協約が遅滞なく議会に提出され,両院において,その効力と国論の一致に疑問を残さないよう審議されたのはまことに結構なことだ。

外務次官が咋日、甲上院に入ると大きな拍手と歓声で迎えられたが,これはいっもば落ち着いた上院ではきわめて異例の感情表現だった。

議案が.半世紀近くにわたり形成されてきた.わが国にとっては最も重要な同盟の締結とあっては.この種の感情的行動も,まさに無理はなかった。ローズべリ卿の演説は.その政治経歴と,外務省で支配的な影響力をふるっていた際に実行しようとした原則にぴたり一致するものだった。卿は条約に「虚心に」好感を持ったと第一印象を述べて,政府が日本とこの了解に達したことに祝意を表した。

 

これがもっと早くできなかったことが,まさに卿の唯一遺憾とするところのようだった。下院では野党の正面席からやかましい批判がなされたが,ローズベリ卿の賛成の方がはるかに大きな価値がある。

 

野党の批判も二義的な細かい点に限られていた。下院の野党党首は「今後の政策の主要点については,相当の意見一致があると思う」と述べた。

 

サー.ヘンリー・キャンベルツヾナーマンやサー・ウイリアム・ハーコートの熱烈な支持者がどこにいるかは別として,彼らとて,両氏が国際政治の権威として優秀だと強弁はしないだろうし,ランズダウン卿が尽力しローズベリ卿が歓迎したこの条約の細目に両氏が同意しないからといって,大勢に深刻な影響はあるまい。

サー・エドワード・グレーが討論に参加できなかったのは残念だった。

サー・キャンベル=バナーマンの批判は,あちこちに注文をつけ,われわれは条約の責任を一切負わずに,その利点だけ独り占めにしてよかろうという示唆を行う以上のものではなかった。こうしたことは,

 

ローズベリ卿の支持や,それに加え,ジョゼフ.ウォルトン氏のような極東通の自由党議員の温かい賛成に比べれば,比較する価値もない

サー・ウイリアム・バーコートは,一方で.われわれは日本と深く結び過ぎるのではないか,他方で.われわれはもし日本が1国のみに脅かされた場合は,助ける義務を負うべきではないかなどと質したが,これについては,英日両国は,こうして,予想し得るすべての困難を拡大視するなら.どんな国際的約束もできないと言い出すだろう。

 

 英日協約は,両国およびわが植民地で熱烈に歓迎され,イギリスの政策を警戒視する.諸国においてすら,公平な容認を受けてており.これが両締約国にとってどの程度の不利になるかという問題は,論議の必要がない。

 

議会動議とともにこの間題を持ち出したノーマン氏は,日本は極東以外においてはイギリスと共通の利害を持たないのに反し,イギリスはその利益のため,世界中で他の諸大国とかかわりがあると論じた。この懸念は野党側の演説にも表れていた。

 

だが事実として,対日了解の主たる利点の1つは,日本が極東以外での利益対立のために,イギリスの政策への誠意ないし忠実を弱める恐れがないということだ。われわれが極東において日本と同盟しながら,日本のその他の場所の利益を考えずに済むのは.そういうものが存在しないからだ。

 

もし,わが隣国ドイツがほのめかすように-彼らはその点でわれわれをあざけることなどできないはずだ-われわれが「ヨーロッパ大陸の剣」を確保することを望んだとしたら,日本相手のようにはいくまい。

 

「大陸の剣」は,われわれが日本を信用するように他国を信用できたなら,手に入れていたかもしれない。

問題の反対側,つまり協約のもとで.日本がもし1国のみの攻撃の危険にさらされた場合,安全保障があるのか,という点については,サー.ウイリアム・バーコートは理解して

いないようだが,条約の義務とは全く別に,どんな国も友好国が困ったときには,これ

を助ける権利があるという以上に付け加える必要はない。

 

もとより,そうした援助への請求権には,法的な根拠はなかろうが,この協約で英日両国が主張している利害の一致によってそれが大いに強化されるに違いない。

 

それは時のたつほどに,また両国が互いの利益のために力をふるうほどに,発展することは確実だ。この同盟は,極東における通商の自由と門戸開放政策のために,また中国が,その最も有能で開明的な人々によって近代的進歩の本流に身を投じるのを妨げている勢力から同国を救うために.役立つはずだ。

 

 英日協約が,両国だけでなく,イギリス植民地と合衆国においても受け入れられたことは,極東において,またオーストラリアの首相がいみじくも認めるように,太平洋と南洋全域において,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を徐々に解消していくだろう。

 

中国に味方する者の多くは,これまでは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが日本がその政策を,イギリス政府の保守的な目的に連結した以上,そうした警戒感は消えていくだろう。

 

中国におけるイギリスの通商の利益はすべての他国をはるかに超える。日本はどの西洋国家よりも,中国人の性格と生活状態をよく理解している。

かくて,異なった面から中国問題に密接にかかわっているこの両国は.今や目的と行動において団結し,しかも極東海域で物理的な力の圧倒的優位を握るのだ。

イギリス外交の表面的なためらいに元気をなくしてきた中国の改革派は,これからは安心するだろうし,彼らも日本不信をすでに捨てたから,近く実質的な進歩が見えるものと期待してよかろう。

 

また同時に,オーストラリア連邦のパートン首相が,この新しい同盟こそ,戦争になっても,どこの外国政府からも海軍の攻撃を受けることはないという,当座だけでなく,事実上絶対的な保障に大いになるだろうとして,これに絶大な歓迎を寄せていることにも.留意してしかるべきだ。

 

オーストラリア国民は,母国の政府の外交のこの成果に注意して,大英帝国の海軍の建設に応分の寄与をするとともに,国内立法においては.イギリスが同盟者として歓迎するところの,活力と進歩に富んだ国民の,正当な感受性にしかるべき配慮をするがよかろう。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

1234
「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国の敗戦地獄」の少年体験を語る(3/3)

「終戦70 年」歴史ジャーナリズム)ージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(900)ー何も決められない「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力 /最速王―「日本人の歩みは遅い」と批判した ハリルホジッチ前監督は解任」★『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』(キッシンジャー)』

「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力、 スピード最王―「日本人の歩み …

no image
終戦70年・日本敗戦史(100)【再録】太平洋戦争下の新聞メディア-60年目の検証 ①「マス・コミュニケーション研究No66」(2005 年2月)

終戦70年・日本敗戦史(100)  太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証① …

no image
日本メルトダウン( 978)『トランプ米大統領の波紋!?』●『トランプ新大統領、中国には脅威と好機 ー経済的・地政学的には両面の影響がありそうだ(WSJ)』★『フランス極右政党の党首がトランプ勝利を大喜び 来春の大統領選への影響は?』●『不法移民、犯罪者をまず送還=壁はフェンスも利用-トランプ氏』★『首席補佐官にプリーバス氏=共和主流派との連携狙いか-米次期大統領』●『ついに馬脚現した習近平、歴史歪曲が白日の下に–南京虐殺の捏造がついに暴かれ始めた』

  日本メルトダウン( 978) —トランプ米大統領の波紋!? 【W …

no image
待望の明治史巨弾・1月発売『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』(初現代訳『落下流水』全文

  『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・ 明石元二郎大佐』(新 …

no image
速報(402)『日本のメルトダウン』『3・11から丸2年』低線量長期内部被曝はどう影響するのか、日本記者クラブ会見動画ー

速報(402)『日本のメルトダウン』   ● <まとめ>『3・11から …

no image
日本リーダーパワー史(365)<まとめ吉田茂について>戦後日本政治の基礎・自民党をつくった大宰相の功罪

 日本リーダーパワー史(365)   <まとめ・吉田茂につい …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変④』★『連合国を救援するために日本が最大の部隊を派遣、参謀本部の福島安正情報部長が「各国指揮官会議」を仕切って勝利した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変④』-   連合軍の足並みの乱 …

no image
大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解くために②死刑冤罪事件の共通手口ー検察の証拠隠めつと証拠不開示

大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解くために 再録『死刑冤罪事件の共通手口―検 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(140 )再録/日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②・・ダンスは野蛮・国会は魚市場のセリと同じ日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②・・ダンスは野蛮・国会は魚市場のセリと同じ

    2010/06/10 &nbsp …