前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④』 ◎『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』●『坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。 小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)』★『江戸城無血開城を実現した西郷 隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)』

      2016/11/05

 

 ★『2018年は明治150年。明治偉人の研究』-

『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④

 

(記事再録)日本リーダーパワー史(343 

『最強のリーダーシップー西郷隆盛の国難突破力』

  • 金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ

  • 廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、大度量によってのみ』

  • 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)

  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2079.html

西郷精神「敬天愛人」を探訪ー「終焉の地」、「南洲墓地」にお参りする ②

https://www.youtube.com/watch?v=X1KjO4CYjFs

 

日本リーダーパワー史(557)

日本近代史上最大の英雄・西郷隆盛―死後も「西郷伝説」でよみがえる。

坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。

小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/5865.html

 

「敬天愛人」民主的革命家としての「西郷隆盛」論⑤

<中野正剛(「戦時宰相論」の講演録>

 

西南戦争)戦死者の墓は九千に達するとか称せられています。

一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して

蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに

天下の壮観であります。

私はシナの革命も見て来ました。ロシアの革命の跡をも尋ねました。

しかし覚悟の前で若者がこれほど花々しく死んだ例は、不幸にして未だ

見たことがありません。

しかし岩崎谷の最後まで南洲翁にお供した門人子弟達が事敗れ、

死に面しても、一人のこれを恨む者なく、身の負傷をも疲労をも

打忘れて、先生のこのお姿がお痛ましいとて、互いに涙を催

したと伝えられております。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1178.html

日本リーダーパワー史(463

「敬天愛人」民主的革命家としての「西郷隆盛」論④

<中野正剛(「戦時宰相論」の講演録>

―明治維新で戦争なき革命・江戸城無血開城を実現した西郷

隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)―

ー血で血を洗うシリア内戦や大量殺戮の各国内乱史

と比較すると、明治維新は世界史の奇跡である。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1179.html

 

日本リーダーパワー史(461

「敬天愛人」民主的革命家としての「西郷隆盛」論③

<中野正剛(「戦時宰相論」の講演録より>

―日本での王陽明学の始祖は中江藤樹であり、

熊沢蕃山―大塩平八郎―佐久間象山―吉田松陰―

高杉晋作―西郷隆盛と引き継がれ、明治維新、

日本の近代民主革命が達成された。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1182.html

 

<国難日本史>『江戸城無血開城』

◎日本世界史の奇跡―「江戸城無血開城」、150万江戸 住民を戦火

からまもった西郷隆盛、勝海舟の豪胆、決断力(和平主義)こそ、

日本のリーダーシップ・交渉力の最高傑作

 

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(204)『辛亥革命100年』『日本は西洋覇道より,東洋王道を目ざせ』ー孫文「大アジア主義」演説全文

日本リーダーパワー史(204) 『辛亥革命100年』・今後の日中関係を考える③ …

no image
★「セールスの革命・インサイドセールスがよくわかる動画』ー「セールスフォース・ドットコム」のプレゼン(16分間)

世界の最先端技術「見える化」チャンネル 「イーコマースフェア2019」(2/7、 …

no image
日本リーダーパワー史(265)『シンドラーを超えて6千人のユダヤ人にビザを発行した外交官・杉原千畝』(白石仁章氏の講演)

日本リーダーパワー史(265)   世界が尊敬した日本人   …

no image
忘れられた巨人・秋山定輔は何者かー新聞経営、孫文を全面支援し政治家に露探汚名を着て政界の黒幕になる波瀾万丈の人生

     (まとめ)—忘れら …

no image
「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」①★『ロシアは再三再四の遅延、引き延ばし、恫喝外交を展開、 日本側は妥協し、忍耐して交渉を続けるが、ロシア軍が鴨緑江岸 に侵攻した時点で、ついに堪忍袋の緒をきって開戦に踏み切った。』●『安倍プーチン会談の外交交渉の参考にせよ』

  ★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦まで …

no image
日本リーダーパワー史(839)(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ②』★『菅官房長官を狼狽させた東京新聞女性記者/望月衣塑子氏の“質問力”(動画20分)』★『ペットドック新聞記者多数の中で痛快ウオッチドック記者出現!

日本リーダーパワー史(95) 5・15事件で敢然とテロを批判した 菊竹六鼓から学 …

日本リーダーパワー史(651) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(44)日清戦争を外国はどう見ていたのか、『本多静六 (ドイツ留学)、ラクーザお玉(イタリア在住)の証言ー留学生たちは、世界に沙たる大日本帝国の、吹けばとぶような軽さを、じかに肌で感じた。

日本リーダーパワー史(651) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(44)   …

no image
「司法殺人と戦った正木ひろし弁護士超闘伝⑨」 「八海事件の真犯人はこうして冤罪を自ら証明した(上)」

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集⑫『勝負師に年齢はない』(大山康晴)『愛嬌は処世上の必要条件』(大倉喜八郎)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集⑫           前坂 俊之 …

no image
速報(238)『原子村の根源・東大村の崩壊=秋入学などでは治らぬ重体度は!?』『2号機温度上昇「すでに100℃超えかも・』

速報(238)『日本のメルトダウン』   ★『原子村の根源・東大村の崩 …