前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④』 ◎『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』●『坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。 小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)』★『江戸城無血開城を実現した西郷 隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)』

      2016/11/05

 

 ★『2018年は明治150年。明治偉人の研究』-

『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④

 

(記事再録)日本リーダーパワー史(343 

『最強のリーダーシップー西郷隆盛の国難突破力』

  • 金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ

  • 廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、大度量によってのみ』

  • 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)

  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2079.html

西郷精神「敬天愛人」を探訪ー「終焉の地」、「南洲墓地」にお参りする ②

https://www.youtube.com/watch?v=X1KjO4CYjFs

 

日本リーダーパワー史(557)

日本近代史上最大の英雄・西郷隆盛―死後も「西郷伝説」でよみがえる。

坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。

小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/5865.html

 

「敬天愛人」民主的革命家としての「西郷隆盛」論⑤

<中野正剛(「戦時宰相論」の講演録>

 

西南戦争)戦死者の墓は九千に達するとか称せられています。

一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して

蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに

天下の壮観であります。

私はシナの革命も見て来ました。ロシアの革命の跡をも尋ねました。

しかし覚悟の前で若者がこれほど花々しく死んだ例は、不幸にして未だ

見たことがありません。

しかし岩崎谷の最後まで南洲翁にお供した門人子弟達が事敗れ、

死に面しても、一人のこれを恨む者なく、身の負傷をも疲労をも

打忘れて、先生のこのお姿がお痛ましいとて、互いに涙を催

したと伝えられております。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1178.html

日本リーダーパワー史(463

「敬天愛人」民主的革命家としての「西郷隆盛」論④

<中野正剛(「戦時宰相論」の講演録>

―明治維新で戦争なき革命・江戸城無血開城を実現した西郷

隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)―

ー血で血を洗うシリア内戦や大量殺戮の各国内乱史

と比較すると、明治維新は世界史の奇跡である。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1179.html

 

日本リーダーパワー史(461

「敬天愛人」民主的革命家としての「西郷隆盛」論③

<中野正剛(「戦時宰相論」の講演録より>

―日本での王陽明学の始祖は中江藤樹であり、

熊沢蕃山―大塩平八郎―佐久間象山―吉田松陰―

高杉晋作―西郷隆盛と引き継がれ、明治維新、

日本の近代民主革命が達成された。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1182.html

 

<国難日本史>『江戸城無血開城』

◎日本世界史の奇跡―「江戸城無血開城」、150万江戸 住民を戦火

からまもった西郷隆盛、勝海舟の豪胆、決断力(和平主義)こそ、

日本のリーダーシップ・交渉力の最高傑作

 

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
米占領下の国内政治はどうだったのか(1945-50)ー占領下での各政党の歩みー

                                    2008 …

no image
速報(178)『日本のメルトダウン』ー『「2号機自発的核分裂」と「JCO事故」の比較』◎『キセノン検出は再臨界の可能性 は多分ない』

速報(178)『日本のメルトダウン』 『「2号機自発的核分裂」と「JCOバケツ臨 …

123123
日本リーダーパワー史(553)「日露戦争の戦略情報開祖」福島安正➂「明石謀略」は英国諜報局が指導し、福島、宇都宮太郎がバックアップした。

日本リーダーパワー史(553) 「日露戦争での戦略情報の開祖」福島安正中佐➂ 明 …

no image
高杉晋吾レポート⑮7月末の新潟県集中豪雨被害(中)ダムは現代集中豪雨には役立たず、被害激増の元凶、脱ダムへ!②

  高杉晋吾レポート⑮ 7月末の新潟県集中豪雨被害のルポルタ―ジュ(中 …

no image
   日本メルトダウン( 979)『トランプ米大統領の波紋!?』ー『2017年に「トランプ大暴落」は起きるのかー 「トランプショック」の本番はこれからだ』●『米国自動車市場を襲うトランプリスクの暗雲 日系メーカーは「米国一本足」で大丈夫か』●『対トランプ外交。安倍政権が主導権を握るための交渉術を教えよう 実は、アベノミクスに興味津々!? 』●『日本経済、トランプの政策で「好循環が逆回転」のシナリオ』●『トランプ大統領誕生は、日本がアジアの主役になる絶好のチャンスだ 自分の手と足で、考えるべき時が来た』●『日銀の極秘レポート入手! 株価1万3000円割れも… 衝撃の試算結果 日本経済「12月ショック」に備えよ』

   日本メルトダウン( 979) —トランプ米大統領の波紋!? & …

thMJ1TM7DV
日中北朝鮮150年戦争史(6) 日清戦争の発端ー陸奥宗光『蹇々録』の証言②『頑迷愚昧の一大保守国』(清国)対『軽佻躁進(軽佻浮薄)の1小島夷(1小国の野蛮人)』(日本)と互いに嘲笑し、相互の感情は氷炭相容れず(パーセプションギャップ拡大)が戦争へとエスカレートした。

日中北朝鮮150年戦争史(6)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。 …

no image
日本興亡学入門⑫ー『なぜ日本は敗れたか』<徳富蘇峰の反省・『終戦日記Ⅳ』講談社版2007年より>

『なぜ日本は敗れたか』<徳富蘇峰の『終戦日記Ⅳ』講談社版2007年7月より> & …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑬「朝鮮王子,死の宣告について当地で語る(ニューヨーク・タイムズ」(1907年8月2日付)

   「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をど …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑳ 『日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か⑤』8月13日の首相官邸地下壕

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑳     『日本の最も長い日―日本帝国最後の …