前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

新刊発行★『決定版ムック 日本人「再生」と「復興」の100年』=近未来へのヒントを過去100年から学ぶ。

   

過去を振り返れば未来が見えてくる。
 
これまで日本は多くの天災、人災に遭ってきた。再生は苦難の連続だったが、先人たちはそのたびに復興をなし遂げてきた。今回だってできるはず!
関東大震災など昔日の大災害を振り返り、近未来へのヒントを過去100年から学ぶ。
決定版ムック 日本人「再生」と「復興」の100年
3.11から1年。その「再生」と「復興」のカギは歴史にこそある
(世界文化社 定価2,100円本体2,000円)
 
日本人「再生」と「復興」の100年(目次の一覧)
 

東日本大震災の衝撃
 
●提言「日本復興への道」
被災地からの声 達増拓也(岩手県県知事)……………8
こころの自治 玄宗久(作家・僧侶)……………12
図解東日本大震災
関東大震災以来の被害を出した自然災害の全貌……………14
巨大津波が襲った太平洋沿岸青森・岩手・宮城の被害…………16
巨大津波が襲った太平洋沿岸宮城・福島・茨城・千葉の被害……………18
地震の原因となる活断層と原発……………20
放射能汚染とその対策……………22
 
「天災」驚天動地の100年
震災そして津波
東日本大震災の震源地と大津波
に表われた東北地方。関東大震災近未来の大地震への教訓26
関東大震災その被害と復興の記録
震災直前、その時東京は………………30
地震と火災で壊滅した帝都東京……………32
甚大な被害をもたらした関東大震災……………44
神奈川の壊滅的な被害……………46
【デマ】流言飛語に惑わされた朝鮮人虐殺と大杉栄殺害……………60
【定点観測】4年で復興を遂げた街並み(銀座・日本橋・浅草・永代橋・吾妻橋・日比谷)
【復興】震災から7年で行われた帝都復興祭……………70
【昭和モダン】震災復興で出現し、戦災で消えた昭和初期の帝都東京……………74
 
関東大震災から日本を再生させた人々
後藤新平 「近代日本の都市計画の父」……      野口恒(経済評論家)・・  78
山本権兵衛内閣と帝都復興院、復興局の面々・・・     野口恒(経済評論家)・・82
本多静六  造林・造園から蓄財まで及ぶ多才の人……  野口恒(経済評論家)   86
寺田寅彦世界的物理学者にして防災を研究…        野口恒(経済評論家)  88
今村明恒大森房吉の後を継いで地震学を発展させる…   野口恒(経済評論家) …90
原三渓 横浜市復興会の会長を務める……   前坂俊之(静岡県立大学名誉教授) 92
小倉康臣 トラック提供のヤマト運輸の創業者 前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)  94
渋沢栄一官民双方から復興にかかわった「日本資本主義の父」野口恒(経済評論家)  96
この100年、列島を襲った地震と津波  98
日本の地震の特徴……………100 日本を襲った主な地震……………102
【余震】関東大震災の4カ月半後に発生したマグニチュード7・3の余震………106
【規制】国民の戦意喪失を恐れ被害を隠蔽……………109
日本の津波被害のメカニズムと対策……………110
来る東海・東南海・南海地震に備えて
河田恵昭(関西大学社会安全学部長・教授)……………114
【再検証】東日本大震災を教訓として、
東海・東南海・南海地震を改めて考える……………116
【警告】東海・東南海・南海地震災害の特徴……………118
日本列島を襲った台風・水害の記録
日本の台風被害……………127 日本を襲った主な台風……………128
日本の風水害の特徴……………130 台風の性質と被害……………133
竜巻とその被害……………134
火山列島日本の噴火の歴史136
噴火災害の形態……………137 日本100年の噴火の数々……………139戦争から日本を復興させた人々
気候変動と天災村山貢司(気象予報士)……………142
「人災」にみまわれた日本の100年
日本人はなぜ戦争を避けることができなかったのか
写真で再現する「戦時下の日本列島」   166
【ドキュメント】空襲にみまわれた日本列島……………168
米軍の日本焦土作戦…………168 無差別爆撃の始まり…………172
日本空襲で被災した都市と死亡音数……………174
戦争に対する警鐘者 桐生悠々……………178 新名丈夫……………179
【原爆投下】ヒロシマ、ナガサキ
ヒロシマ・8月6日午前8時15分……………180
ナガサキ・8月9日午前11時2分……………182
 
【耐乏】銃後の国民生活
 
非常時に備えて……………184 戦争を最優先する暮らし……………186 
民間人も戦いの渦中へ……………188
【復興】原爆の街から平和の街へ……………190
 
戦争から日本を復興させた人々
 
ダグラス・マッカーサー 日本の占領政策  前坂俊之(静岡県立大学名誉教授) 192
吉田茂日本の戦後復興の枠組みをつくる   前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)  194
三木忠直 世界最速の新幹線の生みの親…  前坂俊之(静岡県立大学名誉教授) 196
円谷英二 怪獣映画で子どもに夢を与える…   渡辺幸重(フリージャーナリスト) 198
力道山日本プロレスの父           渡辺幸重(フリージャーナリスト) 200
井深大と盛田昭夫日本の技術の高さを世界に示す  渡辺幸重(フリージャーナリスト)
大来佐武郎と下村治池田内閣の所得倍増計画      野口恒(経済評論家)  204
松下幸之助 パナソニックを創業した経営の神様 渡辺幸重(フリージャーナリスト)206
前田久吉 東京タワ―を建設した「大阪の新聞王」 渡辺幸重(フリージャーナリスト)
八田一朗日本のレスリング黄金時代を築いた指導者 渡辺幸重(フリージャーナリスト)
災害の日本100年史

 - IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(224)/★『世界天才老人NO1・エジソン(84)<天才長寿脳>の作り方』ー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功の11ヵ条」(下)『私たちは失敗から多くを学ぶ。特にその失敗が私たちの 全知全能力を傾けた努力の結果であるならば」』

』   2018/11/23  百歳学入 …

no image
・イラク戦争報道の各社の報道ガイドラインについて 2003,7

1 (資料) 前坂俊之(静岡県立大学国際関係学部教授) ●英国・BBCの戦争報道 …

no image
野口恒のインターネット江戸学『江戸から学ぶウェブ社会の活力②江戸は日本人が最も旅行した時代

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学連続講義>   『江戸から …

no image
『 京都古寺巡礼のぶらり旅』/ 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です①』

ホー    2016/09/05  記事 …

no image
ユビキタス社会のサービス多元化がもたらす決済システム

1 <2003年12月> 静岡県立大学大学院国際関係学研究科 堀智久 1. 決済 …

no image
知的巨人の百歳学(150)ー『日本で最も聡明な女性・野上弥生子(99歳)の晩年の生き方』★『もし文学者たらんと欲せば、漫然として年をとるべからず、文学者として年をとるべし(夏目漱石)』★『今日は昨日、明日は今日よりより善く生き、最後の瞬間まで努力する』

日本で最も聡明な女性・野上弥生子(99歳)の晩年の生き方   野上弥生 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(182)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 ★『政治家はすべて私心を捨てよ』(賀屋興宣の評)

    2019/09/25 &nbsp …

no image
速報(312)『日本沈没は不可避か!」ー江戸のIT、Web社会から日本再生のヒントを学ぶ①②』(ビデオ座談会80分)

速報(312)『日本のメルトダウン』   『日本沈没は不可避か」ー江戸 …

no image
再録『世田谷市民大学2015』(7/24)-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>➀

『世田谷市民大学2015』(7/24)- 戦後70年夏の今を考える 『太平洋戦争 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑤』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『北朝鮮の「水爆」実験、対米圧力へ王手となるか?』●『EMP攻撃に対する企業・自治体の対策についての考察 アナログ的思考がカギか』★『 北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075 …