前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(312)『日本沈没は不可避か!」ー江戸のIT、Web社会から日本再生のヒントを学ぶ①②』(ビデオ座談会80分)

   

速報(312)『日本のメルトダウン』
 
『日本沈没は不可避か」ー江戸のIT、Web社会から
日本再生のヒントを学ぶ
』(ビデオ座談会)
―非常時ジャーナリスト3人主催―
             
 前坂俊之(ジャーナリスト)
 
6月14日午後、野口恒(経済評論家)、梶原英之(毎日新聞経済部記者、経済評論家)、前坂俊之(日本記者クラブ会員、静岡県立大名誉教授)の3人で、「最新、世界日本経済はどうなるか」の非常時座談会を開いた。その冒頭部分のEC危機と世界恐慌へ突入か、それと連動したと日本政治の混迷・沈没について討議して、野口氏のインターネット江戸学の本論に入った。
 
 
 野口恒氏は1945年(昭和20年)生、1973年(昭和48年)法政大学院社会科学研究科を中退後、ジャーナリスト、平成12年~平成15年まで「情報化白書」編集専門委員(白書執筆)。著書は「トヨタ生産方式を創った男-大野耐一の闘い」「夢の王国の光と影-東京ディズニ-ランドを創った男たち」「コンテンツビジネス」「バ-チャル・ファクトリ-」「ものづくり日本の復活がここにある-グロ-バル競争に勝ち抜くクリエイティブ・マネジメント革命」(2007年)など経済単行本30冊を超える経済評論家。「今こそ政策立案者に問われているー日本再生への独創的視点としてインターネット江戸学>を学ぼう」をブログに連載している。
 
梶原英之氏は1948年生。慶大経済学部卒。毎日新聞社入社。大阪、東京経済部、経産省、大蔵、日銀キャップ、経済部編集委員、週刊エコノミスト編集委員、出版企画室長、企画事業部長などを歴任、2008年に定年退職。民間経済、金融、政治、歴史にも一家言があり目下は経済評論家で活躍中.総合政策研究会特別研究員。著書に「鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか」(祥伝社新書2009)『日本経済の診断書―さよなら「デフレ不況論」』(PHP研究所 ( 2011)
 
前坂俊之は1943年生。元毎日新聞記者、情報調査部副部長、静岡県立大学国際関係学部教授、現在は同名誉教授。


① 
『江戸から学ぶウェブ社会の活力①』 -町民社会を支える庶民のネットワ-ク-
 
 
② 『江戸から学ぶウェブ社会の活力②』-町民社会を支える庶民のネットワ-ク
江戸は日本人がもっとも旅行した時代、爆発的な旅行ブ-ム
 
 
③ 『第1章 ウェブ社会のモデルは江戸の町民社会にあり』-江戸の町民社会は
ウェブ社会の先進モデル(上)-
 
 
 
   『第1章 ウェブ社会のモデルは江戸の町民社会にあり』-江戸の町民社会は
ウェブ社会先進モデル(下)-
 
  
⑤ 第2章 庶民生活を支えたネツトワ-ク「講」と「連」―全国に
無数に作られた庶民の生活ネットワ-ク「講」(上)
 
 
 
   第2章 庶民生活を支えたネツトワ-ク「講」と「連」―
全国に無数に作られた庶民の生活ネットワ-ク「講」(下)
 
 

 
⑦ 第3章 町人文化を創った出版文化のネットワ-
カ-(上)―出版文化を支えた木版印刷、
高い識字率、貸本屋の普及―
 
 
⑧ 第3章 町人文化を創った出版文化のネットワ-カ-(下)―蘭学隆盛を仕掛
けた「須原屋市兵衛」、武士を捨てた「十返舎一九」の波瀾な生涯、
“戯作者魂”を発揮した山東京伝
 
 
⑨ 第4章 網の目のように広がった情報通信のネットワ-ク(上)
―公的情報は上意下達の垂直回路、私的情報はヨコに
繋がる水平回路
 
⑩ 第4章 網の目のように広がった情報通信のネットワ-ク(下)―
飛脚問屋は全国的な“町飛脚のネットワ-ク”を形成。
 
 
⑪ 第5章 海の物流ネットワ-ク「菱垣廻船・樽廻船・北前船」―大坂から江戸に
年貢米を海上輸送した「菱垣廻船」(上)
http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1318
 
⑫ 第5章 海の物流ネットワ-ク「菱垣廻船・樽廻船・北前船」―「西回り航路の役
を担った「北前船」(下)
 
 
(13) 第6章 境界・周縁・無縁の世界に生きた漂白の民」―身分制度から外れた
境界・周縁・無縁の世界に生きる「漂白の民」(上)
http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1328
 
(14) 第6章 境界・周縁・無縁の世界に生きた「漂白の民」―身分制度から外れた
境界・周縁・無縁の世界に生きる「漂白の民」(下)
 
(15) 第7章 諸国を遍歴、「生涯の大仕事」を成した“歩くノマド”たち-51歳から
測量の旅に出、地球一周した「伊能忠敬」(上)
http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1344
  
 
(16)第7章 諸国を遍歴、「生涯の大仕事」を成した“歩くノマド”たちー90歳まで全国を
歩き描き続けた「葛飾北斎」(下)
 
 
(17) 第8章 江戸は意外に「実力主義」の競争社会―実力主義の戦国時代から
世襲制の江戸時代へ(上)
 
 
(18) 第8章 江戸は意外に「実力主義」の競争社会―実力主義の戦国時代から
世襲制の江戸時代へ(下)
 
(19)『エピロ-グ 江戸のネットワ-ク社会に学ぶ日本のノマド学』(終)
 

 - IT・マスコミ論 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『 京都古寺巡礼のぶらり旅』/ 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です①』

ホー    2016/09/05  記事 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ウオッチ(220)『スマホ、タブレットが高すぎるappleから低廉高品質のHuaweiに切り替わるのはもう時間の問題です』

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(211) > htt …

no image
世界/日本リーダーパワー史(958)『ファーウェイ幹部逮捕で本格化、米国の対中防諜戦米国と諜報活動協定を結ぶ国が増加中』★『 AIの軍事利用で世界最先端を進み始めた中国』★『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー』

世界/日本リーダーパワー史(958) 『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー …

no image
日本リーダーパワー史(849)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか、いずれにしても「備えあれば憂いなし」③ 』★『戦後の日本人は「最悪に備える」態度を全く失ってしまった。』★『「ガラパゴスジャパン」(鎖国的、伝統的、非科学的、非合理的な日本思考)から脱さなければ、未来(希望)の扉は開けない』★『明治維新、倒幕の原因の1つとなった宝暦治水事件』

日本リーダーパワー史(849)  安倍首相の「国難突破解散」の判断は吉と出るか、 …

no image
日本メルトダウン(946)『ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる、発端は尖閣紛争?日本の動きが決着を左右する(古森義久)』●『“歴史に名を残す”ために尖閣を狙う習近平 「中華民族の偉大な復興」のための3つの課題とは』●『ナチスに酷似する中国、宥和では悲劇再現も フィリピンの知恵に学び毅然とした対応を』●『パキスタンも陥落、次々に潜水艦を輸出する中国 国家戦略に基づいて兵器を輸出、片や日本は?』

  日本メルトダウン(946) ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる …

no image
野口恒のインターネット江戸学講義⑫海の物流ネットワ-ク「菱垣廻船・樽廻船・北前船―西回り航路の主役の「北前船」(下)

  日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑫>   …

no image
世界で活躍したすげー女性史(14)日本風狂人伝(24)「ジャポニズム」の先駆者・松旭斎天勝―世界公演で大成功の「マジック女王」

    2009/10/28 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(193)記事再録/<クイズ>-今から160年前の1860年(万延元年)2月、日米通商条約を米ホワイトハウスで批准するため咸臨丸とともに米軍艦の蒸気船『ボーハタン号』で太平洋を渡たり、全米の女性から最もモテたイケメン・ファースト・サムライはだれでしょうか?!

    全米女性からラブレターが殺到したファースト・サムライ …

no image
池田龍夫のマスコミ時評⑰ 「日本政治の劣化」を危惧  民主党政権への期待感が揺らぐ

池田龍夫のマスコミ時評⑰「日本政治の劣化」を危惧  民主党政権への期待感が揺らぐ …

no image
情報家電の巨大市場

情報家電の巨大市場 静岡県立大学国際関係学部教授 前坂 俊之 インターネットで「 …