前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本世界近現代史』(297)『歴史は繰り返されるのかー1940年「東京オリンピック」は日中戦争により返上したが、その二の舞になるのか!』★『新型コロナウイルス感染症の「パンデミック化」(世界的大流行)によって、東京オリンピック開催も中止の議論が起こってきた①』★『世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、パンデミックになるつつあることを初めて認めた』

   

 歴史は繰り返されるのかー1940年「東京オリンピック」は日中戦争により返上したが、その二の舞になるのか!?。

                   前坂 俊之(ジャーナリスト)

1940年幻の東京オリンピック

https://ja.wikipedia.org/wiki/1940%E5%B9%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

 

中国発の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がヨーロッパから世界各地に飛び火したため、「パンデミック化」(世界的大流行)」を懸念して2月24日のニューヨーク株式市場の株価は1031ドルと今年最大の下げ幅を記録、2万8千ドルを割り込んだ。さらに5日連続で下落、リーマンショックに次ぐ「コロナリセッション」入りの世界同時株安の様相を呈してきた。

すでに中国と経済依存関係の深い日本、韓国、シンガポール、台湾などアジア諸国は「コロナリセッション」入りを指摘されている。東京オリンピック開催も中止の議論がまで起こってきた。日本にとっては最悪の事態も想定なけしなればならない危機を迎えている。

2月19日、5月に行われるロンドン市長選の主要2候補が日本での新型肺炎の感染拡大を理由に今夏の東京五輪が中止となった場合を念頭に、2012年の五輪が開かれたロンドンでの代替開催の誘致に名乗りを上げた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022000249&g=int

そのなかで「われわれにはインフラと経験がある。(新型)コロナウイルスの発生により、世界はわれわれの介入を必要とするかもしれない」と東京五輪中止の可能性に言及した。

SARSの場合、終息宣言まで8か月を要しており、新型コロナの場合も同じとすれば、ちょうどオリンピック開催の7月となり、準備期間に最低3ゕ月必要なので、東京五輪は中止となる可能性は大きい。

ただし、このロンドン市長選候補者のトンビにあぶらげ的な発言は新型コロナの収束の時期がいまだ不透明な段階で、ロンドン大会の開催準備も全くない中での無責任飛ばし発言である。

、IIOCのディック・パウンド委員の「東京オリンピックの中止検討」

AP通信(2月25日)によると、IIOC(国際オリンピック委員会)のディック・パウンド委員(最古参メンバー)は「事態が終息しなければ、東京オリンピックの中止を検討するだろう」として、5月下旬までの判断が必要と語ったという。 パウンド氏は、準備期間の短さから他都市での代替開催や分散開催は難しいと指摘。数カ月の延期も、米プロフットボールNFLや米プロバスケットボールと重なるため、放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないだろう」という。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000202-kyodonews-spo
また、ロイター通信(2月26日)によると、同氏は「「東京の主催者や日本政府と話して、1年間延期できるか聞かなければならない。全施設が1年後に使用可能か、チケットは来年も使えるかなど、とても重要な問題でIOCと日本の間で話すべきことが多くある」とも指摘したという。

 

一方、トランプ大統領は記者会見で、盟友の安倍首相にエールを送っている。


「会見では、東京五輪・パラリンピック開催の可否について記者団から質問が出た。トランプ氏は、「うまくいくことを望んでいる。日本では多くの感染者が出ているが、極めてうまく対応していると思う」と答えた」という。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20200227-OYT1T50185/

 
共同通信(2月27日)によると、ディック・パウンド委員の「1年延期説などの発言」に対して、同社がバッハIOC会長に緊急電話会見をした結果、「中止や延期などの可能性について話には答えない」と明言し、7月24日開幕の東京オリンピックを予定通り実施するため全力で準備する」と述べた。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、これまでの見解を翻し、新型コロナウイルスは「世界的な大流行(パンデミック)になるつつあることを初めて認めた。

つづく

 

 - IT・マスコミ論, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<1時間でわかる超大国中国の謎と対日感情>動画座談会ーチャイナウオッチャー・松山徳之氏から聞く

<1時間でわかる超大国中国の謎と対日感情>   ★★お勧め(動画座談会 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(963)ー2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか』②『米中貿易戦争は軍事衝突に発展する可能性はないのか?・』

 世界/日本リーダーパワー史(963) 米中貿易戦争は軍事衝突に発展す …

no image
日本リーダーパワー史(304)『日韓外交衝突のルーツ』李氏朝鮮の攘夷思想で日本大使の拒絶、親書拒否で敵意を募らせ、征韓論が噴出

日本リーダーパワー史(304)   『日韓外交衝突の歴史を検証する』 …

no image
日本メルトダウン脱出法(842)『実質賃金低迷でマイナス成長 明白になったアベノミクスの破綻』●『育児も介護も家族が背負う、日本の福祉はもう限界』●『制服組自衛官が権限大幅移譲要求』●『 総務省の「2013年住調」が示した空き家820万戸、空き家率13.5%」は本当か? 』●『中国国家主席が国営メディア視察、国際影響力の強化を呼び掛け』

  日本メルトダウン脱出法(842)   実質賃金低迷でマイナス成長  …

no image
真相究明に〝新聞力〃を  = 「旧石器発掘ねつ造」スクープの教訓=

1 平成16 年3 月1 日          新聞通信調査会報     <プレ …

no image
日本の最先端技術『見える化』チャンネル-『「働き方改革EXPO」(7/11、東京ビッグサイト)』でのプレゼンベスト5」★『ー都築電気の「超!高生産コンタクトセンターで働き方が変わる」』

日本の最先端技術『見える化』チャンネル- ★『都築電気の「超!高生産コンタクトセ …

no image
速報(456)『日本のメルトダウン』 『規制改革の方針―岡素之議長 の会見動画』●『市場に広がるアベノミクス賞味期限切れの声』

   速報(456)『日本のメルトダウン』 &nb …

no image
日露300年戦争(2)-『徳川時代の日露関係 /日露交渉の発端の真相』★『こうしてロシアは千島列島と樺太を侵攻した⑵』

★『こうしてロシアは千島列島と樺太を侵攻した⑵』  その侵攻ぶりを、当時の長崎奉 …

76995065354a534aff1f287.70582157147709118
『リーダーシップの日本近現代史』(239)/★『三井物産初代社長、『千利休以来の大茶人』益田 孝(91歳)(下)『「鈍翁」となって、鋭く生きて早死により,鈍根で長生き』★『人間は歩くのが何よりよい。金のかからぬ一番の健康法』★『 一日に6キロは必ず歩く』★『長生きするには、ご馳走は敵』★『物事にあくでくせず、常に平静を保ち、何事にもニブイぐらいに心がけよ、つまりは鈍感に』

★ 2012/12/06  百歳学入門(59)記事 …

no image
メディア接触度チェックリストのアンケートについて

      メディア接触度チェックリストのアンケートについて <国際コミュニケー …