前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(467)◎「シリア危機はどうなるのか」「東京、2020年五輪の招致に自信」「マルクス主義学習の中国の国営

   

   速報(467)『日本のメルトダウン』

 

「シリア危機はどうなるのか」

○「東京、2020年五輪の招致に自信」

●「マルクス主義の学習強いられる中国の国営

メディア記者

 

 

●「シリア危機、イラク戦争との不気味な類似と誤解

2013829日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38584

 

○「シリア化学兵器使用の証拠はどの程度信頼できるものなのか

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323779204579045971761505420.html?mod=japan_newsreel

 

●「シリア政府の化学兵器使用に関する米評価報告書(要旨)

http://jp.wsj.com/article/SB100014241278873237792045
79046290380878508.html

 

 

●【オピニオン】失敗に終わった米国の中東大戦略

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324361104
579036462610265116.html?mod=trending_now_2

 

○「東京、2020年五輪の招致に自信」

http://realtime.wsj.com/japan/2013/08/31/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%
E3%80%812020%E5%B9%B4%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3
%81%AE%E6%8B%9B%E8%87%B4%E3%81%AB%E8%87%AA%E4%BF%A1/

 

●「マルクス主義の学習強いられる中国の国営メディア記者

http://jp.wsj.com/article/SB100014241278873237792
04579042101146102692.html

 

●「薄熙来裁判:幻想だった「前例なき透明性」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38589

 

●「中国、南シナ海での紛争解決目指す多国間
アプローチを拒否

http://jp.wsj.com/article/SB1000142412788732
3779204579043721893183040.html?mod=trending_now_1

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(818)「視点:日本は「協調組合主義」と決別を=フェルプス氏」●「大企業に今なお根を張るー「学歴病おじさん社員」の量産システム」●「中国金融当局の無理解が世界の市場を混乱させる」●「中国がひた隠しにするPM2.5による死者の数 ー台湾の事例から推算されたその数は年間100万人」

    日本メルトダウン脱出法(818)   視点:日本は「協調組合主 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(131)ー医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰でも100歳まで生きられる

百歳学入門(109) 医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰で …

DSC09784.jpeg3333
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(232)』★『イスラエル探訪、エレサレムの旧市街の迷路を歩く』★『発掘されたエルサレム 各統治年代によって重層化した地盤』★『究極の聖地周辺は今も大規模な発掘が進行中』★『呼び込みの激しいバザール』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(232)』 ハイファからテル …

no image
速報(425)『日本のメルトダウン』 ●『アベノミクスの円安に踊らない大企業』 『大震災後最大懸念は富士山 避難は75万人』

   速報(425)『日本のメルトダウン』 &nb …

no image
「日本犯罪図鑑―犯罪とはなにか」前坂俊之著、東京法経学院出版1985年 – 第1章 国家と司法による殺人 

       「日本 …

no image
日本メルトダウン脱出法(669)「中国主導のAIIB、日本は参加すべきなのか(浜田宏一)●「人民元がアジアの主要決済通貨になる日も近い!?」

 日本メルトダウン脱出法(669) 中国主導のAIIB、日本は参加すべきなのか? …

300px-Kawakami_Soroku
★<新刊予告>前坂俊之著『世界史を変えた「明治の奇跡」』(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦~)海竜社(2200円(+税)、8月上旬刊行)★『 明治維新150年特別企画 張り巡らされるスパイ網、発揮された智謀。日清・日露戦争大勝利の背景には、川上操六の指導力があった!』

新刊予告『世界史を変えた「明治の奇跡」』   ~インテリジェンスの父・川上操六の …

no image
日本の最先端技術『見える化』動画チャンネルー 『CEATEC JAPAN 2016』(10/4-7)-「Creative Approach for IMPACT」-ロフトワークの実践」同社取締役CMO 矢橋友宏』●『2016年の「デザイン思考」ーロフトワークは「デザイン思考」をやっていない』●『』

  日本の最先端技術『見える化』動画チャンネル 『CEATEC JAP …

no image
<日本最強の外交官・金子堅太郎③>『ルーズベルト米大統領、全米を説得したーその驚異の外交力の秘密』

<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト米大 …

no image
人気記事再録/世界が尊敬した日本人(54)地球温暖化、地球環境破壊と戦った世界の先駆者/田中正造―『ただ今日は、明治政府が安閑として、太平楽を唱えて、日本はいつまでも太平無事でいるような心持をしている。これが心得がちがうということだ』」

   2016/01/25世界が尊敬した日本人(54) 月刊 …