前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(76)』英国BBCが『笹井氏死去を「世界の分子生物学会の一大損失、研究開発は遅滞しこの空白は埋められない」と報道

      2015/01/01

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(76)』

 

<科学立国どころか『科学低国』・日本の悲劇再び!>

 

BBC News – Stem cell scientist found dead in

apparent suicide

 

●『今回の笹井氏の死去について、ネイチャー誌のお膝元・英国BBCは、

科学技術報道の専門家、ジョナサン・ ウエッブ氏が、

「世界の分子生物学会、再生医療学会において一大損失であり、

世界的に注目されている研究開発は遅滞し、この空白を

暫くは埋められない」と喪失の大きさに絶句。

◎「事ここに至ると、STAP細胞を巡る一連の事態で、最大の問題は、

STAP細胞の有無ではなく、笹井氏という将来まだ多くの実りが

期待出来る希有の才能を失ったことである事に気付かされる。

 

 

BBC News – Stem cell scientist found dead in apparent suicide

 

http://www.bbc.com/news/science-environment-28658269

 

 

「 F 氏 コメント 」

 

   さすが、ネイチャー誌の地元、英のBBCです。

   科学技術の教養も日本のジャーナリズムより

   遥かに上?を行っています。

 

   今後の再生医療の研究開発でキーパーソンとなる

   技術者の死、その意味を簡潔に語っています。

 

   幹細胞研究の仲間であるロビン教授の、「なんで

   そんなテーマに途中から引っ張り込まれて、命を

   投げ出すんだ、笹井の馬鹿!」という声が聞こえ

   て来ます。惜しんでも余りある、と。

 

  ①   今回の笹井氏の死去について、ネイチャー誌のお膝元

    、英国BBCは、科学技術報道の専門家、ジョナサン・

     ウエッブ氏が、「世界の分子生物学会、再生医療学会

     において一大損失であり、世界的に注目されている研

     究開発は遅滞し、この空白を暫くは埋められない」と

     喪失の大きさに絶句している。

 

     ➁ そして、ネイチャー誌の編集主幹、フィル・キャンプ

     ベル博士の言葉を次の様に引用している。

     「今回の事態はサイエンスにとって真の悲劇であり、

     研究開発のコミュニティにとって甚大な損失である」と。

 

  また、国立医療研究所で幹細胞研究に携わるロビン・

     ロベルバッジ教授は「笹井氏は幾つかの基礎的な発見

     に成功した優秀な科学者であり、理化学研究所がワール

     ドクラスの名声を勝ち得る上で中心的な役割を果たした」

     と言う。

 

     更に教授は「STAP細胞の全貌を纏める仕事に引っ張り

     込まれた経緯について決して知らされない事になる、ど

     んな理由があるにせよ、日頃の笹井氏自身の注意深さが

     窺えない」と言う。

 

   ➃事ここに至ると、STAP細胞を巡る一連の事態で、最大の

     問題は、STAP細胞の有無ではなく、笹井氏という将来ま

     だ多くの実りが期待出来る希有の才能を失ったことである

     事に気付かされる。

 

     「一時の魔がさした」としか思われない茶番劇で、世界が

     惜しむ人材をたった一度の失敗で失うことの不幸を招いた

     理化学研究所の上層部の責任は極めて重い。

 

     野依理事長、武市CDBセンター長が火中の栗を率先して

     拾い、最悪の事態を避ける努力が出来なかったものか?

     危機管理の前面に二人が出て、事態の収拾に身を挺して

     当たるべきであった。国家的な損失を避ける為のマネジメ

     ントが決定的に不足している。

 

 

 、野依理事長、武市センター長など、上級管理者は自分に火の粉

がかからない様逃げ回るのに

   精一杯です。

 

   組織上無傷と言う事はあり得ないのですから、この様な

   場合の危機管理は、上司は部下とともに問題の渦中に飛

   び込む事が、必勝法です。内外の問題の急所を掴み、事態

   収拾の善後策を練るのは上司の責任です。

 

   火の粉を避けるのではなく、率先して火の粉を引き受ける

   事が解決の早道である事が二人には分かっていません。

 

   陳謝すべき内容と陳謝の仕方を考えるのが上司の役割、

   部下という人材を守るにはこれしかありません。

 

     理事長は恐らく、笹井氏の余人を以て代えがたい才能の

     世界的な価値を理解出来ていなかったと言わざるを得ない。

   責任者の倫理はどこに行ったのでしょうか。?

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『青い地球は誰のもの、青い地球は子どものもの、青い地球はみなのもの、人類のもの、地球の生物のもの、トランプのアメリカ、習近平の中国、安倍さんの日本のものではありません』

  『青い地球は誰のもの、青い地球は子どものもの、 青い地球はみんなの …

no image
★10『50年前の中国文化大革命の衝撃スクープ』ー荒牧万佐行氏(写真家、元毎日写真部カメラマン)の写真展を見に行った。『粉雪が舞う北京で、三角帽子をかぶされた実権派幹部が、 首から罪状の看板を下げてトラックの荷台 の先頭に乗せられ首根っこを押さえられていた』

  写真展『中国文化大革命( the Great Proletaria …

no image
日本メルトダウン脱出法(579)●『エボラより怖い「EV-D68」、全米で子供に感染」●「Google Glassで脳波の動きだけで写真撮影」

    日本メルトダウン脱出法(579) &nbs …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉓「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑧『伊藤統監の辞職『一億円は高過ぎる』『事実上の併合へ』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
日本リーダーパワー史(759)-『名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」「瞑門」へ」●『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読む①』★『『日本老舗大企業にとって明日は我が身の教訓、戒語です』

日本リーダーパワー史(759)   名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷 …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか⑥』★『『安倍政権はヨーロッパの中道政権とかわりない』 <仲良くせよ、けんかをするな、悪口をいうな、安全、 安心」一点張りの<ガラパゴスジャパン>主義が日本を潰すのです』

  ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150 …

no image
日本リーダーパワー史(727)(クイズ)明治維新150年の中で、最も独創的、 戦闘的な経営者とは一体誰でしょうか <答え>『出光佐三』でしょう。 かれの国難突破力、逆境突破力、晩年長寿力 に及ぶ大経営者は他には見当たらない。

日本リーダーパワー史(727) ≪クイズ≫明治維新150年の中で、最も独創的、 …

no image
速報(125)『孫正義氏「自然財団」理事長にスウェーデン・エネ庁長官』『福島原発周辺居住の45%の子供が内部被ばく』

速報(125)『日本のメルトダウン』      『 …

no image
日本メルトダウン脱出法(679)「日本の南シナ海関与に高まる米国の期待、共同哨戒は慎重検討」「人工島は「軍事目的」認める…中国軍高官が明言」など7本

 日本メルトダウン脱出法(679)   焦点:日本の南シナ海関与に高ま …

no image
日本メルトダウン脱出法(567)◎「アベノミクス:的を外す矢」(英FT紙) ◎「無能な経営者はどんどん廃業を」―

  日本メルトダウン脱出法(567)   &nbs …