前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

  世界、日本メルトダウン(1021)ー「トランプ大統領40日の暴走/暴言運転により『2017年、世界は大波乱となるのか」①『エアーフォースワンはダッチロールを繰り返す。2月28日の施政方針演説では「非難攻撃をおさえて、若干軌道修正」、依然、視界不良、行き先未定、墜落リスクも高い①

      2017/03/07

  世界、日本メルトダウン(1021)

トランプの暴走暴言運転によって2017年、世界は大波乱となるのか』

初飛行40日『「エアーフォースワン」はダッチロールを繰り返している。

2月28日の初の施政方針演説では「非難攻撃をおさえて、若干軌道修正」、

依然、視界不良、行き先未定、墜落リスクもあり①

トランプ大統領は就任3週間(210日現在)で、大統領令を約30本も連発した。「オハマケアの見直し」「新たな規制導入の凍結」「メキシコ国境に壁を建設」「TPPからの永久離脱「中絶支援団体への助成金停止」「石油パイプラインの建設を推進」「シリア難民の受け入れ停止」など公約の即実行力ぶりを自画自賛。

 

7か国からの難民の受け入れ停止」が国際的な非難を浴びて裁判、司法でストップをされると、相変わらず怒鳴りまくった。記者会見や電話の首脳会談でもケンカと口論、怒鳴りまくり、ツイッターで『悪口雑言』を繰り返す、選挙中と同じ口撃、乱闘パターンを口返し、予想通り出だしから混乱している、

米科学誌は126日、『地球最後の日までの残り時間を概念的に示す「世界終末時計」を2015年より30秒進め、残り2分半となった』と発表。「1人の人間がこれほど大きく影響したことはかつてなかった」と米科学者も警告を鳴らす。「危うし地球、世界の運命」―世界中からトランプの暴走暴言運転に恐怖と悲鳴が上がっている。

トランプ占いは果たして凶と出るか、吉と出るか!?

 

『確かに、著名な国際政治学者のイアン・プレマー氏は「今年、世界は地政学的後退期に入る。第二次大戦後で最も変動の激しい節目の年、米中開係が急激に悪化する可能性が高い」と指摘する。世界の多くが心配して、トランプの一挙手1投足にハラハラドキドキしている。戦争、衝突の赤ランプも激しく点滅していることは間違いないね』

 

米中衝突、戦争の可能性は75%に、

 

過去五〇〇年の世界史で既存の覇権国(現在のアメリカ)と新たに台頭してきた国(中国)が対峙したケースは計一六回あり、そのうち一二回で戦争になったという恐ろしい研究データも公表された。戦争勃発の確率は実に七五%だよ。それに今回のトランプ政権で「米国通商会議」委員長に指名された対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏の最新刊「米中もし戦わばー戦争の地政学』でも「米中戦争が起きる可能性は非常に高い」と警告している。この本はトランプの外交政策を理解するためにも必読のテキストです」

『大統領のメディア、国民との蜜月は普通100日間といわれる。『ペイパードライバ・プレジデント』は暴走老人よろしくスタートダッシュしたものの、さすが世界の民主主義国アメリカの立法、行政、司法の3権分立障害レースにはばまれて大統領令は立ち往生、『エアーフォースワン』は墜落はしてないものの、ダッチロールを繰り返しているといえなくもないね。』

『そこがアメリカの底力だよ。大統領令のスピード違反もあちこちの赤信号で立ち往生となった。『法治国家』アメリカの懐の深さだね。連邦最高裁判所までいくと長時間かかるよ、」

―――――――――――――――――――――

以上の文は210日までに書いたトランプ劇場第1幕の書き出だし部分だが、この調子でトランプの暴走暴言運転は非難合戦、場外乱闘、出血、バトル、混乱が続き、トランプ『エアーフォースワン」はダッチロールを繰り返した。

228日には初の一施政方針演説では「非難攻撃をおさえて、軌道修正」軟化の兆しが見てとれれる『具体性に欠けた抽象論にトーンダウンした。

 

トランプ施政方針演説、依然として見えない政策の中身

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2017/03/post-899.php

オピニオン:「大人しいトランプ」演説の真意=安井明彦氏

http://jp.reuters.com/article/opinion-trump-akihiko-yasui-idJPKBN1683ZN

 

移民制限は完全に頓挫した。演説での「メキシコ国境の壁の建設」は現実の壁にぶつかって大幅に後退を余儀なくされた格好だ。

 

入国制限の対象縮小へ トランプ氏軟化の兆し 議会演説

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13563390S7A300C1FF2000/

 

移民問題は現実の壁にぶつかって大幅に後退を余儀なくされている格好だ。

 

メキシコ国境壁建設、財源は現在22.7億円のみ=米政府文書

http://jp.reuters.com/article/usa-immigration-funds-idJPKBN16906D

 

メキシコ国境の壁、建設費は最大2.46兆円=米政府の内部文書

http://jp.reuters.com/article/mexicowall-cost-idJPKBN15P07B

 

当初、米国内に1100万人いるとされる不法移民について、全員強制送還の公約を、掲げたが、当選後には犯罪歴のある200万~300万人に対象を縮小した。さらに、幼い頃に親に連れられて不法入国した若者の条件付き滞在を認める方向に軟化した。

演説では「就労を合法化し、納税を義務づける包括的な移民制度改革法の制定を検討。超党派の取り組みを求めた」

メキシコ国境の壁の建設は、トランプは選挙前には壁の建設費用が120億ドルになる、共和党のライアン下院議長らも、建設費用が最大150億ドルになると見積もっていたが、2月に出た国土安全保障省の内部報告書では最大216億ドル(約2.46兆円)の費用と3年以上の期間が必要との結果が出た。

さらに、同省文書によると、壁建設のために転用可能な予算はわずか2000万ドル(約22億7700万円)しかなかった、という。どこから、この膨大な建設予算を持ってくるのか、メキシコ側に負担させるのか、難問が山積して高い壁を築いており、トランプの実行の可能性は一層パワーダウンしている現状だ。

                                          つづく

 

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★『オンライン/天才老人になる方法➅』★『世界天才老人NO1・エジソン(84)<天才長寿脳>の作り方』ー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功の11ヵ条」(下)『私たちは失敗から多くを学ぶ。特にその失敗が私たちの 全知全能力を傾けた努力の結果であるならば」』

 2018/11/23  百歳学入門(96)再録 …

no image
日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ
no image
★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(201)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ③>『一怒一老 一笑一若 少肉多菜 少塩多酢 少糖多果 少食多岨(たそ) 少衣多浴 少車多歩 少煩多眠 少念多笑 少言多行 少欲多施』<渋沢秀雄(90歳)>

『知的巨人たちの往生術から学ぶ』③ 朝日の[天声人語]の名コラムニストの荒垣秀雄 …

『最悪の国難(大津波)を想定して逆転突破力を発揮した偉人たちの研究講座』★『本物のリーダーとは、この人をみよ』★『大津波を予想して私財を投じて大堤防を築いて見事に防いだ濱口悟陵のインテリジェンス②』★『野口恒の震災ウオッチ』東日本大震災の復興策にも生きる「浜口梧陵」の業績ーー復興策の生きた教材-』

2011/08/26  『野口恒の震災ウオッチ』記事再録 野 …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(239)ー『カショギ事件の真相はトルコ政府はこの殺人事件をリアルタイムで監視し、千載一遇のチャンスと捕え,国際世論を味方につけてムハンマド皇太子を失脚させ,スンニ派盟主としてトルコの立場を強化しようと計画したもの」<エルサレムポスト紙(JPOST)11/20>

  Shedding light on the Saudi-Turke …

no image
日本リーダーパワー史(408) 『東京五輪決定。安倍首相のリーダーシップの勝利⑤ 『今後の短期国家戦略プログラムを実現』

 日本リーダーパワー史(408) 『東京五輪決定。安倍首相のリーダーシ …

no image
『オンライン/国難突破力講座』★『山本五十六のリーダーシップー日独伊三国同盟(今から80年前の1940年の大外交失敗)とどう戦ったか』★『ヒトラーはバカにした日本人をうまく利用するためだけの三国同盟だったが、陸軍は見事にだまされ、国内は軍国主義を背景にしたナチドイツブーム、ヒトラー賛美の空気が満ち溢れていた』

 2012/07/29 記事再録・日本リーダーパワー史(288) <山 …

no image
『日本を救え、世界を救うために、決断を!』ー<福島原発事故 最悪のシナリオから考える(2)>(池田知隆)

  『日本を救え、世界を救うために、決断を!』 福島原発―最悪のシナリ …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

『オンライン講座/日本興亡史の研究 ㉑』★『日本の政治家で最も少ないグローバルな戦略をもった経済政治家の先駆者(三井物産中興の祖・同上海支店長)―山本条太郎①』『三井物産上海支店長時代でロシア情報を収集し、日本海海戦でバルチック艦隊を偵察・発見させた。その後、政治家となった山本条太郎の活躍がなければ日本海海戦の勝利はなかった』

2011/12/14 日本リーダーパワー史(223)記事再録  前坂俊之(ジャー …