前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(64)』松山英樹の「ゴルフ米ツアー優勝」のNYT, USA TODAY, BBCの報道は>

      2015/01/01

  

    『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(64)』

 

 

   <松山英樹の「ゴルフ米ツアー優勝」のNYT, USA TODAY, BBCの報道を紹介>

 

『ミュアフィールドにおける昨年の経験は、プレイオフで、22才の若者

に勝利を与えてた』

     <6/1 NYT  by  KAREN CROUSE>

◎『松山英樹がプレイオフを制してメモリアルトーナメントに勝利』
<(6/1) USA TODAY  SPORTS

『メモリアル・トーナメント 日本の松山英樹が優勝』

6/1  BBC   SPORT GOLF>

 

<まとめ>松山英樹の「ゴルフ米ツアー」優勝ってどのくらいすごい事なの?

http://matome.naver.jp/odai/2140176790867062501

 

 「F 氏のコメント」

 

、小生も現役時代は毎週の様に接待ゴルフをしてお

   りました。運動神経が鈍いものですから

   チョコレートを随分持って行かれました。お蔭様でゴル

   フの難しさは良く分かりました、プロゴルファーが毎週

   4日間ぶっ続けで試合する、狂気の沙汰と思っておりま

   す。

 

   松山は、石川遼の陰に隠れて目立ちませんでしたが、石

   川が勝てなくなってから、俄然頭角を現して、2011

   年のマスターズローアマチュア日本人初、2013年日

   本ツアー参戦初年度で賞金王、2013年全英オープン

   6位、特にこの3年間で急速に世界の一流選手の仲間入

   りをしました。そして、今回待望のPGAツアー初勝利です。

 

   1. 石川遼の人気の陰に隠れて、松山英樹の活躍につい

    て、その国内報道の質、量が著しく足りないと思うのは

    小生だけであろうか?

 

    今回のミュアフィールド・トーナメント、PGAツアー

    初勝利は、漸く日本人プロゴルファーの中で、メジャー

    の一流選手に伍して世界ランクトップテンの仲間入りを

    長期に亘って実現出来る、待望久しい本格派実力者が

    誕生した、と考えて良いのではないか?この結果、松山

    の世界ランクは24位から13位に浮上している。

 

    今大会では、世界ランクトップのアダム・スコット(オ

    ーストラリア)、3位でマスターズ2勝のババ・ワトソ

    ン(米国)という現在最強の実力者が参戦していたが、

    残念乍ら最終日にいずれも早々に大崩れし、この二人と

    の最終ホール迄のデッドヒートは見られなかった。次回

    はこの二人との熱闘が期待される。

 

    MLBにおけるダルビッシュ、田中将大、世界テニスATP

    ランク9位の錦織圭クラスの国際的に活躍が期待出来る

    日本人プレイヤーが、漸くPGAゴルフツアーに登場した

    ことを予感させる。

 

   2.  米国PGAツアーで初優勝した時の日本人選手の年齢は、

    開拓者の青木功が40才、3勝した丸山茂樹が31才、

    今田竜二が31才である。 松山は現在22才であり、

    ニクラウスのPGA初優勝と同じ22才である。文字通り

    前途洋々と言える。

 

    また、PGAツアーに参戦し、何戦目で優勝したか?

    青木は53戦、丸山は69戦、今田は108戦目であり、

    これに対し松山は26戦目で勝っている。

 

   3.   6/12からパインハーストNo.2ゴルフコース(ノース

    カロライナ州)で行なわれる今年の全米オープンで、首位

    争いを演じ、悪くともトップテン以内に入れるかどうか、

    松山の真の実力が試される。因に昨年の成績は10位であ

    った。

 

 

<2014//1 NYT  by  KAREN CROUSE

“Experience at Muirfield Helps a 22-Year-Old Win in a Playoff for

His First PGA Title”

『ミュアフィールドにおける昨年の経験は、プレイオフで、

22才の若者に勝利を与えて、彼がPGAツアー初のタイトル獲得

に役立った』“

 

http://www.nytimes.com/2014/06/02/sports/golf/experience-
at-muirfield-helps-a-22-year-old-win-his-first-pga-title-in-a-playoff.html?module=Search&mabReward=relbias%3Ar

 

[ザ・メモリアルトーナメントの大会ホスト、ジャックニクラウスは、22才でPGAツアー初優勝した松山に、
自分が初優勝したのも同じ22才であった、と言った。

 PGAツアーで初めて勝てた事で十分ですが、このニクラウス氏が設計したこのコースで勝てたことは、
本当にこれから益々多くの自信を私に与えてくれます、”と松山は言った]

 

◎<2014/6/1 USA TODAY  SPORTS

“ Hideki Matsuyama wins Memorial in playoff “

 松山英樹がプレイオフを制してメモリアルトーナメントに勝利 “

http://www.usatoday.com/story/sports/golf/2014/06/01
/matsuyama-wins-memorial-in-a-playoff/9846691/

 

「プレイオフはファイナルラウンドの一部ではないので、松山は折れたドライバーを交換する事が出来た。
彼はその代わりに、3番ウッドを選んだ。そのショットはうまく戻って来たがバンカーに捕まり、
それは彼にとって大きな負担になる様に見えた。ケビン・ナは水の中でボールを見付けた。
松山のアプローチはグリーン左に居た観客に当たったが、上手く寄せて彼のキャリアの中で最も重要なパットを入れた」

 

 

Memorial Tournament : Japan’s Hideki Matsuyama secures victory
『メモリアル・トーナメント :日本の松山英樹が優勝』
6/1  BBC   SPORT GOLF>

   http://www.bbc.com/sport/0/golf/27658798

 

<“ 松山って誰だ? ”彼のこれまでの5勝の成績は全て日本における勝利。

     昨年のミュアフィールドにおけるオープンチャンピオンシップでは6位に終わっている。
今年の3月、イアン・ポールターは松山を“バカ”と罵った。フロリダ、
ドラールでの
WGC-キャデラックチャンピオンシップで彼はグリーンを
傷つけそれを補修しなかったからである。松山はその後このイギリス人に詫びた。

 

 

   ● 米誌「松山はウッズの後継者」 ニック・ファルドも絶賛 米ツアー初優勝

       http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20140603/spo1406031528002-n1.htm

 

 - 人物研究 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④』 ◎『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』●『坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。 小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)』★『江戸城無血開城を実現した西郷 隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)』

   ★『2018年は明治150年。明治偉人の研究』- 『西郷どん』の …

no image
トランプ大統領誕生で『日本沈没は加速されるか』「しぶとく生き抜くか」の瀬戸際(下)「トランポリズム(Trumpolism/トランプ政策を指した俗語) はどこまで実行されるのか、世界をかたずを飲んで見守っている。『米国はTPPの離脱を表明、仕切り直しに取り組むしかないー「自由貿易は日本の生命線」』

  トランプ大統領誕生で『日本沈没は加速されるか』「しぶとく生き抜くか」の瀬戸際 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(900)ー何も決められない「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力 /最速王―「日本人の歩みは遅い」と批判した ハリルホジッチ前監督は解任」★『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』(キッシンジャー)』

「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力、 スピード最王―「日本人の歩み …

no image
日本風狂人伝⑦ アル中、愚痴の小説家・葛西善蔵

日本風狂人伝⑦              2009,6,23   アル …

no image
 日本リーダーパワー史(813)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉘『戦争は外交の1手段で、外交交渉が失敗した場合に戦争に発展する』★『日露戦争はこのケースで、日本側はなんとか外交で、日本が朝鮮を、満州はロシアに任せる「満韓分割論」を主張、ロシアは「満韓全面論」を譲らず、戦争に発展した』

   日本リーダーパワー史(813)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

『電子書籍 Kindle版』の新刊を出しました。★『トランプ対習近平: 貿易・テクノ・5G戦争 (22世紀アート) Kindle版』

米中二大大国の覇権争い——開幕。 「トランプ大統領の大統領の大統領就任から2年間 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米国先住民の警告<最後に人はお金は食べられないことを知るだろう>』★『新型コロナ発生の原因は地球環境を破壊した現代文明、炭素社会、強欲資本主義の結果ではないか。地球温暖化による巨大災害が世界中で頻発している』(7月10日)

  米国先住民の警告―「最後に人はお金は食べられないことを知るだろ」 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(212)『今から100年前の大正時代に世界一の<巨大商社/鈴木商店を作った>財界のナポレオン・金子直吉伝』①

福沢桃介著『財界人物我観」ダイヤモンド社、昭和5年版が原典よりの我流現代文になお …

『リモートワーク/鎌倉フィッシング』(2020/5/14/am6)ー鎌倉沖で巨アジ(40センチ)を釣る』★『筋トレ、リラックスカヤックで健康バッテリーを充電!』

 『日本の最先端技術見える化動画』 鎌倉カヤック釣りバカ日記 『リモートワーク鎌 …

『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画録』⑱★『コロナパニックなど吹き飛ばせ』★『10年前の鎌倉沖は豊饒の海だった』/『つり竿さげて、鎌倉海をカヤックフィシングでさかな君と遊べば楽しいよ』★『「半筆半漁」「晴釣雨読」「鉄オモリをぶら下げて」鎌倉古寺を散歩すれば、悠々自適!』

    2018/12/04 &nbsp …