前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「日韓衝突の背景、歴史が一番よくわかる教科書」①★『福沢諭吉の「脱亜論」ですべては解明されている』150年前から日本が悪いという「反日の恨(ハン)の思想」の民族意識は今後ともかわらないのでは」

      2019/08/15


日本リーダーパワー史(765)

今回の金正男暗殺事件を見ると、130年前の「朝鮮独立党の金玉均ら」

をバックアップして裏切られた結果、「脱亜論」へと一転した福沢諭吉の転換理由がよくわかる②

金玉均や甲申事変を起した朝鮮独立党のメンバーを族誅(ぞくちゅう)、罪三族に及ぶ)として、

家族、親族、一族の幼児まで惨殺、処刑した。福沢は『朝鮮独立党の処刑』と題して、この過酷、苛烈な処刑を野蛮国の仕業と激しく批判した。

福沢諭吉はなぜ「日清朝の提携」から「脱亜論」に180度転換したのか②

: http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/23241.html

 

日本リーダーパワー史(763)

今回の金正男暗殺事件を見ると、130年前の「朝鮮独立党の金玉均ら」をバックアップして裏切られた結果、「脱亜論」へと一転した福沢諭吉の転換理由がよくわかる➀ 

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/23220.html

  

日本リーダーパワー史(708)

日中韓150年史の真実(11)

「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑪<記事再録>『福沢諭吉の「脱亜論」と時事新報主張に全面的に賛成した英国紙』上海発行の英国紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」1884(明治17)年5月2日

<次の記事は2014/07/04に執筆したものの再録である>

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/16630.html

 

日本リーダーパワー史(704)日中韓150年史の真実(9)

 「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件<1889年(明治22)>とは』ー防穀令を布いて穀物の輸出をストップし、朝鮮地方官がワイロを貪ったのが原因』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/16317.html

 

日本リーダーパワー史(700) 日中韓150年史の真実(6)

「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」⑤<長崎水兵事件(明治19年)ー『恐清病』の真相、この事件が日清戦争の原因の1つになった>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/16227.html

 

 日本リーダーパワー史(698)

日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」③<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争へとトリガーとなる>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/16143.html 

 

日中韓150年史の真実(3)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」②<井上は朝鮮で最初の新聞「漢城旬報」を発行したが清国側(中国)が猛反発して、井上の暗殺指令を出し、さらには『漢城旬報』の販売差し止めを命じたので辞任、帰国に至る。③

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/16052.html 

 

 日本リーダーパワー史(696)

日中韓150年史の真実(2)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の

「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」②

<井上は勇躍、韓国にむかったが、清国が韓国宮廷を完全に牛耳っており、開国派は手も足

も出ず、孤立無援の中でハングル新聞発行にまい進した>②

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/16033.html

 

日本リーダーパワー史(695)

日中韓150年史の真実(1)「日本開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」

はなぜ頓挫し、「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」①

: http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/15997.html

 

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究, IT・マスコミ論

Comment

  1. historia より:

    大変勉強になりました。
    私は「団塊世代の我楽多(がらくた)帳」(https:skawa68.com)というブログの
    2019/9/25付けで「良い文章と良いニュース解説」の記事投稿
    しています。つたない記事ですが、もし、ご参考にしていただければ幸いです。

    • mae より:

      返事が大変遅れましたが、ブログに「団塊世代の我楽多(がらくた)帳」紹介していただき、ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
世界史の中の『日露戦争』⑩『ついに開戦―ドイツ、フランス、ロシア、イギリスはどう対応したか』(ドイツ紙)

 世界史の中の『日露戦争』⑩ 英国『タイムズ』、米国「ニューヨーク・タ …

no image
日本興亡学入門⑫ー『なぜ日本は敗れたか』<徳富蘇峰の反省・『終戦日記Ⅳ』講談社版2007年より>

『なぜ日本は敗れたか』<徳富蘇峰の『終戦日記Ⅳ』講談社版2007年7月より> & …

日本リーダーパワー史(565)『超高齢社会日本』のシンボル・107歳平櫛田中翁に学べ<ギネス世界長寿芸術家の気魄・禅語・長寿名言10ヵ条>

日本リーダーパワー史(565) 『超高齢社会日本』のシンボル・107歳平櫛田中翁 …

no image
日本メルトダウン脱出法(704)「中国経済成長率、実際は公式統計の半分以下か 英調査会社が試算」「減少続く中国の外貨準備、資本流出を巡る論争に火』(英FT紙)

  日本メルトダウン脱出法(704) 中国経済成長率、実際は公式統計の半分以下か …

no image
日本リーダーパワー史(349)総選挙の必読教科書―徳川幕府の末期症状と現在の総選挙状況を比較、勝海舟の国難突破力に学ぶ

日本リーダーパワー史(349) (総選挙の必読教科書―徳川幕府の末期症状と 現在 …

no image
日本メルトダウン(956)黒田総裁の「いやいやながらのUターン」 これから政府と日銀の「総力戦」が始まる(池田信夫)●『 日本の不動産「爆買い」から撤退する中国人-富裕層は五輪を前にタワーマンションを早くも売却』●『北朝鮮は制御不能、米中のどちらが罪深いのか? 北朝鮮を「放置した」米国と「甘やかした」中国』●『英国の政治:一党支配国家と化す危険 (英エコノミスト誌)』●『中国の公式統計:迷信は答えにならない(英エコノミスト誌)』

  日本メルトダウン(956) 黒田総裁の「いやいやながらのUターン」 これから …

no image
日本リーダーパワー史(80) 日本の最強の経済リーダーベスト10・本田宗一郎の名語録

日本リーダーパワー史(80) 日本の最強の経済リーダーベスト10・本田宗一郎の名 …

no image
知的巨人たちの百歳学(126)『野上弥生子』(99歳)「私から見るとまだ子供みたいな人が、その能力が発揮できる年なのに老いを楽しむ方に回っていてね」

   知的巨人たちの百歳学(126) 『野上弥生子』(99歳 …

no image
日本リーダーパワー史(205)★『トッドの提言―日本の国家戦略はアメリカの庇護下、核武装、中国従属の3つー』

日本リーダーパワー史(205)   『エマニュエル・トッドの提言―20 …

『オンライン講座ー★人生/晩成に輝いた偉人たちの名言①』●『日本一『見事な引き際・伊庭貞剛の晩晴学②『「事業の進歩発達を最も害するものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈である。老人は少壮者の邪魔をしないことが一番必要である」』』

  2019/11/20 『リーダーシップの日本近現代史』( …