前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(697)日中韓150年史の真実(3)「アジア開国の父・福沢諭吉」ーなぜ「悪友とは交際を一切謝絶する脱亜論」に転換した理由<井上は朝鮮で最初の新聞「漢城旬報」を発行したが、清国側(中国)が猛反発して、井上の暗殺指令を出し、さらには『漢城旬報』の販売停止を命じたので辞任、帰国した③

      2016/04/15

 日本リーダーパワー史(697)

日中韓150年史の真実(3)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」②

<井上は朝鮮で最初の新聞「漢城旬報」を発行したが清国側(中国)が猛反発して、井上の暗殺指令を出し、さらには『漢城旬報』の販売差し止めを命じたので辞任、帰国に至る。③

                 前坂俊之(ジャーナリスト)

 

苦心惨憺、10ゕ月後に朝鮮で最初の新聞「漢城旬報」を発行

井上は外衛門の顧問に就任すると、執務のかたわら新聞発行の必要を力説したので、協弁金允植はその計画の大要を見せてもらいたいといった。井上は早速、漢城判弁金晩植と相談して次の様な計画案を作って示した。

①新聞は旬報とし、毎十日に一度発行の事

➁ 官報を第一とし、内外の時事、ニュースをあわせて起債する事

➂ 人智を開発し、殖産を奨励し、その他風教上必要なる論説を記載する事

④各官衛・高等官ならびに中央・地方の各面に義務購読を命ずる事。その他の購講に対してはその料金を低くする事

⑤編集事務の諸員は総べて官員とし、内外の事情に通じる者、文学の素養を有する者を採用する事

⑥差向きは漢文のみとする事

⑦局員一切の俸給・諸給は外衛門がこれを支出し、その他の費用は漢城府が支弁する事

 

この案を提出すると、事は案外、容易に決定して、新たに「博文局」と称する官衛を置く事となった。博文局の官制は、広く教育事務を掌るものと定めたけれども、差向き新聞発行の事務にあわせて、海外事情に関する著述なのもののみに限られ、総裁は外街門督弁閔泳穆とし、副総裁を漢城判弁金晩植とし、外国の事情に通じる者を入れて主事・司事の官名を授け、井上がその主任となり、井上の住居をそのまま局舎にあてて先づ新聞を発行する事となった。

新聞は「漢城旬報」と題し、第一号には「朝鮮開国四百九十二年輿末十月初一日、総理衛門博文局発行」と署名してある。

これは1883年(明治十六)十一月の事で、朝鮮における新聞紙発行の嚆矢である。

体裁は四六倍大の美濃紙二十四頁の冊子で、全部4号組の漢文である。欄は国内官報・国内私報・各国近事・論談等に分け、各国近事の欄において世界各国の近状を述べて割合に多くの頁を費し、国内私報(ニュース)の欄には日常生活に必要な新知識をあたえることに努めていた。

井上はこの事を早速、福沢翁に報告し、真に血を以て刷り上げた「漢城旬報」を送った。井上にとっては何物にも代へ難い喜びであって、渡韓以来十ヵ月にわたる身命を賭しての苦闘もこれによって酬いられる感があった。やがて福沢翁からも、満足と激励をこめた手紙がきた。その中には

「其御地新聞紙は第1号で御送致被下、着々皆可なり。一向一心に御勉強奉祈候。或は材料の為に海外の新聞紙購求の事も緊要ならん、随て英文翻訳の人物も入用ならん,追々紙面に絵を挿む事も韓人の耳目に新らしき工風ならん、

或は朝鮮の仮名文字にて近浅なる理学医学の道理を知らせ、又は滑稽洒落文杯も妙ならん、とにかくに仮名は早々御用相成度、漢文のみにては区域狭くして埒明不申、実は仮名文を以て朝鮮の旧主義をも一転致し度事共なり。日本にて古論を排したるは独り通俗文のカとも可申、決して等閑に看るべからざるものに御座候」

と、朝鮮の仮名文字、即ち諺文の使用を勧めている。

 

しかし、「漢城旬報」が一度社会に出ると、朝鮮人の中にも反対があったが、まことに支那人側(中国側)は大激怒した。

当時、朝鮮に対しては清国が支配権を持っているかの如く思っているにかかわらず、日本人井上角五郎の手によって朝鮮の官報が発行されるということ自体が既に彼等にとっては何としてもたえ難い屈辱であった。

そこで西教伝播(キリスト教布教)の具であるとか、日本の宣伝機関であるとか、種々の非難攻撃が井上の1身に集まった。中にも『易言」と題した書冊を著し旬報の発行を非難して、これを全国に配布したものがあった。

はては市内の所々に「井上角五郎を誅戮(ちゅうさつ、罪を冒したので殺害)せよ」という貼はり紙を見るにいたった。井上がある日、市中を散歩していると前の方に支那兵が銃創の先に何か紙片を突き刺して歩いているので、近づいて見ると、その紙片には「井上角五郎」と大書してあった。

もとより捨身の井上は、これらのことを目撃しても別に恐怖を感じる事はなかったけれども、この一ヶ年はほとんどこうした危険にさらされ通しであった。

しかも「漢城旬報」は二号、三号と進むに随って、世間からもその必要が認められ、事務も次第に整備して来たのである。

 

「華兵凶暴」の記事が支那側から激しい

抗議があり、辞職、帰国のやむなきに至る。

1884年(明治十七)2月、25歳の時、「漢城旬報」第10号に井上執筆の「華兵凶暴」と題する記事が掲載されて支那側から激しい抗議が起こった。

当時清国が朝鮮の内治・外交に対して干渉することがますますh激しく、支那兵の横暴は言語道断で、掠奪したり凌辱したり傍若無人の振舞は見るに堪えなかったこの年二月、即ち朝鮮の正月二日の夜に、城内貞洞のある薬局へ支那兵がきて人参を買い、代金を払わないで立ち去ろうとするので、主人が出てそれをとがめたところが、支那兵はいきなりピストルで主人を射殺した。

その子がこれを支那兵営に訴へたけれども、支那兵衛では少しも犯人を捜査する事なく、かえって袁世凱は「わが清国の兵は紀律厳正である。この犯行は思うに他国人が仮に支那兵を装ってしたものであろう」と声明したので、朝鮮人も多く憤慨したが、井上もまた人道上、捨て置き難く、右の事実を記して、その末尾に「支那兵の中には無頼の徒が少くない。その挙動が往々にして殺伐粗暴を免れない。今回の事、支那兵がこれをなしたというも誰も怪むものはあるまい。」と付記したのであった。

「そんな事をすると危険だから」と忠告する人もあったが、井上は「何の、支那が如何に力んだところでこの俺を殺すより以上の事はできまい。」と平気で実行した。

果して第10号が発行されると支那兵営は非常に怒って、直ちに朝鮮政府に迫ってその配布を禁ずる事を要求し、一方、直接に博文局に詰問してきたが、井上は兵営からの詰問は相手にせず打ち捨ておいた。朝鮮政府に対しては、「この責任は井上角五郎の一身にあるから心配せず一任せよ。」といい、委細構わず発送を了へて、次々と発行を続けていた。

するとそれから二ヵ月ばかりを経て、同年四月、北洋大臣李鴻章は書を朝鮮政府に送って「『漢城旬報』は官報である。民間で随聞、随録するものと同様に認める事はできない。しかるに今回の事は明らかに礼を中国に欠くものである」と公然と譴責してきた。朝鮮政府は狼狽してなすべき所を知らない。そこで先生は初めに言明した通り、その責任を引き受け、「旬報」第16号を発行すると共に、外衛門顧問も博文局主宰も併せて辞職して帰国する事とした。

 

井上をして帰国の決心をさせた事情はそれだけではなかった。

 

その頃、日本政府の朝鮮経営に対する態度が急にかわってきたのである。先生が朝鮮政府の顧問となった当初などに、井上馨外務卿が自ら書を寄せて激励する有様であって、日本公使館も先生に好意を示して応接もいとまなかったものであったが、この年に入ってからは、井上外務卿は先生から手紙を出しても返事もせず、公使館もよそくしくなって、今回の事件が起っても少しも援助しないばかりか、却って井上が非難を受けて帰り去るのを喜ぶような風さえ見えた。

この頃日本政府は内外多事で、まことに藩閥の間に勢力の争いが激しく、井上外務卿はその方に汲々としていたためであったとも言うけれども、単にそれだけの理由ではなく、当時、日本に来ていた金玉均に対しても政府の態度はこれまでと打ってかわり、井上外務姉は面会もせず、金がしきりに資金の借入れに奔走しているのに、それを阻止した位であったから、政府の方針として、朝鮮に対しては手を収めて顧みない事に一時なったものと見る外はない。

とに角、日本政府の対朝鮮熱が非常に冷却したのを感じた井上は、一旦、帰国して朝野を覚醒させる必要をも感じたものであらう。

 

博文局の編集印刷の事務は既に手順がついているから、井上なくとも継続発行するように局員たちに申し渡して置いて、井上は国王殿下に拝謁を乞うて、一編の手紙を奉った。その大要は「教育の背及と産業開発の必要をのべ、なかんずく灌漑水利の事業を企て海陸運輸の便利を図るべく、これらのためには国家が負債を海外に超す事も宜しい。」というので、国王は受けてこれを一読し、その詳細にわたって一々下問せられた後、「機を見て成るべく早く再びきてもらいたい。」と仰せられた。

先生はこの時の国王の言葉によって、国王が支那の横暴から脱したいとの意図のある事を明らかに察した。かくいぇ朝鮮を去って帰朝したのが、1884年(明治十七)五月であった。

先生は帰国後も福沢邸に住んでいた。その頃は後藤伯も洋行から帰っていて、福沢翁と共に井上の労を慰め、「遠からず再び行ってもらう事になるだろうから、それまで十分に休息せよ。」といった。

しかし井上は帰来早々からしきりに朝野の間に奔走して、朝鮮を決して捨てて置いてはならぬ事を説いて、その意見を「時事新報」に発表したり、三田演説館その他で演説したり、金玉均とも合ったり、中々多忙であった。

その夏には福沢氏は箱根の福寿楼に、後藤伯は熱海の樋口屋に居たので、井上は金玉均と共にたびたび両地に往来した。後藤伯も先生の話によってますます深く朝鮮に関心を持ち、場合によっては自分も朝鮮に出かけて働いて見ようかとまでで言っていたのである。

 

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(178)『日本のメルトダウン』ー『「2号機自発的核分裂」と「JCO事故」の比較』◎『キセノン検出は再臨界の可能性 は多分ない』

速報(178)『日本のメルトダウン』 『「2号機自発的核分裂」と「JCOバケツ臨 …

no image
百歳学入門(242)―『健康長寿歴史学入門」-目ざせセントナリアン(百歳人)へ、データー満載編(2008/2/27)

百歳学入門(242)― 『健康長寿歴史学入門」-目ざせセントナリアン(百歳人)へ …

no image
(記事再録)140年前の外国新聞 (フランス紙『ル・タン』)が指摘した日本病の正体とは①論理的な学問なし②記憶力、詰め込むだけの教育③理性的学問では小学生レベルの無能な学者を量産④優柔不断で論理性のない人間ばかり⑤新しい状況に適応できない、実際的な良識にかけた人間を作っている。

  (記事再録) 1874(明治7)年5月23日付 フランス紙『ル・タ …

no image
  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑥『日露戦争の原因となった満州・韓国をめぐる外交交渉決裂』●『<ニューヨークタイムズ記事>1903年4月26日 「ロシアの違約、日本は進歩の闘士」』

   『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑥ 日露戦争の原因となっ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊼』『建築界のノーベル賞・プリッツカー賞は坂茂氏が受賞』尊敬される日本人の登場

      『F国際ビジネスマ …

no image
日本メルトダウン脱出法(697)『コラム:日本の平和主義後退の「暗い影」『コラム:なぜ米国は中国軍を「訓練」するのか』

    日本メルトダウン脱出法(697)   コラム:日本の平和主義後 …

no image
<クイズ>-世界で最ももてたイケメンの日本人はだれでしょうか③トミーの愛称の立石斧次郎

<クイズ>-世界で最ももてたイケメンの日本人はだれでしょうか③   活 …

no image
 日本リーダーパワー史(753)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」を検証する①(20回連載)」★『6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』

 日本リーダーパワー史(753)– 『日本戦争外交史の研究』 世界史の中の『日露 …

no image
日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳

1 前坂 俊之 (静岡県立大学国際関係学部教授) ① 水野がアメリカの伝単ビラに …

no image
●★5『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分(9/3)』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です②』 金堂、不動堂、祖師堂ななどゆっくり散歩

 『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』 …