前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(704)「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩『林董(ただす)外務次官の証言する朝鮮防穀令事件の真相』防穀令により朝鮮地方官がワイロを貪った。

   

日本リーダーパワー史(704)

日中韓150年史の真実(9)

「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩

『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件

<1889年(明治22)>とは』ー

防穀令を布いて穀物の輸出をストップし、

朝鮮地方官がワイロを貪ったのが原因』

前坂俊之(ジャーナリスト)

 防穀令とは

http://sinojapanesewar1894.com/360ktradeswjapan.html

1889年防穀令事件、地方官が不作の大豆の日本への輸出を禁止、手落ちあり予告期間に不足。このため日本商人に損害発生として朝鮮政府に賠償要求。賠償解決は1893年で交渉期間長引く。この事件は日本の国会でも問題となり、対外硬派の政府攻撃の材料となった。

https://wikimatome.org/wiki/%E9%98%B2%E7%A9%80%E4%BB%A4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://f48.aaacafe.ne.jp/~adsawada/siryou/060/resi054.html

日清戦争前夜の日本と朝鮮(18)

http://f48.aaacafe.ne.jp/~adsawada/siryou/060/resi054.html

Wiki林董

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E8%91%A3

  以下は林董(はやしただす)外務次官の証言する

朝鮮防穀令事件の真相』

『後は昔の記他 林董回顧録』(由井正臣校注、

平凡社東洋文庫、1970年)

日本人が支那を恐れたる1例を挙げれば、明治26年に、朝鮮国と防穀令の外交交渉がある。これはわが国と朝鮮との条約に、朝鮮国内に凶作の微侯がある年は、朝鮮の地方官は穀物の輸出を禁止することができるという内容の条約だった。

ところが地方官は、ややもすればこの権利を濫用して、わが国(日本)の商人らが秋の収獲を見越し、農民の手付金を払って約束をして、秋になって穀物を運搬輸出する時に,たちまち防穀令を布いて穀物の輸出をストップして、ワイロを貪る手段としていた。

明治22,23年頃には、江原道・黄海道などでこの弊害が最も多く、日本商人が蒙った損害は莫大となり、表面の取調だけでも二十万円以上に上った。このため、青木周蔵

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%91%A8%E8%94%B5

が外務大臣の時より、この事について交渉を開いていたが陸奥宗光

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%A5%、A5%E5%AE%97%E5%85%89

が外務大臣だった時、大石正巳氏が朝鮮公使となり、何か政治家的に手柄を示そうとして手荒く朝鮮政府に談判に及んで、ついにその年七月二日、わが政府の認可を得、15日を限り最後の回答を要求した。

朝鮮政府は損害額の見積もり方が不当なりと称して要求に応ぜず、いよいよその月十七日となって、十五日の期限はその夜の十二時に終るため、何とか手段を取ることになり、この日、外務省で閣議を開かれ、有力大臣ら、外務大臣の官房に集会した。その時に在天津の荒川巳次領事より電報あり、李鴻章より伊藤博文大臣あての伝言の入電である。

「伊藤氏がもし朝鮮に出兵する事があれば、李鴻章も朝鮮を保護する為に出兵する」との内容であった。この電報が届くと、あたかも青天霹靂の如く、会合の大臣らは互に顔を見合せて一言もなく、朝8時より夕刻6,7時までの会議で何事も決定せず散会した。

この日、私(林外務次官)は陸奥外相に向い、「閣下は実に辛棒強き人なり。よくも今日のような相談に忍耐して居られることですね」と言うと、陸奥外相は答えて、「今日の如きは何でもなし。これより多くの忍耐を要することは閣議にはいくらもあるよ」と笑いながら言われた。

この時、幸いにもわが海軍の練習艦が、遠洋航海のために品川沖で、糧食を積み石炭を運ぶなどしていそがしく準備していた。在東京の朝鮮公使はこれを見て、『朝鮮へ派遣される軍艦だ』と勘違いして、その旨を本国へ電報した。朝鮮政府はこれに恐れ、又、一方で、この時、陸奥外務大臣は李鴻章に交渉して、袁世凱を通じて朝鮮政府に説諭させたので、ついにその翌日を以て損害の償金を払うことを大石に回答して、この難行した事件は一件落着した。朝鮮の内情を顧みれば、実に堂々たる独立国政府の体裁ではなく、ほとんど児戯に類せるもの。(子供の遊びのような政府である)」

朝鮮の事には李鴻章が必ず干渉することは、かねてより知られていた。最後通告の要求を申出す時によく考慮すべきことなのに、初めにこれを考慮せず、最後になって、ただ一片の電報のために恐怖、畏縮するとは一体何事か。しかし、当時の日本人が清国を恐れていた有様とはこのようなものだったのである」

と述べている。(同回想録70-71P)

筆者の感想ではこの『最後の最後までゴネ得でねばる」外交(害交)詐術は今の北朝鮮の「とんでも・核脅しクレイジー外交」に引き継がれている「死に至る朝鮮病」である。同時に

この林談話で示されているのはカミソリ大臣といわれた陸奥宗光外相の剛腕外交術である。

対中国・韓国・北朝鮮外交はこの陸奥外交(強圧・柔軟・理詰め外交)で2枚腰、3枚腰でかかる以外にない。

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門<159>「100歳まで元気な人」はやっている? たった3つの意外な長寿法』●『101歳よく食べ歩く、記憶鮮明「おしゃべり好き」』●『世界一の長寿者の大好物はチョコレートだった!? 122歳まで生きたフランス人女性の食卓』●『 健康寿命を延ばす「10の方法」 生活習慣と食事、運動がカギ!』●『高齢者の「貧困率が高い国」1位韓国、日本4位』●『むのさん逝く ジャーナリズムを貫く』

 百歳学入門<159> 「100歳まで元気な人」はやっている? たっ …

no image
日本リーダーパワー史(803)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑲『日露戦争開戦6ヵ月前』★『6ヵ条の日露協定書を提出、露都か、東京か、の交渉開催地でもめる』

   日本リーダーパワー史(803)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

no image
日本リーダーパワー史(590)『世界が尊敬したグレート・マン』現代日本の指針となる2人―イチローと孫正義(上)『指針のない人間に成功の扉は開かれず、戦略のない国は亡びる」

日本リーダーパワー史(590)  『世界が尊敬したグレート・マン』現代日本の指針 …

hqdefault
★7『警世の名講演』 国際ジャーナリスト・前田康博氏の目からウロコの講義(動画60分)ー「朝鮮半島クライシス5つの要素」★(1)金正恩の核ミサイルに特化した新戦略 (2)文在寅の南北和解策の成否 (3)習近平の対米・朝鮮半島政策 (4)トランプ暴走から迷走へ一米国の分裂 (5)安倍政権、朝鮮半島分断の固定狙う」で日本の危機を学ぶ

国際ジャーナリスト・前田康博氏の目からウロコの名講義ー 『金正恩の核ミサイルに特 …

no image
日本メルトダウン脱出法(733)「ヨーロッパ最大の危機。日本ではあまり報道されないヨーロッパの難民問題に関する10の事実」●「世界で「評判のいい国」ランキングー 日本は16位」

    日本メルトダウン脱出法(733)   ヨーロッパ最大の危機。日 …

no image
日本メルトダウン・カウントダウンへ(900)『安倍首相の退陣すべきを論じる①」「消費増税再延期」<君、国をつぶすことなかれ、子供たちに借金を残すことなかれ>

   日本メルトダウン・カウントダウンへ(900) 『安倍首相の退陣す …

no image
知的巨人たちの百歳学(136)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー 日本画家・小倉遊亀(105)、片岡球子(103)に学ぶ

 知的巨人たちの百歳学(136) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …

no image
福沢諭吉が語る「サムライの真実」(旧藩事情)③徳川時代の中津藩の武士階級(1500人)は格差・貧困社会にあえいでいた。

   NHK歴史大河ドラマを見ると歴史の真実はわからないー …

no image
★5『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分(9/3)』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園③』1150年前に建てられた5重塔(国宝)の燦然と輝く、建築美の極致

『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』― …

no image
日本リーダーパワー史(480)日本最強の参謀は誰か-「杉山茂丸」の交渉術⑥ 『世界の金融王モルガン顧問弁護士が絶賛』

   日本リーダーパワー史(480)   …