前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(704)「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩『林董(ただす)外務次官の証言する朝鮮防穀令事件の真相』防穀令により朝鮮地方官がワイロを貪った。

      2019/08/09

日本リーダーパワー史(704)

日中韓150年史の真実(9)

「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑩

『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件

<1889年(明治22)>とは』ー

防穀令を布いて穀物の輸出をストップし、

朝鮮地方官がワイロを貪ったのが原因』

前坂俊之(ジャーナリスト)

 防穀令とは

http://sinojapanesewar1894.com/360ktradeswjapan.html

1889年防穀令事件、地方官が不作の大豆の日本への輸出を禁止、手落ちあり予告期間に不足。このため日本商人に損害発生として朝鮮政府に賠償要求。賠償解決は1893年で交渉期間長引く。この事件は日本の国会でも問題となり、対外硬派の政府攻撃の材料となった。

https://wikimatome.org/wiki/%E9%98%B2%E7%A9%80%E4%BB%A4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://f48.aaacafe.ne.jp/~adsawada/siryou/060/resi054.html

日清戦争前夜の日本と朝鮮(18)

http://f48.aaacafe.ne.jp/~adsawada/siryou/060/resi054.html

Wiki林董

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E8%91%A3

  以下は林董(はやしただす)外務次官の証言する

朝鮮防穀令事件の真相』

『後は昔の記他 林董回顧録』(由井正臣校注、

平凡社東洋文庫、1970年)

日本人が支那を恐れたる1例を挙げれば、明治26年に、朝鮮国と防穀令の外交交渉がある。これはわが国と朝鮮との条約に、朝鮮国内に凶作の微侯がある年は、朝鮮の地方官は穀物の輸出を禁止することができるという内容の条約だった。

ところが地方官は、ややもすればこの権利を濫用して、わが国(日本)の商人らが秋の収獲を見越し、農民の手付金を払って約束をして、秋になって穀物を運搬輸出する時に,たちまち防穀令を布いて穀物の輸出をストップして、ワイロを貪る手段としていた。

明治22,23年頃には、江原道・黄海道などでこの弊害が最も多く、日本商人が蒙った損害は莫大となり、表面の取調だけでも二十万円以上に上った。このため、青木周蔵

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%91%A8%E8%94%B5

が外務大臣の時より、この事について交渉を開いていたが陸奥宗光

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%A5%、A5%E5%AE%97%E5%85%89

が外務大臣だった時、大石正巳氏が朝鮮公使となり、何か政治家的に手柄を示そうとして手荒く朝鮮政府に談判に及んで、ついにその年七月二日、わが政府の認可を得、15日を限り最後の回答を要求した。

朝鮮政府は損害額の見積もり方が不当なりと称して要求に応ぜず、いよいよその月十七日となって、十五日の期限はその夜の十二時に終るため、何とか手段を取ることになり、この日、外務省で閣議を開かれ、有力大臣ら、外務大臣の官房に集会した。その時に在天津の荒川巳次領事より電報あり、李鴻章より伊藤博文大臣あての伝言の入電である。

「伊藤氏がもし朝鮮に出兵する事があれば、李鴻章も朝鮮を保護する為に出兵する」との内容であった。この電報が届くと、あたかも青天霹靂の如く、会合の大臣らは互に顔を見合せて一言もなく、朝8時より夕刻6,7時までの会議で何事も決定せず散会した。

この日、私(林外務次官)は陸奥外相に向い、「閣下は実に辛棒強き人なり。よくも今日のような相談に忍耐して居られることですね」と言うと、陸奥外相は答えて、「今日の如きは何でもなし。これより多くの忍耐を要することは閣議にはいくらもあるよ」と笑いながら言われた。

この時、幸いにもわが海軍の練習艦が、遠洋航海のために品川沖で、糧食を積み石炭を運ぶなどしていそがしく準備していた。在東京の朝鮮公使はこれを見て、『朝鮮へ派遣される軍艦だ』と勘違いして、その旨を本国へ電報した。朝鮮政府はこれに恐れ、又、一方で、この時、陸奥外務大臣は李鴻章に交渉して、袁世凱を通じて朝鮮政府に説諭させたので、ついにその翌日を以て損害の償金を払うことを大石に回答して、この難行した事件は一件落着した。朝鮮の内情を顧みれば、実に堂々たる独立国政府の体裁ではなく、ほとんど児戯に類せるもの。(子供の遊びのような政府である)」

朝鮮の事には李鴻章が必ず干渉することは、かねてより知られていた。最後通告の要求を申出す時によく考慮すべきことなのに、初めにこれを考慮せず、最後になって、ただ一片の電報のために恐怖、畏縮するとは一体何事か。しかし、当時の日本人が清国を恐れていた有様とはこのようなものだったのである」

と述べている。(同回想録70-71P)

筆者の感想ではこの『最後の最後までゴネ得でねばる」外交(害交)詐術は今の北朝鮮の「とんでも・核脅しクレイジー外交」に引き継がれている「死に至る朝鮮病」である。同時に

この林談話で示されているのはカミソリ大臣といわれた陸奥宗光外相の剛腕外交術である。

対中国・韓国・北朝鮮外交はこの陸奥外交(強圧・柔軟・理詰め外交)で2枚腰、3枚腰でかかる以外にない。

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(124)辛亥革命百年(26) 犬養木堂の『孫文の思い出』ー(東京が中国革命の策源地となった)

日本リーダーパワー史(124) 辛亥革命百年(26)犬養木堂の『孫文の思い出』 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(22)『(決定版)日清戦争の原因となった長崎水兵事件のすべて』清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat Policy)の威圧デモを 繰り返し日本は震え上がる。 尖閣、南沙諸島をめぐる中国軍の行動パターンは 昔も今も変わらない。

 日中北朝鮮150年戦争史(22) 『日清戦争の原因となった長崎水兵事件のすべて …

no image
日本敗戦史(50)マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』②リーダー不足と力量不足

  日本敗戦史(50) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『な …

no image
日本リーダーパワー史(227)<日本最強の山本権兵衛―全身これ肝。炯眼人を知りて、克く任じ、豪胆事に当りて、善く善ず』

日本リーダーパワー史(227)       <坂の上の雲の真実― …

default
熊本地震1ヵ月の現状②-加藤清正ゆかりの本妙寺は清正像、灯篭、石塔の多くに大被害、健軍商店街ピアクレス、倒壊した阿蘇神社の国重文の楼門、南阿蘇村(立野地区)、『武蔵塚公園』の宮本武蔵像

  熊本地震1ヵ月②ー 加藤清正ゆかりの本妙寺は清正像、 石像灯篭、石 …

no image
『日本敗戦史』㊲『徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』➂ 大正から昭和の日本政治は乱脈、無能、無責任であった。

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊲   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『日本 …

no image
知的巨人たちの百歳学(111)-明治の大学者/物集高見、高量(106歳)の大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の長寿物語➂→「(人間に必要なのは)健康とおかねと学問・修養の三つでしょうね。若い時は学問が一番、次がおかね。健康のことなんかあまり考えないの。中年になると一番はなんといってもおかね。二番が健康、学問なんかどうでもいいとなる。そして年取ると・・・」

物集は膨大な日記を書いている。 それは「百歳は折り返し点」の自伝の「年表の総まく …

no image
『アジア開国の父』福沢諭吉の「韓国独立支援」なぜ逆恨みされたか③ー井上角五郎は孤立無援で新聞「漢城旬報」発行にまい進

    「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国独立支 …

no image
日本リーダーパワー史(412)『安倍首相のリーダーシップで、『今後3ヵ月(2013年末)の短期国家戦略プログラム提言』

   日本リーダーパワー史(412) 『安倍首相が消費税値上 …

no image
日本の最先端技術『見える化』チャンネルー『日本の情報関連技術の遅れは「企業の閉鎖性」が原因だ』」( 野口悠紀雄)●『日本の製造業はIoT時代にどうやって勝ち残っていくべきか』●『 アマゾン攻勢!「YouTubeに宣戦布告」の勝算―「ビデオダイレクト」が目指しているもの』●『iPhone7拍子抜けで見えた、アップル依存大国・日本に迫る脅威』

日本の最先端技術『見える化』チャンネルー   日本の情報関連技術の遅れ …