前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(68)『日本のメルトダウン3ヵ月』☆『村上春樹氏、日本の原発を批判』『原発安全基準の策定でIAEA(天野)外しの動き』

   

速報(68)『日本のメルトダウン3ヵ月』
 
『村上春樹氏、日本の原発を批判原発安全基準の策定で
IAEA(天野)外しの動き
             
前坂 俊之(ジャーナリスト)
●『村上春樹氏、日本の原発を批判』
『ウオール・ストリート・ジャーナル』2011/6/11 12:17
「村上氏は、「福島第1原発の事故は日本にとって2度目の大きな核の被害だが、今回は誰かに爆弾を落とされたわけではなく、自らの手で過ちを犯した」との見方を示し、被爆国である日本は原子力発電を拒否すべきであったと主張した。共同通信によると、同氏は「原発に疑問を持つ人々は、『非現実的な夢想家』として退けられた」と批判した。
 
●『西側諸国「天野外し」、対応ぶりに不満…米紙』
(2011年6月10日01時45分  読売新聞)
(コメント)『この三カ国を始めとして、主要各国が、天野事務局長の如何なる言動にクレームを出しているのか、非常に興味があります。
 恐らく、福一の情報開示について、オープンで無く、しかも遅い、日本の政府、霞ヶ関の意向で動いていると断定されているのです。外務省のエリート官僚ですが、彼がどう云う国益?を守ろうとしているのか、興味大です。これからの国益は、今の問題をスッパ抜くことなのですが。その方が解決も早いし、信頼も回復します。重要会議に軒並み呼ばれていない、しかもIAEA の事務局長がですよ。

 ボイコットされている具体的な言動、天野氏の何処に具体的に問題が有るのか?を明確にし、各国の要請に応え、至急是正する必要があります。
 最も重要な事は、政府は、今回の福一問題に全く新しい風を入れ、透明度を徹底的に高める為に、IAEA をトコトン活用しなければいけないと云う事です。原子力村のシガラミと黒雲をぶち壊し、吹き払うためIAEAのご指導シッカリ頂いた方が日本のために絶対なります。

●『原発安全基準の策定でIAEA外しの動き』

『ウオール・ストリート・ジャーナル』2011年 6月 8日  20:29 JST
 
●『日本の原発事故による健康被害ない=米原子力エネルギー研究所』
『ウオール・ストリート・ジャーナル』2011年 6月 10日  18:13 JST
 
【ワシントン】原子力産業の米ロビー活動団体、原子力エネルギー研究所(NEI)は9日、福島第1原子力発電所の事故の結果、日本の住民の健康に問題が生じる見込みはないとの見解を示した。NEIでチーフ・ニュークリア・オフィサーを務めるトニー・ピエトランジェロ氏は、日本政府が原発から半径20キロ圏内の住民を迅速に避難させたことが奏功したとしている。
 
●【オピニオン】東京電力 予想外の破綻? 』
『ウオール・ストリート・ジャーナル』2011年 6月 10日  10:00 JST
 
 
●『東京の企業の30%が移転を検討、関西・九州・北海道が人気=調査』
『ウオール・ストリート・ジャーナル』

2011/6/10 13:18

http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/06/10/東京の企業の30%が移転を検討、関西・九州・北海/?fb_ref=FB_JRT_landing
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「オンライン・日本史決定的瞬間講座➅」★「日本史最大の国難・太平洋戦争に反対し拘留された吉田茂首相の<国難逆転突破力>の研究』★『鈴木貫太郎首相から「マナ板の鯉はビクともしない。負けっぷりを良くせ」と忠告され「戦争で負けて、外交で勝った歴史はある」と外交力を発揮した(上)」

  第3章 吉田茂(89歳)「戦争で負けて、外交で勝った歴史はある」 …

no image
<クイズ>-世界で最ももてたイケメンの日本人は誰でしょうか?-ファースト・サムライの立石斧次郎

<クイズ>-世界で最ももてたイケメンの日本人はだれでしょうか①   全 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『感染症を克服した明治のリーダーたち②』★『後藤新平と台湾統治と中国のねじれにねじれた100年関係』(5月15日)

後藤新平と台湾と中国                    前坂 俊之(ジャーナ …

no image
日本リーダーパワー史(670) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(52) 「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とその影響ー陸軍での川上の存在がいかに大きかったか

 日本リーダーパワー史(670) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』( …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか」①1902(明治35)年2月12日付『英タイムズ』『大英帝国と日本、重要な協約』(日英同盟の締結)

「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」① 1902 …

no image
★5 日本リーダーパワー史(754)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」②(11-20回)★『 戦争とは外交の一手段。<恫喝、罵倒、脅迫、強圧のケンカ外交で相手は参ると思って、日本を侮ったロシアの油断大敵>対<日本の礼を尽くしてオモテナシ、臥薪嘗胆、無言・沈黙・治にいて乱を忘れず、天機至れば『一閃居合斬りも辞さぬ』とのサムライ外交との決戦が日露戦争で、両国の戦略論、パーセプションギャップ(認識ギャップ、思い違い)をよく示している。』

  日本リーダーパワー史(754) 『世界史の中の『日露戦争』ー (英国『タイム …

no image
 『憲法第9条と昭和天皇』ー <エピソード憲法史=現憲法はペニシリンから生まれた!?>

 憲法第9条と昭和天皇                         2006 …

no image
日本リーダーパワー史(322)第3の敗戦を迎えた今、政治家に告ぐー140年前の「岩倉遣米欧使節団」の国家戦略と叡智に学べ

日本リーダーパワー史(322) <「第3の敗戦」を迎えた、政治家に告ぐー『竜馬の …

no image
村田久芳の文芸評論『安岡章太郎論」①「海辺の光景へ、海辺の光景から』

  2009,10,10    文芸評論    『 …

no image
速報(151)『日本のメルトダウン』『世界失速でリーマンショックは再来か』『海外メディアの原発報道は客観的か』ほか

速報(151)『日本のメルトダウン』   『世界失速でリーマンショック …