前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(892)金正恩委員長からの会談を要請に飛びついたトランプ大統領、「蚊帳の外」に置かれた安倍首相、大喜びする文在寅韓国大統領のキツネとタヌキの四つ巴のだまし合い外交が始まる②

      2018/03/17

世界/日本リーダーパワー史(892)

平昌五輪前後の韓国・北朝鮮・米国の三つ巴外交の経過について

 

「平昌五輪の閉会式にトランプ米大統領の長女イバンカ補佐官が出席した。これに合わせるように2月23日に米政府は北朝鮮による制裁逃れの密輸に関与した船舶を含む56の団体へ追加制裁を実施した。

『一国に対する制裁として史上最も重い制裁だ。もしこの制裁が機能しなければ第2段階に移行する。第2段階は非常に手荒いものになる。様子を見たい』」とトランプ大統領は述べた。この一連の経済圧力、軍事的な圧力が効果をあげて、北はギブアップしたのでしょう。

平昌パラリンピックは3月19日に閉幕する、この期間中は昔から『オリンピック休戦』ということで、対話・雪解けム-ドが高まり、今回もそうなった。

しかし、4月にはいると北では金日成誕生日(4月15日)、朝鮮人民革命軍創建記念日(4月25日)を控え、米韓合同演習も再開されるということで、再び緊迫ムードになるのではと心配されていましたが、一応この危機は先送りされたということでしょう。

「結局、今回の非核化のプログラムは 朝日(3月7日)の報道によれば米政府も関与しており、米国と北朝鮮の対話の前提条件として 『核・ミサイル開発の凍結』が最初の目標として盛り込まれたという。

金正恩委員長はこれを飲んで『対話が続く間、北朝鮮は追加の核実験や弾道ミサイル試射を行わない』ことで合意した。北朝鮮側との交渉はこれからが本番で厳しい外交綱引きの始まるというわけです。

『北朝鮮限定攻撃論の悪夢』(鼻血作戦)について

(C)「これまでの米国とアメとムチの両面作戦のムチの部分は軍事・経済制裁で極限まで圧力が高めることで、金正恩をギブアップさせた。その米軍の予防攻撃論(「鼻血作戦」)は『フォーリンアフェアーズ』(2018年2月号)のアプラハム・M・デンマーク前米国防副次官補(東アジア担当)による『北朝鮮限定攻撃論の悪夢―結局は全面戦争になる』で詳細に論じられている。

鼻血作戦はアメリカが1発パンチ食わせる作戦で、パルス攻撃、貫通爆弾、ピンポイントのミサイル攻撃をやっても北からの全面反撃はなく一撃で勝利できるという作戦です。

この論文はこの見通しが甘いと批判していた。国防総省のレポートでも、北朝鮮には地下軍事施設が多く、北朝鮮からすべての核兵器を排除するには地上軍を投入する必要がある」と指摘している。それに北朝鮮が大量破壊兵器を使用しなかった場合でも、3万から30万人の犠牲が出るという試算です。

全面戦争になればアメリカが第二次世界大戦以降に経験したいかなる戦争よりも破滅的なものになると警告した。

世界経済にも壊滅的な打撃を与える。中国、日本、韓国は、世界の国内総生産(GDP)合計の約20%、貿易取引は8800億ドル以上で米経済にも深刻なダメージが出る。さらに、韓国と日本の了解が不可欠だが、韓国は反対を表明しているし、日本も賛成しない、というわけです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

習近平国家主席は3月9日、トランプ大統領と電話会談し、金正恩委員長との会談を決断したことを称賛した。トランプは「米朝が対話をすべきだという習近平の主張は正しかった。中国の重要な役割に感謝し高く評価する」と述べた、という。

トランプは、中国が早くから「双暫停」を主張していたことを認識、中国はまた、自国が主張してきた「双暫停」のシナリオに沿って朝鮮半島が動きき米朝が動いたというのである。

中国、米朝首脳会談は「双暫停」のお蔭――全人代第三報
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9711.php

 

米朝首脳会談が失敗すれば「戦争の瀬戸際」 半島問題専門家のビクター・チャ氏指摘http://www.sankei.com/world/news/180310/wor1803100048-n1.html

北朝鮮メディア、金正恩委員長による米朝首脳会談提案を伝えず
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9709.php

 

米朝首脳会談 トランプ米大統領は「リスクを理解している」CIA長官
http://www.bbc.com/japanese/43367660

 

北朝鮮が核ミサイル放棄?それはありえないhttp://toyokeizai.net/articles/-/212214

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
速報(276)『原発事故から学べない政治家たちは落選させるしかない 小出裕章』◎『水素爆発は可能性としてはある』

速報(276)『日本のメルトダウン』  ◎『原発事故から学べない政治家 …

no image
日本リーダーパワー史(941)~「ノーベル賞とジャーナリズム」★『社会を根本的に変えるのは科学技術の進歩とイノベーション』★『最も必要な教育とは科学教育であり、論理的な思考力である』

日本リーダーパワー史(941) ノーベル賞とジャーナリズム 今年のノーベル生理学 …

no image
日本メルトダウン(903)『 チャイナリスク・お笑い「中国劇場」の一席!』 だから、中国は嫌われる「前近代・共産党独裁 人権低国・習近平皇帝・封建国家」のお粗末!

   日本メルトダウン(903) チャイナリスク・お笑い「中国劇場」の …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(120)ー戦国時代の医者で日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓」★『日本人の健康長寿の古典的な実践をおこない、貝原益軒よりも先駆的な業績であろう。』

 2013年6月20日/百歳学入門(76) 日本長寿学の先駆者・曲直瀬 …

no image
 世界、日本の最先端技術『読める化』チャンネル- ー『 インターネットの次に来る「不可避」な12の変化とは何か? ~『インターネットの次に来るもの』(ケビン・ケリー著)を読む』●『もんじゅ「死刑宣告」で核燃料サイクルはどうなる 原子力の未来をビジネスライクに考える』●『100億円のF-35が数万円のドローンに負ける日 ISの自爆ドローン戦術に自衛隊が学ぶべきこと』●『「GDP」は残念なほど時代遅れな経済指標だ デジタル化やグローバル化で陳腐化』

 世界、日本の最先端技術『読める化』チャンネル   インターネットの次に来る「不 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(128)/記事再録★『明治のトップリーダーのインテリジェンスー日露戦争開戦前の大山厳、山本権兵衛の「軍配問答」(出口戦略)にみるリーダーパワー(指導力)』★『アベクロミクス、地球儀外交には出口戦略があるのか!?』★『日韓衝突は近衛外交の「国民政府は相手にせず』の轍を踏んではならない』

 2009/08/21  日本リーダーパワー史 ⑩ …

no image
近現代史の復習問題/記事再録日本リーダーパワー史(236)ー<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る。 日本一の政治史講義を聞く①>「150年前の明治中期の社会、国民感情は、支那(中国)崇拝時代で元号を設定し、学問といえば、四書五経を読み書きし、難解な漢文を用い、政治家の模範の多くはこれを中国人に求めた」

2012年2月23日/日本リーダーパワー史(236)   <日本 …

no image
速報(361)『日本のメルトダウン』「日経の『温家宝首相 親族の「錬金術」報道●『底知れぬ中国共産党権力の腐敗構造~

速報(361)『日本のメルトダウン』     ●「日経の『温 …

no image
日本メルトダウン脱出法(771)「東京湾のセシウム 河口部汚染は高止まり 千葉・花見川で最大878ベクレル」●「フランスに仕掛けられた「戦争」、日本も対策をーパリ同時多発テロの悲劇から世界が学ぶべき4つの教訓」

    日本メルトダウン脱出法(771)   東京湾のセシウム 河口部 …

no image
日本リーダーパワー史(209)ー太平洋戦争敗戦時の畑俊六陸相(A級戦犯)の「国民に詫びる」

日本リーダーパワー史(209)     <政治家・官僚・リー …