前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『各国新聞からみた日中韓150年対立史③』●131年前の日韓第一次戦争(壬午の変)の 『東京日日新聞』の報道内容③

   

  『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史③』

 

131年前の日韓第一次戦争

1882年の京城事変、壬午の変)の日本側の

『東京日日新聞』の報道内容③

 

 最近の日中韓の対立のコジレをみていると、日中韓の150年戦争史の既視感(レジャビュ)がよみがえります。あと5年(2018)後は明治維新(1868年)からちょうど150年目に当たります。この間の三国関係を振り返ると、過去100年以上は対立、紛争、戦争の歴史であり、仲良くしていた時期はこの最近3,40年ほどの短いものであり、単に「近隣関係、近隣外交は仲良くしなければ」という建前論からではなく、その対立、戦争のとなった原因までさかのぼって客観的に調べなければ、何重にもモツレた歴史のネジレを解いて真の善隣友好関係は築くことができません。その意味で、150年前の対立、戦争となった事件の各国の報道をたどってみたいと思います。

 

当時の新聞が報道した京城事件とは<けいじょうじへん【京城事変】>のことです。
朝鮮の壬午軍乱(1882)甲申政変(1884)に対する当時の日本での呼称。両事件とも京城(ソウル)で起きたので,このように呼んだ。京城とは城壁で囲まれた京(みやこ)という意味で,当時の正式名称は漢城Hansŏngである。【原田 環】http://kotobank.jp/word/%E4%BA%AC%E5%9F%8E%E4%BA%8B%E5%A4%89

  じんごぐんらん【壬午軍乱】

1882(壬午の年)7月に朝鮮の首都,漢城(ソウル)で起きた軍人暴動。1873年に大院君(興宣大院君)から閔(びん)氏に政権が移ると,軍隊の待遇は悪化し,新たに新式軍隊の別技軍が設けられて優遇された。その結果,旧式の軍人たちの不満が給米の不正支給によって爆発し暴動となった。大院君はこの暴動を利用して,閔氏政権の転覆と日本公使館の襲撃を図った。彼は,1880年代に入って開始された閔氏政権の開国政策を覆し,鎖国攘夷政策に戻そうとしたのである。

http://kotobank.jp/word/%E5%A3%AC%E5%8D%88%E8%BB%8D%E4%B9%B1?dic=sekaidaihyakka

 

●「清国兵一万五千、朝鮮領内進入か」〔明治15811日 東京日日〕

 

 清国よりの電報によれば、同国の兵一万五千人は既に国境を越えで朝鮮の領地内に入り‥込みたり。そのほかなお一万五千人の兵員は追々朝鮮の方へ進み寄れり。さて、また同国の軍艦は朝鮮国東南の近海に出張を命ぜられたりと云えり。この報果して信ならんには、清国は大いに朝鮮の内治に対して責任ありと思惟して、さては前政府を助けて恢復を謀るべしと決して、直ちにその内治に干渉せんと試むるもののごとし。

今日本はさすがに処分の当を得て、世間或いは物騒がしく喋々議論するものあるにも係わらず、内には十分の準備をなしながら外に向いてはよく順序を踏みて、事実の帰着する所と商議の結局する所を待つものと覚ゆ。

 目下日本に取りては平和を主旨とすること最も肝要にして、宣戦を主張する者はその至悪なる敵と云うべし、宜しくその議論を穏やかにして可なり、いたずらに血気に失してついに復すべからざるの禍いを招くに至りては、他日臍(ほぞ)を噛むとも及ぶなけん云々とガゼット新聞に見えたれども、にわかに信を置きがたきものあり。なんとなれば、たとい兵偏の整頓せるにもせよ、万余の兵既に国境を越えたり、なお後軍の発途も近きにあり、また艦船数隻出発を命ぜられたりなど、その挙たるあまり軽率にしてかつ速やかなるに似たればなり。

 

想うに今回の事変を探知せんがため数人の探訪を派し、一隻の船舶を発したる位の事はあるべきなれども、かかる挙動ありとは万々誤聞なるべし。

 

さなくば奇を好むものの臆説に誤まられたるものなるべし。しかれどもこの節柄の事故取敢えず訳出して以って覧観に供するなり。看官それ択ぶ所あれ。

◎「大院君か閔氏を斥けるための企て」〔明治15812日 東京日日〕

 

 昨月の紙上に於いてあらかじめ読者諸君に約したるごとく、去る八日の日本立憲政党新聞に朝鮮事変の層委を載せたるか、その中また一二の誤聞なきにしもあらざるがごときを以って、我輩は軽々しくその説を録して読者諸君を誤まらんことを恐れ精細に探訪を遂げ釜山港より到着したる所の確実なる報知を得たり、よって本日の紙上に登載して息壌の盟を踏むこと左のごとし。

                   

 暴動の起りは、閔氏を滅し外人を斥(しりぞ)くるため、大院君が企てたるにてその使役したる者は訓局の軍兵五千七百七十二名なり。これに先だち、訓局の軍兵に給料を渡さざる事すでに一年間、本年六月に至って一ケ月分の給料を渡したるに、その給料は陳腐米(ふけまい)なるを以って、兵卒は軍資監に至って庫直に逼りこれ

を殴打したるを以って、庫直は旗総四名(下士官)を捕縛したるに、兵卒その冤(えん)を武衛都統使李景夏及び壮御大将中正照に訴えたる所、皆知らずと答え、かつ行きて捕将に問えと令せし故に、兵卒はまた描将に問わんと捕庁に入りたるに二名を救い出し、直ちに大院君のもとに至りこの事を訴えたりしに、大院君等の旧守党は兼ねて事を挙げんと企て居る所にあたかもこの時機に会したれば、大院君の曰く

 

汝等の願意はその通り聞き届くべき間、左に書する姓名の者をことごとく誅殺し、日本人を鑿殺せよと、別紙のごとく自ら姓名を書して与えたれば、兵卒はすなわち去りて二百余名を糾合し、まず下部監を撃ち、次に清水館に及び、夜に至って兵卒ことごとく集り、手を四方に分ちて諸閔を撃ちて、別紙記名の者を殺し王宮に迫る、大院君も自ら王宮に入り、兵卒を戒めかつ曰く、

 

ただ我が言を用いよ、我今国家の事を処せんとすとて、すなわち入りて王宮にせまり、ついに王后を薬殺したり。

 

変乱後の形況は、すべて日本人に親しみたる者、及び開化に意ありと称せらるる者を捕え、或いは殺し或いは獄に繋ぐ等にて、すこぶる擾々たり。国王は無事、政府は常に異なる事なく、大院君が政道となり百事を総裁し、百姓及び兵卒は皆倭人を殺したり殺したりと

て雀躍喜舞するに至る。この景はただ京城の内外のみならず、下来の途上にても、よくこそ倭人を殺したりと云う者三二に止まらず

閔泳(立つへんに羽)、洪泳植は未だ死せず隠匿せり。現に政府の意向は、あくまで日本と戦うと云うの意にあらず、必ず罪を謝するの外なかるべし。

 

変乱のため害を蒙りたる場所ははなはだ多しといえども、そのおもなるは別記のごとし。清水館近傍にて相とうせんして死したる者及び銃にあたりて死したる者三十名ばかり、監宮にて将校一名、南門内にて池田のために切られたる者(これは同人に切らるる所を現に見たる者の話)その外は刀にて殺されたる者なし。

 

堀本は久しく下部監にありて韓人の最も悪(にく)む所、当日下部監を出るに当って飛石に額を破り、はちまきをして切って出たるに、石の下ること雨のごとくなるを以って、刀を抜き人を切らんとせしを、後より棍棒にて右手を打たれたれば刀を取り落したるを、賊徒はその刀を執ってこれを切り殺しついに寸断になしたり。人あり、片体を集めてつとに盛り、いずれにか捨てたりき。

また岡内、池田、黒沢は南大門外にて死す。死骸は門内に一個へ門外の遠地に三個、大路の曲角に一個、監宮前に三個(巡査ならん)清水館前の蓮池に一個、のちにいずれにか取り捨てたり。先頃上疏んて獄に繋がれたる白楽寛は九日(韓暦)に獄より引き出し、直ちに兵隊の指撞官を命ぜられたるよし。

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「老いぼれ記者魂ー青山学院春木教授事件四十五年目の結末」(早瀬圭一、幻戯書房)ー「人生の哀歓が胸迫る事件記者の傑作ノンフィクション!』

  「老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末」 (早瀬 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(220)/「2019年の世界と日本と地球はどうなったのか」(下)『気候非常事態と日本』★『「日本は安全、安心な国」とのイメージが強いが、「紛争や災害の脅威による都市リスクランキング」(2019年版)では東京がワースト1、大阪が6位』  

いまや「巨大災害多発時代」「気候非常事態」に突入した日本 前坂 俊之(ジャーナリ …

no image
日本リーダーパワー史(791)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス➈』●『明治36年4月、日露戦争開戦9ヵ月前にロシア・クロパトキン陸相が日本を敵前視察に乗り込んできた』★『クロパトキンの「日本陸軍秘密研究書」による日本軍の欠点『西欧的機関を表面的しか理解していない、無能な老将校が存在し、部隊長の決断が遅く変化に対応できない』

 日本リーダーパワー史(790)ー 「国難日本史の歴史復習問題」 ★「日清、日露 …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 日本興亡150年史』(1)

 2012年12月17日執筆 ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー …

no image
「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」①★『ロシアは再三再四の遅延、引き延ばし、恫喝外交を展開、 日本側は妥協し、忍耐して交渉を続けるが、ロシア軍が鴨緑江岸 に侵攻した時点で、ついに堪忍袋の緒をきって開戦に踏み切った。』●『安倍プーチン会談の外交交渉の参考にせよ』

  ★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦まで …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(83)記事再録/ ★『ブレブレ」『右往左往』「他力本願」の日本の無能なリーダーが日本沈没を 加速させているー 日本の決定的瞬間『西南戦争』で見せた大久保利通内務卿(実質、首相) の『不言実行力』「不動心」を学ぶ③

2016/11/02/日本リーダーパワー史(694)再録 『ブレブレ」『右往左往 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1072)>★『北朝鮮の暴発による第2次朝鮮核戦争の危機高まる②』★『プーチン大統領は、北朝鮮の核ミサイルの危機が、大量の犠牲者を伴う「世界的な大惨事」に発展する』●『関係各国の「軍事ヒステリー」にも警告し、危機を解決する唯一の方法は外交によるとも語った。』★『金正恩暴走の影にロシアの支援あり、プーチンはなぜ北を守るのか』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1072 …

no image
日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス⑳『ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議』★『ロシアの対案出る―日本案を否定、日露交渉は、その第一歩から正面衝突した』

 日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(63)』『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」●「セウォル号は韓国の自画像」

    『F国際ビジネスマンのワールド・ …

no image
日本メルトダウン脱出法(782)「日本は蘇るか? 経営者が知っておくべき「経済の新潮流」●「外国人観光客に勧められない!東京「7大ガッカリ」観光地が判明」●「外国人が驚く!ニッポンの「鉄道作法」10選 日本の「常識」は海外からみると「ガラパゴス」

  日本メルトダウン脱出法(782)   日本は蘇るか? 経営者が知っ …