前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(123)⑲「日清戦争勝利の秘密」日本軍《死んでも戦う)対中国軍(売命銭分しか戦わぬ)の圧倒的な差

      2015/08/04

 

終戦70年・日本敗戦史(123)

                  <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月24日  前坂俊之 

◎『太平洋戦争と新聞報道を考える』

<日本はなぜ無謀な戦争をしたのか、どこに問題が

あったのか、500年の世界戦争史の中で考える>⑧

日清戦争のへの道は現在の中国、韓国、北朝鮮の対立、泥沼と同じパターン、「中華思想」(旧弊・事大主義)対『新興・開国・国際主義』

との戦いで、清国が勝つとみていた世界は日本の圧勝に驚いた。

その勝利の秘密は軍神第一号・木口小平の「死んでもラッパ

を話しませんでした」という兵士1人1人の死を恐れぬ

突撃精神(殉国精神)にある。

これは700年前からの武士道「死ぬここととみつけたり」という封建時代の精神的な遺物であり、個人の生存権・人権・思想、表現の自由が制度的に確立された150年前からの西欧中心の国際秩序社会の中で比較すると、タイムスリップした中世的な戦士<1銭5厘(今なら100円)の赤紙1枚で国民皆兵で集められた兵隊>の登場とみることができる。これが日本の戦争に強いシステム(戦争に勝っても兵隊はたくさん死に、餓死する)なのである。日清戦争では2億両の賠償金をとったので日露戦争でもそれを期待して戦った。

⑱ 英国、ロシアの侵略で「日中韓」の運命は「風前の灯」!

         戦争開始、勝利、三国干渉へ

1986年(明治19) 清国は海軍力を増強、日本にデモンストレーションし、長崎清国水兵事件が発生(8月)。双方で数十人の死傷者、日本側が多額の賠償金を支払う。

1989年(明治22)大日本帝国憲法発布。 山県有朋首相が「シベリア鉄道が完成した時にロシアの侵略が始まる」と想定し「朝鮮半島に利益線の確保する」と議会演説する。

  • 1894年(明治27) 3月、金玉均が上海に連れ出されて、朝鮮王宮・閔妃の刺客と清の李鴻章策謀によって暗殺され、遺体はソウルに運ばれバラバラにされる。福沢、玄洋社、日本の世論は沸騰し、これが日清戦争の導火線となる。

東学党の乱勃発(3月)、玄洋社が天祐侠を派遣。日本出兵(6/5), 高陞号事件(7/25),

  • 日清戦争開戦(8/1,威海衛占領、清北洋艦隊全滅(95/2/12)

1995年(明治28)  日清講和条約(下関条約)締結(4/17),日本は3億6千万円の賠償金を獲得。ロシア・フランス・ドイツによる三国干渉招く(4/23)

閔妃暗殺事件(三浦梧楼駐韓公使らを軍法会議で無罪釈放)

1896年(明治29)朝鮮国王、露国公使館に匿われる。三国干渉で日本が放棄した遼東半島を列強は租借地、鉄道施設権を獲得、6月に露清密約(日本が清、朝鮮に侵攻した場合、露清は共同して戦う。李鴻章は50万ルーブルの賄賂を受け取っていた)

1997年(明治30) 米国はハワイを合併。ドイツは膠州湾占領、朝鮮は「大韓帝国」になる。

 

日清戦争の真実-日本軍対中国軍の圧倒的な違い

・支那の兵隊は、給料を「売命銭」という。「命を売る銭」です。
・兵隊は「お前今日は売命銭をいくらもったか」「20銭しかもらわない」
などと申し合って、戦争に行く。ちょっと戦線まで出て行ってボンボンボン
と打って、もう二十銭分働いたから帰るというような状況。

  • 日本は国民皆兵で出征兵士は『国のため生きて帰るな』と故郷を
  • バンザイで送り出された日本兵とは戦闘意識がまるで違う。
  • 軍神第1号・木口小平の「死んでもラッパを話しませんでした」に象徴されるようにイザと決戦となった段階で、突撃精神の日本兵に恐れをなして、中国兵は一斉に逃げ出して城はもぬけの殻となる。
  • 『小日本、あんなちっぽけな国』と見ていた西太后は、李鴻章の軍備を却下し、巨大な別邸『頤和園』(世界文化遺産)の建設費にあてた。

『日中韓対立のルーツを知るために」ー『日清戦争始末』(明治30年刊)、徳富蘇峰の「風雲漫録」(日清戦争従軍記)を読もう

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/216.html

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』ー日中韓のパーセプションギャップの研究』

1893(明治26)年4月24日 光緒19年癸巳3月9日「申報」ー『日本の軍備を論ず』(中国と日本の演習の違い)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/272.html

「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(55)『(日清戦争開戦10日目)-イギリスは中国の勝利に期待」http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/238.html

<国難日本史ケーススタディー①>『三国干渉』(明治28年)でのリーダーたちのインテリジェンスー知恵と勇気の古典に学ぶ①

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2521.html

<国難日本史ケーススタディー②『「臥薪嘗胆」-三宅雪嶺のインテリジェンス』ー知恵と勇気の古典に学ぶ②

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/2518.html

    日本リーダーパワー史(51 ◎<日中韓150年対立・戦争史を踏まえて「脱亜論」でアジア

侵略主義者のレッテルを張られた福沢諭吉の「日清戦争勝利後の三国干渉について」の社説を読み説く>⑤

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/437.html

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(101)再録「太平洋戦争下の新聞メディア」60年目の検証⓶『新聞も兵器なり』の信念を堅持し報道報国に挺身した新聞>

終戦70年・日本敗戦史(101)  太平洋戦争下の新聞メディア―60年目の検証⓶ …

no image
戦争とジャーナリズムについてー前坂氏に聞く 図書新聞(2001、5、5)

  <大新聞は昭和アジア戦争-昭和15年戦争をどう報道したのか> 前坂 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉟「日本が民情に従い、善隣関係を保つべきを諭ず」

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
日中韓近代史の復習問題/『現在の米中・米朝・日韓の対立のルーツとしての中国・韓国の外交詐術は変わらない』★『記事再録/日本リーダーパワー史(705) 『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件 <1889年(明治22)>』★『最後の最後の最後まで、引き延ばし、拒否戦術で相手をじらし土壇場にならないと妥協しないのは中国/朝鮮側の常套手段』

  2016/04/24  /日本リーダ …

no image
天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言ピカイチ『成功は失敗の回数に比例する』★『得手に帆を上けよ』

               2009、08,15 天才経営者列伝①本田宗一郎の …

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳の思想的大転換②』-『軍服を脱ぎ捨てて軍事評論家、ジャーナリストに転身、反戦・平和主義者となり軍国主義と闘った』

 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳② &nb …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(19 )記事再録/『韓国併合』(1910年)を外国新聞はどう報道したか①』<『北朝鮮問題』を考える参考記事>

      2012/01/01&nbs …

no image
世界/日本リーダーパワー史(902)ー『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は先延ばしで日本ピンチか!』(上)

  『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は …

no image
アジア太平洋戦争(1941-1945)-日本の新聞社は<どのような「戦時外地新聞」を発行しのたか>➂

   アジア太平洋戦争(1941-1945)で日本軍が占領し …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(196)ー『憲法改正を進める安倍自民党はダレス米国務長官の強硬な再軍備要求を断固拒否した吉田茂のリーダーシップ・外交術を学べ』★『ダレス長官は「敗戦国の貧弱な総理大臣だと思っていたらみごとに吉田にやられた。彼が世界の一等国の一等大使(吉田は駐英大使)だったことを計算に入れなかったのが私の間違いだった』

 2016/02/1/日本2リーダーパワー史(662)記事再録 &lt …