前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(113)◎『太平洋戦争と新聞報道を考える』(日本はなぜ無謀な戦争をしたのか、どこに問題があったのか>

      2015/08/03

                                     終戦70年・日本敗戦史(113) 

<世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月24日  前坂俊之 

◎『太平洋戦争と新聞報道を考える』

<日本はなぜ無謀な戦争をしたのか、どこに問題が

あったのか>

  • 「太平洋戦争はなぜ起きたのか」-500年の世界史の振り返らないと全体像は見えてこない。世界史の16,17世紀は大航海時代, 18~20世紀前半までは帝国主義時代の約500年間に西欧列強は地球規模で植民地獲得の戦争に次ぐ戦争を続けてきた。19世紀半には大英帝国とロシア帝国の2大「戦争国家」が、極東の最後の地・中国、日本、朝鮮に侵攻してきた
  • この間、日本はどうだったのか。戦国時代の天下統一(朝鮮出兵(文禄・慶長の役、1592ー98)は除き)から、徳川幕府成立(1603)、徳川鎖国時代(1639-1854)の約250年間)までの約500年間は国内内乱もなく一国平和主義国として存在してきた。(パワポ①→⑥)
  • 米国ペリー艦隊の来航(1853)が「鎖国で眠りから日本」を起こした。明治維新を実現し明治政府は、対外脅威にいかに対応するか「国家戦略」(「富国強兵」「殖産振興」)を立案実行した。同じく、清国(中国)、朝鮮(韓国)もこの侵略にたいしてどう対応したかが、3国の運命を分けた。(パワポ⑦→⑧)
  • 明治維新直後、朝鮮、清国と国交交渉に入るが難航する。原因は清国の「中華思想」「華夷序列秩序」朝鮮の「小中華」『事大主義』対「日本思想」の各「自民族中心主義」(エスノセントイムズ)の対立である。⑨⑩⑪ 朝鮮の反日⑭、中華思想⑮⑯⑰、 ⑩福沢諭吉の脱亜論⑫⑬ 日清戦争の勝利真実⑲
  • 日露戦争はなぜ起きたか。日本勝利⑳、<経過の㉑㉒㉓は未整理日露戦争の勝利が日英米関係の転換点となる、日米戦争の遠因に㉔
  • 日本における新聞発達の歴史と変遷(パワポ㉕㉖㉗㉘㉙)大正時代の朝日新聞弾圧事件・白虹事件がエポックとなる(以後、公正中立報道へ)㉘、
  • 大正15年間における日中関係の衝突と変遷(パワポ㉚、㉛)
  • 昭和の動乱始まる―中国統一(北伐)の満州波及を恐れた関東軍が張作霖爆殺事件を起こした(昭和3年)(㉜㉝)日本を滅ぼすキーワードとなった『満蒙はわが国の生命線』㉞

★3時休憩の3時15分後半講義開始――映画「真空地帯」(1952年、野間宏原作)の「陸軍内務班のリンチ教育実態」◎映画『2等兵物語』の内務班、「サイパン島の激戦、バンザイクリーフの集団自殺」など20分の上映

  • 15年戦争のスタートとなる関東軍の満州事変の謀略-その経過(㉟、㊱)
  • 陸軍対新聞の戦いー満州事変で大正デモクラシーを先導していた朝日新聞の軍縮論、満蒙放棄論の社論は陸軍と右翼黒龍会の攻撃、恫喝によって180度転換する。(㊲,㊳)、新聞への圧力、検閲、発売禁止件数は激増する(㊳)
  • 一方、毎日新聞の「満州権益論」支持と国際連盟脱退で強硬論を展開(㊵㊶)
  • 5・15事件(犬養毅の暗殺、議会政治は終焉を迎え、以後、軍人政治、軍国ファシズムの坂道を転がる)
  • 「日本最大のクーデター」2・26事件でトドメを刺された新聞―広津和郎の証言㊺伊藤正徳の反省㊻軍国主義時代の新聞
  • 日中戦争で再開=「暴戻支那膺懲」の泥沼に落ちる㊾。新聞は戦争熱をあおった(51)徳富蘇峰は「世界戦史上、最も愚劣な戦争」と批判(53)<日本は東亜民族を指導する資格、能力がなかった>(54)(55)<日本人の本質的欠陥は異民族を理解できないこと(今も同じ=異文化コミュニケーションの失敗、無理解)>「教養の欠乏である」(55)形式的、独善的な官学教育の失敗(57)
  • 太平洋戦争開始―誰もが望まない敗ける戦争に無謀にもなぜ入ったか、無責任体制―海軍の無責任(58)『集団国家自殺」の賛美(59)
  • 戦陣訓」<生きて虜囚の辱(はずかしめ)を受けず>降伏・捕虜の禁止(61)とセットの日本軍の戦時国際法違反(ジュネーブ条約)の捕虜殺害、(62)「国民義勇戦闘隊」(63)
  • 世界の戦争史上、最も悲惨な愚かな戦争=『大東亜戦争での戦死230万人の内、その約6割、約140万人が「餓死」という自滅戦争であった。(64)
  • <まとめ.>基本的な人権意識の欠落。科学的合理性主義の欠如、レーダー、暗号、兵器技術などの科学力の差、天皇総無責任体制、下剋上、マッカーサーの「日本人12歳説」、オリエンタリズムの「旧弊保守主義」

㉑<現在の対応策>水野広徳「此の一戦の最後の言葉=「国大といえど も、戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦いを忘れる時は必ず危うし」

午後4時半に終了。最後10分は質問--午後445分に終了。

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
明治史の復習問題/日本リーダーパワー史(459)「敬天愛人ー民主的革命家としての「西郷隆盛」論ー中野正剛(「戦時宰相論」の講演録①②③④⑤『明治維新で戦争なき革命を実現した南洲、海舟のウルトラリーダーシップ』★『西南戦争では1万5千中、9千人の子弟が枕を並べて殉死した天下の壮観』

    2014年1月15日  日本リーダーパワー …

ダウンロード-1-150x150
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『(朝鮮政略) 一定の方針なし』(「時事新報」明治27年5月3日付〕』★『朝鮮は亡国寸前だが、李鴻章は属国として自由に意のままに支配しており、他国の侵攻の危機あるが、緊急の場合の日本側の対応策、政略は定まていない』★『北朝鮮リスクとまるで同じ』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(4)  「 …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150回連載の1回~15回まで』★『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』●『「近衛内閣、東條内閣はどうして日米開戦に突入したか」』★『野田に決まった民主党総裁選の無惨、じり貧』★『(リーダーシップの欠如で2度あることは3度ある。 日本人の 精神的な構造欠陥!」』●『「 ロジスティックで敗れた太平洋戦争」『1千兆円の債務を抱いて10年後の展望は?」』●『大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③ ―東條首相は「毎日」の廃刊を命令』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(233)』★『南仏のスーパーマケット、ISISのシンパの若者のテロ事件、人質の身代わりとなって惨殺された警察官の葬儀が国葬並みで執り行われます。』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ  (233)』 &nbsp …

no image
世界/日本リーダーパワー史(902)ー『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は先延ばしで日本ピンチか!』(上)

  『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は …

no image
 日本リーダーパワー史(740) 『大丈夫か安倍ロシア外交の行方は!?』ー 『 日ロ解散説が浮上!安倍首相の描くシナリオ-「史上最長政権」を狙う首相の胸中は?』●『北方領土「2島先行返還」は日本にとって損か得か?』●『鈴木宗男氏「北方領土問題の解決にはトップの決断しかない」』●『鈴木宗男・元衆院議員の記者会見(全文1)北方領土問題、必ず応じてくれる』●『もっと知りたい北方領土(3) 料亭やビリヤード場も 東洋一の捕鯨場』

   日本リーダーパワー史(740) 『大丈夫か安倍ロシア外交の行方は!?』 日 …

51Vo7Ljx49L._SX336_BO1,204,203,200_
日本リーダーパワー史(634)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(27) 『川上操六参謀次長の田村怡与造の抜擢②<田村は川上の懐刀として、日清戦争時に『野外要務令』や 『兵站勤務令』『戦時動員」などを作った>

  日本リーダーパワー史(634) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 米国、日本、東アジアメルトダウン(1062)>★「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するか②』★『トランプ真夏の世界スリラー劇場」第2幕の始まり?』★『戦争勃発リスクは『話せばわかるが、何十年も話してもわからない相手にはどうするか、「その間に核ミサイルを開発を続けてグアムに名指しで発射するぞ」と威嚇し続ける人類脅迫最悪の独裁者を放置し続けるのか日本リスク、世界リスク管理の危機!』★『パーセプションギャップ(思い違い)による偶発戦争のリスクは一層高まっている!』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルト …

ダウンロード
 日本リーダーパワー史(792)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』➉『朝鮮半島危機には児玉源太郎のインテリジェンスに学べ』★『クロパトキンの日本敵前視察には包み隠さず、一切合切すべてみせろ』と指示。

 日本リーダーパワー史(792)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(223)』ーイランの膨張はサウジ、イスラエルの連携があれば、ストップさせる効果は絶大です。イスラエルとパレスチナの和平実現が、サウジとイスラエル連携の鍵となる

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(214)』 Saudi …