前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(891)ー金正恩委員長からの会談を要請に飛びついたトランプ大統領、「蚊帳の外」に置かれた安倍首相、大喜びする文在寅韓国大統領のキツネとタヌキの四つ巴のだまし合い外交が始まる①

      2018/03/13

世界/日本リーダーパワー史(891)ー

平昌オリンピックは2月25日に閉幕したが、その後の韓国と北朝鮮の話し合いは急展開している。

3月5日、北朝鮮を訪れた韓国の特別使節団は金正恩朝鮮労働党委員長と会談したが、始終、笑顔で対応した金委員長は「北の体制保持を認めれば、非核化を受け入れても良い。また早期の米朝対話の実現をのぞむ」とこれまでのかたくな態度を一変させた。

この北朝鮮の180度の変化に韓国 在寅大統領は大喜びして、早速、特別使節団を米国に派遣して報告させた。

この結果、3月9日には金正恩委員長からのトランプ大統領への会談を要請に対して。トランプ氏は快諾し、「5月までに会談する」と応じた。まさに、ビッグサプライズの急展開で、世界に衝撃が走った。

北朝鮮は同時に「非核化」の意向を表明し、今後は核実験と弾道ミサイル発射を「自制する」との約束も行った。

米朝関係は1956年の朝鮮戦争停戦以来、民主党の元大統領、ジミー・カーター氏が米朝間の緊張が高まった1994年、米大統領経験者として初めて訪朝し、当時の金日成主席(故人)と会談、緊張緩和につなげた。2010年、11年にも訪朝している。クリントン元大統領も訪朝しているが、トランプ大統領との会談が実現すれば、現職大統領では初めてのことになる。

  • まさに電撃的な米朝会談の発表

訪米した韓国の鄭義溶国家安保室長が8日にホワイトハウスでトランプ氏らと会談し、5日からの訪朝時の金委員長との会談結果を説明した。それによると、鄭氏が『金正恩朝鮮労働党委員長が直接会い、話をすれば大きな成果を出すことができるだろう』と発言したことを口頭で伝えると、トランプ氏は大きくうなづき『よし、会おう』と会談受け入れを即断したという。

トランプ氏はその後『「金正恩は核開発の凍結だけでなく、非核化に言及した。大きな前進だ」とツイッターへ投稿し、いきなり前向きの評価を下した。

トランプ氏は点数を上げたいために自分の軍事・経済の強硬圧力が成功したとアピールしたいのでしょうが、いつもの癖の、一人合点の周りに相談しない素人外交の典型ですね。北朝鮮が言う「非核化の意思」の真偽すら確認しないうちにトランプ氏が直ちにOKしたことに外交、軍事筋からも一斉に反対の声が上げている、といいます。

 

無知ゆえに米朝会談に乗ったトランプは、平和に対する最大の脅威https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9717.php

 

何といっても米大統領が北朝鮮との首脳会談することは、米外交の最重要課題であり、ただ1回の韓国の仲介を通しての金正恩の発言に飛びつくのは軽率のそしりを免れない。

外交の常識からみれば、首脳会談の開催が発表には、水面下でかなりの交渉が進み、さまざまな問題がすでに決められた後からです。ところが、トランプ大統領にはそんな常識は通用しない。

将来の核合意が完全に機能するには、『非核化』の定義や核兵器の解体手続きなどを厳格に取り決めた文書と、核放棄の確実な履行を保証するための検証体制の確立が必須だ。そのためには外交当局者間の『予備的対話」を経て本格協議に入り、合意事項を積み重ねていくのが政府間交渉の「常識」(サンケイ3月9日付)

時事通信によると、メデイロス元国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は米メディアに『金氏は決して核兵器を放棄しない。文在寅大統領を手玉に取り、今度はトランプ氏を手玉に取ろうとしている』と首脳会談の実現は金委員長の存在感を高めるだけだと警告した。

たしかに、会談決定をあたかも和平達成のように大ハシャギしているマスコミもおかしいね。トランプ、金正恩ともつい1ヵ月前まではドナリ合い、核戦争はやるぞと威嚇しあっていた敵同士なのに、急に手のひらを返した。態度がころころかわる2人のこと、これからどうなるか1つ1つねじれにねじれた関係を修復して、非核化への難解なプロセスを登らなければならない。

この気まぐれな、約束を破りっぱなしの暴走・独裁者の2人がうまくいくのかね。タヌキとキツネのだまし合いと一部のメディアは報じていたが、体型はそっくりの『大タヌキ』と「小ダヌキ」のだまし合い外交がこれから本番を迎えるということ。外交担当者による入念な準備を経ずにトランプのトップダウンでの交渉は紆余曲折で、難航すると思う。

米朝首脳会談 トランプ米大統領は「リスクを理解している」CIA長官
http://www.bbc.com/japanese/43367660

 

トランプ氏即断、側近も驚き=安倍首相は「蚊帳の外」-米紙

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031100303&g=use

 

日本は今回の急激な変化は予測できず、傍観者として置き去りにされたのではないかと藪中三十二(元外務事務次官)は朝日3月10日付でコメントしている。

「日本にとって大事なのは、真の非核化の実現。米国が北朝鮮から「核兵器の開発凍結」の約束を引き出せれば一定の評価をする場合もあるが、日本は核ミサイルの射程に入った状態が残ることになり、その事態は絶対に避けるべきだ。米韓と戦略を練り、非核化や検証に向けた具体的なアイデアを出すなど外交不在の米国を助ける必要がある」と述べている。

米朝首脳会談は極めてリスクの高いギャンブル
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9698.php

 

北朝鮮の「非核化」は実現されるか 悲観的結末を予想する理由
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9707.php

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『国難の研究』―日露戦争開戦の外交交渉の経過と政府の対応①御前会議、対露交渉の破裂、桂総理の決意

―国難の研究― 日露戦争開戦の外交交渉の経過と政府の対応①   &nb …

no image
日本リーダーパワー史(134) 空前絶後の名将・川上操六(23)日本のトップリーダー養成はなぜ失敗したか

 日本リーダーパワー史(134) 空前絶後の名将・川上操六(23)日本のトップリ …

ダウンロード
百歳生涯現役入門(179)-『晩年の達人/渋沢栄一(91歳)④』★『不断の活動が必要で、計画を立て60から90まで活動する』●『煩悶、苦悩すべて快活に愉快に、これが私の秘訣です。』★『90歳から屈身運動(スクワット)をはじめ、1日3時間以上読書を続けていた』

                         百歳生涯現役入門(179)- …

no image
日本リーダーパワー史(33)『日本とインドの架け橋』―大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース

『日本とインドの架け橋』―大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース 前坂  …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉖ 長崎事件を語る」(日本は国力、軍事力で中国には全くかなわない)

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑫ 『日露戦争開戦―日本の奇襲はロシアに打撃』<開戦3日目>—英国『タイムズ』

 世界史の中の『日露戦争』⑫ ⑫英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイ ムズ」 …

no image
日本メルトダウン(926)『資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」』●『仲裁裁判所の裁定に反撃する中国の「情報戦」の中身 本格的灯台の設置で人工島の軍事基地化に拍車』●『沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点』●『「自動運転バブル」はこのまま崩壊の道を歩むのか?』●『 土俵はできた~今こそ真正面から客観的な憲法論議を 中国、韓国、護憲派の懸念はお門違い(筆坂秀世)など8本』

   日本メルトダウン(926) 資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」 ht …

no image
最高に面白い人物史④人気記事再録★「世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうか」ー『答えは「ハリウッドを制したイケメンNo.1の早川雪洲じゃよ」

世界で最高にもてた日本人とは誰でしょうかーーー 答えは「ハリウッドを制したイケメ …

By: Cristian Bortes
日本メルトダウン脱出法(617)『ヨーロッパのイスラム教は今まさに重大な局面」『世界最速の自動車 時速1000マイル」など6本

    日本メルトダウン脱出法(617)   &n …

no image
 日本メルトダウン( 977)『トランプショックの行方は!?』●「アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生に英国は?『アジア最大の負け組日本」「第2のBrexit」トランプ大統領の誕生に英国は?』●『トランプ氏勝利「オーストラリアにとって最悪」「世界に危険をもたらす」豪州メディア』●『米大統領選、中国の反応「トランプくみしやすし」』●『トランプ人気は「憤怒の政治」 世界のトレンドは脱グローバル化』●『トランプ氏勝利に「投資家」が学ぶべき4つのこと』

   日本メルトダウン( 977) —トランプショックの行方!? 「 …