前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(148)再録★『世界が尊敬した日本人ー「魔王」(アーネスト・サトウの命名)日記と呼ばれた明治維新の革命家・高杉晋作、「奇兵隊」で活躍』★『< 明治維新に火をつけたのは吉田松陰の開国思想だが、その一番弟子・高杉の奇兵隊による破天荒 な行動力、獅子奮迅の活躍がなければ倒幕、明治維新は実現しなかった』★『萩市にある高杉の生誕地の旧宅(動画付き)』

   

  2015/11/20日本リーダーパワー史(560)

         takasugi   日本リーダーパワー史(560)

             世界が尊敬した日本人

       「魔王」と呼ばれた明治維新の革命家・高杉晋作

< 明治維新に火をつけたのは吉田松陰の開国思想だが、その一番弟子・高杉の奇兵隊による破天荒

な行動力、獅子奮迅の活躍がなければ倒幕、明治維新革命は実現しなかった>

                        前坂 俊之(ジャーナリスト)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%89%E6%99%8B%E4%BD%9C

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が話題となっれいる。

2012年(平成24)は高杉晋作の奇兵隊創設から150年。明治維新に火をつけたのは吉田松陰の開国思想だが、その一番弟子・高杉の奇兵隊による破天荒な行動力、獅子奮迅の活躍がなければ倒幕、明治維新革命は実現しなかったに違いない。英国外交官アーネストサトウは高杉を「魔王」とまで評したが、多事多難の今こそ、高杉のような国難突破力のあるリーダーが待望される。

高杉晋作は1839年(天保10)9月、長門国萩(現、山口県萩市)で150石の長州藩士、高杉小忠太の長男に生まれた。

剣道に優れ、乱暴な少年だったが、18才で安政4年(1857)に吉田松陰の「松下村塾」に入門、久坂玄瑞と双璧とうたわれた。松陰は久坂の<才>に対し,高杉の<識>を愛した。その松蔭は禁を冒してペリーの黒船(安政元年1854年)に米国密航を嘆願したが、安政の大獄で同6年10月に処刑される。高杉は松陰に献身的に尽くして最期を見届けて、その戦闘的精神を受け継いだ。

文久2年(1862)5月に同藩の許可を得て上海に渡った。そこで目にしたのは西欧人から奴隷扱いの中国植民地の惨状で「シナ人はほとんど外国人の使用人。日本もこんな運命に見舞われてはならない」(上海日記)と危機感を募らせた。この時、中国での太平天国の乱で身分や職業に関係ない国民軍が活躍していたことに奇兵隊創設のヒントをつかんだ。

幕末動乱は一層燃えさかり、長州藩や全国各藩で攘夷、尊王攘夷、開国派の各派が入り乱れて外国人襲撃、テロ、暗殺の内戦状態に突入する。高杉は伊藤博文らとともに御殿山の「英国公使館」焼打ち事件(同12月)を起こし、剃髪するなど過激な行動を繰り返した。

文治4年7月、西欧連合艦隊(英米仏蘭)19隻と長州藩の間で下関戦争が勃発する。高杉の農漁民、町人らを加えた奇兵隊(約2000人)が応戦したが、わずか1日で完敗、講和会議開催となった。この時、萩藩内には人材はおらず、獄につながれていた『エース高杉』が急きょ復活して講和交渉役に担ぎだされた。

敵艦上での会談にのぞみ、高杉は黒の烏帽子に黄白の度肝を抜く派手な衣装で現れ、「まるで魔王のように倣然と構えて」(イギリス通訳のアーネストサトウの日記)連合軍側と対峙した。この時、高杉晋作は弱冠26歳である。

連合軍側の賠償請求に対して、「長州藩ではなく幕府の責任だ」とはねつけ屈せず、彦島租借の要求も、高杉は「いにしえより、外国に土地を与えてことはない」と断固拒否した。敗軍の将ながら、あまりの高杉の強硬姿勢ぶりに連合軍は彦島租借をあきらめたほどタフネゴシェータぶりを発揮した。高杉の毅然とした態度を見たアーネスト・サトウは、「長州を破ってからは、われわれは、長州人を尊敬する念を持った」と語っている。
慶応2年(1866)6月、幕府の第2次長州征討では高杉は長州藩陸海軍提督として2隻の西洋軍艦を結核で喀血しながらの鬼気せまる指揮をとり、坂本龍馬も協力して軍艦を指揮して奇襲作戦で幕府艦隊を打ち破り、小倉城を総攻撃して幕府軍を蹴散らした。これが幕府崩壊のきっかけとなった。

高杉は自ら「一狂生」「狂挙」「東行」と名づけニヒリズムと天衣無縫の詩人の魂、それに剛胆無類、強靭なサムライ精神を兼ね備えた希有な志士であった。

慶応三年四月十四日、臨終の床で「おもしろきこともなき世をおもしろく」と筆でかき、側にいた望東尼が「すみなすものは心なりけり」とつづけると、 「面白いのう」と言って亡くなった。27年8ヵ月の疾風怒涛の人生をかけぬけた生涯であった。

伊藤博文は「西郷隆盛と同じタイプの勇敢な人物で、創業的な精神に富んでいた」と評している。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(280)★『勝海舟の国難突破力に学ぶ 』★『勝海舟の中国・韓国との付き合い方』★『そして、この経済上の戦争にかけては、日本人は、とても中国人には 及ばないだろうと思うと、おれはひそかに心配するよ。』

2012/11/23・日本リーダーパワー史(347)記事再録   &n …

no image
速報「日本のメルトダウン」(487)「新しい日中関係を考える研究者の会」日本記者クラブ動画会見」「習主席、多国籍企業トップ称賛

   速報「日本のメルトダウン」(487) &nb …

no image
TOKYO PACK2018(東京国際包装展)-大成ラミック(TAISEIPACK)の高速自動充填機「DANGAN-G2」のプレゼンテーション

日本の最先端技術『見える化」チャンネル   TOKYO PACK201 …

no image
日本リーダーパワー史(373)ダルビッシュの活躍と松井秀喜の国民栄誉賞の受賞> ヤンキース松井秀喜の<勝負脳>に学べ

  日本リーダーパワー史(373) <ダルビッシュの活躍と松 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(86)◎『原発再稼働は新基準に基づき厳正公正に情報公開を』

  池田龍夫のマスコミ時評(86) ◎『原発再稼働は新基準に …

no image
近刊(4月1日)の『明治三十七年のインテリジェンス外交』(祥伝社刊)の紹介します

明治三十七年のインテリジェンス外交―戦争をいかに終わらせるか           …

no image
日本リーダーパワー史(55) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向かったかーハワイ攻撃を立案した悲劇①

日本リーダーパワー史(55) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向か …

no image
野口恒の<インターネット江戸学講義⑩>第4章 網の目に広がった情報通信のネットワ-ク(下)―“町飛脚のネットワ-ク”

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑩>   第4章 網の …

no image
知的巨人の百歳学(114)徳富蘇峰(94歳)の長寿人生論「体力養成は品性養成とともに人生の第一義。一日一時間でも多く働ける体力者は一日中の勝利者となり、継続すれば年中の勝利者、人生の勝利者となる』★『世界的作家の執筆量ベスト1は一体だれか。『近世日本国民史』(百巻)の徳冨蘇峰か?!』

 知的巨人の百歳学(114) 体力養成は品性養成とともに人生の第一義。 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(96)『大東亜戦争とメディアー『発表報道=客観報道という名の悪しき<現実追認主義>』

      終戦70年・日本敗戦史(96) 『大東亜戦争とメディアー戦争での最初 …