前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(149)再録★『三菱財閥創業者/岩崎弥太郎の経営哲学は①海外留学、大卒社員を採用する教育重視②速戦即決主義』★『断じて往く』★『「創業は大胆に、守成は小心なれ」』★『岩崎家の家訓十訓』

   

前坂俊之著「痛快無比のニッポン超人図鑑(2010年、新人物文庫」より

岩崎弥太郎は弟の弥之助を一八七二年(明泊五)にいち早く米国に留学させ、破格の八千円を留学費用として渡した。あの時代に海外の知識を広く吸収させ、経営に役立てようという先見性こそが今日の大三菱の基礎をつくったのである。
 その後、岩崎久弥、岩崎小弥太も米国、英国へ相次いで留学させている。
 このように、弥太郎の人材育成の方針は、慶応義塾の卒業生ら学問のある者を積極的に用いたことであった。
「汽船会社を経営して、初めは普通の学問のない子弟を使用していたが、無教育で何が大切かわからない。この子弟を教育して、学者の気性を体得させることは難しいが、逆に学問のある者を教育して、外面を俗にするのはやさしい」と弥太郎は話していた。つまり、学問を実学に活かしたのである。
萱人事を尽くして天曾待毒

断じて往く

 一八七七年 (明治十)に西南戦争が起きたが、三菱は一般航路を停止してまで、全汽船を軍用に転用し、巨利を得た。この時、弥太郎は三十六時間経過すると、無効になる重大な商用が起きた。当時、汽車が大阪まで開通しておらず、汽船は軍用にすべて引き揚げられており、空でも飛ばない限り大阪に着く望みはなかった。
 川田小一郎(のちの日銀総裁)、豊川艮平ら三菱の幹部は額を集めて相談したが、あせるばかりで策の施しようがなかった。しかし、弥太郎は諦めず、語気鋭く言った。
「往く。断じて往く。人力車に前びきと後押しを付け、三十六時間走り続ければ、往きつけないこともあるまい。若い時、土佐から江戸まで走り続けて十三日間で着いた」
 弥太郎は有り金をフトコロにねじ込んで、東海道を下った。人夫の頬を札束で張りながら、章駄天のように駆け抜け、浜名湖の渡しは強風で渡船がストップしていたが、金で動かし、とうとう三十六時間以内に大阪に着いて商用は成功した。
 
 ぁる時、弥太郎は弟の弥之助を激しく叱った。土佐は紙の生産地で紙価が安く、紙を粗末に扱う習慣があった。
 弥之助が領収書を保存するため、真っさらの紙に一枚一枚はりつけているのを見た弥太郎がドナッた。
「使い古しのホゴ紙を使えば、いくら節約できるか計算してみよ」
 弥之助が計算してみると、当時の金で四百円(今の金で数百万円)の差が出た。
 弥太郎は「タルの穴より一滴も漏らすな」をログセにしていた。必要な経費は惜しまないが、ムダな支出は一切するなと戒めていた。
 弥太郎は、各支店からの報告書に一つひとつ目を通し、情報を知ることに努めていた。
少しでも不利益や不合理があると、減給や格下げして、容赦しなかった。彼は豪放姦落な中にも、こうした緻密な計算と合理性があった。
 
 弥太郎は部下にサムライ精神を捨てさせ、商人となるよう、徹底して教育した。のちの日本郵船社長の近藤廉平(日本郵船創業者)らが入社すると、彼はハカマを脱いで、前だれをかけることを命じた。

「前だれは商人の礼服だ」というのが、弥太郎のモットーであった。

 石川七財が〝三菱″と染めぬいたハッピを着て、得意先回りをやらされた時、石川が不満を言うと、弥太郎は叱った。
「得意先の番頭や小僧に、頭を下げると思うから腹も立つが、逆に、金に頭を下げると思えば腹も立つまい。今、この扇子を君に進呈するから、今後、腹が立ったらその扇子を見よ」
 よく見ると、裏面に一枚の小判がはりつけてあった。
 

 弥太郎の経営訓は「創業は大胆に、守成は小心なれ」であった。

 

岩崎家の家訓

 三菱グループ創業者
一小事にあくせくするものは大事ならず、よろしく、大事業経営の方針をとるべし。
一ひとたび着手せし事業は、必ず成功せしめざるべからず。
一断じて投機的に事業を企てるなかれ。
一国家的観念をもって、すべての経営事業にあたるべし。
一奉公至誠の念に、すべて寸時もこれを離れるべからず。
一勤倹身を持し、慈善人にまつべし。
一よく人材技能を鑑別し、すべからく適材適所に配すべし。
一部下を優遇するにっとめ、事業上の利益は、なるべく多くを分与すべし。
一創業は大胆に、守成は小心たれ、樽よりくむ水にまして、もる水に留意すべし。
 
攻めと守りの両面をキチンと押さえてある。大胆細心、慎重が見事に合わされて、三菱発展のダイナミズムの原点となった。
 

 

 

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

118486930354a5eb67b11921.61888010859296389
新一万円札の肖像画となった渋沢栄一翁(91歳)は「日本株式会社の父」ー「すでに150年前に現在の米国型強欲資本主義」を超えた「道徳経済合一主義(仏教的資本主義)を実践した稀有の資本家」★「人生100歳時代の先駆者として、年をとっても楽隠居な考えを起さず死ぬまで社会に貢献する覚悟をもつ』

  日本リーダーパワー史(88)経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済 …

no image
片野勧の衝撃レポート(80)原発と国家―封印された核の真実⑬(1988~96) 「もんじゅ」は世界に誇れる知恵ではない(上) ■チェルノブイリ以降も日本は原発に依存

片野勧の衝撃レポート(80) 原発と国家―― 封印された核の真実⑬(1988~9 …

no image
百歳学入門(67)「生涯現役実践入門」-ブログ、ビデオ、Youtube,カヤックフィッシング、健康階段を登れ、玄米、粗食のメニュー」

百歳学入門(67)   「生涯現役実践入門」-ブログ、ビデオ、Yout …

no image
百歳学入門(92)「国難突破力NO1―勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」から学ぶ

  百歳学入門(92)   「国難突破力NO1―勝 …

images
「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(118)酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89)の「死而不亡者寿」(死して滅びざるもの寿)

「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(118) 酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89 …

no image
知的巨人たちの百歳学(166)ー長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介した伊藤圭介(98歳)ー「老いて学べば死しても朽ちず」●『植物学の方法論ー①忍耐を要す ②精密を要す ③草木の博覧を要す ④書籍の博覧を要す ⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す ⑥洋書を講ずる要す ⑦画図を引くを要す ⑧よろしく師を要すべし』

    2017/01/03 &nbsp …

no image
湘南海山ぶらぶら日記 この夏の鎌倉稲村が崎サーフィン/ベストショット選①(8/8)am5,20-7全中継動画ー波は頭くらい、約3,40人が挑戦、みんなうまいね①

  湘南海山ぶらぶら日記 この夏の鎌倉マリンスポーツ/ベストショット選 …

no image
百歳学入門⑫<日本超高齢社会>の過去とは②・・・<半世紀前までは人生わずか50年だった日本>

百歳学入門(12) <日本超高齢社会>の過去は・・・<半世紀前までは人 …

no image
★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」② 『ロシアの謀略・清国操縦の裏面史」★『ロシアは李鴻章との間で『満州を独占する」露清密約を締結する。 日本側は湖広総督・張之洞、両江総督・劉坤一の2人と組んで 李鴻章に圧迫を加えたが、ロシアの武力・恫喝外交に李鴻章は屈した。』

★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」② …

no image
百歳学入門(58)江戸城無血開城で百万人を救った勝海舟(75歳) 『長寿法などない」「南光坊天海(107歳)を論ず」

 百歳学入門(58)   江戸城の無血開城で百万人の江戸ッ子を救った勝海舟(75 …