前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(510)福沢諭吉「日清戦争」の社説を読む」④道理あるものとは交わり、道理なきものは打ち払わん」

      2015/01/01

   日本リーダーパワー史(510 

 

◎<日中韓150年対立・戦争史を踏まえて「脱亜論」でアジア

侵略主義者のレッテルを張られた福沢諭吉の「日清戦争

開戦論」の社説を読み説く>④ー

<現在の日中韓の対立、紛争は120年前の日清戦争当時と全く同じである。

福沢は西欧列強によるアジア併呑に危機感を募らせて、日中韓の連携、協力、同盟を唱えて韓国の独立運動を助け教え子の井上角五郎を送りこみ、金玉均らの「朝鮮独立党」を全面支援したが、近代化、国際化を拒否し『中華思想(中国)』と「事大主義(韓国」から脱皮できなかった両国は再三日本を拒否して、ついに堪忍袋の緒をきった福沢の「脱亜論」「日清戦争開戦論」となった。

福沢の唱えた「独立自尊の精神」は我、日本国人も今より学問を志し、気力を慥(たし)かにして先ず一身の独立を謀(はか)り、随(したが)って一国の富強を致すことあらば、何ぞ西洋人の力を恐るるに足らん。道理あるものはこれに交わり、道理なきものはこれを打ち払わんのみ。<一身独立して一国独立するとはこの事なり>。(「学問のすすめ」)」と書いている。

福沢は日清戦争は「文明の衝突である」という。「封建的な中華思想」対「中国思想から脱した明治日本の国際主義」との戦いであった。

道理あるものはこれに交わり、道理なきものはこれを打ち払わんのみ」と福沢は日清戦争の最強硬論者」となって開戦の旗を振ったわけだが、「一身独立して一国独立す」は同時に国破れて「一国の独立なくなれば、一身の独立はなし」となる冷厳な現実も忘れてはならない。

もし、福沢諭吉が現れず、「日清戦争で日本が負けていた場合には、今日の日本はなかったであろう」ことだけは確かである。

地に足のついた現実的な歴史観を持って空想的平和主義、観念的防衛論から一歩離れて、昨今の対中・韓・北朝鮮外交のすれ違い、ネジレ、対立エスカレーションの体験と対比させながら、120年前の「小日本」福沢の主張を読むと、その先見性がよくわかる>

 

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

日本臣民の覚悟(②-福沢諭吉〔1894明治27829日 時事〕

 


日本臣民の覚悟②

 

 第二、日本臣民は事の終局に至るまで謹んで、政府の政略を非難すべからず。そもそも立憲政治の下に立ち、言論自由の世の中に居て、時の政府の得失を評論するは事に害なきのみか、よって以って政治の改良を促すの刺衝ともなるべければ、施政の非を挙ぐるに憚る所なしといえども、今日はすなわちしからず。

 

日清事件に付いての軍略は無論、またこれは附帯する種々の外交略に至るまで、すべて現政府の手に托して、いっさい万事秘密を要することなれば、傍らより嘴(くちばし)を容るるべからざるのみか、万般の施設皆宜しきを得たるものとして、一も二も賛成するの外あるべからず。

 

甲州流の軍法に、出陣のとき軍人を集め、いやしくも敵の美を称して味方の非を挙ぐることなかるべしと、誓詞を取るの例ありと云う。

 

畢竟、味方の軍気を阻喪せしめざるの意にして、今教が日本国が支那と兵を交えたる処にて、当局者の政略、軍略を称賛するは、味方の美を称揚して国中の人心を引き立つるがためなりと知るべし。

 

或いは天下の論者が、平生の筆法を以って綿密、に議論したらば、我が出師の時節またはその用意のいかん等に就いて多少の苦情もあるベし、実際に免れざる所なれども、既に今日となりては論じて無益のみならず、

 

まさしく味方の非を挙げて人心を阻喪せしむるの不利こそあれば、いかなる事情に迫るも謹んで黙して、当局者に自由の運動を許し、その「挙一動もこれを賛成して、陰に陽に国民の身に叶うだけの助力を与えざるべからず。

 

なおその上にも今度の事が終局に至り、果して我が国、全勝万々歳を唱えたる処にて、その功名は誰に帰すべきやと云えば、在朝文武官の功名にして、彼等は揚々自得してひとり栄誉を専にし、民間に労したる者は労して大なる報酬もなく、俗に云う犬骨折って鷹の功名となるのみか、喉もと通れば熱ぎ忘るるの喩えに洩れず、当局者はますます横風に構え、

 

今度民間の者どもをして、かくまでに奮発せしめたるも、実は乃翁等が方寸の謀を運(めぐ)らしてかように鼓舞したるが故なりなど、取っても付かぬ大言を放つこともあるべし。これも浮世の常にして、今の我が国情に免るべからざる所なれば、早く銘々に胸算を決し、今日の苦労はもとより橡の下の力持ちなり、犬の骨折りなり、犬にても猪にても苦しからず、私情を脱して国に報ずるは国民の分なり、眼中物なし、ただ日本国あるのみと観念すれば、他日の失望はなかるべし。

 

卑劣なる心を以って報酬など望めばこそ失望もあるべきなれども、初めより望みなきものには失望の憂いあるべからず、その辺も国民の今より特に覚悟すべき所にして、我輩の目的はただ戦勝に在るのみ。

 

戦争に勝利を得て、我が国権を伸ばし、轟々同胞の日本国人が世界に対して肩身を広くするの愉快さえあれば、内にいかなる不平不条理あるもこれを論ずるに遑(いとま)あらず、あくまでも現政府を助けて、その運動を自由ならしめ、政略、軍略ともに一点の非なきものとして、これに賛成せざるべからざるなり。

 

 

 第三、人民相互に報国の義を奨励し、その美挙を称賛し、また銘々に目から堪忍する所あるべし。人々の心の同じからざるはその面の異なるがごとくなれば、今度の一大事に就いて銘々一分の力を尽さんとするは、国民の本来に於いて同一様なるも、その尽力の方法

に至りては異なる所なきを得ず、既にその法に異同あれば、人情の常として己れと方向をともにする者の多からんことを欲するも、勢いに於いて免るべからず。

 

 

或いは身を致して従軍せんとする者あれば、文書、演説以って人気を引き立てんとする者あり、或いは私金を投じて軍資を助けんとする者あり、品物を贈りて軍人を慰めんとする者あり、医師、看護人は患者、負傷者のために労し、神宮、僧侶は戦勝を祈る等、車差万別おのおの趣きを異にすれども、その国のために寸志を尽して我を忘るるの誠に於いては、まさしく同様なるが故に、たとい隣の人がいかなる挙動して、いかなる言論するも、いやしくもその言行の目的を誤らずして、国家のためにするものとあれば、傍らよりそれこれと非難することなく、事の種類を諭せず、その方法を問わず、すべてこれを美挙としてますます奨励し、ますます称賛して、天下一人も同感者の多からんことを求むべし。

 

 

前に云える千髪一鈎を繋ぐとは、この辺の意味なり。そもそも人間の性質は至極公平なるものにして、社会全般の事実に現わるること多しといえども、また一方よりその局部に就いて見れば、人々の愛憎もあり、妬む心もあり、羨む心もありて、他人の企てたる事は兎角自分の意に叶わざるの情なきにあらず。

 

何某の発意には従い難し、誰が魁(さきがけ)したるゆえにもはやこの方はその跡に附くべからずなどと、その事柄の得失をば云わずして、その発企者の誰彼を評論し、それも忌なりこれも不同意なりとて与すべき事にも与せずして、ついに機会を誤るのみか、自分が機会に後れたるの非を遂げんとして、かえって他人の事を悪しざまに言い倣し、浸語、放言、無責任なる冷評を逞しうするものなきにあらず。

 

凡俗世界の細俗事には、往々その事例を見ること多しといえども、今度の一大事に就いては自ら趣きを殊にし、事の大小軽重に論なく、すべて国民の誠意誠心を表わす所にして、世間かつて右等の俗気を含む者なきこそ快き次第なれ。

 

稀れに或いは俗論の聞ることあるも、愛国の士はこれを意に介せずして、各自相応の本分を尽すは勿論、なお一歩を進めてその俗論者に近づき、丁寧反覆説諭を加え、堪忍に堪忍して願うがごとく拝むがごとくにしても、各々尽す所に尽さしめんことを勉めざるべからず。

 

いかんとなれば、一国民が国の大事に当りては、その身は既に国に致して無我の境遇に居る者なり、無我の身を以ってするときは、忍んで忍ぶべからざるものなければなり。

 

 上来縷々述べたるごとく、今回の大事件の終わるまでは、官民共に政治上の恩讐を忘れ、政府に向かって多少の不満あるもいっさいこれを言わずして、ひたすらその政略、軍略を賛成し、民間相互に愛国の義を奨励して、かりそめにも私に人と争い、また人の気を挫くことなく、日本全国を真実一団体の味方として外敵に当らんとするものなれば、その間の細事情に着眼して、これを恩いそれを懐うときは、公けに私に不平不満の数々際限なかるべし、我輩に於いてもこれを知らざるにあらず、否、はなはだよくこれを知るといえども、

 

喩えば、父母の大病中に兄弟喧嘩いっさい無用なるがごとく、百般の議論理窟は外戦病全快の上の事にして、それまでの処は呼吸を凝らしてただ一方に全力を尽さんこと、我輩のくれぐれも願う所なり。

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(119)日清戦争は日中韓認識ギャップ(思い違い)の対立で東学党の乱から日清出兵⑥

 終戦70年・日本敗戦史(119)                   <世田谷 …

no image
『各国新聞からみた日中韓150年対立史⑦』●『朝鮮は中国の属国であり、一朝事あると中国が朝鮮を助ける』(『申報』)

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑦』   & …

no image
日本リーダーパワー史(789)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑥』★『この戸水寛人の日露戦争1年前に出版した『東亞旅行談』●『支那ハ困ッタ国デス 何処マデモ 亡國ノ兆ヲ帶ビテ居マス』★『もし日本の政治家が私の議論を用いず、兵力を用いることを止めて、ただ言論を以てロシアと争うつもりならば失敗に終る』

日本リーダーパワー史(789) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利 …

no image
日本リーダーパワー史(294)3.11福島原発事故から1年半-メディアの報道は『過去の戦争報道の教訓』を生かしてるか(1)

日本リーダーパワー史(294)   –3.11福島原発事故 …

no image
日本リーダーパワー史(381)児玉源太郎伝(4)『日露戦争<黄禍論>に対し日本を高く評価した英国タイムズ紙

  日本リーダーパワー史(381) 児玉源太郎伝(4)   ●『日露戦争の<黄禍 …

no image
日本リーダーパワー史(681) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(60) 『世界史の中の『日露戦争』 (英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む (20回連載の1~10回まで)

日本リーダーパワー史(681) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(60) 『ま …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(46)記事再録/『江戸を戦火から守った西郷隆盛と勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟の(三舟)の国難突破力①』★『『人、戒むべきは、驕傲(きょうごう)である。一驕心に入れば、百芸皆廃す』

2011/06/04  日本リーダーパワー史(157) &n …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(687)『北朝鮮行動学のルーツ②』ー150年前の「第一回米朝戦争」ともいうべき 1866(慶応2)年9月、米商船「ジェネラル・シャーマン号」の焼き討ち事件(20人惨殺)の顛末を見ていく。<事大主義と小中華思想、中華思想=エスノセントリズム (自民族中心主義)のギャップ、対立が原因>

日本リーダーパワー史(687) 『北朝鮮行動学のルーツ(下)』ー150年前の「第 …

no image
片野勧の衝撃レポート(29)太平洋戦争とフクシマ② 悲劇はなぜ繰り返されるの★「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」➋

      片野勧の衝撃レポート(29) …

no image
日本リーダーパワー史(926)-『良心と勇気のジャーナリスト桐生悠々の言論抵抗とは逆のケース』★『毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正/言論屈服事件の真相』

  毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正事件 桐生悠々の「関東防空大演習 …