前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「陸羯南の日清戦争論」➂韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)

      2015/01/01

      

 


羯南(くが かつなん)の日清戦争論③

韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初年から

日清(日中)外交、日朝(日韓朝)外交の年表
 『我東洋問題の起因』③

 

羯南(くが かつなん)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%BE%AF%E5%8D%97


  『我東洋問題の起因』 【日本】明治27111213日号

 

 

 ○明治七年二月、佐賀の人江藤新平等は乱を作して、時の政府に抗す。征韓論が否決されたことを憤ってのこと。官軍は討ってこれを平らぐ。

 同四月、軍艦を発して台湾に赴き生蕃

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E5%87%BA%E5%85%B5

 

 

 

の亡状を懲らさしむ。清国は台湾が属地であるといい、我が征軍に異議を試む。同十月、参議大久保利通を北京に遣わし、台湾事件に付き、清国との和議を講ぜしむ。

 英仏連合軍は北京を攻めるのが難しかったことは、われの能く知る所、当時、我政府は英仏に向ひて恐怖退縮するとすれば、清国と一戦を交える事は固よりその難んずる所たりしや疑なし。征韓論は朝鮮を征すというも、其の実は清国の無知を啓くことなり。ただ人心は抑すべからず、これにおいてか討台(台湾出兵)の軍あり。佐賀人を誅殺して而して台湾に師を出す。

 

衆議院を解散して而して朝鮮に兵を遣る。事異なるといえども其の意は即ち一なり。東洋問題はこれより遂に息み十年を経て他働的に起る、京城の変(壬申の変)これなり。 

 271112 第1898号)

 

       

 

 征韓論を抑へんがために討台軍を出してより、わが東洋政策の勃興は中止せられぬ。比の時に至るまでは創業の気象(気性)いささかも衰えず、明治四年、参識副島種臣をロシア領ポシヱツト港に遺わしたるは、旧幕以来結びて解けざる揮大島境界紛争を裁せんがためなりし。

 

明治五年、琉球国を改めてわが藩となしこれを外務の直轄に入れたるが如きは、清国の有名無実なる版図論を途絶して台湾を控制せんがためなり。

 

明治六年九月、征韓の議を呈して問罪の出師を企てたる所以のものは、速く神功の偉跡を迫いて皇戚を亜細亜大陸に輝かさんためなり。

それ北に樺太を保ち、南に台湾を控へ而して西に朝鮮を制するは当時の東洋政策なりし。不幸にして内治諭派のために破られて中絶せり。

一消す一長は事物の数なり。吾輩は旧事を挙げて無益の嘆をなすにあらず。ただ最も注意すべきは偶然の所為は偶然の結果を生ずということ免れなり。心ならざるの挙は恃むべからず。

 

国論の喧噪に促されて己むを得ずに、なしたる討台の挙はこれ東洋政策にあらず。即ち対外策にあらずして対内策のみ。対内策は如何の結果を以て終はりたるか、数百万金の軍費は五十万金の償金を以て換へられたるにあらずや。

 

台湾島はこの時よりして清国の堅守する所となれり、琉球人はこの時よりして、ますます福建省に帰化を哀願するに至れり。清国の傲慢は殆ど旧時に倍せり。而して官民の意は退縮策に入りでまた救治すべからず。

 

 

○明治八年八月、ロシア国と条約して樺太千島の交換を行う。千島は元とわが領地なりといえどもロシアはこれを自領と主張するに因り、樺太を彼れに付して千島を我れに取る。時人之を謗(そし)る。

 

○明治九年二月、朝鮮団と条約を訂結す。是より先き参議黒田清隆、議官井上馨を正副使として、江華湾に至らしめ諭すに修交を以てす。此に至りて韓延これを許す。同六月、朝鮮その臣金秀を遣わし修信使と為し来らしむ。ここに至りて両国同等の交際を為しまた往時の如きを得ず。

 

○明治十年九月、外務大丞花房義質を代理公使に任じて朝鮮京城に派遺す。其の修信便の来招に答えるがためなり。

○明治十一年五月、朝鮮国と漂民費用償還規約を締結す。其の前約を補うなり。

○明治十二年三月、代理公使花房義質を追はし朝鮮周に往き元山仁川の開港を義せしむ。同七月元山津開港を予約す。

○明治十三年二月、釜山元山に領事館を置く。同三月、右領事館に警察官を付す。同四月、京城に日本公使館をおき花房義質門を弁理公使に任じてこの処になお在せしむ。

○明治十四年八月、朝鮮国元山津の居留地地租取極書を約定す。

○明治十五年四月、朝鮮国仁川の開港を約しこれに領事館を創設す。同七月、露領ウラジオストックに貿易事務官を置く。同月、朝鮮の乱民、わが公使館を襲う。花房走りて仁川に至る。

 

 日本子いわく、征韓論の勃興よりここに至る殆ど十年、朝鮮また無礼をわれに加える、当時をもって膺懲(よちょ)—こらしめること)の道を行うべきであった。我が政府は難を外に構えることを欲せず、且つ韓人の無智を憫みて而して討せず。

寛仁大度と言へば以って嘉すべきも、因循姑息と言へは以て嘆ずべし。思うに今回の変(日清戦争)はここに萌せ
り。これより先きフランス宣教師が韓吏の拿捕する所となる。フランス公使が日本に請いてその引渡を韓延に要求せしむ。

釜山管理官・近藤真鋤之を韓廷に要求せしに、彼れの答うる所甚だ不礼、且つ彼れは清国礼部に申報して指揮を乞ひ、礼部の指令に『其為中国所属固天下所共知其為自主之国亦天下所共知云々、』の語ありたるも、われ遂に清の属邦たるを否認し、進で彼れと諸の条約をなして顧みず、乱民なる者は清廷の使堵して時の韓官を脅し、且つ我が公使に冦せしむる所事、固より明白なりしも、われこれを問わず。

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑭『 戦争も平和も「流行語」と共にくる』(中) 「生めよ殖やせよ国のため」(昭和14年)」

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑭   『アジア太平洋戦争 …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉗「朝鮮,属国状態にされる」「日本は高圧的手法で全行政官庁を掌握.朝鮮人を国なき民として放置」

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(953)ー『米中間選挙後も、トランプの「孤立主義」「単独行動主義」の暴走は収まりそうにない』★『安倍首相はサミットメンバーではメルケルに次ぐ最古参で、TPP、EUとの経済連携協定(EPA)など自由貿易を守る旗手として今こそ、安倍首相のその真価が問われている』

世界リーダーパワー史(953)   米中間選挙(11/6)は事前の予想 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(27)『南シナ海,東シナ海紛争で、国際法を無視、暴走する中国は120年前の日清戦争開戦の「高陞号」(こうしょう号)事件と同じパターン。 東郷平八郎の「国際法遵守」が完全無視 の中国に完勝した。

 日中北朝鮮150年戦争史(27)   ★(記事再録)2014/07/ …

no image
終戦70年・日本敗戦史(90)「生きて虜囚になることなかれ」の戦陣訓こそ日本軍の本質

終戦70年・日本敗戦史(90) 「生きて虜囚になることなかれ、死して罪過、汚名を …

no image
世界リーダーパワー史(940)ー注目される「米中間選挙」(11/6)と「トランプ大統領弾劾訴追」はどうなるのか、世界がかたずをのんで見守る(下)

注目される「米中間選挙」(11/6)と「トランプ大統領弾劾訴追」はどうなる(下) …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス㊷『児玉源太郎、福島安正の防衛戦略』★『日露戦争の本質はロシアの清国、朝鮮、韓国、日本への侵略戦争に対する 日本の自衛戦争であり、全世界の被植民地の民族に希望を与えた』

『明治裏面史』   ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,  リ …

no image
1940年(昭和15)、津田左右吉著の『神代史の研究』『古事記及び日本書紀の研究』 など4著書を発禁処分にし、津田を出版法違反(安寧秩序紊乱) で起訴された『出版暗黒時代」②

昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→ 答えは「NO!」ーー19 …

no image
終戦70 年・日本敗戦史(57)A級戦犯指定の徳富蘇峰の『なぜ日本は敗れたのか』⑨「世界戦史上、最も愚劣な戦争だった支那事変(日中戦争)」

  終戦70年・日本敗戦史(57) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰 …

no image
<まとめ>児玉源太郎について ―『坂の上の雲』の主人公― 明治陸軍の名将・児玉源太郎を研究せずして『日露戦争勝利』の要因を知ることはできない。

  2013/02/03 記事再録/ <まとめ>最強の …